post

12/15 Jegog Performance in Negara -ヌガラでのジェゴグ公演情報-

We’ll present the real Balinese Traditional bamboo instrument ‘Jegog’ music performance in Bale Banjar Tegal Cangkirng Negara on Dec 15, 2017 at 18:00pm. This performance is for anyone who longed to enjoy and feel the sound of dynamic bamboo music in vast tropical atomosphere in Jembrana, the origin place of Jegog. A special rare occasion! You can also plan a trip to see the west part of Bali….Ticket 150,000IDR/person. Please contact for more info at info@sokabalitour.com .

-Jegog Performance Information-
Date:Friday, Dec. 15 2017 18:00pm-20:00pm
Place:Bale Banjar Tegal Cangkirng
Ticket:150,000IDR/per person

Contact:info@sokabalitour.com
WhatsApp:+62 812 3718 2148
LINE:negaraputubali

 

お客さまからのご依頼で今回実現するジェゴグ公演を一般の皆様にも公開いたします!壮大なトロピカルな森の中で味わう、本物のダイナミックなジェゴグの響きは発祥の地ヌガラでしか体験できません。滅多にない機会です。是非お越し下さい。

<送迎をご希望のお客さま>
ソカバリツアーより、乗り合わせにて送迎チャーターを予定しております。お車1台につき、片道6000円。帰りは翌日になりますので、各自お宿の確保が必要です(ソカバリでの代行予約も可能)。送迎スポットはデンパサール、サヌール、ヌサドゥア、ジンバラン、クタ、スミニャック、チャングーエリア。12/15 お昼前後にエリアを巡回し、ピックアップ予定です。時間指定となります。送迎をご希望の方はその旨もご連絡ください。

ヌガラってどこ?
ヌガラでイチオシ宿「Puri Dajuma」

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

保存

保存

post

ジェゴグ演奏再び!12/15(金)公演します♪

Selamat Siang!

月末に引越しを予定しているのですが、本日2件のツアーが重なって入ってきて、「いつもこんなタイミング。ぼくはまだ金持ちになれない。」と苦笑するプトゥです。体はひとつだけ…。皆様いかがお過ごしでしょうか。

とはいいつつ、たまにはビール。

うれしいことに、竹楽器ジェゴグ演奏のお問い合わせをいただきました!

ヌガラでジェゴグ演奏を観てからというもの、やっぱり生のジェゴグの響きは、ヌガラの壮大な森と風景の中で味わってこそ!という想いがずっと頭の中にあるのですが、お問い合わせをいただいてもなかなか公演を実現することは難しくて、お客さまより励ましのメッセージをいただいたこともあります。(´。・(´。・ω・。`)・。`)ウルウル

ちょっとフライングになりますが、12/15(金)にヌガラでの演奏が実現しそうです!
今回こそは〜っ!!という意気込みで、現地ともろもろ調整中(返答は常にバリタイム…)。

この公演はお客さまからのご依頼で実現するものなのですが、大変お優しいことに、他のお客さまへのご案内もご了承いただきました!なかなか機会がないですから、本当にありがたいです。

というわけで、これまでお問い合わせいただいたお客さま、バリ島在住のみなさん、本格的な竹楽器ジェゴグ演奏に興味のある方は、是非是非お問い合わせください。チケット販売をいたします。12/15夕刻ですよ〜っ!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

post

アグン山こぼれ話

アグン山の情報についてはいろいろな人がいろいろと書いていると思うので、ソカバリでは書かないでいいかなーと思っているのですが。警戒度4になってから1ヶ月以上経つような。

まだ噴火しておりません(するのか?)。むしろ日本や他の国では噴火した山もあるみたいですね…。
※後日談:警戒度もレベル3に下がりました!

アグン山が最後に噴火したのは1963年。その当時は今のようにインターネットもなく、TVどころか電気を持たない家も多かったバリの一般的な生活。そのため当時は1000人近くの方が犠牲になったとか。今はさまざまな情報があり、地域住民やインドネシア政府の素早い対応で避難者が14万人となったこともあり(一部はすでに元の生活へ)、良いか悪いか不安もより盛り上がってしまった面がありますね。

一番心配をされるのは噴煙によるフライト遅延だと思いますが、そこは何カ所かの別の空港へ移送する手だてが準備万端のようです。自然のことなので「大丈夫ですか?」と尋ねられても何とも答えることはできませんが…

ひとつ言えるのは、オフシーズンも重なって今からクリスマスまでは「めちゃくちゃ空いている!!」ということでしょうか。多分フライトやホテルも値下げになっていると思うし、渋滞もかなり緩和されているので、狙い目ではあります(笑)。

観光業メインの南国の島ですから、お客さんが来てくれないのは困ったことではありますが、来てくれたらうれしいから精一杯ご案内します!という気持ちでお迎えいたします。

アグン山にまつわるちょっとすごい話を聞きました。
プトゥのご両親はもともと東部クルンクンからヌガラに移住。年代的にもアグン山の噴火が影響しているのかな、と思い、昔話を聞いてみました。

溶岩や噴煙、砂の影響でバリ東部では長い間作物が育たず、ろくに仕事もない状態が続いていました。そこにスカルノ政権時の1965年軍事クーデターが勃発。国民党と共産党に対立が起こり、共産党狩りで一説ではバリ島でも10万人が虐殺されたのだとか。なんと、プトゥのお父さんも共産党員を殺すよう命じられたそうです。人殺しなんて悪いことしたくないし、どうせ仕事もないし、ということで、まだ子どものいなかった身軽な夫婦は、クルンクンから出て行くことを決めたのだそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

10月のバリ島

10月前半のヌサドゥアの宿がとりづらい!との声がチラッと聞こえてきました。

はい、そうなんです、一番下のお部屋はとくに…。
というのも、10月1日〜8日は中国の長期休暇。日本のゴールデンィークのような感じでしょうか。2年ほどからバリ島で急成長を続ける中国マーケットのみなさんがバリ島で休暇を予定しています。ヌサドゥア人気の5つ星ホテルは世界の休暇を把握し、戦略的にお客さんを団体で確保することがあるため、こういった事情があるようですね。

ヌサドゥアエリアはホテルはもちろん、南国気分を満喫できるプライベートビーチも魅力。

ただ、他のエリアはあまり団体客をとりませんから、比較的ホテルも取りやすいのではないかな〜と思います。サヌールや、最近開発の進むその少し奥にあるエリアの新ホテルや、

フェアモントサヌールはかなりおすすめ♪

海で泳がなくてよいなら、散策のできるスミニャックやチャングーエリアも♪。

チャングーにある、個性的なTugu Hotelの高台ビーチ。

バリ島は素敵なホテル、絵になる風景があちこちに散りばめられています♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

8/17&21 ヌガラジェゴグ演奏情報!

ソカバリツアーのFacebookページにいただいたお客さまからのコメントをご紹介。

コメントをいただけるととても励みになります。ありがとうございます♪

さてさて、ソカバリツアーのお盆休み(8月11-19日)、予約がぼちぼち入ってきております。
ジェゴグのお問い合わせも相変わらずたくさんいただいております。

時刻はまだ未定なのですが(ギリギリまでわからない 汗)、8月は17日、21日に寺院での大きな儀式が予定されており、その際にジェゴク演奏があるとの情報が入っております!儀式での演奏は滅多になく、かなり気合いの入った演奏になると思います!前日よりヌガラ入りする必要がありますが、興味のある方は是非お問い合わせください。

寺院での演奏の場合は、お客さまにも正装をしていただく必要がございます。バリ人と同じ民族衣装を着てバリ島気分を満喫してください♪衣装は貸し出しいたしますのでご心配なく。

上記以外ですと、ウブドの公演へのご案内が可能です。カーチャーターのツアー計画と一緒にお問い合わせください。

この日も目力強めのプトゥです♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

バリ島旅行計画で気をつけたいこと

Selamat Siang!

最近ネットでニュースを追いかけていますが、日本はすごく暑いみたいですね!「バリ島はどうですか?」と聞かれますが、本日ですと…

こんなものです。天気がよく一番暑い昼間でも30度前半でしょうか。赤道に近いのに日本より涼しいんですよ〜。

さてさて、お客さんが世界からやってくる夏休みのハイシーズンを迎えたバリ島。
7月8月は、人気ホテルの一番安いお部屋はすでにほとんど埋まっています。例えば大人気のアヤナだと、もう数日しか残っていないんじゃないかな。しかもお部屋の価格自体も上がるので、ようやく航空チケットが取れたものの、予算で宿泊先に悩んでいる人もいるかもしれませんね…。人気のホテルは実は半年前から予約確保している人もいるくらい。早めに予約をした方が、料金も安く済みます。

お得に旅行をしたいなら、できれば3ヶ月前までに、まず休みを確定して航空チケットを確保し、その後にホテルを予約すること。ホテル予約したけどもう便がなかったなんて、シャレになりませんよね…。

それからホテルの価格をチェックする時は、返金可能なものとそうでないものがあります。プロモ価格のお部屋だと、当然返金不可のものが多いですから、キャンセルすればお金は返ってきません。その辺も気をつけてくださいね!

他に、ホテル料金内にどんなサービスが含まれているかも、できればじっくり見た方がいいかもしれません。パッと見安くみえても朝食込みの方が実はお得なことが多いですし、それ以外にアフタヌーンティやカクテルサービス、簡単なアクティビティが含まれているホテルなんかもあります。

そして最後に、インドネシアの場合、パスポートの残存期間が滞在期間を含めて6ヶ月以上ないと入国ができません!チケットもホテルも予約したのに入国できなかった、なんてことにならないように、しっかり確認してくださいね。

チケットとホテルを確保したら次はカーチャーター。こちらもどんどん予約が入ってよいドライバーやガイドの確保が難しくなることもありますので、お早めに。

秋や年末の旅行でしたら、今からの予約が一番オトクです♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

4-6月のバリ島は狙い目

世界中が働きモードの4月-6月、バリ島はオフシーズン。

6月の今の時期はちょうど、イスラムの「ラマダン(神聖な月)」にあたり、イスラム教のみなさんは1ヶ月足らず、日没まで毎日断食をします。レバラン(断食明けの大祭)まで続くため、ドメスティックのお客さまもバリ島にはあまり来ません。昼間お腹空いても食べられないし、そもそも元気出ないからね(そういうことじゃないですかね?)。

レバランになると1週間の休暇があるため、バリ島在住の多勢は故郷の島へ帰省しますが、逆に富裕層のドメスティックのお客さまが怒濤のようにバリ島へいらっしゃいます。オーストラリアは学校が休暇に入り、そろそろゆるりとバリ島にいらっしゃる頃でしょうか。

テロを心配する方もいらっしゃるでしょうが、インドネシアはイスラムメジャーなだけに、テロに対してかなり強い警戒にあたっており、観光のバリ島(ヒンズー教がメジャー)ではさらに敏感に対しているようです。

そんなこんなでバリのこの時期は渋滞も減り、かなり狙い目。ホテルも6月中旬あたりまで安くなっています。今すぐエアアジアでびゅんとバリ島へ!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

久々の日本に圧倒されました

こんにちは、ソカバリツアーです。日本人スタッフ、日本より戻ってまいりました!
(実は1週間前にはもう戻ってはいたのですが…)

今回は東京に6年ぶりにヤボ用があったのですが、いや〜、東京ってすごいですね!地下交通網がすごい!羽田の移動でシャトルバスに乗ったら30分くらい地下に潜ってました。

地下鉄も200mほど潜るものがありますし…。久々のデパートにも、服といいお惣菜といい、品数がバリ島とは比較になりません(バリは手工業メインですしね…)。そしてバイクが少ない、並んでも順番来るのが早い&割り込みされない(笑)!

バリはこんな感じ。手堅く地をゆく感じ。

田舎の電気屋ですら広くて大きくって、大興奮の2年ぶりの帰国でした。

プトゥはちょこちょこお客さまのご案内をしたり、ヌガラに帰省したりしていたようです。ネタのフォローアップがまだできていませんが、更新サボリ気味だったブログも復活したいと思います。今日はむしろどうでもいい日本レポートでした。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

本日のお客さま

本日は久々に日本人のお客さまからのご予約で、ジャカルタからのご到着。空港からそのままタマンアユン寺院、そしてウブドのゴアガジャへ向かい、ホテルにチェックインされました♪

世界文化遺産のタマンアユン寺院は広くてゆーったりとした寺院です。

明日はナガがウブド周辺寺院とブサキ寺院へご案内する予定です。

11世紀頃の古代遺跡といわれるゴアガジャ。ひんやりとした洞窟の奥に、ガネーシャ神と、ヒンドゥーの3大神(シヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマ)の3体が祀られています。

ガルーダ直行便でお越しのお客さまは、夕方の到着なのでおそらくそのままホテルへ向かわれると思いますが、経由便などで朝やお昼に到着される場合、空港からカーチャーターでそのままツアーを開始できます!短い旅の時間を有効に使いたい方にオススメ。

ご予約が重なる場合やこちらの行事の都合により、時折やむを得ずドライバー交代になる場合がございますが、その場合もプトゥ、ナガ、ゲデを基本にご案内させていただいております。

すでにはじまったエアアジア直行便は14:25に空港到着だそうです。就航記念で100席限定の1万円キャンペーンやっているそうです♪エアアジアのページで価格を見ていると、どうも行きの便は安いけど帰りの便はそうでもない場合が多いみたい。。。それでも6月はトータル5万円ちょっとでバリ島へ来ることができるから、やっぱりガルーダよりは安いでしょうか?

夏休みのハイシーズンやピークシーズンはどうしても価格が上がるので、今からチケットを購入しておくとリーズナブルにおさえることができますよ〜。

日本人スタッフちょっと私事で忙しくしており、今週より日本へ一時帰国してきます。メールはチェックしておりますので、ご予約のお問い合わせはいつでもお待ちしております。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

本場ヌガラのジェゴグ演奏を聴きたい方に

ありがたいことにヌガラのジェゴグ鑑賞についてお問い合わせがありますので、まとめてみます。

<ヌガラでの公演について>
残念ながらヌガラは観光地ではないため一定集客を確保することが難しく、ウブドのように定期公演がいつでも開催されているわけではありません。そのため、お客さまからのお問い合わせがあってはじめて日程調整をし、村人を集めて演奏します。演奏者も普段はそれぞれに別の仕事をしています。

ガムラン演奏できないプトゥ。ジェゴグはちょっとだけできるそうです。

ジェゴグはバリ人にとってもハレの儀の演奏で依頼される催し物です。お一人でもどうしても聴きたい!という方でももちろん手配は可能なのですが、非常に高くなります。

公演を依頼される場合、お客さま自身が公演スポンサーとなります。人数が多いほど、お一人様あたりのジェゴグ鑑賞はお安くなります。開催時間は必ず夕刻となります。公演の依頼を頂きましたら、村人と一緒に心をこめて手配&ご案内をさせていただきます。ご希望日の1週間以上前にお問い合わせください。

また観光エリアでの演奏を依頼したい場合も、公演の手配は可能です。ただし楽器(デカい楽器が何個もあります)と演奏者の輸送コストがプラスでかかります…まぁこういったこともあり、なかなか本場のジェゴグを観る機会がないんですね。

ただし、ヌガラに滞在中にジェゴグの演奏を聞きにいける可能性はあります。

  1. バリ人の結婚式
    余興としてジェゴグを演奏されることがあるので、たまたま情報があれば、ご案内できることがあります♪結婚式での演奏はだいたい18時〜19時以降、演奏自体は1〜2時間。時期的に、バリヒンズーのガルンガンが終わってから1ヶ月間は結婚式はほぼ開催されません。ホテルに先にチェックイン頂く方がいいかなと思いますが、ギリギリでわかることもあるので、その場合はホテルへの連絡をサポート致します。
  2. 見学&体験レッスン
    バリ島にはsanggar(サンガール)といって、先生のもつ練習スタジオがあります。スタジオといっても日本のイメージだと誤解がありますね…単純に先生のご自宅敷地内の、楽器があり屋根のあるオープンスペースです。そこで地元の人の練習があれば見学だけなら無料でできます。曜日はだいたい決まっています。また見学のない場合は体験レッスンが可能です。体験レッスンは通常のガムランやリンディックも可能です。お問い合わせをいただいた上で、料金をご案内いたします。

ヌガラの人々は昔から日本へ働きに行く人が多い地域ですので、意外と日本語が話せる人がそこらへんの畑を耕したりしていて時々びっくりします。観光ガイドとしてではなく、住んだことがあって日本大好きなパターンです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存