post

バランガンビーチに行ってきました

物価の上がってしまったインドネシア。ジンバラン&ヌサドゥアエリアだとホテルのお値段もなかなかなので、バリ島に来たからってみなさんがビーチ沿いのホテルに宿泊できるわけじゃないですよね。どうしてもビーチ沿いにそれなりで安く宿泊したいならクタがおすすめですが、同じ予算でこのあたりだと、ビーチはまず拝めません(民宿はあり)。

というわけで穴場のバランガンビーチにいってみました。かの有名のアヤナリゾートを通り過ぎ、更に20分ほどガタンゴトン進んだ奥にあります。

「ガタンゴトン」の表現に注目してくださいね。道のあちこちが陥没していて、決してキレイに舗装された道路を進めるわけではありません(写真はまだまし)。

20分ほど「本当にこの道でいいの?」というところを走るとただっぴろい所にたどり着き「はい、駐車料」と言われます。その駐車場奥に海が見えるけど…あれ?

とりあえずポーズ。ビーチはどこだ?

高台の駐車場がら見下ろしたところにありました!きれい〜♪♪

バランガンビーチは波が高めでどちらかといえばサーファースポットですが、波打ち際でとりあえずビーチ気分を楽しむことはできます。本当に海がきれいなので、ガタンゴトンしようが一見の価値あり。

階段見つけたので降りていきます。

決しておしゃれではないけどリーズナブルなワルン発見。ここからの眺め最高です!
さっきの駐車場の高台も見えますね。実はこの高台はウェディングの撮影スポットとして人気です♪

うわ〜、暑そう♪

とりあえずビーチデッキを確保。お兄さんが日陰を上手に作ってくれます。南国といえども、これがあるだけで涼しく感じられるのがバリ島のいいところ。

バリ島に戻ってから日増しに黒くなるのがせつないプトゥ。

ぼーっと海に入ったりごろごろ寝たりして、こちら17時ごろ。光を見てもらうと分かりますが、サンセットがほぼ正面に沈むんです♪残念ながらこの日はここでタイムオーバー。

夕日が真正面…要するに日が沈むまでずーっと太陽ギラギラということ。なので、15時〜16時ごろにいってワルンでビンタンビールや軽食をした後に、そしてビーチデッキでゆっくりがおすすめ。シャワーはさきほどのワルンにある水道&ホースがちょびっと有料で借りられますが、よくあるローカル的な「トイレ内」です。
衛生的に気になる人や、お子さん連れでもう少し波の穏やかな場所はいい人はパイレーツベイがオススメ。パイレーツベイはレストラン利用でシャワーが借りられます。サーファーなら俄然バランガンビーチでしょうね。ビーチまでの道沿いには安めのホームステイもたくさんみかけました。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

オフにビーチへ*グランドハイアット

先週の土曜日は香港から日本のお友達一家がバリ島滞在。香港からだと日本のハワイ並みにフライトが安いのだそうです。プトゥもオフ。遊びにいったのはグランドハイアットでした。こんな時でもないと、ホテルの中にはなかなか入れませーん。

お庭もビーチもボーッとしてしまうほどきれい♪そして、ひろーい!

さすが5つ星。あるのは南国の空と海だけ。。。

砂の穴が気になる子どもたち。ビーチ沿いには小さなカニがいるけど、逃げ足がはやい。
引き潮の海の中を歩きながらカニ探し。
grand hyatt
みつけた!

また見つけた!

プトゥはやっぱり見つけるの上手でした。
記念にみんなでカニカニポーズ。

バリの人々は子ども大好き!人の子でもすぐに抱っこしたい、遊びたい。そして遊び方が上手です。子連れバリ島旅行で迷惑かける…など、余り気にする必要ありません。ただし雰囲気よい5つ星でお隣にドレッシーでメイク完璧な人がいるような室内レストランはやっぱり、お子さんのはっちゃけ具合のコントロールしましょう♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

はじめてのお客さま、ウルワツへ♪

ソカバリツアーのはじめてのお客さまは、なんとハネムーンカップル♪
幸せいっぱいのお二人にご予約いただいてとってもうれしいです。

お客さまから快く許可をいただいたので、本日は前半レポートです。空港送迎の翌日はウルワツ&ケチャ鑑賞ツアーへご案内。まずは陶器の好きなお客さま、ジェンガラケラミックへ。

定番ですがやっぱり美しい&かわいいし、一度は見ておきたい♪小さいものなら梱包して持ち帰れますよー。

お次はウルワツ寺院でお猿さんと。

お客さまを引っ張る猿(笑)。ウルワツのお猿さんたちはモンキーフォレストよりいたずら好きですが、怪我をさせるようなことはしません。雨季の不安定な天候を心配していましたが大丈夫でした!

お護りのミサンガをお揃いで購入。

プトゥがまわりの人に話を聞いたのですが、ケチャのショーは雨に降られたことがないそうです(本当か!?)。シーズンオフでもたくさんの人なので、日本語の解説シートをもらってお席を確保します。

ウルワツのケチャはショーとしての完成度が本当に高いと思います。シンプルな英語で面白いおしゃべりもあり。天候のよい時はショーの背景がサンセット色に染まります。

午後からの半日コースのツアーパッケージとなっております。詳しくはこちら

post

パイレーツベイに行ってきました

ヌサドゥアにあるパイレーツベイに行ってきました!

こちらは複合施設The Bay内にあるレストランですが、在住者の間でもファミリーに人気です。
駐車場から細い道を入って行きます。

バリはまだ雨季ですが、この日は快晴でした!海がきれい〜

ヌサドゥアの海の透明度はやはり魅力です。波も遠くにあるから海水浴にはピッタリ♪
海を横目にトコトコビーチを50mほど右へ歩くとパイレーツベイに到着。

ついにあこがれのツリーハウス!

大人もわくわく心が止まりません。メニューも海賊船仕様♪

ビンタンビールの小瓶が39,000IDR、お食事メニューはサンドウィッチからバーガー、ピザにパスタ、インドネシアのナシゴレンなどいろいろ。ビール以外のアルコール類もメニュー豊富。せっかうなのでシーフードグリルもいいですね♪

ツリーハウスは予約のないお席なら好きなところへ。手間には難破船が。

 

やっぱりこれはやっておきたいプトゥ。

レストラン裏手は子どもたちが遊べるミニアスレチックがあります。トイレとシャワールームもあるので、軽く砂を落として着替えられるのもありがたいですね。

レストランで食事をすれば利用料はかかりませんが、何も注文しない場合もお一人あたり50,000IDR(2017年1月時点430円)で利用できます。

つくりはシンプルなツリーハウスそのものですが、大きな木の木陰にはよい風が入るので、ぼーっと昼寝している外国の方もいました。そして時折リスたちが木から降りてきます。リスはココナツが大好きなんだそう。

ビーチフロントのホテルに泊まりそびれたファミリーに是非おすすめしたいスポットです。

The Pirates Bay
OPEN 9:00 – 22:00
ITDC area, Lot C-0, Nusa Dua
TEL 0361 894 8138

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

post

パンダワビーチに行ってきました♪

ビーチフロントのリゾートホテルに泊まりたい!と思っても、なかなか予算や希望のロケーションが合わないこともありますね。ハイシーズンやピークシーズンは、とくにホテルの価格も高くなってしまって悩むところ。

そんな時は予算に見合ったホテルに宿泊して、カーチャーターで海へおでかけ♪ローカルエリアを抜けてパンダワビーチへ。

崖の丘を抜けて見えてくる景色。

大分人に知られるようになってきたので、お客さまをご案内する駐車場もできています。

海をバックに記念撮影♪

ついでにセルフィー(笑)。

カメラを向けると笑えないプトゥ。こわいって…目力だけは抜群です(*´∀`*)
実際合えば穏やかで優しい人柄なのがわかると思います〜。

おそらくバリ島内ではこのエリアが海が一番きれいだと思います!ビーチデッキとパラソルも、ちらほら置いてあります。

ただ…お天気のいい日は実際のバリ島は日差しはとても強いです!
(ほぼ赤道直下)砂浜も火傷しないようにサンダル必須。

写真撮影だけならよいですが、もしゆったり泳いだりしたい方は、午前中か午後の涼しい時間に組み込みましょう♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

アヤナリゾートを散策してみました!

お客さまのつながりで、ちょこっとだけアヤナリゾートを散策させていただきました!バリ島ドライバーのアヤナ観光です(´m`)

リアクション小さめのプトゥも、今日はテンション上がり気味。

img_3420

もともとリッツカールトンが建てた施設がそのままアヤナとなり、始まったそうです。奥にはインド洋の海。美しすぎるー。

アヤナリゾート

ロビーから階段を降りてまっすぐすすむロックバーへの道。

アヤナリゾート

さすがにお客さんでいっぱいのロックバーはお邪魔なので、お庭左手の階段を降りて、オーシャンプールへ行ってみました。海やプールの美しさは本当にイメージどおりなんですねー。

アヤナリゾート

そして記念撮影(笑)。

戻ると、海の高台ではウエディングパーティの準備がはじまっていました。アヤナはお庭もそうですが、お花のディスプレイがとても素敵。女心をくすぐりますね♪

c360_2016-10-20-19-19-45-052

ここでも十分すごいよーといいながら、夕日を眺めました。

アヤナリゾート

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ