post

クニンガンでお盆終了

ガルンガンの10日後クニンガンの本日は、地上に降りたご先祖様が再び天界に戻る日。

この前日から今度は戻る為のお供え物を準備してお見送りの準備をするバリ島の人たち。午前中のうちに、ご先祖様は天界へ戻ります。そのため今日もローカルエリアやローカル向けワルンは閉まっているお店が多いですね。

バリ島西部の豊かな漁場、プランチャビーチに来ました。向こうに見える島はジャワ島。

このビーチは270度パノラマで海が広がるんです♪

雨季に入った湿気の影響で、バリ島は昼間も暑くなってきました。こうなるとショッピング散策はかなり暑いので、ホテルに篭るか涼しいエリアへのカーチャーターがいいかなと思います。

個人的なおすすめはスパ!昼間のうちに3−4時間コースでとことん身体のデトックス&ヒーリング♪夕方におめかしして食事におでかけするプランがおすすめです。

雨季は時折スコールで南国ビーチの美しさを味わいづらいこともありますが…そんな時こそスパ。

プラスして、トロピカルフルーツの旬がどんどんやってきます。今からはマンゴーとランブータンが美味しい!

ココナツは年がら年中♪

ヌガラの森の産地直送ココナツは、どこよりも格別。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ガルンガンの日常

バリ人にとって日本のお盆のような「ガルンガン」は1年に平均して2回あります(バリ暦に従うので、毎年まちまち)天界からご先祖様が地上へ戻ってくるのですが、この準備がかなり大変。

男性陣はペンジョールを飾り、

朝早起きして、ソウルフードであるラワールを作ります。小さい頃からやっているの男性陣、包丁さばきはお手の物。ヌガラでは、ココナツメインの胃に優しいラワールクルンガーが名物です。

葉っぱに包まれたこちらはトゥムといい、小刻みにした豚や鶏の肉やレバー、独特のスパイスを組み合わせて蒸します。一般的なワルンではなかなか食べられるところがないのですが、これがすごーく美味しいんです!

女性陣はバンタンといって、神様に捧げる数々のお供え物を作ります。これが1種類に留まらず、半端ない量…。中に入れるものの向きとかもあって意外と細かい。田舎では出来る限り最初から手づくりし、3日ほど前から準備が始まります。

道端でよく見かけるお花のものは日常的に捧げるシンプルなチャナンで、バンタンは豪華版といったところでしょうか。

バリ人が祭事にお金のかかる理由はこのバンタンにあるといっても過言ではなく、皆数々ある祭事の工面に一苦労しています。祭事にお金がかかりすぎるからバリ人は成功したり、金持ちになれない、と嘆く人はバリ人にもいます。

でもこれがなくなると、バリ島はもはやバリではなくなる…。

南国リゾートのバリ島ですが、バリヒンズーの人々は今もこういった伝統や宗教行事をとても大切にしているため、現代的な生活とのバランスの取り方に難しさを感じることもあるようです。

ガルンガン当日は朝早くから正装し、自宅にある家寺、そして所有の土地や村のお寺をまわってお供え物を捧げ、お祈りをして回ります。1日に迎えたガルンガンは、11日のクニンガン(ご先祖様が天界に帰る日)まで続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

兄コマンさんの自宅

先月ヌガラに帰った時のお話。

プトゥは男だらけの5人兄弟なのですが、3番目の兄コマンさんはヌガラに留まり農業をしています。メインはお米ですが、自宅の広い敷地では豚と牛も育てています。

子牛の他に、こんなかわいい子たちが産まれました。

前日に産まれたばかりの子豚ちゃん。総勢13頭産まれたのですが、お母さんのおっぱいの数が足りないので、弱いコは残念ながら死んでしまうこともあるそうです。そうならないように、身体の小さな弱そうなコはコマンさんの手でミルクを飲ませて大きくしてから戻したりもするのだそう。

子豚をとられたと感じたおかあさん、ちょっと神経質になっています。あんまり近づくと、攻撃的になってしまうそうです。

とってもかわいいのですが、もちろん農業としてやっておりますので、いずれは美味しい牛のスープになったり、バビグリンになったりするわけです…いきなりドナドナの現実。

軽く家一軒が立つ広い敷地に牛と子豚が少し。すごく健康的な環境でのびのびと育っているなと感じます。牛や豚たちは、大きくなるまでコマンさんが大切に育てています。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ちょっとゆっくりモード

世界の怒濤の夏休みシーズンも終盤になり、ちょっと余裕のでてきたソカバリツアーです。
みなさんいかがお過ごしですか?

昨年の6月に長年の日本生活を切り上げて戻ってきたプトゥでしたが、バリ島1年生でも(生粋バリ人ですが)、たくさんのお仕事をいただけ、バリ島観光ドライバーとしてあちこちをご案内させていただくことができました。

ご利用頂いた皆様、ありがとうございます!

10/1-10に中国が日本のGWのような休暇に入りますが、それをのぞいてはバリ島はオフシーズンになり、11月には雨季へと移行していきます。雨季に向かって、少しずつ暑さが増します。

この時期はホテルも航空券も比較的安く、渋滞も緩やかになり、観光エリアのショップのセールも増えてくるのでおすすめです♪お問い合わせ、ご予約いつでもお待ちしております♪

お問い合わせはこちらから→

 

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スランガンでのんびり

空港から15分のところにある、のんびりとした島スランガンに行ってみました。

サーフィンやマリンスポーツで聞くことはあるのですが、観光向きホテルといえる宿はなく、周りと比べてここだけかなりのんびりとした雰囲気。

サヌールへ向かう途中のバイパスからマングローブの森を進んで行きます。

小さな漁師のボートが無数に停泊。

橋を渡りもう少し先まで進むと、レンボンガンやギリ島へ行く小さなボートの港があります。マリンスポーツのショップもここに集まっています。

ショップにはサーフボードやジェットボート、バナナボートなどが置かれています。サーフィンする場所とは違いそうですね…。お客さんの集合所になっていて、結構賑わっていました。

サーフィンスポットをショップの人に聞いて道を戻り、別のところで折れて更に奥へ。

この更にさらに奥。家も何もない森の中、舗装されていない白い道をちょっと不安になりながら進みます。

着いた。おー、なかなかの透明度♪手前はかなり浅瀬。

サーフィンしている人がいません(笑)。
ビーチに並ぶ海の家の人に聞いてみました。

海の家にも申し訳程度にサーフボードがいくつかあり、借りられるみたいですが、素人目にも手入れされてるとは言えない感じ。インストラクターもいません。ちゃんとやる場合は、さっきのセンターからお客さんと一緒に道具を持ってくるんでしょうね。

個人的にはこういう雰囲気すごい好きです。

うっすら気づきかけてはいましたが、サーフィンは気候と波が随分キーポイントなようで…。スランガンでのサーフィンは12月〜4月がシーズン。オフの今は、お子ちゃまが波打ち際でちょびっとボート遊びをしたり、地元の人が歩いて貝や魚採りをしていました。

ものすごーくビギナーの方だったら、今の時期でも朝一番の練習ならいい感じだそうです。

せっかく来たのでイカンバカールを注文。

箱の中から選んだ時価のお魚を、ココナツの皮で焼いてもらいます。特製ソースをつけて2度焼き。見かけはあれですが、これが美味しいのなんの!!

お魚がすごく新鮮なので驚いて尋ねたら、目の前の海の漁師さんから採れたものを直接仕入れているのだそう。市場に行く前の魚、そりゃ美味しいはずだ。魚介類はバリ島でも肉よりお値段張りますが、2人で1500円くらい♪

うれしくてビンタンビールをグビグビするプトゥ。

イカンバカールのワルンの前にはごろんとできるデッキもあって、よい海風が入ります。オフのこの時期は美味しいローカルごはんを食べて、ただボーッとしにくるのに最適ですね。

完全にオフレポートになってしまいましたが、とりあえずスランガンがどういう所かわかってよかったです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

久々の日本に圧倒されました

こんにちは、ソカバリツアーです。日本人スタッフ、日本より戻ってまいりました!
(実は1週間前にはもう戻ってはいたのですが…)

今回は東京に6年ぶりにヤボ用があったのですが、いや〜、東京ってすごいですね!地下交通網がすごい!羽田の移動でシャトルバスに乗ったら30分くらい地下に潜ってました。

地下鉄も200mほど潜るものがありますし…。久々のデパートにも、服といいお惣菜といい、品数がバリ島とは比較になりません(バリは手工業メインですしね…)。そしてバイクが少ない、並んでも順番来るのが早い&割り込みされない(笑)!

バリはこんな感じ。手堅く地をゆく感じ。

田舎の電気屋ですら広くて大きくって、大興奮の2年ぶりの帰国でした。

プトゥはちょこちょこお客さまのご案内をしたり、ヌガラに帰省したりしていたようです。ネタのフォローアップがまだできていませんが、更新サボリ気味だったブログも復活したいと思います。今日はむしろどうでもいい日本レポートでした。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

オフにビーチへ*グランドハイアット

先週の土曜日は香港から日本のお友達一家がバリ島滞在。香港からだと日本のハワイ並みにフライトが安いのだそうです。プトゥもオフ。遊びにいったのはグランドハイアットでした。こんな時でもないと、ホテルの中にはなかなか入れませーん。

お庭もビーチもボーッとしてしまうほどきれい♪そして、ひろーい!

さすが5つ星。あるのは南国の空と海だけ。。。

砂の穴が気になる子どもたち。ビーチ沿いには小さなカニがいるけど、逃げ足がはやい。
引き潮の海の中を歩きながらカニ探し。
grand hyatt
みつけた!

また見つけた!

プトゥはやっぱり見つけるの上手でした。
記念にみんなでカニカニポーズ。

バリの人々は子ども大好き!人の子でもすぐに抱っこしたい、遊びたい。そして遊び方が上手です。子連れバリ島旅行で迷惑かける…など、余り気にする必要ありません。ただし雰囲気よい5つ星でお隣にドレッシーでメイク完璧な人がいるような室内レストランはやっぱり、お子さんのはっちゃけ具合のコントロールしましょう♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

祭事のつづくバリ島

3月28日のニュピはバリヒンズーの新年というお話をしましたが、4月5日はガルンガンでした。ガルンガンはご先祖様が冥界から地上に帰ってくる、日本でいうならいわゆる迎え盆。お見送りする10日後のクニンガンまで続きます。

ウク歴とサカ歴の組み合わせなので、こんな風に大きな祭事が重なってしまう時があるんです。盆と正月が一緒に来たよう、とよく言いますが、バリ島では本当に来てしまいますよ(笑)。

ガルンガンを過ぎると、暦の良い日が1ヶ月ほどなくなります。そのため、ニュピ〜ガルンガンまでの間に他の小さな祭事もなるべくやってしまいます。結婚式から葬式、小さな家庭の祭事もどどん!と一気にやってくるので大忙しです。プトゥ家も例外なく、お兄さんのお家でガルンガン前に儀式がありました。家の改良が完了した儀式だそう。

お供え物にお顔がついていてかわいい…。

珍しく3人が揃いました♪左よりナガ、ゲデ、プトゥです。

そしてガルンガンは、実家のあるヌガラにて迎えました。

この飾りはペンジョールといい、冥界から地上に戻ってくるご先祖様を迎える目印。都会では職人が作った豪華なものを買うお家も増えましたが、ヌガラでは今もほとんどの家で手づくりしているとのこと。小さくても気持ちがこもっているんですね♪

プトゥもはりきってペンジョールを作りました。稲のお米がついているのは「実りがありますように」の意味だそうです。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

プトゥに29の質問

こんにちは、目力の強いプトゥです。
ニュピ前でお客さんもいないので、暇つぶしに29の質問をしてみました。
プトゥは一言でいうとシンプルな性格。回答も相当シンプルなので覚悟してください。

01. みんなから何て呼ばれてる?
プトゥ 他にない。

02. 自分の自慢できるところは?
肩が強い 一生懸命

03. 自分の弱点は?
走るの遅い
やっぱり…ねむいな、すぐ眠くなる。眠いと弱いな。

04. 自分の口癖は?
ヨロコビ
例:あの犬 ともだちにあえて ヨロコビな。
(何度か「うれしい」を教えても口癖で直りません。ゴリエの影響でしょうか?)

05. 持ってるケータイの機種は?
中国製のシャオミーっていうの。
(日本のiphone持ってましたが、落とした途端ロックがかかり外せなくなりました…)

06. カラオケでよく歌う歌は?
X JapanのForever Love(即答)

07. 過去に似ていると言われたことのある芸能人は?
ない ぼくインドネシア人だから。

08. 座右の銘は?
日本人 時間まもらないとおこる。
(バリタイムにイライラするバリ人)

09. 将来の夢は?
なんだろな…成功!
(バリ人の多くはこう答える気がします)

10. ブログをはじめたきっかけは?
ツアーをはじめたから ぼく書いてないけど。

11. 好きなアニメは?
昔のドラえもん。

12. 好きなゲームは?
ビリヤード(TVゲームはしません。)

13. 好きな食べ物は?
さしみ(即答)

14. 好きな飲み物は?
コーラ(即答)

15. 好きな動物は?
犬(即答)

16. 好きな色は?
白 だって一番明るい。

17. 好きな芸能人は?
だれだっけ…あの歌うおんなの人。森高千里。

18. 好きなファッションブランドは?
ファッションなにそれ…?…アウトレット。

19. 好きな雑誌は?
料理の本
(プトゥはインドネシア料理めちゃくちゃ上手です!)

20. 好きなスポーツは?
野球
(清原が好きだったので捕まったのはショックだったそう。)

21. 昨日晩ご飯に何を食べた?
納豆 おいしいな。

22. 最近見た夢を教えて!
子どもと遊んだな。自分の。(いませんが…)

23. 最近読んでおもしろかった本を教えて!
あんまり読まない

24. 最近見ておもしろかったテレビ番組を教えて!
ダウンタウンの笑ってはいけないシリーズ

25. マイブームを教えて!
野菜つくってる。キュウリはえてきた。

26. 旅行するとしたらどこに行きたい?
日本。いつも仕事してたから、旅行で行ってみたい。

27. 明日地球が滅びるとしたら何がしたい?
家族とあつまる。
(インドネシア人は全員こう答える気がします)

28. 自分を一言で表すと?
愛してる。(え?)

29. 自分の秘密を1つ教えて!
いびきでかい。

少しはプトゥについて、お知りいただけたでしょうか?
カメラを向けるとこわばってしまうプトゥ。やっぱりどの写真もがめつい顔をしていますが、奇跡的に撮影できたプトゥの笑顔ショットをどうぞ。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

もうすぐニュピ

3月28日はバリヒンズーの新年ニュピです。
ニュピはサカ暦の第10の月に行われますが、外出や仕事、学問、音楽、火(電気)の使用、殺生など一切が禁じられています。心穏やかに瞑想し、日常に感謝し、世界の平和をお祈りする一日となります。

ニュピの日は人間の活動が最小限になり、自然の音しか聞こえてきません。そして夜になると浄化されたクリアな空気の頭上には、美しい満点の星空が広がります。本当に特別な日だと思います。あえて不便さを理解しながらバリ島にいらっしゃる方もいるようですね。

去年のニュピの満点の星空。みえますでしょうか…?

火の使用と書きましたが、同じく電気の使用も禁止。バイクや車での移動も禁止。ということは本当に何もできない。店はすべて閉まり、空港も閉鎖されます。ホテル滞在の場合は、施設の建物内のみ電気の使用は許可されているし、施設内でのレクリエーションは可能。ただし当日のチェックインチェックアウト不可。なので、在住者の多くもニュピ前日にはホテル入りしてやり過ごします。

ニュピの2−3日前には、メラスティという寺院ご神体の浄化があります。各地でたくさんのバリの人々が正装し、村の寺院から一斉に海へと歩いて(たまにバイクで 笑)向かいます。

ニュピの前日には、各地で午後より道路閉鎖。
そして夕方よりオゴオゴ(悪霊)のパレードがスタート!

かなりリアルでおどろおどろしいオゴオゴ。なんと土台は編んだ竹!

バリヒンズーの考え方として、善と悪は必ず対に存在し、鎮めるために悪霊にもお供え物をする習慣があります。ニュピの日だけは、普段鎮めまくっているスト レスのたまった悪霊を解放し、自由に外を歩いてもらう。そこからこのパレードがはじまっています。サヌール、デンパサール、クタエリア が見応えがあり、滞在にはオススメです。

バリ島にしかないニュピ。文明の利器を一切使用せず、日々の行いを内観するバリヒンズーの新年。ホテルに宿泊しない私は明日あたり、食糧物資の買い込みに走ります(笑)。

 
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村