post

タナロット近くの隠れ田園カフェ

タナロットへ行く途中に見つけた田園風景のカフェに来ました。

大きな道から少し奥へ入るので、知る人ぞ知る風情が個人的にはお気に入り(なので店名はヒミツ〜(´∀ノ`*)。

オープンエアで田んぼの向こうの海からのよい風が入ります。テーブル席は基本ですが、ハンモックでゴロンとできるコーナーや、座卓のコーナーもあってナイス。

高さを変えているのでどのお席からも田んぼが見えます。

プトゥはインドネシア料理の定番の一つ、「ソトアヤム」を注文。フレッシュな素材が使われていることが一目瞭然。暖かいのでちょっと肌寒いこの日にピッタリ。

レモンスカッシュと鶏の照り焼きを。グラスもお皿も盛り方も5つ星レストラン並にお洒落で、そこらへんのワルンとは全然違う!鶏も野菜もすごくジューシーでこれまた驚き!!価格的にも大大満足。

心ゆくまでポケーっと田んぼを眺めていました♪

ここなら立地的にサンセットに染まる空も堪能できるはず。ビンタンビールやカクテルメニューもありました。車も数台停められます。タナロットでサンセットを見逃した帰りにどうぞ♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

休暇に世界遺産ジャティルイへ

ガルンガンはバリヒンズーにとって大切な祭事のひとつですが、ガルンガン明けの2日目になると家族や親戚、友達でちょっと遠出をしたりビーチでまったり過ごしたりするのが習慣になっています。

今年はそのガルンガン明けに、お寺などで別の祭事のあるところが多かったみたいですね。

プトゥもせっかくなのでちょっと出かけてみました。行き先は世界遺産にも指定されているジャティルイ。最近ソカバリのお客さまには人気です。

…とその前に。途中ポイントに見つけたワルンへ立寄り。なかなかのナイスビュー♪

地域でとれる苺とバナナのフレッシュジュースでひと息。

普段お客さまをご案内するのとは別のルートを進むと、素朴な村をいくつか通りすぎました。ガルンガンのお飾り、ペンジョールが道の両脇に。

ジャティルイってひとつの村だったんですね。「ようこそ」と書いてあります。

通行料を払って広大な棚田に到着♪ちょうど実りの時期でした。

プトゥいわくここはすべて赤米の稲なんだそうです。バリ島で赤米といえば、ほぼジャティルイ産なのだどか。
環境を保護するため、棚田への立ち入りは決められた道のみとなっています。

どこでも入るのはダメですが、トレッキングが4コースもあるのはアクティブな方には楽しいですね。30分〜2時間までのロングルートがあります。夕方はやくに多くのレストランは閉まってしまうので、できるだけ早朝にきて散策(あるいは本格トレッキング)&ランチまたはティータイムを過ごすのがいいですね。

ガルンガンの休暇帰りに立ち寄るバリ人一家も見かけました。

やはり見晴らしとして一番爽快なのは稲が緑の時期ですが、稲刈り前の実りの黄色も悪くないなーと思いました。

ジャティルイのコーヒー農園もおすすめです。緑の棚田も見られるこちらの記事もどうぞ。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

トロピカルなお土産に!Canggu Shop

Selamat Siang! すでにGWに入っている方多いのでしょうか。

最近ネタがチャングーに偏っていますが、バトゥボロンでお土産にぴったりなトロピカル健康食品のお店を見つけました。その名もチャングーショップ。そのまんまや。

オーガニックなバリブッダがお好きな人なら、このお店も好きだと思います。

バリ島ならではの乾物をたくさん取り扱っています。

加工前のナッツ類がたっぷりだったり、スパイスがあったり。

大量のココナツフレークは、お料理好きな人にはうれしいですね。

日本人スタッフのお目当てはこれ↓。
バリ島特産のカカオです。炒って粉にしたカカオと生のまま粉にしたカカオ。もちろん豆のままのカカオもあります。

炒りカカオ粉はミルクと砂糖を混ぜてココアドリンクに、生のカカオ粉はチョコレートづくりに。とても溶けやすくてまじりっけなしの上質さ。200gで270円くらい(本日のレート換算)。

バリ島産のアロマ製品、革製品や木や琺瑯のお椀などもあります。

中心の駐車場から北にちょっと歩きます。

バリブッダのようにカフェはありませんが、トロピカルフルーツのジャムやインドネシア伝統のジャムーもボトルで置いてあって美味しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。→

保存

保存

保存

保存

post

草木染めウェア Indigo Sea

Selamat Siang! 乾季になるとカラッと涼しいはずなのに、最近何故かモワッとしているバリ島。
凧揚げの季節にならないと涼しくないんでしたかね…?忘れてしまいました。
今日はイメージだけでも涼しげに。

たまたまお友達つながりで知り合った方が素敵なウェアブランドを立ち上げたというので、お話を聞きに遊びに行ってきました♪バリ島で草木染めを使って色をつくるナチュラルなウェア。

海を愛するサーファーのChiekoさん&Yukoさんが、おしゃれも環境に優しくスタイリッシュに、自然をリスペクトしたlife styleをと一致して立ち上がったIndigo Sea。

藍だけでなく、マンゴーやマホガニー、トロピカルらしい5つの植物を組み合わせて色を出しているそうです。そんなコレクションのいくつかをご紹介。(画像掲載許可をいただきました)

甘すぎずシンプルで大人、そしてゆるすぎない服のシルエットがとっても素敵で好みです。

縫製がしっかりしつつも、コットン布のさらっとした涼しげな感じもうれしい。

自然のものを扱うので、手作業の工程にすごく時間がかかるそうです。でもだからこそ、服を作る工程でも着尽くした後でも、海、そして地球の環境を汚さずにすみますね。

バリ島ではまだショップ展開はないそうですが、日本ではすでに取り扱い開始、オンラインショップもあるそうです♪バリ島内のリゾートホテルの中にあるようなお土産ショップに置かれてても不思議じゃないなー、と感じる上質さと素敵さでした。

♠ Indigo Sea
INSTA: @indigoseaclothing
WEB: indigosea.net
MAIL: info@indigosea.net
TEL: 05068674485

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

post

チャングーで見つけた丼物

バリ島に長く暮らしていると、やっぱり時々和食が恋しくなります。でもお寿司系はなかなかお値段が張ります。魚の鮮度やお味的にも、5つ星ホテルに隣接されている日本人シェフのいる和食レストランでないと、「え?」と感じることが多い。お魚も日本のようにバリエーションを揃えるのは難しいと思います。

レギャンにあるpadmaの和食レストラン「tenkai」のお寿司はグッド♪ビュッフェタイムがありがたい。

デンパサール市内には、日本人で賑わういくつかローカルプライスの店がありますが、駐車場がなかったり、色んな意味で観光の方が行くのはちょっと違うなーと感じます。

西洋からの観光客や在住者、ローカルにもヘルシーな日本料理は人気ですが、料理のアレンジがかなり変形した店も多い。当然辛くなったり、マヨネーズを多用していたり。解釈を知るのは面白いですね。

その中でふらっとみつけて入ってみた、こちらのお店。チャングーにあります(タイガーの看板の方)。

「ハンドロール寿司バー」と入り口の窓に書いてありました。店内が薄暗い照明でおっしゃれー。

おしゃれカウンターでは、さまざまなアレンジカクテルが飲めます。見た事のある日本酒のストックもあれば、バリ島のアラックを使ったカクテルなんかもありそうです。

なかなかお値段が貼るので(といっても日本と変わりませんが)、パパッと食べられそうな丼ぶりものをオーダーしてみました。こちらはサーモン。こちらはまぐろ。

お刺身は真ん中にちょこっとですが、きのこやアボカド、枝豆やシャリシャリの紫キャベツなど、ガリはもちろんのこと、いろんな種類のお野菜がミックスされている。

これがめちゃくちゃ美味しい!!お米に使われているお酢やわさびも、かなり素材をこだわっている感じがします♪カクテルも絶対に美味しいはず。

さすが高級ヴィラの立ち並ぶ、おしゃれでヒップなチャングー(死語)のバー。対して、どんな場所でもあんまり緊張しないマイペースプトゥ。注文前に値段を確認する時だけ、緊張しますヽ(・∀・)ノ

ちょっと変わった、でも美味しい和食バーに興味のある方は、ぜひどうぞ。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

南国感たっぷりなリゾートウェア

南国リゾート バリ島にきて女子が楽しめるもの、それはやっぱりショッピング♪

アロマ&スパプロダクツやインテリア雑貨、は基本ですね。そしてバリ島ならでのコーヒーやチョコレート、バリ伝統ならエンデックやバティック布などもおすすめ。

そしてリゾートファッション♪かわいくて解放感あり、涼しさバッチリの素敵なサマードレスやチュニック、サンダルやバッグなど、あちこちにオリジナルな掘り出し物がいっぱいでワクワクします。

これまではウブドやスミニャックがトレンドスポットだったかと思いますが、チャングーもどんどんショップが増えています。ブラワ通りは長くてショップが点在しているので、徒歩での散策がちょっと難しいのですが、ヴィラレジデンス向けの素敵な雑貨屋さんや、ちょっとドレッシーな雰囲気のお店が増えています。

ウブドはヨガウェアのお店がここ数年で爆発的に増えた印象ですが、サーファーならチャングーのバトゥボロン通りの散策がおすすめ!駐車場があるからドライバーもスタンバイできるし、こじんまりと歩きやすいのです♪

ボードや可愛い水着、おしゃれなバリ島Tシャツ、キャップなど、女性に限らず男性にもナイスな品揃えあり。エスニックなバッグも素敵ですね〜♪

次回バリ島にお越しの際は一度散策してみてください。

ちなみに余談ですが、バリの伝統布やトレンドをお探しなら、クルンクン市場がデンパサール市内へどうぞ。リゾートとは違うトロピカルカラーな世界へ…。

日本人スタッフはまぁまぁコレクターです♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

バトゥボロンでピザ!

Cangguのバトゥボロン通りにお出かけしてきました。チャングーといえばレジデンスヴィラの多いブラワ通りが中心ですが、この通りはサーファー向けの民宿も多く、数年前からどんどんショップやカフェが増えてきていて、行くたびに変化のあるエリアなんですね。

エコビーチへと分かれる道の中央部分に、駐車場が出来ました!車もバイクも停められる♪これだけで便利感アップ。近辺のお店を歩いてまわれます♪

コーヒーの美味しそうな新しいカフェが気になります。
国際免許をもっていれば、一応バリ島の警察ではお咎めなしです(自己責任でお願いします)。ヘルメットは必須ですよー。

数年前から人気のBetelnut Cafeも健在。ここはおしゃべりランチ&チーズケーキがおすすめです。

お土産によさそうなカジュアルでおしゃれなバリ島Tシャツはいかが?

インテリア雑貨ショップやサーフボード店、水着ショップも当然あります。

私たちの今日のお目当ては…窯焼きピザ!!
オープンエアのLugi’s Hot Pizzaに来てみました〜。夕方のHAPPY TIMEは1ドリンク&ピザで半額なんです♪

90’sも含めていろんな音楽がガンガンに流れているのでおしゃべりはちょっときついですが…早めの時間は若い人にまじってファミリー層も来ているし、よい雰囲気。ピザを片手に飲むには最高!

マルガリータピザが焼き上がりました♪ちょっともちもちな生地に、よいチーズを使っています。美味しい!

日本人なら2名でピザ1枚で十分。一緒にビーツのはいった新鮮サラダとドリンクもオーダー。おすすめのカクテルと、アルコール苦手な人はトロピカルなフルーツジュースを。

カクテルも甘過ぎなくて美味しかったです♪

チャングーエリアはクタやスミニャックとはラフなスタイルで、またちょっと違った雰囲気ですね。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

タンテリケラミック工房

バリ島のジェンガラブランドで知られる陶器は、伝統的な工芸品の1つとしてとても人気です。他にも最近、サヌールやチャングーに店舗を構える「Kevala Ceramic」さんは、現代的でポップな感覚がかわいいと評判。そしてもうひとつおすすめの陶器スポットがあります。

タナロット寺院への途中にあるのどかなペジャテン村に「タンテリケラミック」があります。こちらは昔から村全体で陶器を生産しており、広い工房の見学が可能で、隣接されるミュージアムには芸術品を保存・展示。何よりも、販売だけではなくワークショップで陶器づくりの体験ができるのが魅力。

この日は閉店間際の夕方に行ったので、美術館は省略。

工房入り口には、直接購入できるかわいい陶器がいっぱい♪1階と2階があるからバリエーションも豊富に揃っています。

かわいいフランジパニ模様のお皿やティーポット。

ユニークなココナツの形をしたジョッキ。
これでビンタンビール飲んだら、南国気分全開間違いなし!

小さなものならお土産にいいですね♪箸置きにどうぞ。ギャラリーショップの奥に工房があります。ワークショップをしないみなさんは勝手に工房をみていってくださいスタイルなので、気楽です。

ロクロを回して成形する工程。

こちらは型どりしたものにお魚の模様を加えています。

先ほどギャラリーで見かけたフランジパニ模様のお皿。これはどうやって模様を?

焼き上がったまだちょっとあたたかい窯のお皿。

陶器ワークショップ体験は、ソカバリツアーからお申し込みいただけます。ただし、お土産に作った作品を持ち帰りたい場合は、体験後も3日以上バリ島に体験されるお客さまのみとなります。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ジャティルイ&コーヒー農園

夏休みにリクエストの多かったコーヒー農園ですが、実は日本人スタッフ、4年間バリ島に住んでいながら(それ以前もリピーター)一度も行ったことがありません…。私もコーヒー好きで普段からインドネシアの美味しいコーヒーを自宅で楽しんでいますが、スーパーで終わっちゃっています(汗)。

というわけで、スタッフも体験!
農園はウブド周辺やキンタマーニ高原にあり、ウブドへの観光のお客さまはそちらへご案内することが多いでが、今日は新しいコーヒー農園スポットをご紹介します♪

テガラランの目前に迫る棚田カフェでランチや一息したことのある方は多いと思いますが、バリ島中部にある「ジャティルイ」の棚田はまだの方、多いのでは?バトゥカル山のふもとに広がる田園地帯のスケールは、テガラランとはまた違った大きなスケールなんですよ〜。

こちらの風景の手前に新しくできたコーヒー農園。入り口がバリ島らしくってキュン。

入ってすぐにコーヒーの木がたくさん生えていて、歩きながら、スタッフの人がコーヒの栽培や加工プロセスについて説明してくれます(英語なのでプトゥがサポートします)。途中ジャコウネコが寝ていたり、コーヒーの焙煎しているおばちゃんに出会ったりします。

ルワックコーヒーの試飲は1杯50,000ルピア(500円以下)で、バリスタのお兄ちゃんにこちらを注文すると、2階のまったりカフェコーナーへご案内。

ちょっと、景色が最高じゃないですかっ!

一面田んぼ、田んぼ、田んぼの嵐(?)。

ここで農業をやっているバリ人の皆さん尊敬です。。。

うっとりしていると試飲が届きました。多っ。

実はこちらはルアックコーヒーではなく、お茶です。ルアックコーヒーを注文するともれなくこちらの試飲もついてくるから、すごいお得感♪トロピカルなお茶&コーヒーを組み合わせていてひとつひとつ味が違います。マンゴスチンティ、ホワイトチョコレートティ、ウコンティ、ジンジャーコーヒーティなどなど。日本語の説明メニューもテーブルにありますよ。お砂糖入りですが、どれも美味しかったです。

満を持してルアックコーヒー登場。こ、これが…

ルアックコーヒーのは他のどのコーヒーよりも高級で美味しいと言われています。豆の品種なのか熟成工程(ググってください)の影響なのかはわかりませんが、かなり酸味のあるコーヒーでした。酸味好きな人にはとっても美味しいと思います♪

一緒にバリ島の手づくりジャジャン(お菓子)、Lak-lak(ラクラク)を注文。コーヒーに合います。
お茶やコーヒーはお土産に買って帰れます。お茶は甘すぎるなーと感じたら、お砂糖なしのを選ぶといいですよ。

壮大な田んぼ風景に癒されすぎて、ついつい長居。溶けてしまいそうでした。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

エコビーチ♪

Selamat Siang! 今年の夏は更に観光客の増えたバリ島。さすがに(というか前から…)渋滞を問題視する声があちこちから聞こえてきます。ウブドのホテル・レストラン協会も、ウブドの滞在日数が減ったのは渋滞のせいだと、政府にインフラ修正の要請をしたとか。そうですねーついでにいうと、現地のタクシーじゃないと乗せちゃダメっていう、おかしな島意識の利権問題も解決してほしいですね…Gojekバイクなんて渋滞解消になるし、すごく便利でいいじゃない、と思うのですが。あと、大型バス禁止でお願いします。

さて今日はチャングーエリアのエコビーチにいってきました。
エコビーチといえばサーファー上級者が揃う屈指のサーフィンスポットで、世界大会も頻繁に行われるビーチです。

チャングーは今ブラワビーチ通りがメインといっていいと思いますが、この道沿いにもいろいろとカフェやショップが増えてきました♪。

上半身裸やビキニでノーヘルの、ちょっと安全無視した(そして事故で死んだり。良い子はマネしない)欧米系のサーファーたちが集うので、おしゃれです。1年前からもかなり変化した印象でどんどん開発されています。おいしいジェラート屋さん「Gaya」もあり、ちょっと一息するのにいい場所。

以前から気になっていたBBQレストランに来てみました♪屋根もあって涼しい。

バリ島なのでガラス曇っちゃっていますが、新鮮で美味しそうなイカン(魚)が、きちんとガラスケースに並んでいます。衛生的にも安心。なんとロブスターが。さすがに地価ですね…いくらなんでしょうね(どうせ食べられないので聞けず)。

隣に串刺しのケバブもずらりとあったので、そちらをチョイスして焼いてもらいました。

特製ソースとシーフードのおいしそうな香りが立ち込めます♪
ドリンクと一緒にケバブのお会計を先に済ませたら、焼き上がりを待つ間にサラダバーへ。なんとサラダバーはおかわり自由。ナシクニン(ライス)とパンもあって、これはうれしいサービス♪しかも美味しいです。

焼けたところでいただきまーす♪これはね…おいしい!

ドリンクもカクテルやビール、フレッシュジュースなどチョイスいろいろです。私が頼んだのはパイナップルとミントとバナナだったかな?のミックスジュース。サラダのお変わり自由で150,000ルピアくらいでしょうか。シーフードでこれなら文句ないですね。

天気がよければサンセットも最高なビーチです♪ランチよし、ディナーよし、カーチャータのひと休みに寄るにもおすすめです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村