post

あのソカバリツアー も参加

ちょっとばかし忙しくて、ブログの方ご無沙汰しておりました。

ブログでお伝えしたヌサドゥアの「国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会」に、ソカバリツアー も参加しておりました。

車(innova)だけですが ←貸し出してただけ😂
10日間頑張って仕事をしてくれました。

日本のお客様はそうでもありませんが、ドメスティック(国内)のお客様は高級車にこだわって指定してくる方が多いんですね。インドネシアはかつての日本のような好景気を迎えているからかなと思います。国際的な会議ともなると政府から「黒の高級車、最新で」と指示があり、数も足りないので、ヌサドゥアエリアへ車が集結されます。ドライバーは前もって、身分証明書や車に関するありとあらゆる書類の提出が義務付けられています。

プトゥは後半の4日間のみ、インドネシア各地から集まったグループのお客様をご案内しました。

様々な行政スポット訪問に加え、タナロットや北部のべドゥグルへもご案内しました。

インドネシアはイスラム教が最も大きな人口の比重を占めていますが、バリ島だけは世界に唯一のバリヒンズー教で、豚料理はバリ人にとってソウルフード。イスラムの方の中でも戒律に厳しい人と比較的リベラルな人がいて、バリ島へ来るとやっぱりちょっと豚料理を試してみたくなる方も、いるとかいないとか…。

「肉はダメだけど、スープくらいならいいんじゃない?」という方に「豚だからそれ同じ!」なんてツッコミが入る、愉快な旅でした☺️

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

渋滞しそうなお知らせ

そういえば、今ヌサドゥアエリアでは14日まで「国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会」が開かれております。そのためヌサドゥアのホテルでは一般のツアー会社の車の出入り制限や、在住者を含む一般車の通行制限が実施されています。

で、これに加えてなんと、10/10-12まではウブド王家の大きな結婚式が。村人総出でこちらも確実に通行規制あり。そしてヌサドゥアでのカンファレンス客の一部はこちらの結婚式にも招待されており、警察動員の車でどどーん!とウブドへやってきたりします。ダブルパンチですね。

そのためウブドへのお客様のご案内や、外への観光ツアーの出入りに渋滞の影響がありそうな気配です。もちろん、時間帯によっては何の影響も感じないこともあるでしょうし、状況はまったく読めません。この二つから逃れたい人はクタ〜チャングー、サヌールあたりへの滞在をおすすめします。

すでにホテルをとっている人は逃げようもありませんけどね…This is Bali。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

バリ島の人気ショップ ジェンガラ

Semalat Siang!ソカバリツアー です。

先月終わりあたりから、めっきり南国らしく暑さを増しているバリ島。ここのところはようやく乾季らしい陽気で雨も全くありません。でも11月になればまた雨季が始まる(はず)。

そういえばバリ島に暮らし始めてから一度も足を踏み入れたことのなかった、ジェンガラ本店に行ってみました。行かなかった理由はただ一つ、高級な暮らしをしていないから(笑)。ほんとうのところ、焼物陶器は日本人スタッフ、大好物です。お金さえあれば、きっとどんどん買っちゃいます (。-∀-)ニヒッ☆

広〜い美術館のような素敵なギャラリーへ潜入。

定番の葉っぱのお皿♪

フランジパニのモチーフで人気のこのシリーズ、ハイビスカス柄もあるんですね*:.。☆..。.(´∀`人)

少しだけどバティックやインドネシアの織物、クオリティの高い竹かご工芸品なども置いてありました。それから併設されたカフェはもちろんジェンガラ使用で、落ち着きがありいい感じです☆彡どうでもいいけどトイレもめっちゃ綺麗でかわいい(笑)。

ジェンガラはジンバランにありますが、スミニャックのサンセットロード沿いにはアウトレットのショップもあり、お値段が少し優しくなっています。

また別記事ですが、タナロット近くにあるこちらの工房だと、可愛い陶器雑貨のお買い物だけでなく、体験ワークショップに参加できたり、工房内の見学もできるのでおすすめです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

バランガン Alchemist

前回からの続き。
そういえば、バランガンビーチへ行く途中、毎回気になっていた門構えがあったなーと。

ちょっと読みづらいですが「アルケミスト」。

レストランのようなので入ってみると、奥にはバンガローな雰囲気の宿泊施設もある様子。

レストラン中央は憩いのスペースのようになっていて、ゆったりとガーデンの中に座れます。

メルヘンなジャンクヤードのような、こういう感じ…超好み♪白いお部屋の中にはケーキコーナーがあり、クッキングクラスの施設も。

料理はオーガニック中心。
英語のメニューの材料をみてオーダーしたアボカドチキン的なサンドイッチ。ボリューム満点。

カフェオレもたっぷりでかわいい。

オーナーがフランス人だということで、デザートは絶対美味しいだろうとクレムブリュレも♪

ほどよい甘さでやっぱり美味しい!

いまお客さん少ないから、プールの方見に行ってもいいよー。といわれたので、お庭を通って行ったのですが…ひゃー*:.。☆..。.(´∀`人)

ここは一体どこー?

枯れかけた乙女心をめっちゃくすぐるプールに夢心地。

レストランスタッフも皆すごく感じが良くってアットホームです。宿はお安いお部屋(オフシーズンなら1万円以下)の方だけ見せていただいたんですが、トイレとシャワーが半屋外。多分そのせいで日本人のお客さんが少ないのでしょうが、ほんとうに素敵でした。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

バランガンのナイスビューレストラン

先日たまたまスパご利用でお客さまをご案内した、バランガンのラジョヤにいってきました。

断崖から海へ下るところにヴィラ&バンガローがあり、南国の雰囲気満点なリゾート。抜群のロケーションでヨガやサーフレッスンも楽しめるお宿のようです。スパは140Kからで良心的プライス。

レストランも素敵だという話だったので、今回はそっちに行ってみたのですが…。

レストラン目前のプール&ビュー♪

バランガンの海はやっぱりすごく綺麗ですねー。ですが、なぜか座って落ち着いてオーダーして、写真を撮っていると…後から上のマネジャーがきて、「宿泊客以外はエントランス料が約1000円プラス(一人につき)」といわれてしまい…。なんで先に教えてくれないの?しかも注文してからいわれるって印象悪かったので、ランチ食べず(苦笑)。

つい最近もお客様のリクエストで調べたレストランがありましたが、ビューの素敵なところはビーチクラブみたいにエントランスフィーやミニマム料金がかかるみたいですねー。

へー…だったらいいや。って私は思うタイプです(笑)。
でも、ナイスビューはナイスビュー。

ランチを求めて、次回へ続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存