もう過ぎてしまいましたが…ニュピだと知らずにジャカルタからお客様がファミリーでヴィラご滞在ということで、前日のオゴオゴ(悪霊)パレードの日に、プトゥは空港送迎。

パレードの為にいくつかの大きな道が、13時を過ぎたあたりから徐々に通行止めになっていきます。渋滞へとつながるため、できるなら午前中にはホテルに移動して篭ってしまうのがいいのですが、お客様の到着は13時を遅れ、14時。

途中でコンビニやスーパーで食材を買い込み、ヴィラへお送りしたものの、渋滞がすでに始まっており、時刻は17時。。。ここから一生懸命自宅に戻るのに3時間以上かかりました。

実はこのニュピの前日、プトゥジュニアがバリ暦で1歳。オトナンというミニ儀式を午前中にササッとすませていました。お供え物も、前日に慌ててナガさん(兄)の奥さんコマンさんに依頼。

実はここには2種類の葉があります。一つ一つ意味の異なるものを、ナイフ1本と留め具で手際よく作っていく。小さい頃からやっていないと時間もかかるし、綺麗にはできません。

通常のオトナン儀式のための、最小限のお供え物がこちら。

そして18時には、ニュピを迎えるためにいつもより特別な儀式があります。が、間に合わず。急遽兄のナガさんの奥さんコマンさんが、午前中に加えて午後も来ることに…(気の毒)。

家の各ポイントにお供え物をしてお祈りをし、最後は玄関に大きなお供え物。終わったら椰子の松明(?)、とお米と聖水を持って、家中を回りながら鎬を叩いて悪霊を追い出します。

ニュピの当日は以外とあっさりしたもので、本当に何もしません。(早朝6時までに1日分の料理は準備完了)。昼寝を何度かして、家族で静かにおしゃべりですね。ニュピ前に女性は大量のお供え物をお寺や自宅のために用意してきてますし、男性もムラスティという浄化の行進で歩いたり、子供はオゴオゴもあったりで、皆ヘトヘト。プトゥのお父さんはマンクーなので、ニュピ当日は毎年断食しています。ちなみに、小さな子どものいる家はバンジャールに届け出をすれば、少々の電気や火の使用はOKです。

実は外出禁止は、観光エリアほど厳しい。観光客や他の島、他の宗教の人が多く緩める程度がわからないのと、餌をやる家畜もいないため。

ブログランキング参加しています。面白かったらクリック♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA