post

オフを過ごしています♪

本日はキリスト復活祭のイースターですね。

インドネシアに住んでいるとさまざまな宗教の祝日があるので、自然とヒンズー教以外の知識も入ってきます。イースターということは、欧米系のお客さまも自宅&教会で過ごす人が多いので、バリ島はオフシーズンです。

バリヒンズーではTumpek Landep(トゥンプッランドゥップ・鉄や金属の道具への感謝)とPurnama(プルナマ・満月)が重なりました。プトゥは車を点検に出してピカピカに磨き、久しぶりにヌガラへ戻って感謝とお祈りを捧げました。

全然話は関係ないですが、ヴィラやレストランなどのお庭でたまにみかけるこちら。

いつもどんな味のするフルーツだろう。。。と気になっていたんですが、全くもって食べられない、ただの鑑賞の木だそうです!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ガルンガンの日常

バリ人にとって日本のお盆のような「ガルンガン」は1年に平均して2回あります(バリ暦に従うので、毎年まちまち)天界からご先祖様が地上へ戻ってくるのですが、この準備がかなり大変。

男性陣はペンジョールを飾り、

朝早起きして、ソウルフードであるラワールを作ります。小さい頃からやっているの男性陣、包丁さばきはお手の物。ヌガラでは、ココナツメインの胃に優しいラワールクルンガーが名物です。

葉っぱに包まれたこちらはトゥムといい、小刻みにした豚や鶏の肉やレバー、独特のスパイスを組み合わせて蒸します。一般的なワルンではなかなか食べられるところがないのですが、これがすごーく美味しいんです!

女性陣はバンタンといって、神様に捧げる数々のお供え物を作ります。これが1種類に留まらず、半端ない量…。中に入れるものの向きとかもあって意外と細かい。田舎では出来る限り最初から手づくりし、3日ほど前から準備が始まります。

道端でよく見かけるお花のものは日常的に捧げるシンプルなチャナンで、バンタンは豪華版といったところでしょうか。

バリ人が祭事にお金のかかる理由はこのバンタンにあるといっても過言ではなく、皆数々ある祭事の工面に一苦労しています。祭事にお金がかかりすぎるからバリ人は成功したり、金持ちになれない、と嘆く人はバリ人にもいます。

でもこれがなくなると、バリ島はもはやバリではなくなる…。

南国リゾートのバリ島ですが、バリヒンズーの人々は今もこういった伝統や宗教行事をとても大切にしているため、現代的な生活とのバランスの取り方に難しさを感じることもあるようです。

ガルンガン当日は朝早くから正装し、自宅にある家寺、そして所有の土地や村のお寺をまわってお供え物を捧げ、お祈りをして回ります。1日に迎えたガルンガンは、11日のクニンガン(ご先祖様が天界に帰る日)まで続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

バリのお供え物

日曜日はバリヒンズーのプルナマ(満月)の日だったので、普段より念入りにお供えとお祈り。

日々あちこちで、さまざまな行事のあるバリヒンズー。バリ島では古くからウク歴(210日周期)とサカ歴(太陰・太陽暦)のコンビネーションで日が決まるためややこしく、バリの人々も常にこのバリカレンダーで大切な日を確認します。なんと縦書き。

最近はスマホ向けバリカレンダーアプリもあるらしいのですが、肝心な日がどういう日かの説明がないので、基本知識がないとちんぷんかんぷん。かわいいのでお土産に買ってかえる人も日本人にはよくいらっしゃいます。

こちらは道端でよく見かける小さな花のお供え物、チャナンの芯となる「ポロサン」。

中に「パモール」という白い粉を練ったものが入っています。デンパサールではホッチキスを使ってチャナンを作るのが一般的になってしまいましたが、ヌガラのプトゥのお母さんはこの「スマッ」という竹からできた細い棒を使って留めています。

道端で見かけるチャナンは、実は地域によってちょっと形が違います。旅行中に気づいたあなたは上級者♪こちらはデンパサールやウブドでよくみかける箱スタイル。

バリ島東部クルンクンへ行くと、こうなります。プトゥ出身のヌガラもこの丸型スタイルです。

市場でいくとこんな風にお花が売っています。あじさいもお供えによく使われる花です。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ