post

スカルノさんの別荘

バリ島寺院のひとつ、ウブドから30分ほどの森の中にあるティルタエンプル寺院。

こちら湧き水の美しい聖水の出るありがたーいお寺としてバリの人々にも親しまれていますが、その隣に別荘があるんです。

1950年代に建てられた、今は亡きスカルノ大統領の別荘。現在は迎賓館として要人を迎え入れたりしているようですが、一般の私たちも写真や遺品などを観ることができます。

スカルノ大統領といえば日本のデヴィ夫人の旦那さん。このスカルノさん、実はお母様はバリの貴族出身です。オランダに対する反植民地運動を鼓舞し、インドネシア独立へと導いた初代の大統領。亡き今も、「建国の父」として非常に尊敬され愛されています。

奥さん6人もいて別の意味でもすごいです。それぞれのストーリーはまたすごい。デヴィ夫人は第三夫人ですが、インドネシアでは実はそれほど知られていません。スカルノ好きで家に肖像画を飾っちゃう人や、日本好きなガイドさんあたりは知っているかもしれませんね。

デヴィ夫人みっけ。

スカルノ失脚後大統領となったスハルトは逆に、アメリカCIAから支援を受けて共産一掃にあたり、一般住民含めて50万人とも100万人ともいわれる虐殺をした軍人さん。民主主義を葬り独裁政権を30年間維持したことで知られています。息子たちはバリ島に今もたくさんの不動産所有があり、まぁ、好かれていないですね(笑)。バリの芸能文化を抑圧したり、ちょっとでも悪口をいうと次の日にはその人がいなくなったりしてたそうなので…ブルブル。

インドネシアは自分たちの力で植民地から独立した国。そのため今でも政治には日常的に感心が強く、賄賂政治撲滅と貧困解決を掲げる現ジョコウィ大統領に、殆どの人が投票したんじゃないかなと思います。次のバリ州知事を誰にするかなんて話もフツーにしてくれます。投票日は仕事も休みになるんですよ。

インドネシアの別の顔でした。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

本場ヌガラのジェゴグ演奏を聴きたい方に

先日ありがたいことにヌガラのジェゴグ鑑賞についてお問い合わせがあったので、まとめてみます。

残念ながらヌガラは観光地ではないため一定集客を確保することが難しく、ウブドのように定期公演がいつでも開催されているわけではありません。そのため、お客さまからのお問い合わせがあってはじめて日程調整をし、村人を集めて演奏します。演奏者も普段はそれぞれに別の仕事をしています。

ガムラン演奏できないプトゥ。ジェゴグはちょっとだけできるそうです。

公演の場合、ディナーのお食事やドリンクつきで、夕刻開催となります。お一人でもどうしても聴きたい!という方でももちろん手配は可能なのですが、お一人に公演の料金お支払いの負担がかかってしまうので、おすすめしていません。人数が多いほどジェゴグ鑑賞はお安くなります。最低5人いらっしゃればお互いに納得できるかな?という気がしています。公演の依頼を頂きましたら、村人と一緒に心をこめて手配&ご案内をさせていただきます。依頼はご希望の日程の1週間以上前にお問い合わせください。

また観光エリアでの演奏を依頼したい場合も手配可能です。ただし現地での演奏でない場合は、楽器(デカい楽器が何個もあります)と演奏者の輸送コストがプラスでかかります…まぁこういったこともあり、なかなか本場のジェゴグを観る機会がないんですね。

ただし、ヌガラに滞在中にジェゴグの演奏を聞きにいける可能性はあります。

  1. バリ人の結婚式
    余興としてジェゴグを演奏されることがあるので、たまたま情報があれば、ご案内できることがあります♪結婚式での演奏はだいたい18時〜19時以降、演奏自体は1〜2時間。時期的に、バリヒンズーのガルンガンが終わってから1ヶ月間は結婚式はほぼ開催されません。ホテルに先にチェックイン頂く方がいいかなと思いますが、ギリギリでわかることもあるので、その場合はホテルへの連絡をサポート致します。
  2. 見学&体験レッスン
    バリ島にはsanggar(サンガール)といって、先生のもつ練習スタジオがあります。スタジオといっても日本のイメージだと誤解がありますね…単純に先生のご自宅敷地内の、楽器があり屋根のあるオープンスペースです。そこで地元の人の練習があれば見学だけなら無料でできます。曜日はだいたい決まっています。また見学のない場合は体験レッスンが可能です。体験レッスンは通常のガムランやリンディックも可能です。お問い合わせをいただいた上で、料金をご案内いたします。

ヌガラの人々は昔から日本へ働きに行く人が多い地域ですので、意外と日本語が話せる人がそこらへんの畑を耕したりしていて時々びっくりします。観光ガイドとしてではなく、住んだことがあって日本大好きなパターンです。


 
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村