post

サーフスポットMedewi

プトゥの実家から30分もかからないところにあるMedewiというサーフスポット。

日本人も知る人ぞ知る、という感じで、観光エリアを外れてここにサーフィンを満喫しに来る人は多いみたいですね。バリ島西部だと、このMedewiやその手前のBalianにサーフ観光客向けの宿泊施設が並んでいます。

カジュアルな雰囲気のオープンカフェや、民宿も。

ソカバリツアー がお付き合いさせていただいているホテルはビーチ目前なので、レストランにお邪魔。当然ながら、民宿よりも設備がしっかりしています。ウェイターさんたちの制服も可愛くて(撮影忘れた)、流れて来る音楽もゆったりビーチのいい感じ。

とりあえずミゴレンをオーダーしてみました。濃すぎずしっかりとしたお味♪

気になったアフォガード?がすごく美味しかった。アボカドジュースではなくて、もっと濃厚でスイーツな感じ。チョコレートもしっかりと本格的なお味☆彡

こちらはお宿。すべてのお部屋がビーチに面しているのに1万円以下で泊まれる!

もちろんサーファーじゃなくても泊まれますのでご安心を(日本語のできるスタッフは現在いないかも)。

プールやお庭が小さいので、やっぱりゆったりと贅沢感のあるリゾート休暇なら5つ星のPuri Dajumaが本当に最高ですが、このお宿もリーズナブルでセンスがあり、ヌガラではおすすめです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

最近のお客様

最近のお客様をまとめてどーんとご案内。

日本 x アメリカの素敵なカップルをウブド〜空港へと、立ち寄りスポットありのカーチャーターでご案内。哲学的なお話がとても面白かったです。

ルーマニアからのお客様をバリ島部へご案内しました。ちなみにプトゥは英語ができません(笑)。ドライバーの都合がつかず、手違いの重なる依頼でのご案内だったのですが…これも一期一会。

スミニャックやウブドエリアでお買い物メインの紳士淑女のお二方。

最近は在住のご友人と一緒に、バリ島に癒されにいらしたお客様のご案内も(写真掲載許可をいただいている場合のみ、ご紹介しております)。

なぜかここ2ヶ月ほど、私たちにとっても勉強になる経験をさせていただいたり、スピリチュアルな回想につながるご案内が続いています。濃すぎて書ききれません(笑)。

またぜひソカバリツアーをご利用ください。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

あのソカバリツアー も参加

ちょっとばかし忙しくて、ブログの方ご無沙汰しておりました。

ブログでお伝えしたヌサドゥアの「国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会」に、ソカバリツアー も参加しておりました。

車(innova)だけですが ←貸し出してただけ😂
10日間頑張って仕事をしてくれました。

日本のお客様はそうでもありませんが、ドメスティック(国内)のお客様は高級車にこだわって指定してくる方が多いんですね。インドネシアはかつての日本のような好景気を迎えているからかなと思います。国際的な会議ともなると政府から「黒の高級車、最新で」と指示があり、数も足りないので、ヌサドゥアエリアへ車が集結されます。ドライバーは前もって、身分証明書や車に関するありとあらゆる書類の提出が義務付けられています。

プトゥは後半の4日間のみ、インドネシア各地から集まったグループのお客様をご案内しました。

様々な行政スポット訪問に加え、タナロットや北部のべドゥグルへもご案内しました。

インドネシアはイスラム教が最も大きな人口の比重を占めていますが、バリ島だけは世界に唯一のバリヒンズー教で、豚料理はバリ人にとってソウルフード。イスラムの方の中でも戒律に厳しい人と比較的リベラルな人がいて、バリ島へ来るとやっぱりちょっと豚料理を試してみたくなる方も、いるとかいないとか…。

「肉はダメだけど、スープくらいならいいんじゃない?」という方に「豚だからそれ同じ!」なんてツッコミが入る、愉快な旅でした☺️

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

南部バリ島を半日ご案内

先日は憧れの (͏ ˉ ꈊ ˉ)✧˖° アヤナリゾートにご宿泊のお客様を、半日ツアーにご案内いたしました。

相変わらず素敵なフロントからの風景!この奥に人気のロックバーがあるんですねー。
アヤナは常に新しいアイデアをリゾートに生み出していて、ホスピタリティも日本人の満足度No.1。今月はなんとあのコモド島に新しいアヤナリゾートをオープンしたそうです。気になるー。

お客様と一緒にジンバランビーチへ。普段はシーフードディナーでロケーションが良く人気のスポットです♪昼間も南国らしくて悪くない。

お客様と一緒にパチリ。

ジェンガラ陶器やバリ島手作りのチョコレートケーキの美味しいおすすめカフェにご案内して、夕刻にウルワツ寺院&ケチャダンスへ。

このケチャダンスなんですが、今年はこれまで以上にすごい人気らしく、チケットと良い座席をゲットするのが難しくなっているようです。チケット購入場所は競り市さながらの状態で、ちょっと大変\(;゚∇゚)

そのため、4時半にはウルワツ寺院へご案内となります。そろそろローシーズンに入るので大丈夫かもしれませんが、状況が改善されることを願っています。

どこまでが人でどこからお客さん?状態(^_^;)

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

 

post

お盆休暇のご案内中

Selamat Siang! お盆休暇に入り、先日よりプトゥ、ナガ、ゲデはそれぞれにお客様をご案内しております。ソカバリツアーはwebは日本に特化していますが、日本のお客様、海外在住の日本のお客さま、ジャカルタ、オーストラリアにシンガポール。実はお客様の国境にこだわりはありません。

2016年9月から開始して、2年で少しずつ光が見えてきました。

日本生活が長く、ヌガラ以外のバリ島を知らなかったプトゥ。開始した初年度は日本人スタッフの私は他でレギュラーの仕事をしており、忙しかったのでこっちはただの趣味。プトゥは観光エリアの特徴や主要ホテルの場所、ツアールートなど、小さい仕事をもらいながら1から覚えていきました。

どんな事業も何事も3年といいますが、本当にそうですね。これからもしばらくは、まだまだ勉強の時期かなーと思っています。ヌガラの旅やジェゴグツアーをはじめ、お客様に様々な面白いツアーを企画できるようになりたいです♪

先日ご案内したジャカルタからのビッグファミリーと♪かわいい赤ちゃんもいて楽しいツアーでした!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

8/31ジェゴグ祭り情報!水牛レースも開催中♪

Selamat Siang! ロンボク島の余震で場所によってはバリ島もまだ揺れているようですが、鈍感な日本人スタッフは先日一度軽い揺れを感じただけでした…三半規管がおかしいのでしょうか。

さてさて、先日ヌガラに帰省をして、プトゥJr.の6か月の生誕儀式(オトナン)がありました。

この地域によって違うみたいですが、プトゥの村では6か月で生まれた子どもの大きな儀式は終了だそうです。

さて、実家へ戻ると新しい情報が。

ジェゴグフェスティバル的な何かが、今月(!)8/31に一日中開催されます!これはヌガラの竹楽器ジェゴグに特化したコンテストのお祭りだそうです。そのため沢山のグループが演奏をし、なんとムバルン(グループの競演)もあるそうで、これは本当に、ほっんとうーーに、なかなか観れるものではありません!

2グループの競演ムバルン。佳境に入ると演奏がかなり激しく、トランス的になってくる。

ただし、現時点で場所も時間も詳しいことはよくわからない(バリ島あるある(´∞`)なぜ地域で公式な情報出さないのか…)ため、前日30日にはヌガラ入り。また8月から9月中旬まで、水牛レースの各地予選も開催の真っ最中

興味のある方ございましたらなるはやでご相談くださいませ。お問合せの人数によっては再度、ヌガラ相乗りツアーを企画いたします!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

そのままのバリ島

Selamat Siang!
昨年からのアグン山に加え、高波のニュースや、ロンボク島の地震などネタにこと欠かないバリ島。今は世界のどこも自然災害や人災が増えている印象がありますね。

先日の高波のニュースですが、実は高波がビーチを襲うネタは去年もありまして …。毎年なんです。どうも諸処の条件が満月に重なるとたまーにそうなってしまうようです。数日間、あるいは数時間立ち入りのできない観光スポットができたりするのですが、満月が過ぎれば終わりますし、相対的に死者が出るような話ではありません。

ンボク島は29日にM6.4の地震がリンジャニ山であり、14名の死者が出たということで、こちらの方が大変そうだなー、と思います。登山客も500名が足止めになっている様子。すでにジョコウィ大統領は現地を視察し、30日から国がヘリコプターなどを使い、順次下山させているそうです。

ロンボク島はここ数年観光開発が進み、名の知れたリゾートホテルが軒並みオープンしたりもしているので、大変だと思います。

ちなみにバリ島では震度3ほどの揺れを感じた在住者も多くいましたが…すみません、私、全く感じないで二度寝していました!!

話は変わりますが、弊社は「現地で見る以上の感動」を与えるエフェクト効果バリバリのインスタ写真にちょっとしたアンチ心があります。

最近そういった写真がすごく多くて、来た時にがっかりしてしまうスポットも結構あるのではと、ちょっと気にしています。

お客さまが旅の撮影を楽しむことは全然いいと思うし、とても素敵!かわいい!!と思うのですが…旅を提供する側がそういう写真しか載せないと、リアリティがなくなってしまう。。。エフェクトなしでも美しいバリ島はありますよー!それこそ写真に収まり切らないほどの♪


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

新祭壇の儀式

先日はプトゥ家にsanggahという、ごく一般的な祭壇をとりつけるための儀式がありました(以前のつづき)。

一般的とはいいつつも、毎日お祈りをする家の要ですから、気合いが入ります。実家からマンクー(僧侶)とプトゥの両親が、お供え物セットをもって泊まり込み。実はこの前段階で、数日前には仮の祭壇を取り外す際にも皆に来てもらいました。今回は「神様入りまーす」という儀式なので、満月の良日を選んでこの日に。兄弟も、忙しい合間にパラパラと尋ねて手伝いにきます。

お供え物のセッティングはマンクーの奥さんしかできないのでいうとおりに…というかほぼ任せきりで、徐に儀式が始まります。僧侶は鈴をチリンチリンさせながらマントラを唱え、

聖水が撒かれ、何度かお祈りをし、竹や何やら叩きながら家中を歩き、家のあちこちで聖なる椰子のジュースも撒かれ、生卵も割られ…(室内も)。

ひとつひとつに意味がありますが、バリ人もわかりません。多すぎるので質問するにもどこかれすれば…。

日本人からみたらちょっとしたホラーカルチャーショックですよね、後片付けどうするんじゃいっていう(笑)。でもある程度まではきれいにして帰ってくれます。

プトゥも日本が長かったので、祭壇を取り付ける事がこんなに大層なこととは想像していなかったらしく(一日で簡単な儀式が終わると思っていた)、バリ人だけど一瞬ひるんだようでした。

でも終わると晴れ晴れしい気分になるから、不思議です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

夏休みのツアー、お問合せいっぱいありがとうございます♪

保存

保存

保存

post

プチハネムーン♡(˘▿˘ʃƪ)

新婚のお客さまを一日ウブドにご案内しました。

バリ島で家族だけの小さな挙式をして、終わったら素敵なヴィラに宿泊し、プチハネムーン♪1セットで全部できてしまうのがいいですね。

チャングーのアメティスヴィラへお迎え。シックで落ち着きのあるヴィラのロビー。

キンタマーニのランチタイムにコーヒー農園。

奥様の思い出の品、ブラットワンギ(MASAKO)の石けん工房へ。畦道を通って工房へ行き、たくさんの石けんをゲット♪そしてウブドのフリータイムへ。

香りよく昔から人気のナチュラルソープ。

最終日だったので、お土産屋さんにも立寄り空港までご案内しました。
ご利用ありがとうございました♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

公演チケット

そうそう。先日のウブドでのご案内のこと。

日本人スタッフはバリ舞踊やガムラン演奏が大好きなので、お客さまから問合せがあった場合、特別にリクエストがある場合をのぞいて、その日一番おすすめの演奏にご案内するようにしています。

やっぱりバリ島の良さって南国リゾートはもちろんですが、バリヒンズーの独自文化や芸術もその魅力のひとつ…というか、それがあってこそのバリ島だと思っています!

なのでドライバーさんにもどの公演かを毎回申し送りをしてチケット手配のお願いをしているのですが、先日の「グヌンサリ楽団」になかなかたどり着けず。

どうやらプトゥ(人を信用しやすい)は別の楽団のチケット販売をしている人に場所を聞いたようで、「あの公演はもう中止になってなくなったよ」と、大嘘かまされました。

いや、現地で急にスケジュールが変わることは、もちろんバリ島では頻繁にあるんですね。日本人スタッフは現地にはいないので、そういった場合はドライバーの判断でお客さまに説明をして別の公演に案内するしかない、と思っていたのですが。

我々スタッフ、一生懸命探しましたよ。
そしてね、見つかりましたよ。中止になってなかったですよ(ネタ古いですか?)。

自分のチケットさばきたいからってテキトーな嘘は止めてくださいね…。

めちゃいい公演だった!とお客さまからありがとうをいただきました♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存