post

アグン山こぼれ話

アグン山の情報についてはいろいろな人がいろいろと書いていると思うので、ソカバリでは書かないでいいかなーと思っているのですが。警戒度4になってから1ヶ月以上経つような。

まだ噴火しておりません(するのか?)。むしろ日本や他の国では噴火した山もあるみたいですね…。
※後日談:警戒度もレベル3に下がりました!

アグン山が最後に噴火したのは1963年。その当時は今のようにインターネットもなく、TVどころか電気を持たない家も多かったバリの一般的な生活。そのため当時は1000人近くの方が犠牲になったとか。今はさまざまな情報があり、地域住民やインドネシア政府の素早い対応で避難者が14万人となったこともあり(一部はすでに元の生活へ)、良いか悪いか不安もより盛り上がってしまった面がありますね。

一番心配をされるのは噴煙によるフライト遅延だと思いますが、そこは何カ所かの別の空港へ移送する手だてが準備万端のようです。自然のことなので「大丈夫ですか?」と尋ねられても何とも答えることはできませんが…

ひとつ言えるのは、オフシーズンも重なって今からクリスマスまでは「めちゃくちゃ空いている!!」ということでしょうか。多分フライトやホテルも値下げになっていると思うし、渋滞もかなり緩和されているので、狙い目ではあります(笑)。

観光業メインの南国の島ですから、お客さんが来てくれないのは困ったことではありますが、来てくれたらうれしいから精一杯ご案内します!という気持ちでお迎えいたします。

アグン山にまつわるちょっとすごい話を聞きました。
プトゥのご両親はもともと東部クルンクンからヌガラに移住。年代的にもアグン山の噴火が影響しているのかな、と思い、昔話を聞いてみました。

溶岩や噴煙、砂の影響でバリ東部では長い間作物が育たず、ろくに仕事もない状態が続いていました。そこにスカルノ政権時の1965年軍事クーデターが勃発。国民党と共産党に対立が起こり、共産党狩りで一説ではバリ島でも10万人が虐殺されたのだとか。なんと、プトゥのお父さんも共産党員を殺すよう命じられたそうです。人殺しなんて悪いことしたくないし、どうせ仕事もないし、ということで、まだ子どものいなかった身軽な夫婦は、クルンクンから出て行くことを決めたのだそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

おすすめの定番人気スポット

バリ島で人気として紹介される観光スポットには理由があります。主要な観光エリアの宿泊ホテルから、1日のツアー内で比較的に楽にまわれること、そして、歩きやすいこと。周辺にカフェやワルンなど、休憩できる場所があること。

1.ティルタエンプル寺院(ウブド北)

ティルタエンプル寺院

聖なる水が湧き出る美しい寺院で、バリの人々にも人気。希望であれば観光客も沐浴が可能。

2.タナロット寺院(タバナン)

タナロット寺院

サンセットで知られるタナロットですが、昼間の青い空の時間帯もおすすめ!海にあるのに真水の聖水が出でくる不思議。フランジパニの乱れ咲く美しいお庭でゆったり座るのも気持ちいい。

3.ウルワツ寺院(バリ島南部)

ウルワツ寺院

言わずと知れたウルワツ寺院。こちらのお猿さんはモンキーフォレストよりNakal(いたずら好き)なので、荷物をとられないよう身軽に歩いてくださいね!

夕刻からはじまるケチャダンスは公演としてすばらしいショーなので、おすすめです。

20140413_180855

ピークシーズンはとくに、開始の1時間前には座っていることをおすすめ。

4.世界遺産ジャティルイ(バリ島西部タバナン)

dsc_0184

まだまだゆったりすごせて涼しいジャティルイの田園風景。周辺のスバック(伝統的な灌漑)を含めた景観が世界遺産に指定されています。

5.世界遺産タマンアユン寺院(スミニャックを北上したムングィ)

タマンアユン

周辺を川に囲まれ、日本の城に似たつくりでお庭がとてもきれい。タナロットやジャティルイをまわるときにおすすめ。

6.カルタゴサ(バリ島東部クルンクン)

dsc_0305

東部クルンクンの王宮であり、外交裁判所としても機能していたカルタゴサ。オランダ植民地時代の東部の歴史を垣間みることができます。

モンキーフォレストやプリサレン王宮はウブドを散策すれば歩いていけるので、数に入れずだと、こんな感じでしょうか。今回は階段のきついところも省いてみました。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ