キンタマーニ高原

日本からバリ島へくるとちょっとどっきりするネーミングのキンタマーニ高原は、ウブドから北へ進む、涼しい高原にあります。

この山のビューが有名ですね。見えているのはバリヒンズーが崇拝するアグン山ではなく、バトゥール山。レストランからの展望が最高なんです。

この写真、プトゥの目力もなかなかの迫力(笑)。雨季の時期の古い写真ですみません。

こんな山の道を走ります。

キンタマーニ高原の近くにはコーヒー農園もあって、こちらのビューもなかなかです。

コーヒー農園は1コイン程度でルワックコーヒーと、なぜかトロピカルティの試飲もできるので、立ち寄るにはおすすめ♪

ウブド近くのテガラランは小さな谷にきゅっとつまった田園風景があるのですが、キンタマーニ高原一帯は壮大なトロピカルの森を一望する感じですね。

ブサキ寺院へまわりたい時も、ルート的にここへ立ち寄ることが多いです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

ニュピのお客さま

バリ島新年ニュピを挟んで、お客さまを1週間にわたりご案内させていただきました♪
(ニュピに関してはこの記事やこの記事をどうぞ)

今回お客さまがご滞在されたのは、美しいトロピカルなウブドの森に癒されるカユマニスウブド。

画像は公式サイトより。

ティルタエンプル、グヌンカウィ、バトゥール、ウルンダヌブラタン、タナロット…さまざまなお寺を中心に、日程を分けてご案内。

こちらはウルンダヌ寺院。背後にある、湖に浮かぶような多重塔のメルが写真としては有名ですが、龍神様もなかなかおすすめ。
ニュピを挟んだ影響か、どこの寺院もお客さんは少なめでした。ティルタエンプルの湧き水は相変わらず美しかったです!

時には見晴らしのよいバリプリナでコーヒーを飲んだり、アシタバのカゴ製品をみにいったり。

変わり種ではタバナンにある、スバックミュージアムへ立ち寄りました。バリ島伝統の田園灌漑システムや、バリ島の農業に関わる展示から、伝統的な農業や暮らしについて学ぶことができます。

バリ島最大の遺跡、グヌンカウィにて。
長旅におつきあいさせていただき、ありがとうございました♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

夏休みのお客さま

お盆の休暇中は日本からのお客さまでバリ島が溢れていました。本日はご掲載のご了承をいただいたお客さまの旅をダイジェストでお届け♪

ジェゴグをきっかけにお問い合わせをいただいた、お客さまのソカバリツアーアレンジの旅。

あいにくお客さまの日程ではヌガラで観ることはできず、代わりにウブドの公演にご案内をさせていただきました。ヌガラの雰囲気とはまたちょっと違った、ウブドらしくアレンジされた公演です。

午前中はスパ&先日ご紹介したスランガンにてSUPサーフィンのご体験。「地元料理が食べてみたい」ということで本物のローカルなバビグリン屋さんにてputuとランチ。

その後はルアックコーヒー農園にご案内。コーヒー農園ではさまざまなコーヒーやお茶も試飲ができるので、カーチャーターでひと休みする時にもおすすめです。

お次は素敵なカップルのご案内。スミニャックのお宿から一日ウブドツアーへ。まずはティルタエンプル寺院です。

寺院に入るときは下に巻く「カマン」が必要です。

この日は海外からのお客さま、ローカルの人々で沐浴場は混みこみ!沐浴したい人はオフシーズンの方がいいかもしれませんね。。。寺院内は問題なく回れます。

最初のお客さまとはまた別のコーヒー農園へ(ルート上のおすすめへご案内しています)。アナログなコーヒー焙煎もちょこっと体験♪インドネシアはコーヒー産出世界第3位。コーヒーが美味しいと皆様から好評をいただいております。

お客さまがスタッフと同郷というこで、putuを通じてLINEからご連絡をいただきました♪お土産を何にしたらいいか困っているということだったので、スタッフの完全独断セレクトリストを送信(笑)。アロマグッズやチョコレートはやっぱりおすすめでしょうか。やっぱりバリ島でのショッピングは楽しいですよね♪

ご利用ありがとうございました。次回もぜひソカバリツアーにご相談ください♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村