post

ハネムーンにウブド&ジンバラン♪

曇りに少し晴れ間がでてきたバリ島。日本のお客さまをご案内いたしました。結婚式&ハネムーンでバリ島にいらっしゃいましたお二人。

まずはウブド周辺へ…
一度は行っておきたい聖なる湧き水のティルタエンプル寺院。
※写真掲載許可をいただいております。

テガラランにてランチタイム。ランチ込みのパッケージツアーでは、ナシゴレンかミゴレンが選べます♪ソフトドリンク付き。

2日間でコーヒー農園やゴアガジャ、エレファントライドバリ舞踊やウブド散策を満喫!お目当てのオーガニック石けんは手に入りましたでしょうか?

ヌサドゥアにご宿泊なので、サンセットが始まる前にジンバランビーチへ行き、良い席を確保してシーフードを仲良く堪能♪ここはビーチ上のレストランでロケーションが最高なんです。

空と海がきれいに染まる日はとってもロマンチック♪もしかしたらこの日はちょっと風が強かったかもしれませんね。

イカンバカールというインドネシアのシーフードが楽しめます。ご希望ならロブスターも。

明日もご案内の予定です。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

アヤナに新しいビーチクラブ

先月末より、お盆休暇の日本のみなさまからカーチャーターのご予約やお問い合わせをいただいております。ありがたいついでに、サイトもいろいろと細かくアップデートしました。

ラフティングやサーフィンなどのオプショナル体験メニューをアップしたり、スパ情報もあります。本場ヌガラのジェゴグに興味のある方は、8/17、8/23に村の儀式での演奏があります。ウブドの公演のビデオを観てみたのですが、やっぱりちょっと「ウブドアレンジ」が入っているなぁーと。本場のワイルド感や竹の響きは格別です。ぜひ旅行の計画にお役立てください♪

さてさて、先日アヤナに新しくできたビーチクラブにお邪魔してきました。アヤナといえば、すでに観光名所といっても過言ではないくらい大人気なロックバーがありますが、1年ほど前からピークシーズンの込み具合がハンパじゃない。

そこで新しくできたのが、こちらのクブビーチクラブ。

実は施設内のちょっとはずれにプライベートビーチがあるんですね。これまでは急な階段を汗かきながらアクセスするロケーションだったのですが、ロックバーと同じようなリフトが完成。しかも海の上を直下降するリフトです。海がすごくきれい〜。未加工ですよ!

ビーチクラブは昔のバリをあえて再現した、かなり素朴な雰囲気。音楽もDJではなく、バリ伝統のBGMが波の音とともに聞こえ落ち着いています。ナシゴレンなどのインドネシア料理やカクテル&ドリンクが楽しめるそう。

座席数は少なめですが、ビーチの雰囲気らしいデッキ席やカウンターもあって、のんびりメロウなひとときが過ごせそうです。こちらでも美しいサンセットが眺められるというからうれしいですね。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

リンバジンバラン「UNIQUE」へ♪

日本人No1.宿泊リゾートで堂々ダントツ1位を誇るのがアヤナリゾート。その同じ敷地内、少し離れたところにあるのが姉妹ホテルのリンバジンバラン。

夕方チェックインすれば、ロビーから見えるこの幻想的風景。

宿泊すると、そのコンテポラリーな空間デザイン趣向がアヤナとは全く異なる、意外とリンバの方が好きかも♪となる方も多いようです。

今年新たに東館が完成したそうで、新しいお部屋は上の写真よりよりすっきりとした、定番の落ち着きのあるお部屋になっているようです。全室バスタブ付き。

アヤナよりもリーズナブルに宿泊できる上に、アヤナの施設へ自由に行き来可能!なので、ホテル休暇を楽しみたい人にはレストランやスパ、プールの幅がぐっと広がりとっても魅力的。

2重の立体層になったリンバのプールは直線的なデザイン。アヤナより泳ぐ人が少ないような。プールアクセスのお部屋もあり。

リンバでおすすめなのが最上階にあるルーフトップバー「ユニーク」。
アヤナのロックバーはオーシャンビューのサンセットで大人気ですが、「森」コンセプトのサンセットもなかなかいいですよ♪しかもロックバーほど混まないので、ゆったりしたい人はこちらの方がいいかもしれません。

肝心のバー空間&レストランビューがなくてすみません(汗)。料理はメキシカンタパス。トロピカルフルーツを活かしたドリンクがカクテルでもノンアルコールでも揃っています♪意外とボリュームあって美味しいです。

「ユニークルーフトップバー&レストラン」は外からのお客さまもご利用いただけるそうです♪また森を目の前にしたプールがあり、お食事される方はこちらも利用OK!南国のバリ島ですが、トロピカルな森もおすすめですよ♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

バランガンビーチに行ってきました

物価の上がってしまったインドネシア。ジンバラン&ヌサドゥアエリアだとホテルのお値段もなかなかなので、バリ島に来たからってみなさんがビーチ沿いのホテルに宿泊できるわけじゃないですよね。どうしてもビーチ沿いにそれなりで安く宿泊したいならクタがおすすめですが、同じ予算でこのあたりだと、ビーチはまず拝めません(民宿はあり)。

というわけで穴場のバランガンビーチにいってみました。かの有名のアヤナリゾートを通り過ぎ、更に20分ほどガタンゴトン進んだ奥にあります。

「ガタンゴトン」の表現に注目してくださいね。道のあちこちが陥没していて、決してキレイに舗装された道路を進めるわけではありません(写真はまだまし)。

20分ほど「本当にこの道でいいの?」というところを走るとただっぴろい所にたどり着き「はい、駐車料」と言われます。その駐車場奥に海が見えるけど…あれ?

とりあえずポーズ。ビーチはどこだ?

高台の駐車場がら見下ろしたところにありました!きれい〜♪♪

バランガンビーチは波が高めでどちらかといえばサーファースポットですが、波打ち際でとりあえずビーチ気分を楽しむことはできます。本当に海がきれいなので、ガタンゴトンしようが一見の価値あり。

階段見つけたので降りていきます。

決しておしゃれではないけどリーズナブルなワルン発見。ここからの眺め最高です!
さっきの駐車場の高台も見えますね。実はこの高台はウェディングの撮影スポットとして人気です♪

うわ〜、暑そう♪

とりあえずビーチデッキを確保。お兄さんが日陰を上手に作ってくれます。南国といえども、これがあるだけで涼しく感じられるのがバリ島のいいところ。

バリ島に戻ってから日増しに黒くなるのがせつないプトゥ。

ぼーっと海に入ったりごろごろ寝たりして、こちら17時ごろ。光を見てもらうと分かりますが、サンセットがほぼ正面に沈むんです♪残念ながらこの日はここでタイムオーバー。

夕日が真正面…要するに日が沈むまでずーっと太陽ギラギラということ。なので、15時〜16時ごろにいってワルンでビンタンビールや軽食をした後に、そしてビーチデッキでゆっくりがおすすめ。シャワーはさきほどのワルンにある水道&ホースがちょびっと有料で借りられますが、よくあるローカル的な「トイレ内」です。
衛生的に気になる人や、お子さん連れでもう少し波の穏やかな場所はいい人はパイレーツベイがオススメ。パイレーツベイはレストラン利用でシャワーが借りられます。サーファーなら俄然バランガンビーチでしょうね。ビーチまでの道沿いには安めのホームステイもたくさんみかけました。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

エリアの特色

バリ島にはじめて観光に来られる方に。
おそらく日本人観光客の90%は(自社脳内比)は次のエリアで過ごされる方が多いと思います。バリ島の代表的なエリアについて軽く紹介してみます。

♦ジンバラン&ヌサドゥア
バリ島南部。5つ星の大型高級リゾートホテルが並び、セキュリティも安心。ビーチフロントの南国気分を味わいたいならこのエリアでさまざまな宿を選べる。町歩きはほどんどしないので、出かけるのであればカーチャーターかタクシーで。
ビーチ:遠くに波のあるところが多く、時間により海水浴が楽しめる場所も多い。ジンバランの一部ホテルやレストランでサンセット色に染まる空を楽しめる。

♦クタ&スミニャック
格安宿から5つ星の中規模ホテルやヴィラが並ぶ。クタは夜の繁華街で知られ、スミニャックはおしゃれなトレンドスポット。オベロイ通りを中心にカフェやワルン、雰囲気の素敵なグルメレストランやビーチクラブもさまざま。オーストラリア滞在者が多い。
ビーチ:波は高め、ある程度の年齢なら少々の海水浴は可能。クタはサーフィン初心者におすすめ。日没はないがサンセット色に染まる空を楽しめる。

♦チャングー
スミニャックから更に北に伸びて開発のすすむエリア。ヨーロッパ系滞在者が多く、小さくてもセンスのよい店やカフェが点在。大型ホテルはなくヴィラメイン。サーファー系の安宿は多少あり。田園の穏やかな景観も比較的残り開放的な雰囲気。
ビーチ波高め、海水浴には向かない。熟練サーファースポット。サンセットも美しい。

チャングー

♦サヌール
波の穏やかなエリア。オーストラリアの年配の長期滞在者が多く、静かで落ち着きがある。比較的治安がよく、混雑も控え目で歩きやすい。カフェやワルンもそれなりのバリエーションがあるので、ファミリーにもおすすめ。近年再開発で素敵なお店がポツポツ増えています。
ビーチ:奥に波があり、遠浅でとても穏やかな海。朝日が海から美しく昇ります。

ウブド
山あいの王宮を中心に文化と芸能で発展したエリア。小規模の民宿、ホテル、ヴィラがある。道が細く中心は混み合うため、ショッピングは歩きで。カフェやワルン、レストランもさまざま。
ビーチ:なし。熱帯のトロピカルな森絶景が魅力。

日本人のお客さまはだいたい数泊をバリ島南部またはクタやスミニャックで、その後ウブドに宿泊される方が多いのではないかと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

アヤナリゾートを散策してみました!

お客さまのつながりで、ちょこっとだけアヤナリゾートを散策させていただきました!バリ島ドライバーのアヤナ観光です(´m`)

リアクション小さめのプトゥも、今日はテンション上がり気味。

img_3420

もともとリッツカールトンが建てた施設がそのままアヤナとなり、始まったそうです。奥にはインド洋の海。美しすぎるー。

アヤナリゾート

ロビーから階段を降りてまっすぐすすむロックバーへの道。

アヤナリゾート

さすがにお客さんでいっぱいのロックバーはお邪魔なので、お庭左手の階段を降りて、オーシャンプールへ行ってみました。海やプールの美しさは本当にイメージどおりなんですねー。

アヤナリゾート

そして記念撮影(笑)。

戻ると、海の高台ではウエディングパーティの準備がはじまっていました。アヤナはお庭もそうですが、お花のディスプレイがとても素敵。女心をくすぐりますね♪

c360_2016-10-20-19-19-45-052

ここでも十分すごいよーといいながら、夕日を眺めました。

アヤナリゾート

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ