post

Warung Eropa

Selamat siang! インドネシアは昨日、レバランというイスラム教の大祭でした。

この前後はバリ島で暮らすイスラム教の方々の、他の島への帰省ラッシュ。キリスト教や仏教徒もいるので、お休みの人たちはバリ島へ遊びにきます。ドメスティックといわれる国内客に人気のエリアはクタ、スミニャック、そして南部エリアのビーチ。

一昨日、昨日と車を走らせていますが、全体的には閑散としていてとっても走りやすい!昨日はとくにおやすみのお店も多かったです。ローカルエリアでも、バリ人経営のお店は開けている印象。観光エリアもお店次第かな?

スミニャックにあるワルンヨーロッパ。ジャワ島のアンティークとヨーロッパの雰囲気がミックスされていて、どこか懐かしい情緒のある落ち着いた内装。

ナシゴレンはベベ(あひる肉)の唐揚げ付き。

パッと見シンプルで味家ないですが、めちゃめちゃ美味しいです。ナシゴレンはバターが入っているかな?

一口サイズのデザートを頼んでみました。

オーダーしてからクリームをのせたり入れたりしているみたいで…さすがヨーロッパ系のお店。こういうスイーツは本当に美味しい♪コーヒーと合いますね。

夜の雰囲気も素敵だろうなぁ。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

Eat Pray Love♡ひとり女子旅

今週は一人女子旅のお客さまをご案内しました。

スミニャックを散策しながらショッピングを楽しみ、カフェNookにてディナー。おしゃれな西洋風人気カフェだけど、ナシゴレンなどのインドネシア料理もきちんとおさえてる♪

こちらはナシチャンプル。ごはんにいろいろなインドネシアのおかずがのっかります。

翌日はカーチャーターでロングトリップ。
ブサキ寺院はスケールが大きすぎて写真難しいですね。

キンタマーニ展望のランチ、ティルタエンプル寺院をまわりウブドフリータイムを楽しみました。

気になっていたココナツジュース♪

ウブド街中にあるカキアンバンガローにご宿泊し、

お部屋のテラスでトロピカルフルーツたっぷりの朝食がいただけるそう☆

翌日は人気のヨガバーンでヨガのプログラムにも参加したそうです♪ウブドにはさまざまなヨガプログラムがありますね。

また是非バリ島にお越し下さいませ♡。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

post

おすすめジェラート

スミニャックオベロイの少し離れ、本来ならばクロボカンというべきところですが、リーズナブルで美味しいと評判のジェラート屋さんがあります。その名もGUSTO。

いつも混み合っていますが店舗内は広めで駐車場もあり。サンセットロードからJln Mertanadiへ入ります。

店舗に入って先払いでチケットをもらいます。並んでいますがそれほど待ちませんよ〜。

パッションフルーツやバナナ、シルサ、マンゴーなど、トロピカルならではの南国フルーツのジェラートや

ミルク入りで濃厚なコーヒーやチョコレート、キャラメルフレーバーまで。

インドネシアらしい変わり種もあります。私はチャレンジする勇気はありませんが…ネタにはなりますね(笑)。

サンバルヒジョウといって、インドネシア料理の定番辛いスパイスソースのお味です。勇者は是非お試しください。

日本人にちょうどいいのは一番小さいカップ。溢れるくらいいっぱい入れてくれます!左からマンゴー&ストロベリー、コーヒー&ライム(のようなもの)。

スミニャックの通りにもジェラート屋さんはいくつかありますが、つい食べ忘れてしまった方!次のスポットへ移動する時に立ち寄れます♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

クロボカンのローカルワルン

辛さ控え目のローカル料理にチャレンジしたい人におすすめのワルン。

クロボカンのちょっとゆったり田園風景が広がるJalan Mertasariにあります。駐車場もあるから便利。メニューはナシゴレンやミゴレン、ルジャックなどありますが、私的にはナシチャンプルがおすすめ。レッドライス、イエローライス、ホワイトライスが選べます。かぼちゃを使ったメニューってなかなかローカルのお店にないんですよね。ココナツカレー風味のチキンもやわらかくて美味しい。プラスしてスイカジュースやアボカドジュースがいいな♪

ローテーブルのお席でぼーっと田んぼを見ながら。よい風が入ります。

ナシチャンプルとフルーツジュースで500円でおつりが来ます。

お隣にもワルンがあって、そちらはベトナム料理。たまーに生春巻きやベトナムコーヒーをいただきます♪もちろんほっこり田園風景。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

スミニャックのお宿 Trans Resort

スミニャックでよい感じの滞在をしたい人におすすめなのが、トランスリゾート。サンセットロードの終わりにあり、オベロイ通りまで3分で歩いていけます。

お部屋はデラックスルームから。オーストラリアや韓国客(ハネムーン)が多いそう。日本語のできるスタッフは1名のみですが、その他のスタッフもサービスがきちんとしており、食事共にGood♪朝食はバリエーションがあって美味しい。もちろんスミニャックエリアのシャトルサービスも無料。

こちらは一番下のデラックスツイン。同じお部屋でクラブ特典付きにすると、アフタヌーンティやカクテルが楽しめるのも魅力。

女性にうれしいアメニティも充実。バスローブやスリッパがふっかふか♪

人気なので、アーリーチェックインやレイトチェックアウトのお客さまにお部屋(有料)はなかなか提供できないようですが、荷物をフロントに預けてプールやスパ施設の一部を無料で解放しています。ジャグジー&サウナルームで出発前にはリフレッシュ。ミニシアターも使えます♪

プールはお子様も気軽に利用できる浅瀬&スライダーあり。もちろんキッズルームも♪

プライベートに楽しみたい人には、広々とした1ベッドルームヴィラが最適。

お部屋ももちろんですが、プール前のガゼボがリビング以上の広さで、友人を呼んで小さなBBQパーティをする人もいるそう。

バリ島には3000ほどのホテルがありますが、ハード(施設や設備)がよくてもソフト面(サービス)でイマイチなところも多く、滞在の快適度が左右されてしまうことがありますが、ここはおすすめです♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

本日のお客さま

約1週間に渡り、ジャカルタからのお客さまをご案内させていただきました。

プトゥの話だと、国内のお客さまは何度もバリ島へ遊びに来るリピータさんが多いので、バリ島らしい寺院や遺跡はすでに行き尽くしており、目的は「ブティック散策」「ビーチクラブ」「食べ歩き」の方が多いのだそう。

国内客の間で口コミで安くて美味しいと評判が広がり、毎日混みまくりの「ワルンチャハヤ」。スミニャックの街中からは少し外れたとある道にあるのですが、お昼時はなかなか席が空かないほど。11時や13時すぎに行った方が座りやすいですね。

一番人気はオリジナルメニューのサンバルマタアヤム(鳥)、またはサンバルマタバビ(豚)。サンバルマタはバリ島特有のスパイシーなソースのようなもの。日本人の好みに合いますよ〜。

このセットで500円でおつりが来ます♪ついでにビンタンビールが置いてあるのもありがたい♪辛くしないよう注文することもできますよ。

バリ島ならではの「バビグリン」のワルンにもご案内。

ジャカルタはデパートやモールが多く、ブティックでオリジナルなかわいいグッズを見て歩くスミニャック散策が最高に楽しいんだそうです。そしてジャカルタは宗教上豚料理のお店が少ないのだそう。

お買い物を楽しんだ後はビーチでサンセットを満喫して

再び豚料理♪(注*クリスチャンのお客さまです)

楽しんでいただけましたでしょうか。
とっても明るいお客さまでした♪ Terima kasih!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

スミニャックヴィレッジ

バリ島のトレンド発信地スミニャックのオベロイ通り。ちょうどオベロイ通り散策のスタート地点に便利なのがスミニャックスクエアで、そのすぐ後ろにスミニャックヴィレッジがあります。

クタのビーチウォークをはじめ、すっきり日本のような見かけのショッピングモールがバリ島にも増えましたねー。ローカル密接型の在住暮らしをしていると、こういったところはシンガポールや日本で行けばいいかな?といった感じもしますが…。

でもエアコンのある空間で徒歩でいろいろと見られるのはやっぱりうれしい。店舗数はそれほど多くないのですが、いくつか気になるショップを紹介。

ぷらぷら入って気になる1軒目。

アイランドリビングを提唱するanotherさん。こちらインドのファブリックや素材を輸入してバリ島でアレンジし、バリの要素も取り入れながら布を中心とした素敵なインテリア展開をしています♪

インドの布自体も手工業、バリ島でも職人さんがキルトや刺繍を施したりするカルチャー合作で、女心をくすぐるかわいさ♪バリ島でしか買うことができません。とくにかわいかったのはクッションや、コットン素材の軽いブランケット布団。雑貨もこまごまとディスプレイされています。

今やバリ島発のナチュラルコスメ一流店となったセンセイシャ。ものすごく急成長し、店舗はかなり幅広く、各地で展開。スミニャックヴィレッジにもあります。

有名なソープはもちろんですが、サーファー向けのサンスクリーンや

アンチエイジングのオイルは気になりますねー。とてもよい香り。商品をお試しできるのもうれしい。

2階奥にはこんなコーナーも。バリ島発のいくつかの店舗が集まってスペース展開してるから、かなり見ごたえあり。ディスプレイも日本人好み♪

地元の人にも人気のあるバリタンギのスパグッズ。こちらも100%ナチュラルなんですが、お値段が良心的。ソープをはじめ、アロマのよい香りのするバスソルトやマッサージオイル、ルルールなど。

ジャンクレトロな雰囲気漂うこちらもお土産にピッタリ。

バリ島らしいリゾートファッションのブティックも入っています。オベロイ通りに寄られた方は是非どうぞ。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

女子旅ご案内

先日ジャカルタからの女性のお客さま3人組をご案内し、ようやく「アウトレット」の意味を知ったプトゥです。「ブランド」の意味はまだ分かっていないかもしれない…。

お洋服がジャカルタより安いそうです。だからみなさんアウトレットに行くんですね〜。送られてきた写真は何故かクタのビーチウォーク(笑)。ビーチウォークはショップがいろいろと入るショッピングモール。レストランもいろいろ。クタでのショッピングにはオススメです。

元気な女子旅のお客さまはビーチクラブを毎日はしごしました。こちらはDouble Sixビーチにて。

「KUDETA」からのサンセット。スミニャックやクタもいい感じに空が染まるんですよー。

カクテル傾けながら黄昏れるのにピッタリ!南国都会的な雰囲気やDJミュージックを楽しみたい人には、クタ〜スミニャックをおススメします♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

エリアの特色

バリ島にはじめて観光に来られる方に。
おそらく日本人観光客の90%は(自社脳内比)は次のエリアで過ごされる方が多いと思います。バリ島の代表的なエリアについて軽く紹介してみます。

♦ジンバラン&ヌサドゥア
バリ島南部。5つ星の大型高級リゾートホテルが並び、セキュリティも安心。ビーチフロントの南国気分を味わいたいならこのエリアでさまざまな宿を選べる。町歩きはほどんどしないので、出かけるのであればカーチャーターかタクシーで。
ビーチ:遠くに波のあるところが多く、時間により海水浴が楽しめる場所も多い。ジンバランの一部ホテルやレストランでサンセット色に染まる空を楽しめる。

♦クタ&スミニャック
格安宿から5つ星の中規模ホテルやヴィラが並ぶ。クタは夜の繁華街で知られ、スミニャックはおしゃれなトレンドスポット。オベロイ通りを中心にカフェやワルン、雰囲気の素敵なグルメレストランやビーチクラブもさまざま。オーストラリア滞在者が多い。
ビーチ:波は高め、ある程度の年齢なら少々の海水浴は可能。クタはサーフィン初心者におすすめ。日没はないがサンセット色に染まる空を楽しめる。

♦チャングー
スミニャックから更に北に伸びて開発のすすむエリア。ヨーロッパ系滞在者が多く、小さくてもセンスのよい店やカフェが点在。大型ホテルはなくヴィラメイン。サーファー系の安宿は多少あり。田園の穏やかな景観も比較的残り開放的な雰囲気。
ビーチ波高め、海水浴には向かない。熟練サーファースポット。サンセットも美しい。

チャングー

♦サヌール
波の穏やかなエリア。オーストラリアの年配の長期滞在者が多く、静かで落ち着きがある。比較的治安がよく、混雑も控え目で歩きやすい。カフェやワルンもそれなりのバリエーションがあるので、ファミリーにもおすすめ。近年再開発で素敵なお店がポツポツ増えています。
ビーチ:奥に波があり、遠浅でとても穏やかな海。朝日が海から美しく昇ります。

ウブド
山あいの王宮を中心に文化と芸能で発展したエリア。小規模の民宿、ホテル、ヴィラがある。道が細く中心は混み合うため、ショッピングは歩きで。カフェやワルン、レストランもさまざま。
ビーチ:なし。熱帯のトロピカルな森絶景が魅力。

日本人のお客さまはだいたい数泊をバリ島南部またはクタやスミニャックで、その後ウブドに宿泊される方が多いのではないかと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ