post

バトゥボロンでピザ!

Cangguのバトゥボロン通りにお出かけしてきました。チャングーといえばレジデンスヴィラの多いブラワ通りが中心ですが、この通りはサーファー向けの民宿も多く、数年前からどんどんショップやカフェが増えてきていて、行くたびに変化のあるエリアなんですね。

エコビーチへと分かれる道の中央部分に、駐車場が出来ました!車もバイクも停められる♪これだけで便利感アップ。近辺のお店を歩いてまわれます♪

コーヒーの美味しそうな新しいカフェが気になります。
国際免許をもっていれば、一応バリ島の警察ではお咎めなしです(自己責任でお願いします)。ヘルメットは必須ですよー。

数年前から人気のBetelnut Cafeも健在。ここはおしゃべりランチ&チーズケーキがおすすめです。

お土産によさそうなカジュアルでおしゃれなバリ島Tシャツはいかが?

インテリア雑貨ショップやサーフボード店、水着ショップも当然あります。

私たちの今日のお目当ては…窯焼きピザ!!
オープンエアのLugi’s Hot Pizzaに来てみました〜。夕方のHAPPY TIMEは1ドリンク&ピザで半額なんです♪

90’sも含めていろんな音楽がガンガンに流れているのでおしゃべりはちょっときついですが…早めの時間は若い人にまじってファミリー層も来ているし、よい雰囲気。ピザを片手に飲むには最高!

マルガリータピザが焼き上がりました♪ちょっともちもちな生地に、よいチーズを使っています。美味しい!

日本人なら2名でピザ1枚で十分。一緒にビーツのはいった新鮮サラダとドリンクもオーダー。おすすめのカクテルと、アルコール苦手な人はトロピカルなフルーツジュースを。

カクテルも甘過ぎなくて美味しかったです♪

チャングーエリアはクタやスミニャックとはラフなスタイルで、またちょっと違った雰囲気ですね。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

post

10月のバリ島

10月前半のヌサドゥアの宿がとりづらい!との声がチラッと聞こえてきました。

はい、そうなんです、一番下のお部屋はとくに…。
というのも、10月1日〜8日は中国の長期休暇。日本のゴールデンィークのような感じでしょうか。2年ほどからバリ島で急成長を続ける中国マーケットのみなさんがバリ島で休暇を予定しています。ヌサドゥア人気の5つ星ホテルは世界の休暇を把握し、戦略的にお客さんを団体で確保することがあるため、こういった事情があるようですね。

ヌサドゥアエリアはホテルはもちろん、南国気分を満喫できるプライベートビーチも魅力。

ただ、他のエリアはあまり団体客をとりませんから、比較的ホテルも取りやすいのではないかな〜と思います。サヌールや、最近開発の進むその少し奥にあるエリアの新ホテルや、

フェアモントサヌールはかなりおすすめ♪

海で泳がなくてよいなら、散策のできるスミニャックやチャングーエリアも♪。

チャングーにある、個性的なTugu Hotelの高台ビーチ。

バリ島は素敵なホテル、絵になる風景があちこちに散りばめられています♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

エコビーチ♪

Selamat Siang! 今年の夏は更に観光客の増えたバリ島。さすがに(というか前から…)渋滞を問題視する声があちこちから聞こえてきます。ウブドのホテル・レストラン協会も、ウブドの滞在日数が減ったのは渋滞のせいだと、政府にインフラ修正の要請をしたとか。そうですねーついでにいうと、現地のタクシーじゃないと乗せちゃダメっていう、おかしな島意識の利権問題も解決してほしいですね…Gojekバイクなんて渋滞解消になるし、すごく便利でいいじゃない、と思うのですが。あと、大型バス禁止でお願いします。

さて今日はチャングーエリアのエコビーチにいってきました。
エコビーチといえばサーファー上級者が揃う屈指のサーフィンスポットで、世界大会も頻繁に行われるビーチです。

チャングーは今ブラワビーチ通りがメインといっていいと思いますが、この道沿いにもいろいろとカフェやショップが増えてきました♪。

上半身裸やビキニでノーヘルの、ちょっと安全無視した(そして事故で死んだり。良い子はマネしない)欧米系のサーファーたちが集うので、おしゃれです。1年前からもかなり変化した印象でどんどん開発されています。おいしいジェラート屋さん「Gaya」もあり、ちょっと一息するのにいい場所。

以前から気になっていたBBQレストランに来てみました♪屋根もあって涼しい。

バリ島なのでガラス曇っちゃっていますが、新鮮で美味しそうなイカン(魚)が、きちんとガラスケースに並んでいます。衛生的にも安心。なんとロブスターが。さすがに地価ですね…いくらなんでしょうね(どうせ食べられないので聞けず)。

隣に串刺しのケバブもずらりとあったので、そちらをチョイスして焼いてもらいました。

特製ソースとシーフードのおいしそうな香りが立ち込めます♪
ドリンクと一緒にケバブのお会計を先に済ませたら、焼き上がりを待つ間にサラダバーへ。なんとサラダバーはおかわり自由。ナシクニン(ライス)とパンもあって、これはうれしいサービス♪しかも美味しいです。

焼けたところでいただきまーす♪これはね…おいしい!

ドリンクもカクテルやビール、フレッシュジュースなどチョイスいろいろです。私が頼んだのはパイナップルとミントとバナナだったかな?のミックスジュース。サラダのお変わり自由で150,000ルピアくらいでしょうか。シーフードでこれなら文句ないですね。

天気がよければサンセットも最高なビーチです♪ランチよし、ディナーよし、カーチャータのひと休みに寄るにもおすすめです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

トロピカルなジェラート

Selamat Siang!

風の強い凧揚げの季節もそろそろ終わりかな?というバリ島です。常夏南国でも雨季と乾季があり、微妙に涼しかったり暑かったりの季節感はあるんですね。これからだんだんと風も穏やかに変わり、8月9月はバリ島を訪れるのに最も適した気候。10月になると雨季が間近になり、少し蒸し暑さを増します。

久しぶりにチャングーへ行ってみました。

チャングーエリアはブラワビーチ、バトゥボロンビーチ、エコビーチと3カ所のビーチが有名です。サーファー向けの良い波のあるカジュアルな雰囲気。こちらはバトゥボロンです。

チャングーのメインのブラワビーチ通りには小さくておしゃれなブティックやカフェも点在。徒歩で散策するにはちょっと距離があるのですが、センスのいいビーチグッズに出会えます♪

最近どの観光エリアでも増えているこちらの看板。気軽に入れるおいしいジェラート屋さん「gaya」です。ウブドやサヌール、スミニャックにもありますよ♪

フレーバーはバリ島ならではの本場を活かしたチョコレートやコーヒー、そしてトロピカルなマンゴーやパッションフルーツなどもいろいろ♪

  マカデミアナッツとパッションフルーツで組み合わせてみました♪おいしい〜!

ジェラートでひと休みして、ビーチ沿いをゆっくり歩いてサンセットに包まれました。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

post

エリアの特色

バリ島にはじめて観光に来られる方に。
おそらく日本人観光客の90%は(自社脳内比)は次のエリアで過ごされる方が多いと思います。バリ島の代表的なエリアについて軽く紹介してみます。

♦ジンバラン&ヌサドゥア
バリ島南部。5つ星の大型高級リゾートホテルが並び、セキュリティも安心。ビーチフロントの南国気分を味わいたいならこのエリアでさまざまな宿を選べる。町歩きはほどんどしないので、出かけるのであればカーチャーターかタクシーで。
ビーチ:遠くに波のあるところが多く、時間により海水浴が楽しめる場所も多い。ジンバランの一部ホテルやレストランでサンセット色に染まる空を楽しめる。

♦クタ&スミニャック
格安宿から5つ星の中規模ホテルやヴィラが並ぶ。クタは夜の繁華街で知られ、スミニャックはおしゃれなトレンドスポット。オベロイ通りを中心にカフェやワルン、雰囲気の素敵なグルメレストランやビーチクラブもさまざま。オーストラリア滞在者が多い。
ビーチ:波は高め、ある程度の年齢なら少々の海水浴は可能。クタはサーフィン初心者におすすめ。日没はないがサンセット色に染まる空を楽しめる。

♦チャングー
スミニャックから更に北に伸びて開発のすすむエリア。ヨーロッパ系滞在者が多く、小さくてもセンスのよい店やカフェが点在。大型ホテルはなくヴィラメイン。サーファー系の安宿は多少あり。田園の穏やかな景観も比較的残り開放的な雰囲気。
ビーチ波高め、海水浴には向かない。熟練サーファースポット。サンセットも美しい。

チャングー

♦サヌール
波の穏やかなエリア。オーストラリアの年配の長期滞在者が多く、静かで落ち着きがある。比較的治安がよく、混雑も控え目で歩きやすい。カフェやワルンもそれなりのバリエーションがあるので、ファミリーにもおすすめ。近年再開発で素敵なお店がポツポツ増えています。
ビーチ:奥に波があり、遠浅でとても穏やかな海。朝日が海から美しく昇ります。

ウブド
山あいの王宮を中心に文化と芸能で発展したエリア。小規模の民宿、ホテル、ヴィラがある。道が細く中心は混み合うため、ショッピングは歩きで。カフェやワルン、レストランもさまざま。
ビーチ:なし。熱帯のトロピカルな森絶景が魅力。

日本人のお客さまはだいたい数泊をバリ島南部またはクタやスミニャックで、その後ウブドに宿泊される方が多いのではないかと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ