post

ハネムーンにウブド&ジンバラン♪

曇りに少し晴れ間がでてきたバリ島。日本のお客さまをご案内いたしました。結婚式&ハネムーンでバリ島にいらっしゃいましたお二人。

まずはウブド周辺へ…
一度は行っておきたい聖なる湧き水のティルタエンプル寺院。
※写真掲載許可をいただいております。

テガラランにてランチタイム。ランチ込みのパッケージツアーでは、ナシゴレンかミゴレンが選べます♪ソフトドリンク付き。

2日間でコーヒー農園やゴアガジャ、エレファントライドバリ舞踊やウブド散策を満喫!お目当てのオーガニック石けんは手に入りましたでしょうか?

ヌサドゥアにご宿泊なので、サンセットが始まる前にジンバランビーチへ行き、良い席を確保してシーフードを仲良く堪能♪ここはビーチ上のレストランでロケーションが最高なんです。

空と海がきれいに染まる日はとってもロマンチック♪もしかしたらこの日はちょっと風が強かったかもしれませんね。

イカンバカールというインドネシアのシーフードが楽しめます。ご希望ならロブスターも。

明日もご案内の予定です。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

バリ島食べ歩き

バリ島に来てインドネシア料理!となると、大体ナシゴレンかミゴレンあたりを食べる人が多いのでは?と思います。ローカル向けのカフェあたりだとサテなし、野菜少ない、目玉焼きはあったりなかったり。通常のローカルワルンだと「スペシャル」と言わないと目玉焼きもつかず、炒飯のみです。

観光客も来るような安めのカジュアルワルンだと、こんなかんじ。

ナシゴレン。バリ島らしく、ビンタンビールか果物のジュース(甘め)と一緒に。

観光エリアの外国人向けのちゃんとしたレストランだと、サテや目玉焼きがのっかって豪華。ローカルワルンより辛さ控え目で美味しいですね。値段にはそれなりの意味があります。

野菜の入ったものを食べたい時は「ナシチャンプル」もおすすめ。チャンプルはいろいろ混ざった、という意味です。

ジンバランで見つけたおしゃれカフェのナシチャンプル♪バリ島テイストで美味!

ナシゴレンやミゴレンに飽きてきたなーと思ったら、バビグリンをどうぞ。バリ人によるバリ島伝統の豚料理です。ウブド周辺がメッカなので、あのあたりで食べることをおすすめします。

他に個人的に試してほしいなーと思うのが、バリ島ジャジャン。ジャジャンを分かりやすく訳すと「甘菓子」になるでしょうかね。バリ島またはインドネシアならではで、甘味がたっぷり。お米をメインに、ココナツ砂糖やバナナなどでさまざまな種類があります。

こちらは「ラックラック」。ココナツフレークと黒糖シロップをかけてどうぞ♪

「エスダルマン」はわらび餅のようなゼリーの食感が美味しい、懐かしい甘味のドリンク♪ダルマンという葉っぱを絞っただけで、こんなゼリーができてしまうんですよ。

宝石のようなゼリー類が入ったピンクの「エスチャンプル」もなかなかです。ちなみにこだわらせていただくと、こういうドリンクは椰子砂糖を使ったお店のほうが、断然美味しいです!

ソカバリツアーおすすめの、本当に美味しいお店は、ツアー途中にもご案内できます♪カーチャーターでオリジナルの旅のご案内は、ぜひお問い合わせください。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

post

バリ島でチャレンジ!食べもの初級編

みなさんこんにちは!雨季のこの時期は、雨に降られておでかけしづらいことがありますね。一日中雨ということはないのですが…そんな時にはせっかくなので、バリ島でしか食べられない食べものにチャレンジする「食い倒れ旅」はどうでしょう?

まずは定番のナシゴレン!

ナシゴレン

麺バージョンは「ミゴレン」といいます。サイドのドリンクは「レモンジュース」と呼ばれますが、実際は「ライムジュース」。南国の暑さにやられそうな時に飲むと気分スッキリ。

お次はこちら。

サテ

あまいピーナッツソースのかかった鶏のサテがおすすめです♪
ソースはピリカラなこともあります。

暑い所であまり食べなくないかもしれませんが、「ソトアヤム」もなかなかです。

ソトアヤム

春雨の入った温かいスープにライムをちょっと絞っていただきます。まずは白ごはんをすくい、スープをすくってお口へ。自然の鶏ガラスープの優しいサッパリ味。雨季の肌寒い日にはいいかも?

最後はウブド「イブオカ」が有名ですが…生粋バリ人のソウルフードといえば

バビグリン豚を丸焼きにして、すべてをいただく感謝の料理「バビグリン」。バリヒンズーの行事がある時には必ずこちらのバビグリン、または一部を使った「ラワール」が振る舞われます。ポークが好きなら一度は試したい、日本人にも合う美味しい伝統料理です。

観光エリアのきれい目なワルンやレストランなら外国人テイストにアレンジしてあるので、それほど辛くありません。ただ、ローカルワルンの食べものはかなり辛め+甘めなことが多いので、ローカル店でチャレンジする時は「辛さ・甘さ控えめ」でオーダーすることをおススメします!

インドネシア料理を試してみたい方は、お気軽にご相談を♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ