post

12/15 Jegog Performance in Negara -ヌガラでのジェゴグ公演情報-

We’ll present the real Balinese Traditional bamboo instrument ‘Jegog’ music performance in Bale Banjar Tegal Cangkirng Negara on Dec 15, 2017 at 18:00pm. This performance is for anyone who longed to enjoy and feel the sound of dynamic bamboo music in vast tropical atomosphere in Jembrana, the origin place of Jegog. A special rare occasion! You can also plan a trip to see the west part of Bali….Ticket 150,000IDR/person. Please contact for more info at info@sokabalitour.com .

-Jegog Performance Information-
Date:Friday, Dec. 15 2017 18:00pm-20:00pm
Place:Bale Banjar Tegal Cangkirng
Ticket:150,000IDR/per person

Contact:info@sokabalitour.com
WhatsApp:+62 812 3718 2148
LINE:negaraputubali

 

お客さまからのご依頼で今回実現するジェゴグ公演を一般の皆様にも公開いたします!壮大なトロピカルな森の中で味わう、本物のダイナミックなジェゴグの響きは発祥の地ヌガラでしか体験できません。滅多にない機会です。是非お越し下さい。

<送迎をご希望のお客さま>
ソカバリツアーより、乗り合わせにて送迎チャーターを予定しております。お車1台につき、片道6000円。帰りは翌日になりますので、各自お宿の確保が必要です(ソカバリでの代行予約も可能)。送迎スポットはデンパサール、サヌール、ヌサドゥア、ジンバラン、クタ、スミニャック、チャングーエリア。12/15 お昼前後にエリアを巡回し、ピックアップ予定です。時間指定となります。送迎をご希望の方はその旨もご連絡ください。

ヌガラってどこ?
ヌガラでイチオシ宿「Puri Dajuma」

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

保存

保存

post

ジェゴグ演奏再び!12/15(金)公演します♪

Selamat Siang!

月末に引越しを予定しているのですが、本日2件のツアーが重なって入ってきて、「いつもこんなタイミング。ぼくはまだ金持ちになれない。」と苦笑するプトゥです。体はひとつだけ…。皆様いかがお過ごしでしょうか。

とはいいつつ、たまにはビール。

うれしいことに、竹楽器ジェゴグ演奏のお問い合わせをいただきました!

ヌガラでジェゴグ演奏を観てからというもの、やっぱり生のジェゴグの響きは、ヌガラの壮大な森と風景の中で味わってこそ!という想いがずっと頭の中にあるのですが、お問い合わせをいただいてもなかなか公演を実現することは難しくて、お客さまより励ましのメッセージをいただいたこともあります。(´。・(´。・ω・。`)・。`)ウルウル

ちょっとフライングになりますが、12/15(金)にヌガラでの演奏が実現しそうです!
今回こそは〜っ!!という意気込みで、現地ともろもろ調整中(返答は常にバリタイム…)。

この公演はお客さまからのご依頼で実現するものなのですが、大変お優しいことに、他のお客さまへのご案内もご了承いただきました!なかなか機会がないですから、本当にありがたいです。

というわけで、これまでお問い合わせいただいたお客さま、バリ島在住のみなさん、本格的な竹楽器ジェゴグ演奏に興味のある方は、是非是非お問い合わせください。チケット販売をいたします。12/15夕刻ですよ〜っ!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

post

レンボンガン島へ日帰り探検!

最近日本人のお客さまに人気のレンボンガン島は、バリ島からボートで1時間のところにある小さな島です。

その人気はやっぱり海の透明度と美しさ!

島に近づくほどに、透明度があがる海。

前日にウブドへご案内をさせていただいた3名のお客さま。気の合う友達との海外女子旅は絶対楽しいでしょうねー。この日はレンボンガン島へご案内。朝8時にはボートで出かけるので早起きしてくださいね。ボートは小さくて結構揺れますので、日本から酔い止め薬持参をおすすめします。

島に到着〜♪

まずはマングローブ探検。シュノーケリングやサーフィンもできます。

美しい海を眺めながらレストランでランチタイム♪その後は海で泳ぐもよし、海が苦手な人はプールもあります。

バイクに乗り、別のビーチ”Devil’s Tears”へ。断崖からの海の眺めも最高です。バイクが心配な人は、プトゥや現地の案内人が同行してバイクを運転します♪

また別のビーチへ。ビーチ巡りですね(笑)。この日は夕方16時のボートでバリ島へ戻ってきました。

レンボンガン島はボートでたったの1時間で、こんな体験ができます。ロンボク島やギリ島よりも、手軽に日帰りできて海を満喫できるのがいいですね♪

レンボンガン島日帰りツアーの詳細はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

保存

保存

保存

post

定番人気のタナロット

バリ島はじめての方なら一度は訪れて欲しいタナロット。
毎年入場料金が上がっているのですが…。人気すぎるため、ある程度入場を制限したい・景観&寺院を維持する意図があるようです。

16世紀にジャワから訪れた高僧ニラルタがこの眺めに感動し、寺院建立を村人にすすめたのがはじまりといわれています。バリ6大寺院の一つで海の守護神が祀られています。

実は満潮の時間帯には、寺院の下まで行くことができません。また、寺院内には正装したバリ人しか入れません。満潮時はこんな感じ。

潮が引いてくると寺院のある岩場の真下まで行けますよ。岩場の下には実はホーリーウォーターが涌き出ています。周りがこれだけ海なのに、涌き出てくるのは真水という不思議。

反対側の洞窟部分には、寺院を守るといわれるヘビ(ウミヘビかな?)が棲んでいます。ヘビにはご利益があるといわれており、有料でちょっと触らせてもらえます。満潮になると海出て、また戻ってくるのだそう。

タナロットは寺院周辺の庭も美しく、サンセットタイムより少し前に訪れてゆっくりするのに気持ちのいい場所です。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

4-6月のバリ島は狙い目

世界中が働きモードの4月-6月、バリ島はオフシーズン。

6月の今の時期はちょうど、イスラムの「ラマダン(神聖な月)」にあたり、イスラム教のみなさんは1ヶ月足らず、日没まで毎日断食をします。レバラン(断食明けの大祭)まで続くため、ドメスティックのお客さまもバリ島にはあまり来ません。昼間お腹空いても食べられないし、そもそも元気出ないからね(そういうことじゃないですかね?)。

レバランになると1週間の休暇があるため、バリ島在住の多勢は故郷の島へ帰省しますが、逆に富裕層のドメスティックのお客さまが怒濤のようにバリ島へいらっしゃいます。オーストラリアは学校が休暇に入り、そろそろゆるりとバリ島にいらっしゃる頃でしょうか。

テロを心配する方もいらっしゃるでしょうが、インドネシアはイスラムメジャーなだけに、テロに対してかなり強い警戒にあたっており、観光のバリ島(ヒンズー教がメジャー)ではさらに敏感に対しているようです。

そんなこんなでバリのこの時期は渋滞も減り、かなり狙い目。ホテルも6月中旬あたりまで安くなっています。今すぐエアアジアでびゅんとバリ島へ!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

久々の日本に圧倒されました

こんにちは、ソカバリツアーです。日本人スタッフ、日本より戻ってまいりました!
(実は1週間前にはもう戻ってはいたのですが…)

今回は東京に6年ぶりにヤボ用があったのですが、いや〜、東京ってすごいですね!地下交通網がすごい!羽田の移動でシャトルバスに乗ったら30分くらい地下に潜ってました。

地下鉄も200mほど潜るものがありますし…。久々のデパートにも、服といいお惣菜といい、品数がバリ島とは比較になりません(バリは手工業メインですしね…)。そしてバイクが少ない、並んでも順番来るのが早い&割り込みされない(笑)!

バリはこんな感じ。手堅く地をゆく感じ。

田舎の電気屋ですら広くて大きくって、大興奮の2年ぶりの帰国でした。

プトゥはちょこちょこお客さまのご案内をしたり、ヌガラに帰省したりしていたようです。ネタのフォローアップがまだできていませんが、更新サボリ気味だったブログも復活したいと思います。今日はむしろどうでもいい日本レポートでした。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

本日のお客さま

この日はサヌールに滞在したシンガポールからのお客さまをウブド周辺へご案内しました。
シンガポールからバリ島までは直行で1時間20分ほど。同じインドネシアのビンタン島はシンガポールの目と鼻の先にあり、駐在日本人もバケーション利用が増えていますが、もちろんバリ島も。観光のスケールからいうとバリ島の方がバリエーション豊かかな、という印象。

バリ島に住む日本人はビザ更新でシンガポール利用することがありますが、東京よりも物価が高いんです…。外食のバリエーションは素晴らしいですが、野菜も魚も肉もすべてが輸入品というすごい国。

なのでトレッキングやラフティングなど、自然を満喫したいお客さまが多いです。この日も滝が見たいとのリクエストで、トゥヌンガン滝へご案内♪前日雨だったので水量がすごいことになっていました。迫力満点!

近場のワルンで田んぼからの風に吹かれながら、インドネシア料理を満喫♪プトゥもお誘いいただきました。

田んぼの風景。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

バランガンビーチに行ってきました

物価の上がってしまったインドネシア。ジンバラン&ヌサドゥアエリアだとホテルのお値段もなかなかなので、バリ島に来たからってみなさんがビーチ沿いのホテルに宿泊できるわけじゃないですよね。どうしてもビーチ沿いにそれなりで安く宿泊したいならクタがおすすめですが、同じ予算でこのあたりだと、ビーチはまず拝めません(民宿はあり)。

というわけで穴場のバランガンビーチにいってみました。かの有名のアヤナリゾートを通り過ぎ、更に20分ほどガタンゴトン進んだ奥にあります。

「ガタンゴトン」の表現に注目してくださいね。道のあちこちが陥没していて、決してキレイに舗装された道路を進めるわけではありません(写真はまだまし)。

20分ほど「本当にこの道でいいの?」というところを走るとただっぴろい所にたどり着き「はい、駐車料」と言われます。その駐車場奥に海が見えるけど…あれ?

とりあえずポーズ。ビーチはどこだ?

高台の駐車場がら見下ろしたところにありました!きれい〜♪♪

バランガンビーチは波が高めでどちらかといえばサーファースポットですが、波打ち際でとりあえずビーチ気分を楽しむことはできます。本当に海がきれいなので、ガタンゴトンしようが一見の価値あり。

階段見つけたので降りていきます。

決しておしゃれではないけどリーズナブルなワルン発見。ここからの眺め最高です!
さっきの駐車場の高台も見えますね。実はこの高台はウェディングの撮影スポットとして人気です♪

うわ〜、暑そう♪

とりあえずビーチデッキを確保。お兄さんが日陰を上手に作ってくれます。南国といえども、これがあるだけで涼しく感じられるのがバリ島のいいところ。

バリ島に戻ってから日増しに黒くなるのがせつないプトゥ。

ぼーっと海に入ったりごろごろ寝たりして、こちら17時ごろ。光を見てもらうと分かりますが、サンセットがほぼ正面に沈むんです♪残念ながらこの日はここでタイムオーバー。

夕日が真正面…要するに日が沈むまでずーっと太陽ギラギラということ。なので、15時〜16時ごろにいってワルンでビンタンビールや軽食をした後に、そしてビーチデッキでゆっくりがおすすめ。シャワーはさきほどのワルンにある水道&ホースがちょびっと有料で借りられますが、よくあるローカル的な「トイレ内」です。
衛生的に気になる人や、お子さん連れでもう少し波の穏やかな場所はいい人はパイレーツベイがオススメ。パイレーツベイはレストラン利用でシャワーが借りられます。サーファーなら俄然バランガンビーチでしょうね。ビーチまでの道沿いには安めのホームステイもたくさんみかけました。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

オフにビーチへ*グランドハイアット

先週の土曜日は香港から日本のお友達一家がバリ島滞在。香港からだと日本のハワイ並みにフライトが安いのだそうです。プトゥもオフ。遊びにいったのはグランドハイアットでした。こんな時でもないと、ホテルの中にはなかなか入れませーん。

お庭もビーチもボーッとしてしまうほどきれい♪そして、ひろーい!

さすが5つ星。あるのは南国の空と海だけ。。。

砂の穴が気になる子どもたち。ビーチ沿いには小さなカニがいるけど、逃げ足がはやい。
引き潮の海の中を歩きながらカニ探し。
grand hyatt
みつけた!

また見つけた!

プトゥはやっぱり見つけるの上手でした。
記念にみんなでカニカニポーズ。

バリの人々は子ども大好き!人の子でもすぐに抱っこしたい、遊びたい。そして遊び方が上手です。子連れバリ島旅行で迷惑かける…など、余り気にする必要ありません。ただし雰囲気よい5つ星でお隣にドレッシーでメイク完璧な人がいるような室内レストランはやっぱり、お子さんのはっちゃけ具合のコントロールしましょう♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

バリ東部、Bali Asli&クサンバの塩

Selamat Siang! 日本は今が桜満開の頃でしょうか。

先日はバリ東部チャンディダサにご滞在中のファミリーのお客さまをピックアップし、バリアスリへご案内しました。
オーガニック食材を使い、洗練されたバリ島の伝統料理が森ビューの中楽しめる雰囲気のよいレストランです♪スパイスも辛すぎず優しい味。

レストランからのビューが最高!目の前にアグン山を望みます。バリ東部に来たらご案内したいレストランのひとつです♪

帰り道にクサンバに立ち寄り、ナチュラル製法で作られたミネラルたっぷりの天然粗塩をゲット!ガルンガン前で少し心配していましたがやっていました♪

バリ島の海の恵み。お料理好きでしたら是非、こちらのお塩でお料理を楽しんでいただきたいです。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村