post

バリ島流のウェディング撮影

Selamat Siang! 今年に入ってから、ハネムーンのお客さまも増えてきて、幸せのお裾分けがうれしいソカバリツアーです♪

ところであんまり宣伝していませんが、ソカバリツアーでご予約のお客さまに、ちょっと変わったバリ式のウェディング撮影情報を。これまでもよくあったのは、踊り子の民族衣装で簡単にメイクしてスタジオ撮影するサービスですが、最近トレンドの本格バリ式超豪華な伝統ウェディング衣装から、写真のような素朴で雰囲気のある、クラシックスタイルの撮影が屋外でできます。 バリ島では今こういったウェディングの撮影が大流行りで、ローカルの人たちがやっているものと同じ、プロ撮影による本格プログラムになります。早朝からメイクをして、バリ島らしい風景スポットに車で移動し撮影します。

スタッフはNG撮影スポットやしきたりなどもすべて心得ているインドネシア人ですが、ソカバリツアーが日本語で仕切りサポートしますので、安心です。 

もしかして興味のある方がいらっしゃるかな?と思い。お気軽にお問合せくださいませ。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

3/17はバリ島新年のニュピ!

今年もバリヒンズーの静寂の新年、ニュピがもうすぐです。

ニュピ当日は、朝6時から翌朝までの24時間、一般住宅は電気や火の使用や外出禁止。音楽を聴いたり歌ったり、なんてこともなるべく控え、とにかく静かに内省しながら一日を過ごすことがよしとされています。街には人がおらず、屋台もバイクや車も出ておらずお店もすべて閉店。空港も閉鎖。

そんな風に過ごすと空気も澄み切って浄化され、ニュピの星空は最高に美しくなります。

前日にはオゴオゴという、悪霊のパレードがあり、お昼すぎより観光エリアもいくつか主要な道が閉鎖。このあたりまでは、バリ島リピーターさんなら既知でしょうか。

悪霊はかなりリアルで怖いけど、子どもたちは大好き♪

これにプラスしてもうひとつ、ニュピの3-4日前に「ムラスティ」と言われるご神体浄化の行列が各地で見られます。寺院のご神体を出して、その村全体で海まで練り歩き、浄化のお祈りをするというもの。

ブレガンジュールという行列向けの音楽隊もガムランを鳴らして歩くのでとってもカッコいい。歩くバリ人たちもなんだか清々しい表情。よっぽど内陸でない限り、バリの人々は正装をしてかなりな距離を本当に歩きます。晴れていれば炎天下のバリ島の日差し…そしてみんなで一緒にお祈りをするため、ビーチでも1時間以上スタンバイは普通。

日本人スタッフも参加したことがありますが(ズルしてバイク 笑)それでも結構キツかったです。。。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

引越し&家の修理

アグン山がついに噴火しましたね。

観光エリアに環境的な影響はありませんが、灰の影響で空港のフライト状況が不安定なようです。プトゥはちょうど引越しのタイミングだったため、仕事をセーブしており影響が出ず。。。年末年始にご予約もいただき、月末から、家の修理と改造に忙しく過ごしています。

ジェゴグ公演は引き続き開催予定です♪バリ島在住の人もお誘い合わせでどうぞ。

竹楽器ジェゴグ公演 inヌガラ

日時:12/15(金) 18:00スタート
場所:Bale Banjar Tegal Cangkring
チケット:150,000IDR/お一人様
連絡先:info@sokabalitour.com
WhatsApp:+62 812 3718 2148
LINE:negaraputubali

※主要エリアより、お安く乗り合わせ送迎チャーターします。お問い合わせください♪

お父さんは元大工さんで、小さな頃から手伝ってお駄賃で学校にいっていたそうで。驚くほどなんでも自分でやるんですねー。

水道の2カ所&トイレ水回りの修理。

タイルの目張り。

穴のあいたガス台を埋めるため、ステンレス台の製作。

調子の悪いエアコンの状況を見るため、板を買ってきてはしごを作る。

何回も建築材屋さんに行きながら、他にも、庭木の手入れ、テレビ配線パーツ修理、天井ライト取り付け、家具や台所の扉のニス塗り、お風呂壊れていたのでとりあえず発泡スチロールで栓を作るとか、黙々といろいろやっているようです。唯一呼んだのはエアコンの内部修理くらい。

観光への打撃もそこふく風(タイミングいいだけですが)。

そんなこんなしているうちに、ここ数日はアグン山も少しだけ静かになっている様子。このまま大きな噴火にならず、ピークの年末年始には収束して欲しいなーと願っています。

一家に一台プトゥ。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

post

プトゥのお母さんの民間療法「ボレ」

過去ブログで「ボレ」というバリ伝統のスパイス調合を利用したスパプロダクツがあるお話をしましたが、今日はホンマモンのボレをご紹介します。

バリ島には古くから伝統的な民間療法があり、リンパを優しく流すバリニーズマッサージはそのひとつ。ジャムウもリピータさんには有名でしょうか。現在もバリの人々に親しまれている民間伝承薬のひとつで、ローカルエリアのあちこちにジャムウ屋さんがあります。漢方のようなもので、現在はその多くが粉になってきちんとパック詰めされています。生薬のドリンクは、ホテルでウェルカムドリンクとして独自調合で出してくれるところもありますね♪

プトゥのお母さんは足が悪く、就寝時のほてりを鎮める為にボレを毎晩足に塗っています。材料を聞いたらバリ語なので解明できませんが、生姜だけはわかるかな。。。白い粒は白胡椒ではないそう。英語でレシピを探しましたが、材料が少し違う感じがします。

さらにカラカラに乾いた何かの木の皮を割って投入。石臼と杵を使い、家族とおしゃべりしながら潰していきます。

15分くらいするとこんな感じ。このあたりは好みだったり目分量ですが20-30分くらいかけてさらに粉状にします。

粉状になったものにお水を少し入れてペーストに。これを塗ります。

塗ってみた。

足はスースーするのは水のせいかな?と一瞬思いましたが、水が乾いた後でも穏やかにスースー感が続き、心地いいです♪表面的ではなく内部に届く感じで、むくみにもよさそう!淀んだ血液の循環を促してくれ、筋肉痛にも良いのだとか。プトゥのお母さんはこのまま寝ますが、やっぱり布団に落ちますので朝起きたら寝床の掃除必須。でも本当に心地よく、作る段階から香りが最高で癒されます♪

こちら、ヌガラツアーで体験可能ですのでリクエストください。自分で作ったら、旅のお土産にもどうぞ♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

もうすぐニュピ

3月28日はバリヒンズーの新年ニュピです。
ニュピはサカ暦の第10の月に行われますが、外出や仕事、学問、音楽、火(電気)の使用、殺生など一切が禁じられています。心穏やかに瞑想し、日常に感謝し、世界の平和をお祈りする一日となります。

ニュピの日は人間の活動が最小限になり、自然の音しか聞こえてきません。そして夜になると浄化されたクリアな空気の頭上には、美しい満点の星空が広がります。本当に特別な日だと思います。あえて不便さを理解しながらバリ島にいらっしゃる方もいるようですね。

去年のニュピの満点の星空。みえますでしょうか…?

火の使用と書きましたが、同じく電気の使用も禁止。バイクや車での移動も禁止。ということは本当に何もできない。店はすべて閉まり、空港も閉鎖されます。ホテル滞在の場合は、施設の建物内のみ電気の使用は許可されているし、施設内でのレクリエーションは可能。ただし当日のチェックインチェックアウト不可。なので、在住者の多くもニュピ前日にはホテル入りしてやり過ごします。

ニュピの2−3日前には、メラスティという寺院ご神体の浄化があります。各地でたくさんのバリの人々が正装し、村の寺院から一斉に海へと歩いて(たまにバイクで 笑)向かいます。

ニュピの前日には、各地で午後より道路閉鎖。
そして夕方よりオゴオゴ(悪霊)のパレードがスタート!

かなりリアルでおどろおどろしいオゴオゴ。なんと土台は編んだ竹!

バリヒンズーの考え方として、善と悪は必ず対に存在し、鎮めるために悪霊にもお供え物をする習慣があります。ニュピの日だけは、普段鎮めまくっているスト レスのたまった悪霊を解放し、自由に外を歩いてもらう。そこからこのパレードがはじまっています。サヌール、デンパサール、クタエリア が見応えがあり、滞在にはオススメです。

バリ島にしかないニュピ。文明の利器を一切使用せず、日々の行いを内観するバリヒンズーの新年。ホテルに宿泊しない私は明日あたり、食糧物資の買い込みに走ります(笑)。

 
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村