post

バランガン Alchemist

前回からの続き。
そういえば、バランガンビーチへ行く途中、毎回気になっていた門構えがあったなーと。

ちょっと読みづらいですが「アルケミスト」。

レストランのようなので入ってみると、奥にはバンガローな雰囲気の宿泊施設もある様子。

レストラン中央は憩いのスペースのようになっていて、ゆったりとガーデンの中に座れます。

メルヘンなジャンクヤードのような、こういう感じ…超好み♪白いお部屋の中にはケーキコーナーがあり、クッキングクラスの施設も。

料理はオーガニック中心。
英語のメニューの材料をみてオーダーしたアボカドチキン的なサンドイッチ。ボリューム満点。

カフェオレもたっぷりでかわいい。

オーナーがフランス人だということで、デザートは絶対美味しいだろうとクレムブリュレも♪

ほどよい甘さでやっぱり美味しい!

いまお客さん少ないから、プールの方見に行ってもいいよー。といわれたので、お庭を通って行ったのですが…ひゃー*:.。☆..。.(´∀`人)

ここは一体どこー?

枯れかけた乙女心をめっちゃくすぐるプールに夢心地。

レストランスタッフも皆すごく感じが良くってアットホームです。宿はお安いお部屋(オフシーズンなら1万円以下)の方だけ見せていただいたんですが、トイレとシャワーが半屋外。多分そのせいで日本人のお客さんが少ないのでしょうが、ほんとうに素敵でした。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

バランガンのナイスビューレストラン

先日たまたまスパご利用でお客さまをご案内した、バランガンのラジョヤにいってきました。

断崖から海へ下るところにヴィラ&バンガローがあり、南国の雰囲気満点なリゾート。抜群のロケーションでヨガやサーフレッスンも楽しめるお宿のようです。スパは140Kからで良心的プライス。

レストランも素敵だという話だったので、今回はそっちに行ってみたのですが…。

レストラン目前のプール&ビュー♪

バランガンの海はやっぱりすごく綺麗ですねー。ですが、なぜか座って落ち着いてオーダーして、写真を撮っていると…後から上のマネジャーがきて、「宿泊客以外はエントランス料が約1000円プラス(一人につき)」といわれてしまい…。なんで先に教えてくれないの?しかも注文してからいわれるって印象悪かったので、ランチ食べず(苦笑)。

つい最近もお客様のリクエストで調べたレストランがありましたが、ビューの素敵なところはビーチクラブみたいにエントランスフィーやミニマム料金がかかるみたいですねー。

へー…だったらいいや。って私は思うタイプです(笑)。
でも、ナイスビューはナイスビュー。

ランチを求めて、次回へ続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

M様からコメントをいただきました♪

バリ島南部をご案内したM樣より、メールにてコメントをいただきました。とても嬉しかったので、こちらにて公開させていただきます。

“9/11にはプトゥさんのウルワツ寺院までのガイド、とても楽しい思い出となりました。たった一日のお願いでしたが、事前にルートのご相談にものっていただき助かりました。

ケチャダンスでは撮影にベターな位置情報のフィードバックもプトゥさんが蓄積していますので、写真好きな方に絶対良いアドバイスできます!

お二人には、改めて御礼したく思います。”

…うれしいです!![┐`益´┌] ←ザブングル風に(古い)

ケチャダンスのお写真をいただきました。

背景のウルワツ寺院と低い雲の対比が迫力!

ちなみにロックバーではこんなサンセットが見られたそうで、こちらも掲載許可をいただきました♪

バリ島の夕日はなぜこんなに綺麗なんでしょう。

ロックバー、本当は毎日混み合っているはずですが、まるで時間が止まったかのよう♪

ありがとうございました。
バリ島へのまたのお越しをお待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

おいしい!ゆったり座れるDusk Blue

なぜか在住者はサヌールに来るとホッとする、という人が多いのですが、日本人スタッフもそうです。他のエリアと比べても村の人々の暮らしも見える、観光とバリの伝統がうまく共存しているエリアかなーと思います。

サヌールでお気に入りのカフェ「Dusk Blue」はメイン通りから1本ビーチへ向かって入る右脇にあります。グランドハイアット脇、Warung Kecilのある通り。ビーチの裏に駐車できます。

クオリティに対して値段が安くて、すごくおいしい!と私は思うのですが、雰囲気が高く見えるのかメイン通りにないからか、いつも結構空いていて落ち着きがあり、穴場。ブランチ、ランチ、ディナーのメニューがあります。

英語のメニューなので雰囲気で頼みます(笑)。
いつも正しい名前を忘れちゃうんだけど、チキン&マンゴーチャツネのサンドイッチ。サンドしてないけど。これすごく美味しくてお腹いっぱいになります♪

こっちはなんとかトルティーヤ(めっちゃ適当)。中には野菜とハーブ、チーズが入ってたので、こちらも少なく見えてもなかなかに充実。ドリンクもトロピカルフルーツのミックスの何かを頼みました。。。ああ本当にメニューが覚えられない。

実はここ大好きで、もう5回くらいはリピしています♪
バリニーズなフュージョン料理もあって、チキンレモンの何かとナシチャンプルも、すごくおいしいです。

室内席も広々とエアコン効いてていい感じ。

ウブドで人気のローチョコレートもここで食べられるのですが♡(˘▿˘ʃƪ)

この日は手作りのコーヒーアイスクリームにしてみた。これが甘すぎず、コーヒーの風味が広がって美味しいー。

メニューによりますがドリンク&ランチで1000円前後。夜もきっと雰囲気いいはず。
ビーチ沿いでもメイン通りでもないけれど、本音いうとあまり混み合って欲しくないお店です。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

二人の特別な記念に

先月ソカバリツアー でご案内したお客様から「何か記念になることをバリ島ハネムーン中にしたい」というご相談がありました。

小さな結婚式といっても神父さんを呼んだりレストランやヴィラなどのロケーションを確保したりとなると、関わる人や業者も大仰になるし、8月はそれでなくても世界からの旅行客のピークシーズン。ご相談を受けたのは旅の1週間ほど前…。

ということで、バリ島でも今大流行り中の「バリ流の」プレウェディング撮影を企画進行させていただきました。ウェディングドレスと違い、バリ流だと衣装も基本は布を巻き巻きしていくので、サイズ対応がしやすいのです♪

今回ヘアメイクと衣装を依頼したのはタマンロカのクトゥさん。何度も地元のコンテストで賞をとっていて、隠れ家的な自宅サロンを経営しています。

ビーズやレース、金の煌めく衣装も、時間を見つけて自分でハンドメイドしてしまうほど。今回撮影に使われたトップス衣装もかなりの職人技。

よく観光である民族衣装でのスタジオ撮影とは違い、ちゃんとした衣装、ヘアメイク、ロケーションなので、質が違いますよー。

サロンで2-3時間のヘアメイクを終えたら移動して撮影開始。伝統衣装に似合う、バリ島ならではのロケーションへ。

「顔を近づけて〜」など指示もあるので、照れてどうしても吹き出してしまう新婦さん(≧▽≦)適当におしゃべりしててくださーいで、良い笑顔が♡(˘▿˘ʃƪ)

今回はモダンな衣装のチョイスでしたが、アンティークなものもシックでより伝統的なので、人気があります。

せっかくハネムーンに来るならこういう記念写真もいいですね♪しかも、バリ島ならではの衣装で(‘-‘*)

ちなみに今回はオリジナルツアー内に入れて、なんとか午前中に急ぎ納めましたが、ツアーとは分けて時間に余裕を持つと、もう少しロケーションが増やせます。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

沐浴で浄化

昨日の台風、屋根が飛んだり停電したり、思いの外被害が大きかったようですね。
日本人スタッフの故郷は四国なので、昨日はちょくちょく家族に連絡をしておりました。皆さんは被害など大丈夫でしたでしょうか。

関西空港の閉鎖もあり、バリ島やジャカルタへくる便はキャンセルになりましたら、他にも各国へ向かわれる予定だった方や、日本への旅行を計画していた外国人も足に大きな影響を受けているようです。

インドネシアもバリ島の隣のロンボク島では大地震の被害があったりと、なんだか世界中で様々な自然被害が起こっているように感じます。気をつけようがない場合もありますが、こんな時こそ自然に感謝して無理な生活や環境破壊につながる生活様式を見直してみようかなと考えます。

バリヒンズーでは大変なことが続いたり、悩みがなかなか解決しなかったり、あるいは何かの生活の変化をきっかけにして寺院でムルカット(沐浴)をすることがあります。満月の日は特に多いですね。清らかな水で心身を浄化する意味を持ちます。

こちらは定番のティルタエンプル寺院。

近くにあるスバトゥやスダマラも人気です。スダマラは日本の打たせ湯のよう。

肩こりに効きそうですが、まぁまぁ痛いです(笑)。

沐浴は着替えが必要です。興味のある方は、あらかじめお問い合わせくださいね。

 
 
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

タナロット近くの隠れ田園カフェ

タナロットへ行く途中に見つけた田園風景のカフェに来ました。

大きな道から少し奥へ入るので、知る人ぞ知る風情が個人的にはお気に入り(なので店名はヒミツ〜(´∀ノ`*)。

オープンエアで田んぼの向こうの海からのよい風が入ります。テーブル席は基本ですが、ハンモックでゴロンとできるコーナーや、座卓のコーナーもあってナイス。

高さを変えているのでどのお席からも田んぼが見えます。

プトゥはインドネシア料理の定番の一つ、「ソトアヤム」を注文。フレッシュな素材が使われていることが一目瞭然。暖かいのでちょっと肌寒いこの日にピッタリ。

レモンスカッシュと鶏の照り焼きを。グラスもお皿も盛り方も5つ星レストラン並にお洒落で、そこらへんのワルンとは全然違う!鶏も野菜もすごくジューシーでこれまた驚き!!価格的にも大大満足。

心ゆくまでポケーっと田んぼを眺めていました♪

ここなら立地的にサンセットに染まる空も堪能できるはず。ビンタンビールやカクテルメニューもありました。車も数台停められます。タナロットでサンセットを見逃した帰りにどうぞ♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

再びシュノーケリング

現在ロンボク島を中心に地震が頻発しており、バリ島も少々揺れることがあるのですが、体感的には震度2-4程度、4を感じるのはカランガッセムやデンパサール市街地あたりのようですが、2,3日に数回あるかないかの頻度です。

この影響でギリ島やロンボク島を諦めたお客様に人気なのが、こちらのバリ島東部シュノーケリングツアー。ボートで島へ遠征することなしに、バリ島で手軽に綺麗な海が楽しめます。シュノーケリングボートからそのまま簡単なフィッシングも体験できるということで、ファミリーに人気です。お盆に再びゲデがご案内させていただきました。

因みにヌサドゥア発のクルージングボートでいくフィッシングは加山雄三さんとか梅宮辰夫さんがやるような、かーなり本格的な釣りですので、船酔いが怖い方はこちでゆーるい感じが無難です。

朝の早いうちに出発して、午後から東部の寺院や庭園、チョコレート工房や伝統塩づくりのクサンバにも立ち寄れます。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

お盆休暇のご案内中

Selamat Siang! お盆休暇に入り、先日よりプトゥ、ナガ、ゲデはそれぞれにお客様をご案内しております。ソカバリツアーはwebは日本に特化していますが、日本のお客様、海外在住の日本のお客さま、ジャカルタ、オーストラリアにシンガポール。実はお客様の国境にこだわりはありません。

2016年9月から開始して、2年で少しずつ光が見えてきました。

日本生活が長く、ヌガラ以外のバリ島を知らなかったプトゥ。開始した初年度は日本人スタッフの私は他でレギュラーの仕事をしており、忙しかったのでこっちはただの趣味。プトゥは観光エリアの特徴や主要ホテルの場所、ツアールートなど、小さい仕事をもらいながら1から覚えていきました。

どんな事業も何事も3年といいますが、本当にそうですね。これからもしばらくは、まだまだ勉強の時期かなーと思っています。ヌガラの旅やジェゴグツアーをはじめ、お客様に様々な面白いツアーを企画できるようになりたいです♪

先日ご案内したジャカルタからのビッグファミリーと♪かわいい赤ちゃんもいて楽しいツアーでした!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

プトゥが死にかけた黒魔術

バリ島よもやま話、今日はちゃんとブラックマジック(黒魔術)のお話です。興味のある方はここらへんから読み始めてください。

●アグン山こぼれ話
●プトゥがプトゥの理由
●プトゥ出生の秘密

さて、産みのお母さん他界後、次に死にかけたのはプトゥでした。

産みのお母さんの病状はよく聞くと結核っぽいのですが、「でもブラックマジックもあったのよ」と、とってつけたように言うので、ほんとに黒魔術かよと疑っている日本人スタッフ(笑)。そしてプトゥは小学生の時に、近所の家でもらったおまんじゅんのようなお菓子を食べてから、様子がおかしくなったそうです。それも毒やん!と思うのですが…。

帰宅して体調の急変するプトゥ。吐いて意識は朦朧、どの医者へ連れて行っても、一向に良くなる気配がありません。しまいにはお腹がぷっくりとふくれあがり、体が紫に。

「プトゥが死んでしまう」そこで噂を聞きつけ、4軒目の医者へ。

ちなみに当時ヌガラには西洋的な病院施設はほぼないに等しかったですから、ここでいう「医者」はすべて呪術やバリ島古来の伝承医療です。

4軒目の医者=バリアンは、プトゥの記憶によると、口数少なくなにやら唱えてから、寝たままでココナツオイルと何かを調合した薬を飲まさせられたとのこと。

するとようやく、口から黒い塊の何かを吐き出したプトゥ。その後には口だけでなく、脚の内股からボコボコっと、もう少し小さい黒い塊がいくつか出てきたのだそうです。

プトゥの脚には、今もその傷跡が残っています。この話を聞いて、私の脳内では完全にもののけ姫のたたり神の呪いのイメージです。

こういうの(著作権すみません┌○ペコリ )。

実際には近所のおばちゃんの嫉妬からの黒魔術。そうして紫の体は通常の肌色に戻り、腹水も数日して消え去り、病気は治りました。

「あの時はプトゥはもうダメだと思ったね」プトゥの兄や村の人々は今も口を揃えていいます。

どうですか?みなさん信じますか?

ちなみにプトゥにまんじゅうを食べさせた近所のおばさんは、10年間原因不明の病気に苦しみ、数年前に亡くなりました(まさにバリヒンズーの因果応報)。

このおばさんの嫉妬心の言動はどうしても子孫にうつってしまうらしく、今はおばさんの娘がちょっと怖い感じなんだそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存