post

プトゥ出生の秘密

前回の「プトゥがプトゥの理由」の続きのお話です。

現在では大分減り、印象としてもネガティブになりつつある、インドネシアの一夫多妻制。今でも可能ですが、既存の妻が許可する場合に限られますし、すべての奥さんを対等に扱わなくてはなりませんから、経済的に大変です。

さて、プトゥだけ母親が違う。
最初に私がお兄さんと先に知り合い聞いていたバージョンはこうでした。

「うちは5人とも男だったから、親はどうしても女の子が欲しかったのね。それでもう1人奥さんを娶ったんだけど、やっぱり男が産まれてきちゃった。」

だけど、5番目のワヤンとプトゥはたったの3ヶ月違い…性別がわかるのを待ってからもう1人、でもいいですよね。

改めてお母さんから話を聞きました。

「昔お父さんは遊び人でね…プトゥの母親だけじゃない、他にも女がいたのよ…。」

おぉっときました、ありがちな浮気バージョン。
プトゥもバリ島に戻ってくるまで、ダークサイドの話は知らなかったとかヽ(・∀・)ノ

賭け事は一切せず、昔は大工、今は農業でとっても働き者のお父さん。

プトゥの産みの母は、お父さんとの結婚前に2人子どもを産んでいます(相手が責任をとってくれなかった)。お父さんは人としては真面目なので、責任をとりたい。結果、プトゥの異父兄弟にあたるお兄さんたちは、子どものいない裕福な家へ養子に。プトゥは異母兄弟5人+異父兄弟2人ということになります。

さて、プトゥを身ごもって「今回は絶対に結婚する!」となった産みの母。

最初の奥さんに認めて貰わねば、再び路頭に迷うことになります。その必死さから「受け入れないとこの指をへし折る!!」と、今のお母さんはめっちゃ脅されたそう。「怖かったし、5人の子どもを置いて離婚はできないから、仕方なく受け入れたのよー。」やっぱり無理矢理だったのですね…。

「最初は嫌いだったのよ。でもだんだん彼女が何ももってなくて、可哀想だなと思うようになったの。」なんてシンプルで人の良い今のお母さん…。 (╥﹏╥)

産みの母はしばらくしてから病気にかかり、プトゥが2歳の時に亡くなってしまいました。どうやら結核のようですが、ブラックマジックもあったということ。その後、プトゥも死にかけに。これは近所の人からもらった毒入り(ブラックマジック)のお菓子を食べたせい。この再婚をよく思わない上に、複雑な事情の中でも仲良く楽しそうにやっているのが気に食わない人もいたそうです。

母を失ったプトゥに今のお母さんは「Putu Tinggal(置き去られたプトゥ)」とそのまんまに名付け、他の兄弟と分け隔てなく育てました。すごいのは、異父兄弟も近所でわだかまりが一切なく、家族親戚ぐるみでとっても仲良しです。
プトゥは結婚前に、イタコ的バリアンに産み母を呼び出してもらったことがあります。

その時「他に質問はないの?」といわれたお父さんは「子どもはこれで全部か?他にいないのか?」と質問したらしく、「なにその質問!」と、怒られたそうです(´∀`)

タイトルに「出生の秘密」と書きましたが、村では完全オープンでみんな知っているお話でした。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

post

GWお待ちしています♪

Semalat Siang! ここ2週間ほど、雨季明けとは思えない暑さが続いていましたが、今週に入り風が出てきて、暑い昼間も少し涼しさを感じられるようになってきました。これこれ、これが雨季明けのバリ島!

でも暑いですけどね…

さて、GWやそれ以降の旅のお問い合わせがちょこちょこ入ってきております。

車についてのご質問ですが、ソカバリツアーではAvanzaとInnova、また大人数のハイエースも手配できます。1〜2人での旅ならAvanzaで十分だと思います。Innovaですと揺れが少なく、空間にもゆとりがあります。高級車が好きなインドネシアのお客さまは、2名様でもわざわざinnovaを選ぶ方も多いですね。荷物も考えると、4,5名様からInnovaをおすすめします。

いつもピカピカに手入れをしています♪

ハイエースは、7〜12名でのグループでまわりたい時に最適ですね。結婚式に参列予定のファミリーやグループの方、また学生仲間での旅によく利用されています。

お問い合わせや予約の時期について。

昨年末にあったケースなのですが、年末年始の繁忙期に当日、あるいは前日でのお問い合わせが何件かありました。バリ島はインターネットが日本ほど安定していないので、連絡自体が間に合わないことがあります。また、車やよいドライバーの確保が難しくなってきます。

3日前に宿込みで遠方への旅をリクエストされた方も、その後も行き先が変わり、宿が確約できなかったので、予算を正確にお伝えする事ができず、お断りをさせていただいたことがあります。

ゴールデンウィークや夏休みの旅の計画はお早めにご相談いただけるとありがたいです。ソカバリツアー、GWまだ余裕ありです♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

友人デワのこぼれ話

プトゥのお友達に「ちょっと見える人」がいます。

とはいってもこういう人、バリ島では本当に普通にあちこちにいるので、あんまりスピリチュアルとか不思議な感じもしなくなっているのですが、中には「バリアン」といって、そういった第六感的な感覚や呪術を生業としている人も、バリ島では健在です。

医学的な療法のできるバリアンもいれば、魔除けをしてくれたり解いてくれたりするバリアン、イタコ的バリアン、いろいろいます。

今日はその友人デワから聞いた話。デワ君っていっぱいいるから、身バレしないのがいいですね(笑)。

デワは数年前から神様から「僧侶になれ」とお呼びがかかっているような気もするけど、嫌がって普通に欧米向けのカーチャーターをしています。だけど数々のマントラがサラサラーっと言えたりして、結構すごい。

デワの実家はアグン山のすぐ近く。なので危険度が上がった時には避難区域。親戚がおり、80代のお父さんが1人暮らししています。

お父さんはその昔、1963年の噴火を実体験しているので、「まだ地面が暑くないから大丈夫」「動物が逃げないからまだ噴火しない」と、周りが言っても言っても、ぜーんぜん避難しない。いつまでたっても野良仕事をするので、ほぼ強制的に避難をさせたのだそう。

で、今は少し収まっているようなので戻っているそうなのですが…最近どうしてるの?と聞いたらですね。

不倫していることが発覚。

 

「はっ?」と問い直しました。

「不倫してるんだって。しかも相手が妊娠したらしい。」お父さん…80代ですよーッ!!

男性陣は不倫をすっ飛ばし「子どもできるんだ」とこっちで驚いたそう(笑)。

相手はというと、ご近所の40代の人妻。
何故発覚したかというと、その旦那(同世代)がデワのところに来て「お前のお父さんが俺の妻を孕ましたんだけど、どうしてくれるんだよ」といいに来たそう。近所で何やってんだ…。だがここで、デワの切り返しもまたすごい。

「いや、親父に問題ありなのは昔からわかってるんだけどさ。親父80代だよ?何ももってない、もう先のない親父のどこがよくてそうなったの?むしろお前の奥さんどうしちゃったんだよ、こっちが聞きたいんだけど。」

その旦那は何も言い返せなくなってしまったそう。まぁお父さんに言えばいいのに息子に言いにきてますしね。。。

そこでプトゥの話は終わり。

えっ。

終わり。じゃなくて、子どもどうするの!?産まれるんでしょ?

すると「ああ、そこの夫婦ね、子どもがいないらしいから、養子にすることになったって」。

ええええーっ!!そんな風に話がまとまるの?

「でもさ、考えたらすごいよな。40過ぎて弟ができるんだぜー。」と明るく話したというデワ。

あまりにびっくりしたのでブログに書いてみました。

あ、スピリチュアルな話を期待した方、全く関係なくてすみません。

そういえばプトゥの両親の話の続きもまだでしたね。これも近いうちに書きます。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

草木染めウェア Indigo Sea

Selamat Siang! 乾季になるとカラッと涼しいはずなのに、最近何故かモワッとしているバリ島。
凧揚げの季節にならないと涼しくないんでしたかね…?忘れてしまいました。
今日はイメージだけでも涼しげに。

たまたまお友達つながりで知り合った方が素敵なウェアブランドを立ち上げたというので、お話を聞きに遊びに行ってきました♪バリ島で草木染めを使って色をつくるナチュラルなウェア。

海を愛するサーファーのChiekoさん&Yukoさんが、おしゃれも環境に優しくスタイリッシュに、自然をリスペクトしたlife styleをと一致して立ち上がったIndigo Sea。

藍だけでなく、マンゴーやマホガニー、トロピカルらしい5つの植物を組み合わせて色を出しているそうです。そんなコレクションのいくつかをご紹介。(画像掲載許可をいただきました)

甘すぎずシンプルで大人、そしてゆるすぎない服のシルエットがとっても素敵で好みです。

縫製がしっかりしつつも、コットン布のさらっとした涼しげな感じもうれしい。

自然のものを扱うので、手作業の工程にすごく時間がかかるそうです。でもだからこそ、服を作る工程でも着尽くした後でも、海、そして地球の環境を汚さずにすみますね。

バリ島ではまだショップ展開はないそうですが、日本ではすでに取り扱い開始、オンラインショップもあるそうです♪バリ島内のリゾートホテルの中にあるようなお土産ショップに置かれてても不思議じゃないなー、と感じる上質さと素敵さでした。

♠ Indigo Sea
INSTA: @indigoseaclothing
WEB: indigosea.net
MAIL: info@indigosea.net
TEL: 05068674485

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

post

バリ島食べ歩き

バリ島に来てインドネシア料理!となると、大体ナシゴレンかミゴレンあたりを食べる人が多いのでは?と思います。ローカル向けのカフェあたりだとサテなし、野菜少ない、目玉焼きはあったりなかったり。通常のローカルワルンだと「スペシャル」と言わないと目玉焼きもつかず、炒飯のみです。

観光客も来るような安めのカジュアルワルンだと、こんなかんじ。

ナシゴレン。バリ島らしく、ビンタンビールか果物のジュース(甘め)と一緒に。

観光エリアの外国人向けのちゃんとしたレストランだと、サテや目玉焼きがのっかって豪華。ローカルワルンより辛さ控え目で美味しいですね。値段にはそれなりの意味があります。

野菜の入ったものを食べたい時は「ナシチャンプル」もおすすめ。チャンプルはいろいろ混ざった、という意味です。

ジンバランで見つけたおしゃれカフェのナシチャンプル♪バリ島テイストで美味!

ナシゴレンやミゴレンに飽きてきたなーと思ったら、バビグリンをどうぞ。バリ人によるバリ島伝統の豚料理です。ウブド周辺がメッカなので、あのあたりで食べることをおすすめします。

他に個人的に試してほしいなーと思うのが、バリ島ジャジャン。ジャジャンを分かりやすく訳すと「甘菓子」になるでしょうかね。バリ島またはインドネシアならではで、甘味がたっぷり。お米をメインに、ココナツ砂糖やバナナなどでさまざまな種類があります。

こちらは「ラックラック」。ココナツフレークと黒糖シロップをかけてどうぞ♪

「エスダルマン」はわらび餅のようなゼリーの食感が美味しい、懐かしい甘味のドリンク♪ダルマンという葉っぱを絞っただけで、こんなゼリーができてしまうんですよ。

宝石のようなゼリー類が入ったピンクの「エスチャンプル」もなかなかです。ちなみにこだわらせていただくと、こういうドリンクは椰子砂糖を使ったお店のほうが、断然美味しいです!

ソカバリツアーおすすめの、本当に美味しいお店は、ツアー途中にもご案内できます♪カーチャーターでオリジナルの旅のご案内は、ぜひお問い合わせください。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

post

バトゥボロンでピザ!

Cangguのバトゥボロン通りにお出かけしてきました。チャングーといえばレジデンスヴィラの多いブラワ通りが中心ですが、この通りはサーファー向けの民宿も多く、数年前からどんどんショップやカフェが増えてきていて、行くたびに変化のあるエリアなんですね。

エコビーチへと分かれる道の中央部分に、駐車場が出来ました!車もバイクも停められる♪これだけで便利感アップ。近辺のお店を歩いてまわれます♪

コーヒーの美味しそうな新しいカフェが気になります。
国際免許をもっていれば、一応バリ島の警察ではお咎めなしです(自己責任でお願いします)。ヘルメットは必須ですよー。

数年前から人気のBetelnut Cafeも健在。ここはおしゃべりランチ&チーズケーキがおすすめです。

お土産によさそうなカジュアルでおしゃれなバリ島Tシャツはいかが?

インテリア雑貨ショップやサーフボード店、水着ショップも当然あります。

私たちの今日のお目当ては…窯焼きピザ!!
オープンエアのLugi’s Hot Pizzaに来てみました〜。夕方のHAPPY TIMEは1ドリンク&ピザで半額なんです♪

90’sも含めていろんな音楽がガンガンに流れているのでおしゃべりはちょっときついですが…早めの時間は若い人にまじってファミリー層も来ているし、よい雰囲気。ピザを片手に飲むには最高!

マルガリータピザが焼き上がりました♪ちょっともちもちな生地に、よいチーズを使っています。美味しい!

日本人なら2名でピザ1枚で十分。一緒にビーツのはいった新鮮サラダとドリンクもオーダー。おすすめのカクテルと、アルコール苦手な人はトロピカルなフルーツジュースを。

カクテルも甘過ぎなくて美味しかったです♪

チャングーエリアはクタやスミニャックとはラフなスタイルで、またちょっと違った雰囲気ですね。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

post

12/15 Jegog Performance in Negara -ヌガラでのジェゴグ公演情報-

We’ll present the real Balinese Traditional bamboo instrument ‘Jegog’ music performance in Bale Banjar Tegal Cangkirng Negara on Dec 15, 2017 at 18:00pm. This performance is for anyone who longed to enjoy and feel the sound of dynamic bamboo music in vast tropical atomosphere in Jembrana, the origin place of Jegog. A special rare occasion! You can also plan a trip to see the west part of Bali….Ticket 150,000IDR/person. Please contact for more info at info@sokabalitour.com .

-Jegog Performance Information-
Date:Friday, Dec. 15 2017 18:00pm-20:00pm
Place:Bale Banjar Tegal Cangkirng
Ticket:150,000IDR/per person

Contact:info@sokabalitour.com
WhatsApp:+62 812 3718 2148
LINE:negaraputubali

 

お客さまからのご依頼で今回実現するジェゴグ公演を一般の皆様にも公開いたします!壮大なトロピカルな森の中で味わう、本物のダイナミックなジェゴグの響きは発祥の地ヌガラでしか体験できません。滅多にない機会です。是非お越し下さい。

<送迎をご希望のお客さま>
ソカバリツアーより、乗り合わせにて送迎チャーターを予定しております。お車1台につき、片道6000円。帰りは翌日になりますので、各自お宿の確保が必要です(ソカバリでの代行予約も可能)。送迎スポットはデンパサール、サヌール、ヌサドゥア、ジンバラン、クタ、スミニャック、チャングーエリア。12/15 お昼前後にエリアを巡回し、ピックアップ予定です。時間指定となります。送迎をご希望の方はその旨もご連絡ください。

ヌガラってどこ?
ヌガラでイチオシ宿「Puri Dajuma」

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

保存

保存

post

ガルンガンの日常

バリ人にとって日本のお盆のような「ガルンガン」は1年に平均して2回あります(バリ暦に従うので、毎年まちまち)天界からご先祖様が地上へ戻ってくるのですが、この準備がかなり大変。

男性陣はペンジョールを飾り、

朝早起きして、ソウルフードであるラワールを作ります。小さい頃からやっているの男性陣、包丁さばきはお手の物。ヌガラでは、ココナツメインの胃に優しいラワールクルンガーが名物です。

葉っぱに包まれたこちらはトゥムといい、小刻みにした豚や鶏の肉やレバー、独特のスパイスを組み合わせて蒸します。一般的なワルンではなかなか食べられるところがないのですが、これがすごーく美味しいんです!

女性陣はバンタンといって、神様に捧げる数々のお供え物を作ります。これが1種類に留まらず、半端ない量…。中に入れるものの向きとかもあって意外と細かい。田舎では出来る限り最初から手づくりし、3日ほど前から準備が始まります。

道端でよく見かけるお花のものは日常的に捧げるシンプルなチャナンで、バンタンは豪華版といったところでしょうか。

バリ人が祭事にお金のかかる理由はこのバンタンにあるといっても過言ではなく、皆数々ある祭事の工面に一苦労しています。祭事にお金がかかりすぎるからバリ人は成功したり、金持ちになれない、と嘆く人はバリ人にもいます。

でもこれがなくなると、バリ島はもはやバリではなくなる…。

南国リゾートのバリ島ですが、バリヒンズーの人々は今もこういった伝統や宗教行事をとても大切にしているため、現代的な生活とのバランスの取り方に難しさを感じることもあるようです。

ガルンガン当日は朝早くから正装し、自宅にある家寺、そして所有の土地や村のお寺をまわってお供え物を捧げ、お祈りをして回ります。1日に迎えたガルンガンは、11日のクニンガン(ご先祖様が天界に帰る日)まで続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

アヤナに新しいビーチクラブ

先月末より、お盆休暇の日本のみなさまからカーチャーターのご予約やお問い合わせをいただいております。ありがたいついでに、サイトもいろいろと細かくアップデートしました。

ラフティングやサーフィンなどのオプショナル体験メニューをアップしたり、スパ情報もあります。本場ヌガラのジェゴグに興味のある方は、8/17、8/23に村の儀式での演奏があります。ウブドの公演のビデオを観てみたのですが、やっぱりちょっと「ウブドアレンジ」が入っているなぁーと。本場のワイルド感や竹の響きは格別です。ぜひ旅行の計画にお役立てください♪

さてさて、先日アヤナに新しくできたビーチクラブにお邪魔してきました。アヤナといえば、すでに観光名所といっても過言ではないくらい大人気なロックバーがありますが、1年ほど前からピークシーズンの込み具合がハンパじゃない。

そこで新しくできたのが、こちらのクブビーチクラブ。

実は施設内のちょっとはずれにプライベートビーチがあるんですね。これまでは急な階段を汗かきながらアクセスするロケーションだったのですが、ロックバーと同じようなリフトが完成。しかも海の上を直下降するリフトです。海がすごくきれい〜。未加工ですよ!

ビーチクラブは昔のバリをあえて再現した、かなり素朴な雰囲気。音楽もDJではなく、バリ伝統のBGMが波の音とともに聞こえ落ち着いています。ナシゴレンなどのインドネシア料理やカクテル&ドリンクが楽しめるそう。

座席数は少なめですが、ビーチの雰囲気らしいデッキ席やカウンターもあって、のんびりメロウなひとときが過ごせそうです。こちらでも美しいサンセットが眺められるというからうれしいですね。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村