post

プトゥがプトゥの理由

さてさて、その昔、クルンクンからヌガラに移住したプトゥの両親

前回の話を聞きなおすと、両親はそれぞれに別々にクルンクンを出たそうです。お母さんは叔父さんと一緒に。クルンクンにいた頃から知り合い。年頃になり、ヌガラで再会して結婚。お父さんは何も持っていなかったので、家族から大反対されての結婚。

そして次々と子どもが産まれる。上からワヤン、ナガ、コマン、クトゥッ、ワヤン、プトゥ。
説明すると、バリ人は生まれが何人目かで名前が決まります。5人目から名前がリピートになり、兄弟で同じ名前でも全く問題ありません。

プトゥは6人目なので、本来ならマデ、カデ、あるいはナガになります。なのに、第一子(もしくは第五子)の名前プトゥ。繰り返しのワヤンでもなく。なぜなんでしょう?

実はプトゥだけ、お母さんが違います。
2番目の奥さんとの最初の子どもなので、プトゥ。

プトゥの母親は、2歳の時に病気で他界していました。小学2年生まで育ての母親を母と信じていて、ある時学校でからかわれたので、お母さんは本当のことを話したそう。「あの時が人生で一番荒れた」by プトゥ。


…長いので、このお話の続きはまた。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

post

雨に打たれずジェゴグ公演!

Selamat Sore!みなさんいかがお過ごしでしょうか。

バリ島は雨季らしい雨続きの毎日ですが、今日は久々に太陽の光を感じます♪
時には雷、そしてまるで空にある水道の蛇口が全開したようなスコールの大雨。
場所によっては洪水になっているところもあるようですが、観光エリアはとくに問題ありません。

さて、すでにすっかり過ぎてしまったジェゴグ演奏…ちゃんとやりましたよ〜!

雨でも大丈夫なように、お客さまは屋根のあるお席へご案内♪でも見事に降られることなく、公演終了後にどしゃぶりになりました。みなさんの晴れパワーでしょうか。

写真がぼやけてしまってちょっと残念。

観光エリアではなく、本場ヌガラにこだわったジェゴグの演奏。

今回の公演はスポンサーMさんの「どうしてもジェゴグがみたい!」という想いがなければ実現できませんでした。本当にありがとうございました。

またデンパサールからは日本人のお客さまがカーチャーターでご参加いただき、バリ島留学中のオランダの学生さんも公演を観にきてくれました。

次回の公演はいつになることでしょう。。。その前にアグン山がもう少し安心になってほしいですね。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ヌガラにナイスなお宿発見

ヌガラで4つ星の新しいお宿を発見しました♪
サーファーの間では西部で人気のビーチフロントにあり、料金もお手頃、お食事メニューもなかなか素敵でかなりテンションup。

4つ星なのでメインプールは小さめですが、主要観光エリアより混み合わないので全く問題なし。ヌガラの海が目前♪そしてうれしいことに、すべてのお部屋から海を感じることができます。

お部屋は4グレードで、一番下のお部屋がこちらのスタンダード。

バスルームもおしゃれです。

そしてレストラン♪

メニューもチェックしました!写真はありませんが、ピザやトロピカルフルーツを使ったボウルやフレッシュジュースなどなど。これヌガラ直送フルーツのはずなので、絶対に美味しい♪

レストランのみの利用で立ち寄る場所が増えたのもうれしいこと。次回ヌガラへ行く機会に試します!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

保存

post

12月のソカバリ&雨季

竹楽器ジェゴグ公演 inヌガラ

日時:12/15 18:00スタート
場所:Bale Banjar Tegal Cangkring
チケット:150000IDR/お一人様
連絡先:info@sokabalitour.com
WhatsApp:+62 812 3718 2148
LINE:negaraputubali

※主要エリアより、乗り合わせ送迎チャーターあり。お申し込みは12/9まで。

年末年始のお申し込み&お問い合わせがそろそろと入ってきております。ソカバリツアーをご検討いただき、ありがとうございます♪

ジェゴグ演奏ですが、現時点で2組のお客さまよりカーチャーター乗り合わせのご予約をいただいております。乗り合わせの場合、行きと帰りのお時間はFixとなりますが、ピックアップをし、お客さまでチャーター料金が割り勘になるので、かなりお得にヌガラへの旅ができます♪お宿の方もソカバリツアーでご予約される場合は松竹梅とご紹介できます。まだ余力がありますので、興味のある方は是非お問い合わせください。

バリ島は今週より本格的な雨季がはじまったようで、昼間のあの信じられない暑さが曇り空でちょっと涼しくなりました。これなら昼間の散策&ショッピングも問題なし。先週は本当に暑かった…。こんな感じだったのですが

伝わりますか?この暑さ。

雨が降ると、途端にこのように。

玄関のテラスに雨が入り込んできます。バリ島の住宅の床がすべてタイルなのはやっぱり雨季の掃除がしやすいからなんでしょうね。

日本人スタッフが以前住んでいた家の前では洪水になったこともあります。。。

坂の下に住んでいたので、上から水がどんどん流れてくるのは怖かったです。雨が止めばものの30分で水はひくのですが。

保存 バリ島あるあるでした。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

12/15 Jegog Performance in Negara -ヌガラでのジェゴグ公演情報-

We’ll present the real Balinese Traditional bamboo instrument ‘Jegog’ music performance in Bale Banjar Tegal Cangkirng Negara on Dec 15, 2017 at 18:00pm. This performance is for anyone who longed to enjoy and feel the sound of dynamic bamboo music in vast tropical atomosphere in Jembrana, the origin place of Jegog. A special rare occasion! You can also plan a trip to see the west part of Bali….Ticket 150,000IDR/person. Please contact for more info at info@sokabalitour.com .

-Jegog Performance Information-
Date:Friday, Dec. 15 2017 18:00pm-20:00pm
Place:Bale Banjar Tegal Cangkirng
Ticket:150,000IDR/per person

Contact:info@sokabalitour.com
WhatsApp:+62 812 3718 2148
LINE:negaraputubali

 

お客さまからのご依頼で今回実現するジェゴグ公演を一般の皆様にも公開いたします!壮大なトロピカルな森の中で味わう、本物のダイナミックなジェゴグの響きは発祥の地ヌガラでしか体験できません。滅多にない機会です。是非お越し下さい。

<送迎をご希望のお客さま>
ソカバリツアーより、乗り合わせにて送迎チャーターを予定しております。お車1台につき、片道6000円。帰りは翌日になりますので、各自お宿の確保が必要です(ソカバリでの代行予約も可能)。送迎スポットはデンパサール、サヌール、ヌサドゥア、ジンバラン、クタ、スミニャック、チャングーエリア。12/15 お昼前後にエリアを巡回し、ピックアップ予定です。時間指定となります。送迎をご希望の方はその旨もご連絡ください。

ヌガラってどこ?
ヌガラでイチオシ宿「Puri Dajuma」

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

保存

保存

post

ジェゴグ演奏再び!12/15(金)公演します♪

Selamat Siang!

月末に引越しを予定しているのですが、本日2件のツアーが重なって入ってきて、「いつもこんなタイミング。ぼくはまだ金持ちになれない。」と苦笑するプトゥです。体はひとつだけ…。皆様いかがお過ごしでしょうか。

とはいいつつ、たまにはビール。

うれしいことに、竹楽器ジェゴグ演奏のお問い合わせをいただきました!

ヌガラでジェゴグ演奏を観てからというもの、やっぱり生のジェゴグの響きは、ヌガラの壮大な森と風景の中で味わってこそ!という想いがずっと頭の中にあるのですが、お問い合わせをいただいてもなかなか公演を実現することは難しくて、お客さまより励ましのメッセージをいただいたこともあります。(´。・(´。・ω・。`)・。`)ウルウル

ちょっとフライングになりますが、12/15(金)にヌガラでの演奏が実現しそうです!
今回こそは〜っ!!という意気込みで、現地ともろもろ調整中(返答は常にバリタイム…)。

この公演はお客さまからのご依頼で実現するものなのですが、大変お優しいことに、他のお客さまへのご案内もご了承いただきました!なかなか機会がないですから、本当にありがたいです。

というわけで、これまでお問い合わせいただいたお客さま、バリ島在住のみなさん、本格的な竹楽器ジェゴグ演奏に興味のある方は、是非是非お問い合わせください。チケット販売をいたします。12/15夕刻ですよ〜っ!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

post

クニンガンでお盆終了

ガルンガンの10日後クニンガンの本日は、地上に降りたご先祖様が再び天界に戻る日。

この前日から今度は戻る為のお供え物を準備してお見送りの準備をするバリ島の人たち。午前中のうちに、ご先祖様は天界へ戻ります。そのため今日もローカルエリアやローカル向けワルンは閉まっているお店が多いですね。

バリ島西部の豊かな漁場、プランチャビーチに来ました。向こうに見える島はジャワ島。

このビーチは270度パノラマで海が広がるんです♪

雨季に入った湿気の影響で、バリ島は昼間も暑くなってきました。こうなるとショッピング散策はかなり暑いので、ホテルに篭るか涼しいエリアへのカーチャーターがいいかなと思います。

個人的なおすすめはスパ!昼間のうちに3−4時間コースでとことん身体のデトックス&ヒーリング♪夕方におめかしして食事におでかけするプランがおすすめです。

雨季は時折スコールで南国ビーチの美しさを味わいづらいこともありますが…そんな時こそスパ。

プラスして、トロピカルフルーツの旬がどんどんやってきます。今からはマンゴーとランブータンが美味しい!

ココナツは年がら年中♪

ヌガラの森の産地直送ココナツは、どこよりも格別。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ガルンガンの日常

バリ人にとって日本のお盆のような「ガルンガン」は1年に平均して2回あります(バリ暦に従うので、毎年まちまち)天界からご先祖様が地上へ戻ってくるのですが、この準備がかなり大変。

男性陣はペンジョールを飾り、

朝早起きして、ソウルフードであるラワールを作ります。小さい頃からやっているの男性陣、包丁さばきはお手の物。ヌガラでは、ココナツメインの胃に優しいラワールクルンガーが名物です。

葉っぱに包まれたこちらはトゥムといい、小刻みにした豚や鶏の肉やレバー、独特のスパイスを組み合わせて蒸します。一般的なワルンではなかなか食べられるところがないのですが、これがすごーく美味しいんです!

女性陣はバンタンといって、神様に捧げる数々のお供え物を作ります。これが1種類に留まらず、半端ない量…。中に入れるものの向きとかもあって意外と細かい。田舎では出来る限り最初から手づくりし、3日ほど前から準備が始まります。

道端でよく見かけるお花のものは日常的に捧げるシンプルなチャナンで、バンタンは豪華版といったところでしょうか。

バリ人が祭事にお金のかかる理由はこのバンタンにあるといっても過言ではなく、皆数々ある祭事の工面に一苦労しています。祭事にお金がかかりすぎるからバリ人は成功したり、金持ちになれない、と嘆く人はバリ人にもいます。

でもこれがなくなると、バリ島はもはやバリではなくなる…。

南国リゾートのバリ島ですが、バリヒンズーの人々は今もこういった伝統や宗教行事をとても大切にしているため、現代的な生活とのバランスの取り方に難しさを感じることもあるようです。

ガルンガン当日は朝早くから正装し、自宅にある家寺、そして所有の土地や村のお寺をまわってお供え物を捧げ、お祈りをして回ります。1日に迎えたガルンガンは、11日のクニンガン(ご先祖様が天界に帰る日)まで続きます。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

兄コマンさんの自宅

先月ヌガラに帰った時のお話。

プトゥは男だらけの5人兄弟なのですが、3番目の兄コマンさんはヌガラに留まり農業をしています。メインはお米ですが、自宅の広い敷地では豚と牛も育てています。

子牛の他に、こんなかわいい子たちが産まれました。

前日に産まれたばかりの子豚ちゃん。総勢13頭産まれたのですが、お母さんのおっぱいの数が足りないので、弱いコは残念ながら死んでしまうこともあるそうです。そうならないように、身体の小さな弱そうなコはコマンさんの手でミルクを飲ませて大きくしてから戻したりもするのだそう。

子豚をとられたと感じたおかあさん、ちょっと神経質になっています。あんまり近づくと、攻撃的になってしまうそうです。

とってもかわいいのですが、もちろん農業としてやっておりますので、いずれは美味しい牛のスープになったり、バビグリンになったりするわけです…いきなりドナドナの現実。

軽く家一軒が立つ広い敷地に牛と子豚が少し。すごく健康的な環境でのびのびと育っているなと感じます。牛や豚たちは、大きくなるまでコマンさんが大切に育てています。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村