post

バリ島食べ歩き

バリ島に来てインドネシア料理!となると、大体ナシゴレンかミゴレンあたりを食べる人が多いのでは?と思います。ローカル向けのカフェあたりだとサテなし、野菜少ない、目玉焼きはあったりなかったり。通常のローカルワルンだと「スペシャル」と言わないと目玉焼きもつかず、炒飯のみです。

観光客も来るような安めのカジュアルワルンだと、こんなかんじ。

ナシゴレン。バリ島らしく、ビンタンビールか果物のジュース(甘め)と一緒に。

観光エリアの外国人向けのちゃんとしたレストランだと、サテや目玉焼きがのっかって豪華。ローカルワルンより辛さ控え目で美味しいですね。値段にはそれなりの意味があります。

野菜の入ったものを食べたい時は「ナシチャンプル」もおすすめ。チャンプルはいろいろ混ざった、という意味です。

ジンバランで見つけたおしゃれカフェのナシチャンプル♪バリ島テイストで美味!

ナシゴレンやミゴレンに飽きてきたなーと思ったら、バビグリンをどうぞ。バリ人によるバリ島伝統の豚料理です。ウブド周辺がメッカなので、あのあたりで食べることをおすすめします。

他に個人的に試してほしいなーと思うのが、バリ島ジャジャン。ジャジャンを分かりやすく訳すと「甘菓子」になるでしょうかね。バリ島またはインドネシアならではで、甘味がたっぷり。お米をメインに、ココナツ砂糖やバナナなどでさまざまな種類があります。

こちらは「ラックラック」。ココナツフレークと黒糖シロップをかけてどうぞ♪

「エスダルマン」はわらび餅のようなゼリーの食感が美味しい、懐かしい甘味のドリンク♪ダルマンという葉っぱを絞っただけで、こんなゼリーができてしまうんですよ。

宝石のようなゼリー類が入ったピンクの「エスチャンプル」もなかなかです。ちなみにこだわらせていただくと、こういうドリンクは椰子砂糖を使ったお店のほうが、断然美味しいです!

ソカバリツアーおすすめの、本当に美味しいお店は、ツアー途中にもご案内できます♪カーチャーターでオリジナルの旅のご案内は、ぜひお問い合わせください。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

post

ヌガラにナイスなお宿発見

ヌガラで4つ星の新しいお宿を発見しました♪
サーファーの間では西部で人気のビーチフロントにあり、料金もお手頃、お食事メニューもなかなか素敵でかなりテンションup。

4つ星なのでメインプールは小さめですが、主要観光エリアより混み合わないので全く問題なし。ヌガラの海が目前♪そしてうれしいことに、すべてのお部屋から海を感じることができます。

お部屋は4グレードで、一番下のお部屋がこちらのスタンダード。

バスルームもおしゃれです。

そしてレストラン♪

メニューもチェックしました!写真はありませんが、ピザやトロピカルフルーツを使ったボウルやフレッシュジュースなどなど。これヌガラ直送フルーツのはずなので、絶対に美味しい♪

レストランのみの利用で立ち寄る場所が増えたのもうれしいこと。次回ヌガラへ行く機会に試します!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

保存

post

クニンガンでお盆終了

ガルンガンの10日後クニンガンの本日は、地上に降りたご先祖様が再び天界に戻る日。

この前日から今度は戻る為のお供え物を準備してお見送りの準備をするバリ島の人たち。午前中のうちに、ご先祖様は天界へ戻ります。そのため今日もローカルエリアやローカル向けワルンは閉まっているお店が多いですね。

バリ島西部の豊かな漁場、プランチャビーチに来ました。向こうに見える島はジャワ島。

このビーチは270度パノラマで海が広がるんです♪

雨季に入った湿気の影響で、バリ島は昼間も暑くなってきました。こうなるとショッピング散策はかなり暑いので、ホテルに篭るか涼しいエリアへのカーチャーターがいいかなと思います。

個人的なおすすめはスパ!昼間のうちに3−4時間コースでとことん身体のデトックス&ヒーリング♪夕方におめかしして食事におでかけするプランがおすすめです。

雨季は時折スコールで南国ビーチの美しさを味わいづらいこともありますが…そんな時こそスパ。

プラスして、トロピカルフルーツの旬がどんどんやってきます。今からはマンゴーとランブータンが美味しい!

ココナツは年がら年中♪

ヌガラの森の産地直送ココナツは、どこよりも格別。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

アグン山こぼれ話

アグン山の情報についてはいろいろな人がいろいろと書いていると思うので、ソカバリでは書かないでいいかなーと思っているのですが。警戒度4になってから1ヶ月以上経つような。

まだ噴火しておりません(するのか?)。むしろ日本や他の国では噴火した山もあるみたいですね…。
※後日談:警戒度もレベル3に下がりました!

アグン山が最後に噴火したのは1963年。その当時は今のようにインターネットもなく、TVどころか電気を持たない家も多かったバリの一般的な生活。そのため当時は1000人近くの方が犠牲になったとか。今はさまざまな情報があり、地域住民やインドネシア政府の素早い対応で避難者が14万人となったこともあり(一部はすでに元の生活へ)、良いか悪いか不安もより盛り上がってしまった面がありますね。

一番心配をされるのは噴煙によるフライト遅延だと思いますが、そこは何カ所かの別の空港へ移送する手だてが準備万端のようです。自然のことなので「大丈夫ですか?」と尋ねられても何とも答えることはできませんが…

ひとつ言えるのは、オフシーズンも重なって今からクリスマスまでは「めちゃくちゃ空いている!!」ということでしょうか。多分フライトやホテルも値下げになっていると思うし、渋滞もかなり緩和されているので、狙い目ではあります(笑)。

観光業メインの南国の島ですから、お客さんが来てくれないのは困ったことではありますが、来てくれたらうれしいから精一杯ご案内します!という気持ちでお迎えいたします。

アグン山にまつわるちょっとすごい話を聞きました。
プトゥのご両親はもともと東部クルンクンからヌガラに移住。年代的にもアグン山の噴火が影響しているのかな、と思い、昔話を聞いてみました。

溶岩や噴煙、砂の影響でバリ東部では長い間作物が育たず、ろくに仕事もない状態が続いていました。そこにスカルノ政権時の1965年軍事クーデターが勃発。国民党と共産党に対立が起こり、共産党狩りで一説ではバリ島でも10万人が虐殺されたのだとか。なんと、プトゥのお父さんも共産党員を殺すよう命じられたそうです。人殺しなんて悪いことしたくないし、どうせ仕事もないし、ということで、まだ子どものいなかった身軽な夫婦は、クルンクンから出て行くことを決めたのだそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ここ最近のお客さま

少し体調を崩していたプトゥ…。

残念なことにどうしても熱が下がらず、日本のお客さまのご案内をゲデにバトンタッチしました。ギリギリのご案内で申し訳なかったです(´∞`)

ウブドの観光カーチャーターを半日ほど。バリスウィング〜テガラランでランチ、そしてウブド市場を散策しました。ご利用ありがとうございました。またいらして下さいね!

熱の下がったプトゥはドメスティックのお客さまをご案内。ジャカルタからいつもいらっしゃるマーガレットさんと、そのお友達のみなさん。

別の日で、こちらはドイツ在住30年のインドネシア人のお客さま。バリ島には10年ぶりにいらっしゃったのだそう!

やっぱり久々にインドネシアとなると、食べるものはすべてインドネシア料理!ソトアヤムにナシチャンプル、そしてバリ島名物のラワールもお気に入りでした♪

一期一会のバリ島カーチャーターのつながり、これからも大切にしてまいります♪

バトゥアン寺院にて。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

レンボンガン島へ日帰り探検!

最近日本人のお客さまに人気のレンボンガン島は、バリ島からボートで1時間のところにある小さな島です。

その人気はやっぱり海の透明度と美しさ!

島に近づくほどに、透明度があがる海。

前日にウブドへご案内をさせていただいた3名のお客さま。気の合う友達との海外女子旅は絶対楽しいでしょうねー。この日はレンボンガン島へご案内。朝8時にはボートで出かけるので早起きしてくださいね。ボートは小さくて結構揺れますので、日本から酔い止め薬持参をおすすめします。

島に到着〜♪

まずはマングローブ探検。シュノーケリングやサーフィンもできます。

美しい海を眺めながらレストランでランチタイム♪その後は海で泳ぐもよし、海が苦手な人はプールもあります。

バイクに乗り、別のビーチ”Devil’s Tears”へ。断崖からの海の眺めも最高です。バイクが心配な人は、プトゥや現地の案内人が同行してバイクを運転します♪

また別のビーチへ。ビーチ巡りですね(笑)。この日は夕方16時のボートでバリ島へ戻ってきました。

レンボンガン島はボートでたったの1時間で、こんな体験ができます。ロンボク島やギリ島よりも、手軽に日帰りできて海を満喫できるのがいいですね♪

レンボンガン島日帰りツアーの詳細はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

保存

保存

保存

post

兄コマンさんの自宅

先月ヌガラに帰った時のお話。

プトゥは男だらけの5人兄弟なのですが、3番目の兄コマンさんはヌガラに留まり農業をしています。メインはお米ですが、自宅の広い敷地では豚と牛も育てています。

子牛の他に、こんなかわいい子たちが産まれました。

前日に産まれたばかりの子豚ちゃん。総勢13頭産まれたのですが、お母さんのおっぱいの数が足りないので、弱いコは残念ながら死んでしまうこともあるそうです。そうならないように、身体の小さな弱そうなコはコマンさんの手でミルクを飲ませて大きくしてから戻したりもするのだそう。

子豚をとられたと感じたおかあさん、ちょっと神経質になっています。あんまり近づくと、攻撃的になってしまうそうです。

とってもかわいいのですが、もちろん農業としてやっておりますので、いずれは美味しい牛のスープになったり、バビグリンになったりするわけです…いきなりドナドナの現実。

軽く家一軒が立つ広い敷地に牛と子豚が少し。すごく健康的な環境でのびのびと育っているなと感じます。牛や豚たちは、大きくなるまでコマンさんが大切に育てています。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

本日のお客さま

この日はサヌールに滞在したシンガポールからのお客さまをウブド周辺へご案内しました。
シンガポールからバリ島までは直行で1時間20分ほど。同じインドネシアのビンタン島はシンガポールの目と鼻の先にあり、駐在日本人もバケーション利用が増えていますが、もちろんバリ島も。観光のスケールからいうとバリ島の方がバリエーション豊かかな、という印象。

バリ島に住む日本人はビザ更新でシンガポール利用することがありますが、東京よりも物価が高いんです…。外食のバリエーションは素晴らしいですが、野菜も魚も肉もすべてが輸入品というすごい国。

なのでトレッキングやラフティングなど、自然を満喫したいお客さまが多いです。この日も滝が見たいとのリクエストで、トゥヌンガン滝へご案内♪前日雨だったので水量がすごいことになっていました。迫力満点!

近場のワルンで田んぼからの風に吹かれながら、インドネシア料理を満喫♪プトゥもお誘いいただきました。

田んぼの風景。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

バリ東部、Bali Asli&クサンバの塩

Selamat Siang! 日本は今が桜満開の頃でしょうか。

先日はバリ東部チャンディダサにご滞在中のファミリーのお客さまをピックアップし、バリアスリへご案内しました。
オーガニック食材を使い、洗練されたバリ島の伝統料理が森ビューの中楽しめる雰囲気のよいレストランです♪スパイスも辛すぎず優しい味。

レストランからのビューが最高!目の前にアグン山を望みます。バリ東部に来たらご案内したいレストランのひとつです♪

帰り道にクサンバに立ち寄り、ナチュラル製法で作られたミネラルたっぷりの天然粗塩をゲット!ガルンガン前で少し心配していましたがやっていました♪

バリ島の海の恵み。お料理好きでしたら是非、こちらのお塩でお料理を楽しんでいただきたいです。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ゲデさん、お客さまご案内♪

バリ島ニュピの新年明けまして、おめでとうございます。
ソカバリツアーのゲデさんが、オーストラリアからのお客さまをご案内しました♪

ウブド近くにあるテゲヌガン滝、だそうです。
西欧のお客さまは自然スポットへの案内を好む方が多いのだそう。モンキーフォレストにでお猿さんに愛されてしまったお客さま。

私も食べていたお菓子頂戴と袋を握られたことがあります(笑)。でもウブドのお猿さんは奪ったりしないから、安心。

ゲデは日本語と英語が行けるので、国際カップルも是非ご指名ください♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村