post

バランガンビーチに行ってきました

物価の上がってしまったインドネシア。ジンバラン&ヌサドゥアエリアだとホテルのお値段もなかなかなので、バリ島に来たからってみなさんがビーチ沿いのホテルに宿泊できるわけじゃないですよね。どうしてもビーチ沿いにそれなりで安く宿泊したいならクタがおすすめですが、同じ予算でこのあたりだと、ビーチはまず拝めません(民宿はあり)。

というわけで穴場のバランガンビーチにいってみました。かの有名のアヤナリゾートを通り過ぎ、更に20分ほどガタンゴトン進んだ奥にあります。

「ガタンゴトン」の表現に注目してくださいね。道のあちこちが陥没していて、決してキレイに舗装された道路を進めるわけではありません(写真はまだまし)。

20分ほど「本当にこの道でいいの?」というところを走るとただっぴろい所にたどり着き「はい、駐車料」と言われます。その駐車場奥に海が見えるけど…あれ?

とりあえずポーズ。ビーチはどこだ?

高台の駐車場がら見下ろしたところにありました!きれい〜♪♪

バランガンビーチは波が高めでどちらかといえばサーファースポットですが、波打ち際でとりあえずビーチ気分を楽しむことはできます。本当に海がきれいなので、ガタンゴトンしようが一見の価値あり。

階段見つけたので降りていきます。

決しておしゃれではないけどリーズナブルなワルン発見。ここからの眺め最高です!
さっきの駐車場の高台も見えますね。実はこの高台はウェディングの撮影スポットとして人気です♪

うわ〜、暑そう♪

とりあえずビーチデッキを確保。お兄さんが日陰を上手に作ってくれます。南国といえども、これがあるだけで涼しく感じられるのがバリ島のいいところ。

バリ島に戻ってから日増しに黒くなるのがせつないプトゥ。

ぼーっと海に入ったりごろごろ寝たりして、こちら17時ごろ。光を見てもらうと分かりますが、サンセットがほぼ正面に沈むんです♪残念ながらこの日はここでタイムオーバー。

夕日が真正面…要するに日が沈むまでずーっと太陽ギラギラということ。なので、15時〜16時ごろにいってワルンでビンタンビールや軽食をした後に、そしてビーチデッキでゆっくりがおすすめ。シャワーはさきほどのワルンにある水道&ホースがちょびっと有料で借りられますが、よくあるローカル的な「トイレ内」です。
衛生的に気になる人や、お子さん連れでもう少し波の穏やかな場所はいい人はパイレーツベイがオススメ。パイレーツベイはレストラン利用でシャワーが借りられます。サーファーなら俄然バランガンビーチでしょうね。ビーチまでの道沿いには安めのホームステイもたくさんみかけました。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

パイレーツベイに行ってきました

ヌサドゥアにあるパイレーツベイに行ってきました!

こちらは複合施設The Bay内にあるレストランですが、在住者の間でもファミリーに人気です。
駐車場から細い道を入って行きます。

バリはまだ雨季ですが、この日は快晴でした!海がきれい〜

ヌサドゥアの海の透明度はやはり魅力です。波も遠くにあるから海水浴にはピッタリ♪
海を横目にトコトコビーチを50mほど右へ歩くとパイレーツベイに到着。

ついにあこがれのツリーハウス!

大人もわくわく心が止まりません。メニューも海賊船仕様♪

ビンタンビールの小瓶が39,000IDR、お食事メニューはサンドウィッチからバーガー、ピザにパスタ、インドネシアのナシゴレンなどいろいろ。ビール以外のアルコール類もメニュー豊富。せっかうなのでシーフードグリルもいいですね♪

ツリーハウスは予約のないお席なら好きなところへ。手間には難破船が。

 

やっぱりこれはやっておきたいプトゥ。

レストラン裏手は子どもたちが遊べるミニアスレチックがあります。トイレとシャワールームもあるので、軽く砂を落として着替えられるのもありがたいですね。

レストランで食事をすれば利用料はかかりませんが、何も注文しない場合もお一人あたり50,000IDR(2017年1月時点430円)で利用できます。

つくりはシンプルなツリーハウスそのものですが、大きな木の木陰にはよい風が入るので、ぼーっと昼寝している外国の方もいました。そして時折リスたちが木から降りてきます。リスはココナツが大好きなんだそう。

ビーチフロントのホテルに泊まりそびれたファミリーに是非おすすめしたいスポットです。

The Pirates Bay
OPEN 9:00 – 22:00
ITDC area, Lot C-0, Nusa Dua
TEL 0361 894 8138

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ