post

夏休みのお客さま

お盆の休暇中は日本からのお客さまでバリ島が溢れていました。本日はご掲載のご了承をいただいたお客さまの旅をダイジェストでお届け♪

ジェゴグをきっかけにお問い合わせをいただいた、お客さまのソカバリツアーアレンジの旅。

あいにくお客さまの日程ではヌガラで観ることはできず、代わりにウブドの公演にご案内をさせていただきました。ヌガラの雰囲気とはまたちょっと違った、ウブドらしくアレンジされた公演です。

午前中はスパ&先日ご紹介したスランガンにてSUPサーフィンのご体験。「地元料理が食べてみたい」ということで本物のローカルなバビグリン屋さんにてputuとランチ。

その後はルアックコーヒー農園にご案内。コーヒー農園ではさまざまなコーヒーやお茶も試飲ができるので、カーチャーターでひと休みする時にもおすすめです。

お次は素敵なカップルのご案内。スミニャックのお宿から一日ウブドツアーへ。まずはティルタエンプル寺院です。

寺院に入るときは下に巻く「カマン」が必要です。

この日は海外からのお客さま、ローカルの人々で沐浴場は混みこみ!沐浴したい人はオフシーズンの方がいいかもしれませんね。。。寺院内は問題なく回れます。

最初のお客さまとはまた別のコーヒー農園へ(ルート上のおすすめへご案内しています)。アナログなコーヒー焙煎もちょこっと体験♪インドネシアはコーヒー産出世界第3位。コーヒーが美味しいと皆様から好評をいただいております。

お客さまがスタッフと同郷というこで、putuを通じてLINEからご連絡をいただきました♪お土産を何にしたらいいか困っているということだったので、スタッフの完全独断セレクトリストを送信(笑)。アロマグッズやチョコレートはやっぱりおすすめでしょうか。やっぱりバリ島でのショッピングは楽しいですよね♪

ご利用ありがとうございました。次回もぜひソカバリツアーにご相談ください♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

定番人気のタナロット

バリ島はじめての方なら一度は訪れて欲しいタナロット。
毎年入場料金が上がっているのですが…。人気すぎるため、ある程度入場を制限したい・景観&寺院を維持する意図があるようです。

16世紀にジャワから訪れた高僧ニラルタがこの眺めに感動し、寺院建立を村人にすすめたのがはじまりといわれています。バリ6大寺院の一つで海の守護神が祀られています。

実は満潮の時間帯には、寺院の下まで行くことができません。また、寺院内には正装したバリ人しか入れません。満潮時はこんな感じ。

潮が引いてくると寺院のある岩場の真下まで行けますよ。岩場の下には実はホーリーウォーターが涌き出ています。周りがこれだけ海なのに、涌き出てくるのは真水という不思議。

反対側の洞窟部分には、寺院を守るといわれるヘビ(ウミヘビかな?)が棲んでいます。ヘビにはご利益があるといわれており、有料でちょっと触らせてもらえます。満潮になると海出て、また戻ってくるのだそう。

タナロットは寺院周辺の庭も美しく、サンセットタイムより少し前に訪れてゆっくりするのに気持ちのいい場所です。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

滝&ティルタウンプル寺院

金曜日はお一人で休日にバリ島に来られた、ジャカルタからのお客さまをご案内しました。スミニャックにご滞在ですが、昼間は自然を感じられるところに行きたいということで、トゥヌンガン滝にご案内しました。ウブド近くの美しい田園景観を眺めて到着するこちらの滝。小さいですが、滝を眺めながら一息できるスポットもあります。バリ島ならではのバリコピか、ビンタンビールで1杯がいいかも。

ズームアップ。滝の近くまでもいけます♪

東南アジアの水って濁っていることが多くて汚いのかな?と思っていましたが、稲作が広範囲にあるので非常にきめ細かな泥が混じるんですね。この日の水の色はだいたいいつもこんな感じです。雨の日はとくに濁ります。

さらにズームアップ。遠くからだとふーん、ですが、近くでみると結構な迫力。

お次は聖なる湧き水の美しい、ティルタウンプル寺院へご案内。たまたま西欧の団体のお客さまが来ていました。最近は普通に沐浴されるお客さまも増えました(しなくても大丈夫です)。「ティルタ」はバリ語で聖水を意味します。魔王マヤ・ダナワと戦ったインドラ神が大地を杖で突き、他の神々を生き返らせたという伝承があります。無病息災の力があるとされ、バリの人々は聖水を持ち帰り自宅のお祈りに使います。

日本語スタッフは満月の夜にここへ来たことがあるのですが、満月は特別な日なのでローカルのバリ人の方々がたくさん、やはり並びました。夜は震えるほど寒かった!

10-14世紀に建立された寺院は歴史があり人々に大切にされているので、とても美しく維持されています。

木の彫刻には花の装飾をあしらい、美しく金が施されています。

ティルタウンプルはウブドに近く、清らかな湧き水の源泉があるのでやはり人気です。スピリチュアルなエネルギーを求めて環境的にもっともっと静かな沐浴をしたいがいい!という方にはとっておきの穴場もありますので、ご相談くださいね♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

バリ暦に初詣はある?

バリ島は今がピークシーズン。お正月は仏教、あるいは西暦ということもあり、元旦という意識はありません。それでも31日や1日はあちこちが通行止めになったり、お客さまもホテルで過ごされる方が多いので、仕事のない日は比較的ゆっくりできます。

今年の元旦はたまたまバリ暦のお祈りの儀式が大きなお寺や海であり、そのお祈りに出かけるバリの人々。

プトゥのお父さんがクルンクン(バリ島東部)にあるお寺にいきたいというので、ヌガラから出発しておでかけ。長くこのお寺にいっていなかったプトゥは半義務だそうです。

お寺にはたくさんの人が正装してくるので、日本の神社のように並んで順番待ち。グループに札を分けられるので、周辺にあるお店でいろいろ食べたり飲んだりしながら待ちます。

境内(といっていいのでしょうか)に入るとぎゅうぎゅうになりますが、みなさん平和にくっつきあって座り祈りを捧げます。

よくわかりませんが、この日は2カ所でお祈りをささげたとのこと。

ナガさんも心すっきり?

ピースするナガさんの前隣はお父様。

ヌガラから3時間かけてデンパサールの息子の家へ行き、そのまま着替えて直行で1時間以上離れたクルンクンへ。言い出しっぺのお父様、かなりの体力を消耗されたのでは…。

バリ島にはたくさんのお寺があり、それぞれにいろいろな歴史や言い伝えがありますが、こちらのお寺は一般の観光客が普段入ることのあまりないゲルゲル王国の菩提寺、だそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ