post

ローカルグルメ おすすめワルン

ウブドへ向かうのんびりとしたルート途中にワルンを発見。

実はその昔入ったことのあるワルンと記憶違いして入ったのですが、なんだかおいしそう。場所でいうと、Abianbaseののーんびりした田んぼの通り、Jln Raya Mambal Samana沿いにあります。

店頭にいろいろと食材が並んでいます。これは甘い系ですね。

こちらはバリ人が大好きな、甘辛いルジャックという、まぁサラダですかね。フルーツサラダの食材。

座るとメニューも出てきました!ローカルワルンはメニューにはあっても「今日はそれはない」のがデフォルトです。下手すると店頭の横断幕にあるのに「うち、やってない」って言われることもあります(´∀`)ノ。

このお店はどうやらナシゴレンやミゴレンなどのがっつりご飯系はない様子。お肉もないからベジタリアンにはいいですね。

tipat cantok(ティパッチャントッ)という温野菜の甘辛ピーナツソース和えにしてみたのですが、これが驚きの旨さ!!

っていっても見た目はどこにでもあるやつなんですが(苦笑)。野菜も新鮮で、ソースにコクのある甘みがあり、この6年間バリ島に暮らして1番の美味しさ!といえば伝わるでしょうか。アボカドジュースと、エスチャンプルも美味しかったです。ルジャックも売りだから、ほんとうは食べるべきでした。リピ決定。

奥のテーブル席はなかなか広さがあり、バリ島らしい中庭を眺めながら一息。

テーブルのクリーン度はイマイチで蟻もすぐに来ちゃうんですが、ワルンにそれを求めるのが無粋というもので( ̄∇ ̄;) 。おばちゃん二人組ではじめてみたら、めっちゃお客さんきててんてこ舞い、な印象でした。

チャングー/スミニャック⇄ウブド間で立ち寄れます。ローカルグルメに興味のある方は一緒に行きましょう♪

ブログランキング参加しています。面白かったらクリック♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

オフシーズンにケチャダンス

ニュピを挟んでお客様をご案内しております。スタンバイ中にサングラスをかけたプトゥ。

前から思ってるんですが、この人に似ている気がします。

どうでもいいですね。

ニュピの前にお客様を2日間ご案内させていただきました。日本人スタッフも大好きなバトゥアン村やグヌンカウィを訪れ、お祈りをしたり、ケチャダンスを楽しんだり。

ウルワツ寺院の絶景ポイント。

オフシーズンもあってか、大人気のウルワツ寺院のケチャダンス、いまはスムーズにチケットを入手して観られます。

火に囲まれたハノマン。

ハノマンは「ラマヤナ」というバリの神話に出てくる白猿で、邪悪な魔王に捕らえられたシータ妃とラマ王の取次役をしますが、なかなかいいキャラクター。このダンスの中でも一番目を引くキャラクターです。

ブログランキング参加しています。面白かったらクリック♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

クルンクン市場

クルンクンはバリ島東部にありますが、ウブドからは1時間ほどです。

スマラプラ宮殿と言われる王国の宮殿がありましたが、別名を「カルタゴサ」その昔は裁判所があり、裁判所の上の天井にはバリ島伝統絵画のひとつ、カマサンスタイルと言われる手法の絵画が見事に描かれています。奥の建物は博物館として様々な当時の暮らしについての歴史展示があり、庭園としても素晴らしく、敷地内を歩いていると時間がゆっくりと流れていて、それだけで癒される感覚があります。ボーッとするには最適。

カルタゴサの手前にはクルンクン市場。ここは現地の人々が正装で身につける生地や、お祈りに使われる道具が売られています。観光客も入ってお買いものできます。

バリ島観光本などでは「バティック」というろうけつ染めの布がよく出てきますが、実はそれはジャワ島から伝来したもの。プリントものも多く出回っています。ここに売られる「エンデック」や「グリンシン」「ソンケット」が本来のバリ島の伝統の織物工芸になります。

上がエンデック、下がグリンシン。

色鮮やかなバリ島の布たち。スンバ島のイカット(中央)や現代的なプリントのスレンダン(左)、絞りの手法を使ったものもあります。スレンダンはスカーフに使っても可愛いですね。スンバイカットは掛け軸にするとカッコいい☆最近はエンデック布に刺繍を施したものもトレンドのようです(右、紫の布)。

バリヒンズーの僧侶や高層が儀式に使う道具もいろいろ。

 
 
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

帰国前のご案内

Selamat Siang! チャイニーズニューイヤーの春節を迎え、再びまた少し混雑するバリ島です。ただ、例年ほどではないような。。。

ちょうどヌガラ帰省中に急なご連絡をいただきましたので、お迎えはできなかったもの、お帰りのご案内をさせていただきました。ウブドに滞在し、ヌサペニダ島にも足を伸ばしたお客様。ボートがサヌールに到着したので、サヌールのビーチからのスタートです。

Crown Fast Cruise社の小さなボート。ヌサペニダ-サヌール間は約45分。近いので日帰りでシュノーケリングやダイビングもできます。

到着は最終便の夕方17時過ぎ。ヌサペニダに一泊して、島の海をゆっくり満喫できるスケジュールです。ご出発はガルーダの深夜便なので、まだまだ時間があります。

サヌールは穏やかな街でローカルとの融合がしっかりしており、それはそれで面白いのですが、ウブドやスミニャックに滞在したならちょっと物足りないと感じるかもしれません(お店が少なめ)。

ということで、メイン通りのCafe Batu Jimbarへ。洋食もインドネシア料理もあれば、お茶やコーヒーでゆっくりな使い方もできる、サヌールのシグニチャー的カフェです☆彡

広いウッドテラスもあり、開放的な雰囲気。

プトゥもご馳走になりました。ありがとうございます。

このあとは、スパで軽くバリニーズマッサージ&シャワーでスッキリ!(´-`)
旅の疲れは帰国前に癒すの鉄則!マッサージももちろんですが、フライトでゆっくり眠るためにも汗を流して帰国準備。一番お勧めな帰国前の過ごし方です♪

またのお越しをお待ちしております(´∀`)ノシ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

意外と癒されたバタフライパーク

ウブド中心から20分ほどの距離にある、バタフライパークに行って来ました。

色々な昆虫がいるのかな?と思ったけど本当に蝶ばっかりなのだそうで、あまり惹かれなくて行ったことがなかったのですが。いやーこれがなかなか、癒されるんです。意外でした!

入り口にある、どことなく色彩のイマイチな蝶の看板。

でも敷地内は綺麗に整備されています。バリ島でベビーカーで歩けるのは、ファミリーにはうれしい!

写真では収めきれないのですが、入るとあっちこちで様々な蝶が乱舞しています。

臭くないし変な声も出さないし、ただただ静かに優雅にひらひらと舞う蝶に癒されます。(癒されポイント1)

小さなお部屋では、蝶の孵化も観察できます。

この小屋では敷地内には飛んでいない大きなクプクプバロンや、名前も忘れましたがペットボトル小くらいの長さのある巨大なナナフシも保護されていました。

そして意外とよかったのが、敷地内にあるこちらのレストラン。なかなかに素晴らしい田園ビュー☆(癒されポイント2)

辛すぎないインドネシア料理やサンドイッチなど、ドリンクもメニュー豊富。高すぎず、シンプルですが美味しいんです♪

ナシゴレン、マンゴーラッシーとスムージー、カラマリというイカリング。

全く狙っていなかったですが、ここは座っていてすごく気持ちが良かった〜ヽ(*´Θ`)丿。

実はタバナンという別の場所にもバタフライパークがあり、そちらにはカブトムシなどもいるみたいなので、また今度見に行ってレポしようと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

水上の宮殿、タマンウジュン庭園

年末年始は主要観光エリアやその近辺の観光は渋滞&混雑しますが、少し足を伸ばすと快適ドライブ。

バリ島東部のタマンウジュンへ行って来ました。

この日は雨季らしい天候で上からの展望もこんな感じでしたが…

ちなみに天気が良いとこんな感じ。

青々とより美しいですが、広〜い庭園を散策するにはちょっと暑いです(笑)。

展望するには95段の階段を頑張って登ってください。

建物内部では、この敷地の歴史が少し説明されています。元々はカランガッセム王の静養用の水上宮殿で、ヨーロッパ建築の影響を色濃く受けています。

写真ではわかりづらいかもしれませんが、ここは土地としての雰囲気?オーラがすごく明るい感じがします。のんびりできるし、個人的にはオススメの観光スポットの一つです。

園内には他ではあまり見ない鳥たちがのんびり散歩しています。日本人スタッフ、七面鳥を見たのは小学校の生物係以来!

当番のお世話中に鶏小屋に逃げ入り、卵を突き突き食べていて残酷だった、コワモテの七面鳥と鶏の悲痛な「コケーッ」という声の思い出が蘇りました。。。どうでもいいですね。

ぐるぐると散策しながら展望スポットを楽しんだり、芝生にのんびりと座ったり、池でアヒルボートに乗ったり。魚に餌をあげられたりもするので、お子様づれにもなかなかいい感じです☆シュノーケリングとセットもおすすめ!このエリアの海は美しいですよ♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

 

post

今年もありがとうございました

ソカバリツアーです。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

昨年はこれまで以上に日本、ジャカルタ、マレーシア、シンガポール、中国、オーストラリア、ヨーロッパなど、本当に様々な国にお住まいのお客様をご案内することができました。国籍も本当に様々で、まさに世界の南国リゾート「バリ島」に暮らす醍醐味のある出会いがたくさんありました。

また家具の買い付けのアテンドや、バリアンという、バリ島では一般的な呪術師へのカウンセリング通訳などのお仕事もあり、ソカバリツアーも経験が積め、非常に勉強になる1年でもありました。

田んぼに囲まれたゆったりした場所に引っ越しをし、子どもにも恵まれ、良い1年となりました。

来年度もどうぞ宜しくお願いいたします。良いお年を。

ヌガラの海より。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

エコビーチでシーフードBBQ

Selamat siang! バリ島は雨季ですが年末の雰囲気が高まってきています。

先日行った世界のサーフスポット、エコビーチ。のBBQ。

すぐ近くに駐車場があり、ビーチが目の前のナイスロケーションなんです。

タナロットにも近いので、夕刻のサンセットタイムはおすすめ!前方のシートは全て予約制のよう。

BBQコーナーへ行き、ビーフ、魚、チキンの串刺し、どれにするかを選びます。ロブスターやマヒマヒや貝など、その日のお魚を選ぶのもありですね。選んだらジュージューと焼いてくれるシステム。

先に会計を済ませて、今度はバーカウンターでドリンクを注文。海を見ながら待ちます。ヘルシーなフレッシュジュースからビンタンビール、アラックを使ったカクテルなど、メニューはいろいろ♪なかなかいい感じです。

今日は天気もイマイチなので、上の室内座席へ。おしゃれで自由な雰囲気。

ソファでまったりもいいですね♪

この日選んだシーフードがきた〜☆彡味付けはバターガーリックあたりの欧風かな?
サラダバーはお代わり自由で、パンやご飯、クスクスまで。予算はお一人1000円ほど。お腹いっぱい食べられて美味しかったです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

年末年始は少しご注意を

今年の年末はちょっとスペシャルで、バリヒンズーのガルンガン&クニンガンと被ります。

ガルンガンの開始が12/26。そこから10日後の1/5がクニンガンです。観光業にあまり関係のない一般のバリヒンズーの人たちは、すでに準備で忙しい。しかも今日はプルナマ(満月)だったりします(村の寺院へ出向き、正装をしていつもより丁寧にお祈りする日)。

ただ観光に関係のあるホテルやカフェやレストラン、ショップなどは、年末年始はそれぞれが極力最低限の休暇になるようにシフトを組んでいるはずなので、お客様として遊びにくる分にはあまり変化は感じないと思います(たぶん)。

バリ島に暮らす人はローカルエリアのお店などが閉まるので、水を買い忘れて遠くまでいかなくてはならなかったりなどの、ちょっとした不便が発生することもあります。

一番わかりやすいのは、ドライバーやガイドですね。

予約がなければ当然田舎へ帰省してお祈りや親戚&友人づきあいをしますので、観光エリアのカバー力が薄くなると思います。流れのタクシーも例年よりは少なめかもしれません。

まだ年末年始のドライバーの予約をされていらっしゃらない方は、急いで確保しておきましょう。

ソカバリツアーはまだ空きありです!←これが言いたかった!

ご予約はこちらから。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

バリ島の人気ショップ ジェンガラ

Semalat Siang!ソカバリツアー です。

先月終わりあたりから、めっきり南国らしく暑さを増しているバリ島。ここのところはようやく乾季らしい陽気で雨も全くありません。でも11月になればまた雨季が始まる(はず)。

そういえばバリ島に暮らし始めてから一度も足を踏み入れたことのなかった、ジェンガラ本店に行ってみました。行かなかった理由はただ一つ、高級な暮らしをしていないから(笑)。ほんとうのところ、焼物陶器は日本人スタッフ、大好物です。お金さえあれば、きっとどんどん買っちゃいます (。-∀-)ニヒッ☆

広〜い美術館のような素敵なギャラリーへ潜入。

定番の葉っぱのお皿♪

フランジパニのモチーフで人気のこのシリーズ、ハイビスカス柄もあるんですね*:.。☆..。.(´∀`人)

少しだけどバティックやインドネシアの織物、クオリティの高い竹かご工芸品なども置いてありました。それから併設されたカフェはもちろんジェンガラ使用で、落ち着きがありいい感じです☆彡どうでもいいけどトイレもめっちゃ綺麗でかわいい(笑)。

ジェンガラはジンバランにありますが、スミニャックのサンセットロード沿いにはアウトレットのショップもあり、お値段が少し優しくなっています。

また別記事ですが、タナロット近くにあるこちらの工房だと、可愛い陶器雑貨のお買い物だけでなく、体験ワークショップに参加できたり、工房内の見学もできるのでおすすめです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存