post

やっぱりウブド♪お寺に棚田にバリ舞踊

ゴールデンウィーク真っ最中の日本から、ソカバリにもたくさんのお客様がいらしゃっています。世界で日本だけが休暇中なので、バリ島もどこへいっても日本人がたくさん!だそうです。

先日スミニャックの宿をチェックアウトし、ウブドへご案内したお客様。

ウブドへいく途中にある「アシタバ工房」。大人気のアタ籠工芸の工房で、シダ科でつる性のアタを編み込んでいく製造過程を見学することができます。

アシタバはどの観光エリアにも直営店がありますが、商品数もこの工房が一番多いかな?

お次は聖なる泉のティルタエンプル寺院。歩くだけで緑のマイナスイオン♪

テガラランの棚田を眺めてカフェで一息したら、雨が降り出したので。

ちょっと予定を変更して先にホテルにチェックイン。「ビダダリ プライベート ヴィラズ & リトリート」はウブドらしい佇まいの、プライベートヴィラのみのお宿。写真はヴィラ一軒一軒への入り口。ステキすぎる:.。☆..。.(´∀`人)

お客様をお待ちしてウブドの街中へ。ウブド王宮でのバリ舞踊も鑑賞しました♪

本日はプトゥのinnova車でご案内。
通常観光で使われるお車より少しグレードが高いので、乗り心地抜群です♪

ブログランキング参加しています。面白かったらクリック♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

休暇に世界遺産ジャティルイへ

ガルンガンはバリヒンズーにとって大切な祭事のひとつですが、ガルンガン明けの2日目になると家族や親戚、友達でちょっと遠出をしたりビーチでまったり過ごしたりするのが習慣になっています。

今年はそのガルンガン明けに、お寺などで別の祭事のあるところが多かったみたいですね。

プトゥもせっかくなのでちょっと出かけてみました。行き先は世界遺産にも指定されているジャティルイ。最近ソカバリのお客さまには人気です。

…とその前に。途中ポイントに見つけたワルンへ立寄り。なかなかのナイスビュー♪

地域でとれる苺とバナナのフレッシュジュースでひと息。

普段お客さまをご案内するのとは別のルートを進むと、素朴な村をいくつか通りすぎました。ガルンガンのお飾り、ペンジョールが道の両脇に。

ジャティルイってひとつの村だったんですね。「ようこそ」と書いてあります。

通行料を払って広大な棚田に到着♪ちょうど実りの時期でした。

プトゥいわくここはすべて赤米の稲なんだそうです。バリ島で赤米といえば、ほぼジャティルイ産なのだどか。
環境を保護するため、棚田への立ち入りは決められた道のみとなっています。

どこでも入るのはダメですが、トレッキングが4コースもあるのはアクティブな方には楽しいですね。30分〜2時間までのロングルートがあります。夕方はやくに多くのレストランは閉まってしまうので、できるだけ早朝にきて散策(あるいは本格トレッキング)&ランチまたはティータイムを過ごすのがいいですね。

ガルンガンの休暇帰りに立ち寄るバリ人一家も見かけました。

やはり見晴らしとして一番爽快なのは稲が緑の時期ですが、稲刈り前の実りの黄色も悪くないなーと思いました。

ジャティルイのコーヒー農園もおすすめです。緑の棚田も見られるこちらの記事もどうぞ。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存