post

沐浴で浄化

昨日の台風、屋根が飛んだり停電したり、思いの外被害が大きかったようですね。
日本人スタッフの故郷は四国なので、昨日はちょくちょく家族に連絡をしておりました。皆さんは被害など大丈夫でしたでしょうか。

関西空港の閉鎖もあり、バリ島やジャカルタへくる便はキャンセルになりましたら、他にも各国へ向かわれる予定だった方や、日本への旅行を計画していた外国人も足に大きな影響を受けているようです。

インドネシアもバリ島の隣のロンボク島では大地震の被害があったりと、なんだか世界中で様々な自然被害が起こっているように感じます。気をつけようがない場合もありますが、こんな時こそ自然に感謝して無理な生活や環境破壊につながる生活様式を見直してみようかなと考えます。

バリヒンズーでは大変なことが続いたり、悩みがなかなか解決しなかったり、あるいは何かの生活の変化をきっかけにして寺院でムルカット(沐浴)をすることがあります。満月の日は特に多いですね。清らかな水で心身を浄化する意味を持ちます。

こちらは定番のティルタエンプル寺院。

近くにあるスバトゥやスダマラも人気です。スダマラは日本の打たせ湯のよう。

肩こりに効きそうですが、まぁまぁ痛いです(笑)。

沐浴は着替えが必要です。興味のある方は、あらかじめお問い合わせくださいね。

 
 
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

3/17はバリ島新年のニュピ!

今年もバリヒンズーの静寂の新年、ニュピがもうすぐです。

ニュピ当日は、朝6時から翌朝までの24時間、一般住宅は電気や火の使用や外出禁止。音楽を聴いたり歌ったり、なんてこともなるべく控え、とにかく静かに内省しながら一日を過ごすことがよしとされています。街には人がおらず、屋台もバイクや車も出ておらずお店もすべて閉店。空港も閉鎖。

そんな風に過ごすと空気も澄み切って浄化され、ニュピの星空は最高に美しくなります。

前日にはオゴオゴという、悪霊のパレードがあり、お昼すぎより観光エリアもいくつか主要な道が閉鎖。このあたりまでは、バリ島リピーターさんなら既知でしょうか。

悪霊はかなりリアルで怖いけど、子どもたちは大好き♪

これにプラスしてもうひとつ、ニュピの3-4日前に「ムラスティ」と言われるご神体浄化の行列が各地で見られます。寺院のご神体を出して、その村全体で海まで練り歩き、浄化のお祈りをするというもの。

ブレガンジュールという行列向けの音楽隊もガムランを鳴らして歩くのでとってもカッコいい。歩くバリ人たちもなんだか清々しい表情。よっぽど内陸でない限り、バリの人々は正装をしてかなりな距離を本当に歩きます。晴れていれば炎天下のバリ島の日差し…そしてみんなで一緒にお祈りをするため、ビーチでも1時間以上スタンバイは普通。

日本人スタッフも参加したことがありますが(ズルしてバイク 笑)それでも結構キツかったです。。。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村