post

独断!バリ雑貨トレンド☆

Selamat siang! まだ1月ですが、GWのお問い合わせやご予約を矢継ぎ早にいだだいております。GWは世界で日本だけの連休ですので、渋滞も年末年始や8月よりは軽い気がします。ありがたいことです。今は雨季ですが、2月も3月も、今月だってまだまだありますよー🎶必ずしも雨!というわけでもないので(豪雨がすごいこともありますが)、オフシーズンは狙い目です。ぜひバリ島にいらしてくださいね。

今日はバリ島のかわいい雑貨をご紹介。町歩きで見かけた写真をどーんとのっけてみます。今のトレンドがわかるかも?

まずはこちら。

アタというつる性の植物を燻して編み込んだかごバッグですが、去年あたりからこのラウントバッグが大人気。写真はアシタバのナチュラルなものですが、あちこちのお土産物屋さんでは色やイラストをつけたバッグも。ガールズには嬉しいアイテム。

続いてスミニャックで見つけたのは、アルミとポンポンをつなげたデコレーション。

ベッドルームにポップな感じでおくと、お部屋のかわいさ度アップ🎶

ポンポンは本来、バリ人がガルンガンに飾るペンジョールにつけるものですが、カラーバリエーションなど上手にアレンジしています。ついでに写真後ろのカゴは、バリ人にとっては実は鶏用の鳥かご。街中では小さくランプシェードにアレンジされています。

ウッドボウルはお手頃なお土産の一つですが、最近本当に色々なサイズや形が増えた気がします。

サラダを入れたり、スープボウルにしたり、お子様用の食器にしたり。木材も色々です。

ついでにこちらもよく見かける、ココナツの実ボウル。

これ、プトゥが見て「懐かしい…これを売っているの?誰が買うの?」

実は、貧しいバリ人が自分で加工して、自宅で食器がわりに使うものだったそうです(プトゥ家は貧しかった)。とはいうものの、手軽に作れて100%ナチュラルだし、かわいいしめちゃめちゃエコですよね!視点が変わるとものの価値も変わる!(´∀`)ノ

カゴバッグも、素材が本当に色々あります。

実はバリ島だけではなく、インドネシアの様々な島の編み方やモチーフになっています。バリ島にやってくる他の島の人々が、インドネシアの別の民族の伝統を可愛い雑貨にしているんですねー。

最後にちょっと大人かわいい、こちらの南国雑貨。

以前からありましたが、マクラメ編みのインテリアグッズはここ数年さらにあちこちで見かけるようになった気がします。クッションなんて南国らしくてステキー。

いかがでしたか?

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

スミニャックヴィレッジ

バリ島のトレンド発信地スミニャックのオベロイ通り。ちょうどオベロイ通り散策のスタート地点に便利なのがスミニャックスクエアで、そのすぐ後ろにスミニャックヴィレッジがあります。

クタのビーチウォークをはじめ、すっきり日本のような見かけのショッピングモールがバリ島にも増えましたねー。ローカル密接型の在住暮らしをしていると、こういったところはシンガポールや日本で行けばいいかな?といった感じもしますが…。

でもエアコンのある空間で徒歩でいろいろと見られるのはやっぱりうれしい。店舗数はそれほど多くないのですが、いくつか気になるショップを紹介。

ぷらぷら入って気になる1軒目。

アイランドリビングを提唱するanotherさん。こちらインドのファブリックや素材を輸入してバリ島でアレンジし、バリの要素も取り入れながら布を中心とした素敵なインテリア展開をしています♪

インドの布自体も手工業、バリ島でも職人さんがキルトや刺繍を施したりするカルチャー合作で、女心をくすぐるかわいさ♪バリ島でしか買うことができません。とくにかわいかったのはクッションや、コットン素材の軽いブランケット布団。雑貨もこまごまとディスプレイされています。

今やバリ島発のナチュラルコスメ一流店となったセンセイシャ。ものすごく急成長し、店舗はかなり幅広く、各地で展開。スミニャックヴィレッジにもあります。

有名なソープはもちろんですが、サーファー向けのサンスクリーンや

アンチエイジングのオイルは気になりますねー。とてもよい香り。商品をお試しできるのもうれしい。

2階奥にはこんなコーナーも。バリ島発のいくつかの店舗が集まってスペース展開してるから、かなり見ごたえあり。ディスプレイも日本人好み♪

地元の人にも人気のあるバリタンギのスパグッズ。こちらも100%ナチュラルなんですが、お値段が良心的。ソープをはじめ、アロマのよい香りのするバスソルトやマッサージオイル、ルルールなど。

ジャンクレトロな雰囲気漂うこちらもお土産にピッタリ。

バリ島らしいリゾートファッションのブティックも入っています。オベロイ通りに寄られた方は是非どうぞ。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村