post

ヌガラにナイスなお宿発見

ヌガラで4つ星の新しいお宿を発見しました♪
サーファーの間では西部で人気のビーチフロントにあり、料金もお手頃、お食事メニューもなかなか素敵でかなりテンションup。

4つ星なのでメインプールは小さめですが、主要観光エリアより混み合わないので全く問題なし。ヌガラの海が目前♪そしてうれしいことに、すべてのお部屋から海を感じることができます。

お部屋は4グレードで、一番下のお部屋がこちらのスタンダード。

バスルームもおしゃれです。

そしてレストラン♪

メニューもチェックしました!写真はありませんが、ピザやトロピカルフルーツを使ったボウルやフレッシュジュースなどなど。これヌガラ直送フルーツのはずなので、絶対に美味しい♪

レストランのみの利用で立ち寄る場所が増えたのもうれしいこと。次回ヌガラへ行く機会に試します!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

保存

post

レンボンガン島へ日帰り探検!

最近日本人のお客さまに人気のレンボンガン島は、バリ島からボートで1時間のところにある小さな島です。

その人気はやっぱり海の透明度と美しさ!

島に近づくほどに、透明度があがる海。

前日にウブドへご案内をさせていただいた3名のお客さま。気の合う友達との海外女子旅は絶対楽しいでしょうねー。この日はレンボンガン島へご案内。朝8時にはボートで出かけるので早起きしてくださいね。ボートは小さくて結構揺れますので、日本から酔い止め薬持参をおすすめします。

島に到着〜♪

まずはマングローブ探検。シュノーケリングやサーフィンもできます。

美しい海を眺めながらレストランでランチタイム♪その後は海で泳ぐもよし、海が苦手な人はプールもあります。

バイクに乗り、別のビーチ”Devil’s Tears”へ。断崖からの海の眺めも最高です。バイクが心配な人は、プトゥや現地の案内人が同行してバイクを運転します♪

また別のビーチへ。ビーチ巡りですね(笑)。この日は夕方16時のボートでバリ島へ戻ってきました。

レンボンガン島はボートでたったの1時間で、こんな体験ができます。ロンボク島やギリ島よりも、手軽に日帰りできて海を満喫できるのがいいですね♪

レンボンガン島日帰りツアーの詳細はこちら

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

保存

保存

保存

post

エコビーチ♪

Selamat Siang! 今年の夏は更に観光客の増えたバリ島。さすがに(というか前から…)渋滞を問題視する声があちこちから聞こえてきます。ウブドのホテル・レストラン協会も、ウブドの滞在日数が減ったのは渋滞のせいだと、政府にインフラ修正の要請をしたとか。そうですねーついでにいうと、現地のタクシーじゃないと乗せちゃダメっていう、おかしな島意識の利権問題も解決してほしいですね…Gojekバイクなんて渋滞解消になるし、すごく便利でいいじゃない、と思うのですが。あと、大型バス禁止でお願いします。

さて今日はチャングーエリアのエコビーチにいってきました。
エコビーチといえばサーファー上級者が揃う屈指のサーフィンスポットで、世界大会も頻繁に行われるビーチです。

チャングーは今ブラワビーチ通りがメインといっていいと思いますが、この道沿いにもいろいろとカフェやショップが増えてきました♪。

上半身裸やビキニでノーヘルの、ちょっと安全無視した(そして事故で死んだり。良い子はマネしない)欧米系のサーファーたちが集うので、おしゃれです。1年前からもかなり変化した印象でどんどん開発されています。おいしいジェラート屋さん「Gaya」もあり、ちょっと一息するのにいい場所。

以前から気になっていたBBQレストランに来てみました♪屋根もあって涼しい。

バリ島なのでガラス曇っちゃっていますが、新鮮で美味しそうなイカン(魚)が、きちんとガラスケースに並んでいます。衛生的にも安心。なんとロブスターが。さすがに地価ですね…いくらなんでしょうね(どうせ食べられないので聞けず)。

隣に串刺しのケバブもずらりとあったので、そちらをチョイスして焼いてもらいました。

特製ソースとシーフードのおいしそうな香りが立ち込めます♪
ドリンクと一緒にケバブのお会計を先に済ませたら、焼き上がりを待つ間にサラダバーへ。なんとサラダバーはおかわり自由。ナシクニン(ライス)とパンもあって、これはうれしいサービス♪しかも美味しいです。

焼けたところでいただきまーす♪これはね…おいしい!

ドリンクもカクテルやビール、フレッシュジュースなどチョイスいろいろです。私が頼んだのはパイナップルとミントとバナナだったかな?のミックスジュース。サラダのお変わり自由で150,000ルピアくらいでしょうか。シーフードでこれなら文句ないですね。

天気がよければサンセットも最高なビーチです♪ランチよし、ディナーよし、カーチャータのひと休みに寄るにもおすすめです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

バランガンビーチに行ってきました

物価の上がってしまったインドネシア。ジンバラン&ヌサドゥアエリアだとホテルのお値段もなかなかなので、バリ島に来たからってみなさんがビーチ沿いのホテルに宿泊できるわけじゃないですよね。どうしてもビーチ沿いにそれなりで安く宿泊したいならクタがおすすめですが、同じ予算でこのあたりだと、ビーチはまず拝めません(民宿はあり)。

というわけで穴場のバランガンビーチにいってみました。かの有名のアヤナリゾートを通り過ぎ、更に20分ほどガタンゴトン進んだ奥にあります。

「ガタンゴトン」の表現に注目してくださいね。道のあちこちが陥没していて、決してキレイに舗装された道路を進めるわけではありません(写真はまだまし)。

20分ほど「本当にこの道でいいの?」というところを走るとただっぴろい所にたどり着き「はい、駐車料」と言われます。その駐車場奥に海が見えるけど…あれ?

とりあえずポーズ。ビーチはどこだ?

高台の駐車場がら見下ろしたところにありました!きれい〜♪♪

バランガンビーチは波が高めでどちらかといえばサーファースポットですが、波打ち際でとりあえずビーチ気分を楽しむことはできます。本当に海がきれいなので、ガタンゴトンしようが一見の価値あり。

階段見つけたので降りていきます。

決しておしゃれではないけどリーズナブルなワルン発見。ここからの眺め最高です!
さっきの駐車場の高台も見えますね。実はこの高台はウェディングの撮影スポットとして人気です♪

うわ〜、暑そう♪

とりあえずビーチデッキを確保。お兄さんが日陰を上手に作ってくれます。南国といえども、これがあるだけで涼しく感じられるのがバリ島のいいところ。

バリ島に戻ってから日増しに黒くなるのがせつないプトゥ。

ぼーっと海に入ったりごろごろ寝たりして、こちら17時ごろ。光を見てもらうと分かりますが、サンセットがほぼ正面に沈むんです♪残念ながらこの日はここでタイムオーバー。

夕日が真正面…要するに日が沈むまでずーっと太陽ギラギラということ。なので、15時〜16時ごろにいってワルンでビンタンビールや軽食をした後に、そしてビーチデッキでゆっくりがおすすめ。シャワーはさきほどのワルンにある水道&ホースがちょびっと有料で借りられますが、よくあるローカル的な「トイレ内」です。
衛生的に気になる人や、お子さん連れでもう少し波の穏やかな場所はいい人はパイレーツベイがオススメ。パイレーツベイはレストラン利用でシャワーが借りられます。サーファーなら俄然バランガンビーチでしょうね。ビーチまでの道沿いには安めのホームステイもたくさんみかけました。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

バラマキ土産

海外旅行で最終的に気になるのは会社の人やお友達、家族にあげるお土産。
こういうバラマキ土産をまとめて買いたい時は、スミニャックやウブドのストリートよりも、土産物専門店の方が定価で安いことが多いです。最終日近くにツアーやカーチャーターに組み込んでおくと、買い忘れがないと思いますよ♪

そんなわけで、空港近くのクタにある「クリシュナ」に潜入!
クリシュナは何カ所かありますが、ここの品揃えが一番いいかもしれません。広くて車の駐車できるし、休憩所もあるから待ってる間もゆっくり。

まずはおなじみのコーヒー。インドネシアはコーヒーの世界第三生産国なんですよ♪
粉になっている物が多く、日本のコーヒーよりきめが細かいので、入れる時には薄めにどうぞ。

昔よりパッケージもかわいくなってる♪

お次はバティック。こちらもモダンな柄が増えていますね。日本ではテーブル掛けや、ビーチで使用する人が多いみたいです。かさばらないし南国土産にピッタリ♪

お次の女性向けのこちらなんですが…個人的に夏の部屋着としてめちゃオススメなTシャツです!
上半身サイズとロングサイズがあって色も豊富。とにかく涼しいんです。バシャバシャ洗濯しているとすぐ柄がとれてしまうし弱いんですが、着心地もいいのでまとめ買い。水着の上にも。

次々いきますよー。マトリョーシカのように、中から小さいのが出てくるバティックの小物入れ♪

困った時の軽々トートバッグ類。

ココナツの木彫りを使ったお箸やマドラーは結構長く使えます♪

バリ島らしい柄とかたちのマグネット♪

石けんやアロマオイル、バスソルトやフェイスマスクパウダー。スパ商品の品揃えはかなり充実しているバリ!癒しのお土産にピッタリなので是非♪

トロピカルなこちらのボディバターもかわいい♪

他にも木彫りグッズやおもちゃ、クッキーやチョコレート、ビーチサンダルに帽子、丈夫な灰皿にココナツの木皿など、そのまま揃えてバリで生活できてしまいそうなほど(笑)。意外とあなどれないmustスポットでした〜。

 

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

post

ウブド近くで渓谷トレッキング

日本人のみなさんは、バリ島でラフティングやマリンアクティビティ、サーフィンやダイビングなどにチャレンジされる方は多いと思います。最近はそういったアクティブな体験も、サイクリングやトレッキングなど、いろいろと広がりをみせています。

ウブドの手前のエリアはのどかな田んぼの景色が広がりますが、そこに最近話題になっている渓谷があったので軽い気持ちで行ってきました!入り口で入場料15000ルピアを払います。日本円で130円くらいです(2016年12月時点)。

するとなんとガイドさんがついていました!

ガイドさんは地元の若い人たちで、子供の頃からここで遊んで育ちました。写真背景にある岩場の進み方や危険なスポットを把握。毎朝渓谷の状況をチェックし、雨季の大雨で無理な時は入場をストップ。ごみを拾い、トレッキングの皆さんをサポートしてくれます。

今のところまだボランティアのようなかんじでやっていて、お給料がありません。それではかわいそうなので、終了時に案内料としてチップを払う方式。ここを貧乏臭くケチると先に進めない難易度ポイントがあるので、最初からガイドさん込みと思って行くことをおすすめします。実際アドベンチャーに慣れていない日本人は少々転けたりもしますし、ホントに助けられました。

このような岩場をうまく渡りながら進んでいくので、かなり本格的なトレッキング!

できれば水着着用で、しっかり足止めや滑り止めのあるサンダルか、裸足をおすすめ。すべると怪我してしまうこともあるので、スパッツのようなものを履いてもいいですね。ガイドさんが擦り傷薬や絆創膏などの簡易医療セットはもっています♪

いやぁこれムリ〜!と思ったら

いっそのこと川に落ちてしまいましょう♪

力強さを表現したくて失敗しているプトゥ。

足のつかないところはガイドさんが教えてくれますし、深い所でも頭は出ます。ガイドさんもバッグを持ってくれたりいろいろとサポートしながら、滝ポイントに到着!

この達成感!30分で終わることもできるし、この後また1時間ほど進むこともできます。私たちはもちろん先まで進みました♪

最後にはこんな風景の中を15分ほどゆっくり歩いて到着です。

バリ島ほのぼの、でも意外と本格的なトレッキングでした。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

アヤナリゾートを散策してみました!

お客さまのつながりで、ちょこっとだけアヤナリゾートを散策させていただきました!バリ島ドライバーのアヤナ観光です(´m`)

リアクション小さめのプトゥも、今日はテンション上がり気味。

img_3420

もともとリッツカールトンが建てた施設がそのままアヤナとなり、始まったそうです。奥にはインド洋の海。美しすぎるー。

アヤナリゾート

ロビーから階段を降りてまっすぐすすむロックバーへの道。

アヤナリゾート

さすがにお客さんでいっぱいのロックバーはお邪魔なので、お庭左手の階段を降りて、オーシャンプールへ行ってみました。海やプールの美しさは本当にイメージどおりなんですねー。

アヤナリゾート

そして記念撮影(笑)。

戻ると、海の高台ではウエディングパーティの準備がはじまっていました。アヤナはお庭もそうですが、お花のディスプレイがとても素敵。女心をくすぐりますね♪

c360_2016-10-20-19-19-45-052

ここでも十分すごいよーといいながら、夕日を眺めました。

アヤナリゾート

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ