post

プトゥのお母さんの民間療法「ボレ」

過去ブログで「ボレ」というバリ伝統のスパイス調合を利用したスパプロダクツがあるお話をしましたが、今日はホンマモンのボレをご紹介します。

バリ島には古くから伝統的な民間療法があり、リンパを優しく流すバリニーズマッサージはそのひとつ。ジャムウもリピータさんには有名でしょうか。現在もバリの人々に親しまれている民間伝承薬のひとつで、ローカルエリアのあちこちにジャムウ屋さんがあります。漢方のようなもので、現在はその多くが粉になってきちんとパック詰めされています。生薬のドリンクは、ホテルでウェルカムドリンクとして独自調合で出してくれるところもありますね♪

プトゥのお母さんは足が悪く、就寝時のほてりを鎮める為にボレを毎晩足に塗っています。材料を聞いたらバリ語なので解明できませんが、生姜だけはわかるかな。。。白い粒は白胡椒ではないそう。英語でレシピを探しましたが、材料が少し違う感じがします。

さらにカラカラに乾いた何かの木の皮を割って投入。石臼と杵を使い、家族とおしゃべりしながら潰していきます。

15分くらいするとこんな感じ。このあたりは好みだったり目分量ですが20-30分くらいかけてさらに粉状にします。

粉状になったものにお水を少し入れてペーストに。これを塗ります。

塗ってみた。

足はスースーするのは水のせいかな?と一瞬思いましたが、水が乾いた後でも穏やかにスースー感が続き、心地いいです♪表面的ではなく内部に届く感じで、むくみにもよさそう!淀んだ血液の循環を促してくれ、筋肉痛にも良いのだとか。プトゥのお母さんはこのまま寝ますが、やっぱり布団に落ちますので朝起きたら寝床の掃除必須。でも本当に心地よく、作る段階から香りが最高で癒されます♪

こちら、ヌガラツアーで体験可能ですのでリクエストください。自分で作ったら、旅のお土産にもどうぞ♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村