post

夏休みのバリ島旅計画Tips

今年の海外旅行はバリ島!と決まった方へ。はじめての方はとくにお読みください。

1.まずはパスポート確認!
パスポートの残存期間が滞在期間の6か月を切る場合、バリ島に到着はできても入国はできません!本当にできません。必ず確認して更新しておきましょう。

2.フライト予約は早いほうが得!
バリ島のハイシーズン、ピークシーズンのフライトはすぐに売り切れます。とくに年末やお盆シーズンなど、多くの人が海外旅行をする時期は値段も高いので、早めの予約が必要。

3.ホテル予約は金額以外の条件もチェック!
フライトが取れると見込んでホテルを予約し、のんびりしていたらもうフライトがない!そんな時も、返金不可の最安値のホテル予約の場合、ほとんど返金されることはありませんのでご注意を。

ただしホテルに連絡して日程変更の交渉はできるかもしれません(殆どの場合交渉は英語)。ホテルに送迎を依頼する場合、フライト番号を聞かれることもあります。

4.上記3点が決まったら、送迎やツアーのプラン作り♪
ご予約される際にはフライトやホテル情報が必要になります。

ただ、観光スポットをピックアップしてからホテルを決めるのはアリかなと思います。例えば2日間ウブドへ行くのにクタに宿泊するのでは、時間のロスがありますよね。

1〜3を具体的に動きつつ、観光ブックを1冊購入してだたいのエリアを把握し、行きたいところを軽くリストアップして、宿泊エリアを絞りましょう。

その他
「今成田にいて、 到着の送迎お願いしたいのですが」「バリ島ついたんですけど、明日観光ツアーできますか?(夜に)」といった弾丸旅行のご相談が最近増えています。

例えばバリヒンズーのニュピやガルンガンの祝日、レバランや中国の新正月など他国の祝日で混み合う場合には、ギリギリでの確保がかなり難しいケースが多々あります。ハイシーズン、ピークシーズンも叱り。

片道の空港送迎だけなら、タクシーを利用するほうが金額的にも楽。言葉は通じない/状況によってはぼったくりのドライバーにあたるリスクあり、ですが、弾丸系ならそれもまた旅の醍醐味かなと(笑)。

日本語サポートのある、安心でよい旅をとお考えなら、プライベートカーチャーターは最低でも1週間前までにはご予約を済ませておくことをおすすめします。プランづくりのお手伝いも、時間に余裕があるほうがしやすいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

バリ島旅行Tips:最終日の過ごし方

日本のホテルは午前10時頃チェックアウトのところが多いですが、バリ島のホテルは、どこもだいたい12時です。チェックアウトまでゆったり過ごせるのはリゾートならでは。ありがたいですね♪

でもガルーダ直行便の場合、大阪でも東京でも深夜過ぎの出発になるため、12時からだいたい9時くらいまでの時間をどう過ごすかを考えなくてはなりません。

空港近くのホテルではない場合、荷物持参での移動。トロピカル気候の中汗だくでは歩けない…。ホテルにより、追加料金でお部屋を使えるレイトチェックアウトサービスもありますが、ハイシーズンやピークシーズンは空きがなく、断られてしまうこともあります。ラウンジ利用のできる大型ホテルもありますが、これもシーズンによっては混んだり食事が割高になったりと、予算勝負な面も。

そんな時どうやって過ごすか?アイデアをまとめてみました。

1.最終日もお出かけ♪
空港送迎はホテル〜空港間のみですが、ツアーやカーチャーターにしてしまえば最終日も荷物を持ったまま楽々観光ができ、空港までお見送りできます。ツアーパッケージの半日コースも利用OKです!

棚田ジャティルイやタマンアユン寺院にも♪

2.お土産物屋さんへ♪
家族や友人、会社の人へのお土産をホテルで夜チェックしましょう。実は空港のお土産は、同じものでも料金高め。足りないものがあったらお土産物屋さんへGo!リーズナブルでバラマキ土産の豊富なお店にご案内いたします!

土産専門店は定価で交渉の必要もなく、リーズナブル♪

3.夕方にスパへ♪
夕方スパを利用すれば、癒しついでにそのままお風呂にも入れるので体スッキリ!ソカバリツアーからスパの予約手配が可能です(メニュー追加予定)。スパの後に軽く夕食を済ませることもできます♪

空港アクセスのよいスパがおすすめ!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ