post

根強い人気のアタ籠♪

Selamat Siang! 日本は桜の季節ですね!Facebookから各地の桜の画像が届いてきてうらやましいかぎり。一方バリ島は雨季をほぼ終えた感覚があります。今から10月まで、旅に来るにはよい時期になりますよ〜。

先日ご案内した「アシタバ」より、バリ島で大人気のアタ籠について、ちょっとだけ掘り下げてみます。

アシタバは観光エリア各地に店舗があり、ショッピング時に立ち寄る方も多いと思いますが、ウブド寄りのデンパサール市内には工房があり、製造過程を実際に見学することができます。

アタはインドネシアに自生するシダ科の植物で、栽培が難しいため、自生しているものを採取します。茎の部分を燻し、乾燥させたものを編み込んでいきます。最近はアタ製品の人気やバリ島の開発が進み、材料となる良質なアタは徐々に希少な材料になっているそうです。余談ですが、バリ島の高級ホテルやヴィラにみられる藁葺き屋根の素材「アランアラン」も稀少になっており、一般住居で使われることはなくなりつつあります。

アタ籠は、バリ東部のテガナン近辺でも個人で作っているところはありますが、工房として大きく運営しているのはここアシタバが有名です。比べてみると分かるのですが、編み込みの細さやその均一感、成形の美しさなど、仕上がりのクオリティはお土産屋さんに置かれているものとは全く違います。耐久性にも優れているので、ちゃんとしたものならアシタバでの購入がオススメです♪

日本人スタッフはもう10年以上使い続けている籠があります。

10年以上使った小物たち♪

自分のインテリア小物として、またお土産にもかなりおすすめです!
ウブド近郊への観光時に立ち寄れるので、ご相談くださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

バリ島食べ歩き

バリ島に来てインドネシア料理!となると、大体ナシゴレンかミゴレンあたりを食べる人が多いのでは?と思います。ローカル向けのカフェあたりだとサテなし、野菜少ない、目玉焼きはあったりなかったり。通常のローカルワルンだと「スペシャル」と言わないと目玉焼きもつかず、炒飯のみです。

観光客も来るような安めのカジュアルワルンだと、こんなかんじ。

ナシゴレン。バリ島らしく、ビンタンビールか果物のジュース(甘め)と一緒に。

観光エリアの外国人向けのちゃんとしたレストランだと、サテや目玉焼きがのっかって豪華。ローカルワルンより辛さ控え目で美味しいですね。値段にはそれなりの意味があります。

野菜の入ったものを食べたい時は「ナシチャンプル」もおすすめ。チャンプルはいろいろ混ざった、という意味です。

ジンバランで見つけたおしゃれカフェのナシチャンプル♪バリ島テイストで美味!

ナシゴレンやミゴレンに飽きてきたなーと思ったら、バビグリンをどうぞ。バリ人によるバリ島伝統の豚料理です。ウブド周辺がメッカなので、あのあたりで食べることをおすすめします。

他に個人的に試してほしいなーと思うのが、バリ島ジャジャン。ジャジャンを分かりやすく訳すと「甘菓子」になるでしょうかね。バリ島またはインドネシアならではで、甘味がたっぷり。お米をメインに、ココナツ砂糖やバナナなどでさまざまな種類があります。

こちらは「ラックラック」。ココナツフレークと黒糖シロップをかけてどうぞ♪

「エスダルマン」はわらび餅のようなゼリーの食感が美味しい、懐かしい甘味のドリンク♪ダルマンという葉っぱを絞っただけで、こんなゼリーができてしまうんですよ。

宝石のようなゼリー類が入ったピンクの「エスチャンプル」もなかなかです。ちなみにこだわらせていただくと、こういうドリンクは椰子砂糖を使ったお店のほうが、断然美味しいです!

ソカバリツアーおすすめの、本当に美味しいお店は、ツアー途中にもご案内できます♪カーチャーターでオリジナルの旅のご案内は、ぜひお問い合わせください。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

スカルノさんの別荘

バリ島寺院のひとつ、ウブドから30分ほどの森の中にあるティルタエンプル寺院。

こちら湧き水の美しい聖水の出るありがたーいお寺としてバリの人々にも親しまれていますが、その隣に別荘があるんです。

1950年代に建てられた、今は亡きスカルノ大統領の別荘。現在は迎賓館として要人を迎え入れたりしているようですが、一般の私たちも写真や遺品などを観ることができます。

スカルノ大統領といえば日本のデヴィ夫人の旦那さん。このスカルノさん、実はお母様はバリの貴族出身です。オランダに対する反植民地運動を鼓舞し、インドネシア独立へと導いた初代の大統領。亡き今も、「建国の父」として非常に尊敬され愛されています。

奥さん6人もいて別の意味でもすごいです。それぞれのストーリーはまたすごい。デヴィ夫人は第三夫人ですが、インドネシアでは実はそれほど知られていません。スカルノ好きで家に肖像画を飾っちゃう人や、日本好きなガイドさんあたりは知っているかもしれませんね。

デヴィ夫人みっけ。

スカルノ失脚後大統領となったスハルトは逆に、アメリカCIAから支援を受けて共産一掃にあたり、一般住民含めて50万人とも100万人ともいわれる虐殺をした軍人さん。民主主義を葬り独裁政権を30年間維持したことで知られています。息子たちはバリ島に今もたくさんの不動産所有があり、まぁ、好かれていないですね(笑)。バリの芸能文化を抑圧したり、ちょっとでも悪口をいうと次の日にはその人がいなくなったりしてたそうなので…ブルブル。

インドネシアは自分たちの力で植民地から独立した国。そのため今でも政治には日常的に感心が強く、賄賂政治撲滅と貧困解決を掲げる現ジョコウィ大統領に、殆どの人が投票したんじゃないかなと思います。次のバリ州知事を誰にするかなんて話もフツーにしてくれます。投票日は仕事も休みになるんですよ。

インドネシアの別の顔でした。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

本日のお客さま

先週になりますが、ウブドでプロジェクトのためにご滞在のお客さまの空港送迎をご案内させていただきました。今回は、はじめてのエアアジア直行便ご利用のお客様。

1週間丸ごとプログラムがあったそうなのですが、帰りの送迎時にはサヌールビーチサイドでのシーフードディナー&お土産ショッピングにお付き合いさせていただきました♪

ご滞在ホテルはウブドにあるbamboo indah。サステナビリティをコンセプトにした竹造りのレストラン&リトリートがメインのお宿で、西洋のお客さまが多いようですね。

不思議な造りのレセプションと、ジャズの音楽が広がる雰囲気たっぷりの素敵なレストラン。

レストランの前にはオーガニックな畑が広がっており、その奥に木に吊るしたロープ付きのメインプールもあるそうです。これぞウブド!という感じですね。

せっかくのバリ島なので、森に篭っていたお客さまをサヌールのビーチにお連れしてディナー。

南国の海風にふかれながらのディナーはどうでしたでしょうか?

またのお越しをお待ちしております。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

本日のお客さま

本日は久々に日本人のお客さまからのご予約で、ジャカルタからのご到着。空港からそのままタマンアユン寺院、そしてウブドのゴアガジャへ向かい、ホテルにチェックインされました♪

世界文化遺産のタマンアユン寺院は広くてゆーったりとした寺院です。

明日はナガがウブド周辺寺院とブサキ寺院へご案内する予定です。

11世紀頃の古代遺跡といわれるゴアガジャ。ひんやりとした洞窟の奥に、ガネーシャ神と、ヒンドゥーの3大神(シヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマ)の3体が祀られています。

ガルーダ直行便でお越しのお客さまは、夕方の到着なのでおそらくそのままホテルへ向かわれると思いますが、経由便などで朝やお昼に到着される場合、空港からカーチャーターでそのままツアーを開始できます!短い旅の時間を有効に使いたい方にオススメ。

ご予約が重なる場合やこちらの行事の都合により、時折やむを得ずドライバー交代になる場合がございますが、その場合もプトゥ、ナガ、ゲデを基本にご案内させていただいております。

すでにはじまったエアアジア直行便は14:25に空港到着だそうです。就航記念で100席限定の1万円キャンペーンやっているそうです♪エアアジアのページで価格を見ていると、どうも行きの便は安いけど帰りの便はそうでもない場合が多いみたい。。。それでも6月はトータル5万円ちょっとでバリ島へ来ることができるから、やっぱりガルーダよりは安いでしょうか?

夏休みのハイシーズンやピークシーズンはどうしても価格が上がるので、今からチケットを購入しておくとリーズナブルにおさえることができますよ〜。

日本人スタッフちょっと私事で忙しくしており、今週より日本へ一時帰国してきます。メールはチェックしておりますので、ご予約のお問い合わせはいつでもお待ちしております。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

本日のお客さま

この日はサヌールに滞在したシンガポールからのお客さまをウブド周辺へご案内しました。
シンガポールからバリ島までは直行で1時間20分ほど。同じインドネシアのビンタン島はシンガポールの目と鼻の先にあり、駐在日本人もバケーション利用が増えていますが、もちろんバリ島も。観光のスケールからいうとバリ島の方がバリエーション豊かかな、という印象。

バリ島に住む日本人はビザ更新でシンガポール利用することがありますが、東京よりも物価が高いんです…。外食のバリエーションは素晴らしいですが、野菜も魚も肉もすべてが輸入品というすごい国。

なのでトレッキングやラフティングなど、自然を満喫したいお客さまが多いです。この日も滝が見たいとのリクエストで、トゥヌンガン滝へご案内♪前日雨だったので水量がすごいことになっていました。迫力満点!

近場のワルンで田んぼからの風に吹かれながら、インドネシア料理を満喫♪プトゥもお誘いいただきました。

田んぼの風景。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

滝&ティルタウンプル寺院

金曜日はお一人で休日にバリ島に来られた、ジャカルタからのお客さまをご案内しました。スミニャックにご滞在ですが、昼間は自然を感じられるところに行きたいということで、トゥヌンガン滝にご案内しました。ウブド近くの美しい田園景観を眺めて到着するこちらの滝。小さいですが、滝を眺めながら一息できるスポットもあります。バリ島ならではのバリコピか、ビンタンビールで1杯がいいかも。

ズームアップ。滝の近くまでもいけます♪

東南アジアの水って濁っていることが多くて汚いのかな?と思っていましたが、稲作が広範囲にあるので非常にきめ細かな泥が混じるんですね。この日の水の色はだいたいいつもこんな感じです。雨の日はとくに濁ります。

さらにズームアップ。遠くからだとふーん、ですが、近くでみると結構な迫力。

お次は聖なる湧き水の美しい、ティルタウンプル寺院へご案内。たまたま西欧の団体のお客さまが来ていました。最近は普通に沐浴されるお客さまも増えました(しなくても大丈夫です)。「ティルタ」はバリ語で聖水を意味します。魔王マヤ・ダナワと戦ったインドラ神が大地を杖で突き、他の神々を生き返らせたという伝承があります。無病息災の力があるとされ、バリの人々は聖水を持ち帰り自宅のお祈りに使います。

日本語スタッフは満月の夜にここへ来たことがあるのですが、満月は特別な日なのでローカルのバリ人の方々がたくさん、やはり並びました。夜は震えるほど寒かった!

10-14世紀に建立された寺院は歴史があり人々に大切にされているので、とても美しく維持されています。

木の彫刻には花の装飾をあしらい、美しく金が施されています。

ティルタウンプルはウブドに近く、清らかな湧き水の源泉があるのでやはり人気です。スピリチュアルなエネルギーを求めて環境的にもっともっと静かな沐浴をしたいがいい!という方にはとっておきの穴場もありますので、ご相談くださいね♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ゲデさん、お客さまご案内♪

バリ島ニュピの新年明けまして、おめでとうございます。
ソカバリツアーのゲデさんが、オーストラリアからのお客さまをご案内しました♪

ウブド近くにあるテゲヌガン滝、だそうです。
西欧のお客さまは自然スポットへの案内を好む方が多いのだそう。モンキーフォレストにでお猿さんに愛されてしまったお客さま。

私も食べていたお菓子頂戴と袋を握られたことがあります(笑)。でもウブドのお猿さんは奪ったりしないから、安心。

ゲデは日本語と英語が行けるので、国際カップルも是非ご指名ください♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ウブド最高峰♪王宮所有のお宿

Selamat Siang! お昼のあいさつです。みなさんいかがお過ごしですか?

雨季のバリ島、通常は4月いっぱいまでと言われているのですが、先週あたりからお天気のいい日が多くなってきました。うれしいこと♪

ただし今週はサウジアラビアの王様がバリ休暇だそうで…その数なんと1500人!ボーイング6基!王子25人!(関係ないですかね)ヌサドゥアエリアの一部ホテルは要警戒モードだそうです。1500人ってすごいですね。玉の輿狙いの方はサウジアラビア王子 イケメンでぜひググってみてください!(笑)

バリ伝統の警備員正装スタイル♪ -Dairy Asian Ageより

さてそんなこととは全く関係なく(でもちょっと王つながり)、本日はウブドのロイヤルピタマハ潜入レポートです♪

こちらは王宮所有の由緒ある宿で全棟が広々としたプール付きヴィラなのですが、とにかくスケールがすごかった。

こぢんまりスマホのうつりを確認するputu。広々とした寝室には2デスクとソファ。浴室とリビングは別部屋になっています。プールへはヴィラの両サイドからアクセスできる造り。入るとひんやり涼しい空気感。バスタブは5人くらいまとめて入ってしまえそうな素晴らしい石造り。
全面窓の向こうは広々としたプール、そしてトロピカルな渓谷の大絶景!
レストランからの風景は、もっと大きなスケールで見渡せます。

レストランはランチやアフタヌーンティ利用で、一般の来客も眺望できる。

この敷地すべてがロイヤルピタマハです。ここから下に見えるオーガニック畑にプトゥは興味津々。
てくてくと階段を降りていくと、一番下には最上級のアユンヒーリングヴィラが、村のように点在。こちらは大人しか宿泊できない特別なヴィラだそう。

近くにあったプールは自然の湧き水ではないですか。

バリヒンズーの聖なるお祈りにも使われる水だそうで、寺院と同じ、お月様ありの女性はご遠慮くださいとのことでした。それにしても敷地内に聖なるお水が湧いていて、プールとして使っていいだなんて最高の贅沢ですね。

お部屋と関係ないところばかり気になってしまったのですが、同じ水の下流ではたくさんの錦鯉が。こんな美しい水の中で暮らせるなんて幸せだろうなぁ。私も暮らしたいなぁ。

残念なことにオーガニック畑にこの日はアクセスできませんでした…(そこ?)。

お部屋に関係のない写真ばかりで本当に申し訳ないのですが、駆け足だったのと、スケールが大きすぎて映りきらないんですよね。。。お部屋の写真はどこかの旅行サイトで確認して、こちらでは庭園の素晴らしさを少しでも感じてください♪

お宿レポートでした。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

post

ウブド近郊 マス村のおすすめヴィラ

昨年の話になりますが、ウブド近郊のマス村にある家族経営の宿、Surya Kembarさんのパーティにお呼ばれしました。建設中の最後のヴィラ完成のタイミング。こちらはレセプションにて。

完成したばかりのヴィラは3ベッドルームですが、お客さんが他にいない時には部屋借りもできそうなかんじ。。。タイルや家具が素敵。

ヴィラはもちろんプール付きですが、こことは別に、他の宿泊客との共有プールもあり、レストラン設備も。

ツインベッドの寝室。

シンプルでモダンでありながら木のあたたかみも大切にする美的センスに、かなりきゅんときます♪近年どんどん混雑してくるウブドの喧噪から離れた素朴なエリアで、周辺はトロピカルな森に小さな川が流れる環境も本来のバリ島らしくてうれしい。

グローバル感覚ある英語の流暢なバリ人オーナーさんでありながらも、奥さんと2人で切り盛りしている家族のあったかみを感じます。しかもオーナーは建築家でもあり、料理人。料理にオリジナリティがあり、とても美味しい。

敷地内の庭や森にも明るく温かみがあり、ヨガやスパはもちろん、バリ島ならではの伝統をリアルに体験する機会など、リゾートホテルとは一線を画すディープなバリ体験も可能なのだそう。そして不思議なことに、家族に日本人がいます。日本人のお客さまが困った時には言語サポートをしてくれるそうなので、ありがたいですね♪

バリ島にはピンからキリまでごまんと宿がありますが、ここはちょっと違うぞ、という、なんだかスルーできない存在感があるんですよね。

ヴィラは一棟一棟設計が異なります。
ソカバリツアーでお宿案内ができそうなので、近々改めて取材にいってみたいと思います♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ