宿泊ホテルの選び方

短く儚い桜の春休みも終わり、5月ゴールデンウィークシーズンが近づいて来ましたね。

最近のバリ島は曇りの日もありますが雨の日は減り、夕日が美しく見えることが増えました。

サンセットが美しく見えるのはウルワツ&タナロット寺院ですが、他にもチャングーやスミニャック、ジンバランあたりのビーチもおすすめです♪

バリ島は女子旅や男子旅、一人旅、家族旅行、ホントにみなさんいろんなパターンでいらっしゃる方がいます。ホテルもバリエーションが豊富で価格もピンキリ。お任せもいいですが、やっぱり少し時間をかけて、自分で行きたいところを調べながら、旅を事前計画するのも楽しみのひとつ。

4つ星〜5つ星クラスのお宿に泊まる方は、お部屋にどんなサービスがついているか事前確認。

お部屋だけの予約は一見安く見えますが、実は朝食付きにした方が、現地で改めて朝食を頼むよりお得なことが多いです。送迎が付いていたり、スパ利用のクーポンなどがついた宿泊プランもあります。

また、クラブ特典付きのお部屋を予約すると、アフタヌーンティやカクテルタイムが特別なクラブルームで無料で楽しめたりします。こちら、毎日でけかる人には必要ないかもしれませんね。慣れている人は同じホテルで部屋を変えたりもしている様子。

他にカップルのハネムーンや記念日の方は、宿泊前に事前にホテルに伝えておくと、チェックインでお部屋に入った時に、ロマンチックなフラワーデコレーションをしてくれるホテルも。ないかもしれませんが、無料なことがあるので絶対一言ホテルに伝えたほうがいいと思います。

ベビーコットは無料のところが多いですし、キッズクラブが無料のホテルもたくさん。毎日日替わりでさまざまなアクティビティが楽しめます。基本英語なのでちょっと敷居が高く感じるかもしれませんが、緊張しないお子さんには結構楽しいと思いますよ。スパ利用時にここに預けたりも可。

値段の安さだけで選んでいると損することもあります。当然ですが、良いホテルはそれだけアメニティや食事のグレードがよかったりします。お部屋のみかけだけじゃないんですね。

最後に、ひとつ注意したいこと。

バリ島のホテルは残念ながら、4つ星5つ星だからといって、必ずしもスタッフのホスピタリティが素晴らしいわけではありません。それからお客さまに態度が良くても、出入りする業者には態度が尊大で失礼な従業員の多いホテルもあり、何か勘違いしてるなーと感じることもあります。そういうホテルはソカバリツアーでは紹介しないし、ブログにも掲載しません(笑)。

ただバリ島ってやっぱり日本のように、コンビニですら丁寧で、世界的には奇妙な、ほぼ自動的に素晴らしいサービス精神感覚みたいなものは期待できません。人や時期で波もあるので「真心」をキーワードに考えています。

ブランド的な名前だけで選ばずに、(サクラではない)宿泊客のコメントなどを確認して予約することをおすすめします。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

post

リゾートホテルの楽しみ

Selamat Sore! クリスマスを終えて年末年始ムードが高まってきたころでしょうか。バリ島もさすがは年末、カウントダウンに向けて世界中からお客さまが到着しているようです♪ソカバリツアーもブログでは静かですが、ちょこちょことお客さまをご案内しております(注:写真NGのお客さまは掲載しておりません)。

バリ島の年末年始は1年のうち最もピークでお客さまがやってくる時期ですが、今年はアグン山の影響で少しはゆったりしているかもしれませんね。

リゾートホテルで楽しみなのは…やっぱりウェルカムフルーツやドリンク、ビュッフェ朝食でしょうか。4つ星、5つ星にご滞在のお客さまなら必ずウェルカムドリンクがついています。ホテルによって違いますが、ジャムーというインドネシア伝統のハーブやスパイスを使った、フレッシュなデトックスドリンクを出してくれるところも。

キャロットとうこん、その他フルーツをミックスした独特の甘いジュース♪

今が旬のトロピカルフルーツもお部屋に。

予約してしまった人には今さらですが、朝食付きでホテル予約した方が金額的にはお得。洋風からインドネシア料理まで、さまざまな料理をビュフェ形式で楽しめるのが楽しいですね。

南部の崖にある高級ヴィラBanyan Treeの朝食。最高に美味しいです♪

やっぱりバリ島にきたら、一度はナシゴレンやミゴレン?安めのお宿やワルンでも外れが少ないのはやっぱりこの2品ですよね!

大晦日31日は、ホテルによって指定のガラディナーといわれるものが出されています。

ピークの混雑時に、できるだけ効率よくお客さまに美味しいお食事をお届けするために用意された豪華な料理です。日本人スタッフも体験したことはないのですが、きっと美味しいでしょうね。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

スミニャックのお宿 Trans Resort

スミニャックでよい感じの滞在をしたい人におすすめなのが、トランスリゾート。サンセットロードの終わりにあり、オベロイ通りまで3分で歩いていけます。

お部屋はデラックスルームから。オーストラリアや韓国客(ハネムーン)が多いそう。日本語のできるスタッフは1名のみですが、その他のスタッフもサービスがきちんとしており、食事共にGood♪朝食はバリエーションがあって美味しい。もちろんスミニャックエリアのシャトルサービスも無料。

こちらは一番下のデラックスツイン。同じお部屋でクラブ特典付きにすると、アフタヌーンティやカクテルが楽しめるのも魅力。

女性にうれしいアメニティも充実。バスローブやスリッパがふっかふか♪

人気なので、アーリーチェックインやレイトチェックアウトのお客さまにお部屋(有料)はなかなか提供できないようですが、荷物をフロントに預けてプールやスパ施設の一部を無料で解放しています。ジャグジー&サウナルームで出発前にはリフレッシュ。ミニシアターも使えます♪

プールはお子様も気軽に利用できる浅瀬&スライダーあり。もちろんキッズルームも♪

プライベートに楽しみたい人には、広々とした1ベッドルームヴィラが最適。

お部屋ももちろんですが、プール前のガゼボがリビング以上の広さで、友人を呼んで小さなBBQパーティをする人もいるそう。

バリ島には3000ほどのホテルがありますが、ハード(施設や設備)がよくてもソフト面(サービス)でイマイチなところも多く、滞在の快適度が左右されてしまうことがありますが、ここはおすすめです♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ヌガラにナイスなお宿発見

ヌガラで4つ星の新しいお宿を発見しました♪
サーファーの間では西部で人気のビーチフロントにあり、料金もお手頃、お食事メニューもなかなか素敵でかなりテンションup。

4つ星なのでメインプールは小さめですが、主要観光エリアより混み合わないので全く問題なし。ヌガラの海が目前♪そしてうれしいことに、すべてのお部屋から海を感じることができます。

お部屋は4グレードで、一番下のお部屋がこちらのスタンダード。

バスルームもおしゃれです。

そしてレストラン♪

メニューもチェックしました!写真はありませんが、ピザやトロピカルフルーツを使ったボウルやフレッシュジュースなどなど。これヌガラ直送フルーツのはずなので、絶対に美味しい♪

レストランのみの利用で立ち寄る場所が増えたのもうれしいこと。次回ヌガラへ行く機会に試します!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存

保存

保存

post

リンバジンバラン「UNIQUE」へ♪

日本人No1.宿泊リゾートで堂々ダントツ1位を誇るのがアヤナリゾート。その同じ敷地内、少し離れたところにあるのが姉妹ホテルのリンバジンバラン。

夕方チェックインすれば、ロビーから見えるこの幻想的風景。

宿泊すると、そのコンテポラリーな空間デザイン趣向がアヤナとは全く異なる、意外とリンバの方が好きかも♪となる方も多いようです。

今年新たに東館が完成したそうで、新しいお部屋は上の写真よりよりすっきりとした、定番の落ち着きのあるお部屋になっているようです。全室バスタブ付き。

アヤナよりもリーズナブルに宿泊できる上に、アヤナの施設へ自由に行き来可能!なので、ホテル休暇を楽しみたい人にはレストランやスパ、プールの幅がぐっと広がりとっても魅力的。

2重の立体層になったリンバのプールは直線的なデザイン。アヤナより泳ぐ人が少ないような。プールアクセスのお部屋もあり。

リンバでおすすめなのが最上階にあるルーフトップバー「ユニーク」。
アヤナのロックバーはオーシャンビューのサンセットで大人気ですが、「森」コンセプトのサンセットもなかなかいいですよ♪しかもロックバーほど混まないので、ゆったりしたい人はこちらの方がいいかもしれません。

肝心のバー空間&レストランビューがなくてすみません(汗)。料理はメキシカンタパス。トロピカルフルーツを活かしたドリンクがカクテルでもノンアルコールでも揃っています♪意外とボリュームあって美味しいです。

「ユニークルーフトップバー&レストラン」は外からのお客さまもご利用いただけるそうです♪また森を目の前にしたプールがあり、お食事される方はこちらも利用OK!南国のバリ島ですが、トロピカルな森もおすすめですよ♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

ウブド最高峰♪王宮所有のお宿

Selamat Siang! お昼のあいさつです。みなさんいかがお過ごしですか?

雨季のバリ島、通常は4月いっぱいまでと言われているのですが、先週あたりからお天気のいい日が多くなってきました。うれしいこと♪

ただし今週はサウジアラビアの王様がバリ休暇だそうで…その数なんと1500人!ボーイング6基!王子25人!(関係ないですかね)ヌサドゥアエリアの一部ホテルは要警戒モードだそうです。1500人ってすごいですね。玉の輿狙いの方はサウジアラビア王子 イケメンでぜひググってみてください!(笑)

バリ伝統の警備員正装スタイル♪ -Dairy Asian Ageより

さてそんなこととは全く関係なく(でもちょっと王つながり)、本日はウブドのロイヤルピタマハ潜入レポートです♪

こちらは王宮所有の由緒ある宿で全棟が広々としたプール付きヴィラなのですが、とにかくスケールがすごかった。

こぢんまりスマホのうつりを確認するputu。広々とした寝室には2デスクとソファ。浴室とリビングは別部屋になっています。プールへはヴィラの両サイドからアクセスできる造り。入るとひんやり涼しい空気感。バスタブは5人くらいまとめて入ってしまえそうな素晴らしい石造り。
全面窓の向こうは広々としたプール、そしてトロピカルな渓谷の大絶景!
レストランからの風景は、もっと大きなスケールで見渡せます。

レストランはランチやアフタヌーンティ利用で、一般の来客も眺望できる。

この敷地すべてがロイヤルピタマハです。ここから下に見えるオーガニック畑にプトゥは興味津々。
てくてくと階段を降りていくと、一番下には最上級のアユンヒーリングヴィラが、村のように点在。こちらは大人しか宿泊できない特別なヴィラだそう。

近くにあったプールは自然の湧き水ではないですか。

バリヒンズーの聖なるお祈りにも使われる水だそうで、寺院と同じ、お月様ありの女性はご遠慮くださいとのことでした。それにしても敷地内に聖なるお水が湧いていて、プールとして使っていいだなんて最高の贅沢ですね。

お部屋と関係ないところばかり気になってしまったのですが、同じ水の下流ではたくさんの錦鯉が。こんな美しい水の中で暮らせるなんて幸せだろうなぁ。私も暮らしたいなぁ。

残念なことにオーガニック畑にこの日はアクセスできませんでした…(そこ?)。

お部屋に関係のない写真ばかりで本当に申し訳ないのですが、駆け足だったのと、スケールが大きすぎて映りきらないんですよね。。。お部屋の写真はどこかの旅行サイトで確認して、こちらでは庭園の素晴らしさを少しでも感じてください♪

お宿レポートでした。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

post

ウブド近郊 マス村のおすすめヴィラ

昨年の話になりますが、ウブド近郊のマス村にある家族経営の宿、Surya Kembarさんのパーティにお呼ばれしました。建設中の最後のヴィラ完成のタイミング。こちらはレセプションにて。

完成したばかりのヴィラは3ベッドルームですが、お客さんが他にいない時には部屋借りもできそうなかんじ。。。タイルや家具が素敵。

ヴィラはもちろんプール付きですが、こことは別に、他の宿泊客との共有プールもあり、レストラン設備も。

ツインベッドの寝室。

シンプルでモダンでありながら木のあたたかみも大切にする美的センスに、かなりきゅんときます♪近年どんどん混雑してくるウブドの喧噪から離れた素朴なエリアで、周辺はトロピカルな森に小さな川が流れる環境も本来のバリ島らしくてうれしい。

グローバル感覚ある英語の流暢なバリ人オーナーさんでありながらも、奥さんと2人で切り盛りしている家族のあったかみを感じます。しかもオーナーは建築家でもあり、料理人。料理にオリジナリティがあり、とても美味しい。

敷地内の庭や森にも明るく温かみがあり、ヨガやスパはもちろん、バリ島ならではの伝統をリアルに体験する機会など、リゾートホテルとは一線を画すディープなバリ体験も可能なのだそう。そして不思議なことに、家族に日本人がいます。日本人のお客さまが困った時には言語サポートをしてくれるそうなので、ありがたいですね♪

バリ島にはピンからキリまでごまんと宿がありますが、ここはちょっと違うぞ、という、なんだかスルーできない存在感があるんですよね。

ヴィラは一棟一棟設計が異なります。
ソカバリツアーでお宿案内ができそうなので、近々改めて取材にいってみたいと思います♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

アヤナリゾートを散策してみました!

お客さまのつながりで、ちょこっとだけアヤナリゾートを散策させていただきました!バリ島ドライバーのアヤナ観光です(´m`)

リアクション小さめのプトゥも、今日はテンション上がり気味。

img_3420

もともとリッツカールトンが建てた施設がそのままアヤナとなり、始まったそうです。奥にはインド洋の海。美しすぎるー。

アヤナリゾート

ロビーから階段を降りてまっすぐすすむロックバーへの道。

アヤナリゾート

さすがにお客さんでいっぱいのロックバーはお邪魔なので、お庭左手の階段を降りて、オーシャンプールへ行ってみました。海やプールの美しさは本当にイメージどおりなんですねー。

アヤナリゾート

そして記念撮影(笑)。

戻ると、海の高台ではウエディングパーティの準備がはじまっていました。アヤナはお庭もそうですが、お花のディスプレイがとても素敵。女心をくすぐりますね♪

c360_2016-10-20-19-19-45-052

ここでも十分すごいよーといいながら、夕日を眺めました。

アヤナリゾート

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

post

ヌガラでイチオシ宿!Puri Dajuma

ヌガラはまだあまり観光化されていないので、インターネット環境もあまり良くないし、カフェなどもあまりありません。ですが素敵な宿があって、プトゥがお客さんのために下見をしてきました。

c360_2016-09-07-15-47-21-031

ヌガラの市街地から20分ほど手前のビーチフロントにあるこの宿には、スイートルーム、コテージ、ヴィラとそれぞれに違うお部屋があるみたいです。

c360_2016-09-07-15-46-20-846

こちらはコテージ。2階から海を見渡せます。ウッディでかわいい雰囲気ですね。この日スイートは満室だったそう。

c360_2016-09-07-15-52-45-522

広いお庭にある共有のメインプールは水がきれい。観光リゾートのホテルほど造り込まれていなくて、自然豊かなゆったりとした雰囲気でデッキで過ごせそう。

c360_2016-09-07-15-50-17-591

あちこちにある石畳のくねくね小道がかわいい。

c360_2016-09-07-15-58-17-753

庭やプールを抜け少し階段を上がると、こんなラグーンプールがありました。こちらはヴィラ滞在の人専用みたい。ラグーンプールもくねくねと川のような感じ。

c360_2016-09-07-15-56-11-425

こちらは、3ベッドルームのヴィラ。時期により値段が異なりますが、ローシーズンだと6−7万円前後のようです。

14720392_190012378118730_8504848652524187490_n

ヴィラからは少し高台で海を見渡せます。ラグーンプールの先にはこんな滑り台つきのプールもありました。

c360_2016-09-07-15-56-18-490

プトゥがお客さんの代行で予約することもできます♪

シーズンにもよりますが、通常より少しお安く出来る時もあるのでカーチャーター予約時にお問い合わせください。

button_yoyaku
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ