post

Mecaruといわれる儀式

さて、料理の準備が終え、バンタン(お供え物もろもろ)の準備も終え、沐浴が終えると、あとはマンクー(僧侶)が来るのを待つだけです。

これがね…長い!

1時間ほど待って、周りに「何時に来るの?」と聞いても「知らない」っていう人もいるし、「sore(夕方3時から18時頃を指します)」という人もいるし…。5人くらいに聞いてようやく「1時から3時の間」という情報にたどり着いた…。これはバリ島あるあるです(笑)。

基本的に、儀式をする日はバリの暦のよい日を選んでいるので、近所でもさまざまな儀式が重なります。それでマンクー(僧侶)または高層(プダンダ)は、その日は1日あっちこっちの儀式に出かけるためとても忙しく、時間が読めないんです。これは仕方がないのです…。

となると待ち疲れ、あっちこっちで昼寝がはじまります。

お供え物なんて下手したら、数日前から準備してますからね。夜遅くなることもあるし、ここで休んでおくに越したことはない。

こっちではおしゃべりに花が咲き、時折ドカンドカンと大笑い。だいたい人の噂話です(笑)。

男衆もなんだかんだとしゃべっています。こっちは車の修理代いくらだったとか、仕事関連の情報交換だったりかな。

子どもたちは子どもたちで、遊びつつだらだらと。

この日はですね、待つこと、なんと5時間!Σ( ̄□ ̄!)

バリ語のわからない私は、たまには声をかけてもらったり話の説明してくれることもありますが、ここまで待ったのは初めてで、退屈すぎて死にそうになりました。もちろん昼寝もした上で。

ようやくマンクーが到着し、はじまる儀式。

それは違うこっち、ちょっとあれ持って来て!とかわちゃわちゃ言いながらも、段取りはわかっているので、滞りなく儀式が進んでいきます。

この日はmecaru(ムチャルー)という浄化と祈りの儀式で、皆で近所の交差点まで歩いていき、そこでもお供えとお祈りをします。

バリに来たことある人なら、一度は見かけたことがあるかもしれない、道路脇のこの風景。

ここでお祈りをするとまた自宅に戻り、最後にもう一度家族全員で仕上げの(?)お祈りをして、儀式は終了です。

mecaruは人間と自然との調和を願い、祈りを捧げることで人間に高貴で崇高な精神が備わり、自然やその他環境への畏怖心と配慮の気持ちを保ち続けるためのものでもあります。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

 

post

儀式の男料理

ヌガラの実家の家寺をリニューアルしたので、その儀式があって帰省したプトゥ。

囲いの壁が老朽化していたのと、壁の左側に1.5mx3mほどの空間が残っていて何にも使われていなかったので、詳しい人に相談して大丈夫とのお墨付きをもらい、壁を奥まで広げました。祭壇も新調。

バリ人も中国の風水から影響を受けているのか、似たような感じで方角や位置などを気にするんですよね。例えば、自宅の目の前の土地を買って家族が家を建てるのはよくないとか、眠る時はアグン山の方角に頭を向けて寝る方が良いとか、色々とあります。

カフェやレストランでも見かける、建物のあちこちにあるこういう小さな木の祭壇も、できるだけアグン山の方角を向いてお祈りできるように設置しているんですよ〜。

さて、近所の男衆も手伝いに来てくれて、伝統のラワール料理の準備。
実は早朝に豚を絞めるところから始まっています。

こちらはココナツやスパイスを混ぜ込んだ豚のサテ。ピリッと辛みがあって、ココナツの甘みと食感がプラスされ、手作りのサテはそこらへんのワルンで食べるよりもずっと美味しい♪ヌガラは自然に溢れているので、竹串から自分たちで作ります。

こちらはバリ語でジュクッといわれるスパイスのきいたスープ。このスープにも豚を使います。

大きな儀式で使われる「バンタン」といわれるたくさんのお供え物はすでに準備が終わっていたので、女性陣も料理のお手伝い。これは肉をミンチにしてバナナの皮で蒸しあげる「トゥム」といわれるもの。脂肪や軟骨を混ぜたりします。

ソーセージのような感じで強めに塩を効かせていて、ジューシーですごーく美味しい。

大量に作る時は、一連に繋げて蒸すそう。

絞めた豚は血を含め、余すところなく料理して食べます。こちらは脂肪をまとめて揚げているところ。このまま食べるんだけど、さすがに私はこれはむつっこくて無理。カロリーすごそう。。。隣のボウルに入っているのは、ラワールに混ぜ込むスパイス類ですね。

スパイスなど前日から仕込んで出来上がるのが、こちらのラワール。

ヌガラは「ラワールクルンガー」が名物で、クルンガーは椰子を意味します。

ごはん部分にかかっているのがベースのラワールで、椰子の白い部分を細かく刻んで茹で、柔らかくしているんですね。これだけだとさっぱりしていて、他の地方のラワールよりもヘルシーかも。

家寺の祭壇の飾りつけも終えて、家族は沐浴をして正装に着替え、儀式のはじまりを待ちます。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

ジャンク&メルヘンなワルン「ダンデライオン」

雨が続くとちょっと気分がダウンになりがち。合間をぬって軽くバトゥボロンまでおでかけしてきました。

以前からなんとなく気になっていたこちら「Warung Dandelion」日本語にすると「たんぽぽ食堂」になりますね。あらほっこり (*゚v゚*)。

見た目はジョグロタイプのとんがり屋根。

入っていくと奥にも建物があり、木造でなかなかに広さがあります。

こういう緑の中庭のあるオープンなカフェ、個人的には大の好み♪

ジャンクを集めたような、シックだけどメルヘンな感じもすっごく好み〜。

このタイルは雨でもすべらないですね!

あちこちにインドネシアの骨董品や、モノクロのインドネシアの写真なども飾られています。オーナーさんの好みなんでしょうね。

テーブルセッティングがされているので場違いな店にきちゃったかしら?と一瞬思いましたが、メニューをチェックしたらとくに高すぎることもなく。ε= (´・`) ホッ

オーダーしたのはタマリンドのシロップとライムやジンジャーが加わったスカッシュ。オリジナリティがあってすごく美味しい。量もどっかりだし。

控えめにミゴレンを頼んだら、全然ひかえてない感じのがきました。

なにーこのおしゃれ感!(๑✪‿✪๑)ノ たかだかミゴレンですよミゴレン!ヽ(*´∀`)ノ

麺は薄くて太さがあり、中国の刀削麺みたいな感じ?モチモチです♪バリ島のいくつかのスパイスが複雑に重なり合って、言葉にできない美味しさ〜。見た目ほど辛くないです。他の料理もきっと美味しいはず。

途中雨が降ってきましたが、こんな風にカバーをしてくれるので止むまでゆーっくり過ごさせてもらいました!ここは確実にまた行くなー。

 

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

年末年始のお客様

Selamat Siang! 年末年始の忙しさがようやく終了しました。しばしブログも更新お休みしてました。

ソカバリは年明け早々お客様をトラガワジャのラフティングにご案内!

別のお客様は帰国前にバリニーズダンスつきのディナーを楽しまれたり…

クタでの待ち時間にシェラトンへ潜入。

このホテルはオーシャンビューが最高ですね♪ビーチウォークも徒歩で濡れずに行けるし、カウントダウン花火を楽しんだり、天気の良い日は目の前がサンセット。雨季のお正月を過ごすにはかなりおすすめです。

そのまた別のお客様は、ウブドロイヤルピタマハにて年越し。

今回本当にはじめてでしたが、いくつか小さな行き違いトラブルが起こってしまいました。それでもなんとか無事にすべてのお客様をご案内することができ、ホッとしています。

年末年始はどうしても渋滞が避けられませんし、他社さんも同じかと思いますがフル稼働のため、日本人スタッフによる緊急サポートが追いつかないことがございます。基本的には当日はドライバーとのやりとりになりますので、現地での待ち合わせ時間・場所は忘れないよう確実にしておきましょう。また、みっちり綿密でなくてもよいのですが、時間の余裕をもって旅のプランをご計画くださると、手配する側も大変助かります。

日本の皆様は次は春休み&GWが多いかなと思いますが、とくに他国の休日と被っていないようなので狙い目です♪

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

2020年値上がり?

Selamat Tahun Baru 2010! 皆様お正月はいかがお過ごしでしょうか。

バリ島はここのところ午前中は晴れているのですが、午後から曇り15時過ぎから夕方にかけて雨が降ったり止んだり、のパターンが多い天候です。

年末年始のお客様のご案内で得た情報ですが、大人気ウルワツ寺院のケチャダンスが2020年元旦よりチケットの値上がりが決まりました。タナロット寺院への入場料も、4月より値上がり予定。この流れで行くと、今年はさまざまな観光スポットで入場料の改定があるかなーと予想しています。

それにしてもケチャダンス 、ここまで上がってくると、チケット入手(16:00販売開始、公演開始は18時)や座席の場所取りにかかる時間と労力、それにプラス帰りの1本道の渋滞を考えるとちょっと…となってきますね。実は数年前からちょっとどうなのこれ、と内心思っています(苦笑)。

でも本当に完成度の高い公演であることは確かなんですよね。
是非是非、バリ島の他のエリアのケチャダンスももっと盛り上がって欲しいなと思っています。

ケチャダンスはタナロットやウブド、ウブド途中のバトゥブラン村でも見られます。
バトゥブラン村なら「バロンダンス」もおすすめ!バロンは獅子のような村の守り神であり聖獣。バリ島ではキッズに人気のキャラクターです。


ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

ピークシーズン真っ最中

日本の皆様、年末はいかがお過ごしですか?
クリスマスイブあたりから、バリ島は年末年始のピークシーズンに入っております。

今日は軽くチャングー&スミニャックエリア近辺をバイクで走ってみたのですが、主要観光エリアはどこもかしこも、混みやすいポイントでなかなかに渋滞していそう(´∀`;)

簡単に思いつく場所だと空港周辺、サンセットロード、タナロット寺院からの帰り道チャングー近辺、ウルワツ寺院への道中、ウブド街中、クタ街中など…。

予定スケジュールをもとにドライバーがご案内しますが、状況によってはルートを変更したり、あまりひどい場合には止むを得ず変更のご提案をすることもあるかと思います。

渋滞そのものは私たちにもどうしようもありませんが、お客さまももし「こんなに混むならここはもういいや」ということがございましたら、遠慮なくおっしゃってください。

渋滞を避けたい方におすすめの観光スポットはバリ島東部(ルンプヤン寺院を除く)でしょうか。離島のレンボンガンやヌサペニダも、ボートさえとれればいいかもしれません。

他にはまだそれほど知られていない寺院や、少しはずれてタバナンウブドの外れもよいかと思います。

ピークシーズンはお買い物好きなら街のど真ん中に宿を取る!沢山観光したいなら、大きなメイン通りに近い、街中から少しはなれたホテルもいいかもなーと思います。

ホテルによっては街中のメイン通りまで無料シャトルサービスを出すところもあるので、そういうのも活用するといいですね!

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

ヌサペニダ島へ

クリスマスイブ24日からバリ島は忙しくなってきました!友人情報によると、ウブド市内の渋滞にハマってしまうと2時間かかることもあるとかないとか…まだウブドへはご案内していないのですが、ちょっと恐ろしいです。 (´・д・`)

3日間に渡り、プトゥはジャカルタからのファミリーをご案内。2日目にはバリ島から40分ほどの離島、ヌサペニダ島へボートを手配し、送迎しました。

今回ご案内したボート乗り場はスランガン。

パスポートチェックなどがあるので、ボート乗り場には予約した出発時間の30分前に行きます。

ヌサペニダの美しいビーチに到着♪海の色がちが〜う〜*:.。☆..。.(´∀`人)

バリ島からソカバリのドライバーがガイドとして同行できますが、ボートや日帰り観光の手配のみでも大丈夫です!

まずはブロークンビーチへ。

そしてこちらは「天使の水たまり」といわれるAngles Billabong。

 

泳いでいる人もいますね☆彡
海の色は天気や潮の満ち引きによって変わります。

他にも綺麗な海スポットがあるんですが、ヌサペニダ島はソカバリがパッケージでご案内するレンボンガン島(レポはこちら)よりも広いので、1日で全てのスポットを周るのは難しいです。

レンボンガン島&ヌサペニダ島に宿泊をはさんで数日過ごす人もいます。

もちろん離島も通常と比べれば混み合うとは思いますが、ハイシーズンはピークシーズンはバリ島の渋滞を避けて離島でのんびりもアリ!ですね。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

田園ビューのアパート風滞在

以前ふらーっと立ち寄ってみた、チャングーにあるVilla Lotus 8。

シングルルーム、デラックスルーム、スイートルームがあり、おひとりさまでもファミリーでも、アパートメントスタイルで滞在できる雰囲気の素敵な宿泊です。

チャングーはバトゥボロンの少し外れ(5分程度の距離)にあるので、徒歩だと街へのアクセスは少々不便かもしれませんが、何より静かだし、広さがあってライステラスビューがある!ヨーロッパ系の宿泊客が多いみたいです。

この日空きがあって見せていただけたのが、40平米のジュニアスイートルーム。

室内にもテラスにもチェアがあってゆったり座れるのっていいですね。

バスルームも広々!レインシャワーで外国気分ヽ(*´Θ`)丿

ファミリールームは道路側だけど、更に外国のアパートっぽくて、差し込んでくる光がすごくいい雰囲気。ベッドはくっつけてもOK。

hotel villalotus8 canggu batubolong

日本人には思いつかない感じのインテリアですよね。ソファにあるクッションや籠も素敵!

hotel villalotus8 canggu batubolong

併設されるレストラン「海」はなんと和食のおしゃれなレストラン♪これまた、広々としていて気持ちがいいんですよ。

hotel villalotus8 canggu batubolong

建物の最上階には田園を見下ろすオープンヨガスタジオ。定期的にヨガクラスがあるみたいです。

hotel villalotus8 canggu batubolong

シングルルームで1泊450000Rp.〜、ファミリールームでも1泊800000Rp.〜なので、このおしゃれ感からいってもかなり破格じゃないかなと思います。

プトゥの自宅から10分ほどのロケーションで、渋滞しない道沿い。観光ツアーのご案内も楽チンです♪タナロットまで30分、チャングーのブラワまで15分、スミニャックまでなら25分の距離。
宿泊に興味のある方は、予約のおつなぎできますよ。ソカバリリピータのお客様、どうでしょう?

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

ようやく雨季らしく

今週からどしゃぶりの雨が頻繁に降り出して、バリ島はようやく雨季らしい気候になりました!

観光にはちょっと楽しくないですが、この雨がないとバリ島南部の水不足が深刻になったり、農業用水が不足したりするので困ります。でも激しいスコールになればなるで、たまに洪水注意のバリ島。

ほとんどの道では、雨さえ止めば意外なほどあっさりと水は掃けてくれます。スコールに慣れているんですよね。この年末年始のお客様、雨に見舞われてもびっくりしないでくださいねー。

上の写真は昨年のデンパサールからでした!

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

2019年の感謝

ちょっと早いんですが年末年始はご案内で忙しくて忘れそうなので…ソカバリツアー、今年もたくさんのお客様にご利用いただきました!

なんといっても今年は、日本の皆様に限らず、インドネシア国内はジャカルタやスラバヤ、マレーシアやシンガポール、オーストラリアなど、インドネシア近隣の国からのお客様をはじめとする様々な国からのお客様をご案内することが、ソカバリにとってはひとつのチャレンジでした。

またカップル、ファミリー、仲間、ひとり旅など、さまざまな旅をされるお客様をご案内したこともそれぞれに思い出深いです。

国やことばや文化が違っても地球はひとつ。そんな世界各国の人々との楽しい旅の出会いは、バリ島での暮らしもより面白くしてくれているように感じます。

それぞれの人がどんな想いで旅をするのか、何を楽しく感じるのか、それぞれに違っていて面白い。アクテビティやスパなどのご予約も増え、ソカバリの経験値もさらにアップしました。

買い付けの旅、離島ギリ島への同行ガイド、雑誌の撮影ロケなど、一般とはちょっと違う旅のご案内をしたり。

ひとつひとつの出会いがソカバリを豊かにしてくれることに、心から感謝いたします。

来年度の抱負はそうですねぇ…超団体のお客様の旅をアレンジし、ご案内すること、でしょうか。社員旅行やウェディング参列のグループなど、形はいろいろとあると思いますが…。経験値の上がった今からならできるはず!思い当たる案件あったら是非ソカバリにご相談ください♪

それから今年はなかった「壮大な自然・ヌガラへの旅」も、またちょっと広がるといいな。

コモド島への旅のお問い合わせもちらほらありました。

たまたまですが、最近プトゥの兄ワヤンさんが、仕事でフローレス島ラブアンバジョに月の半分行ってたりするんですよね。それからスンバ島も…インドネシアには手つかずの自然の美しい島がいっぱいあって、ロマンを感じます。

開発途中なので、バリ島と比べたら不便だしおしゃれカフェやショップも少ないし、観光の物価も実は少し高くなるのですが…この自然は他ではなかなか見られない!ていうかお客様が行く前に、まず自分たちが行かなくてはですね( ̄∇ ̄;)

うー、なんともまとまりのない2019年まとめでした!

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。