post

Mecaruといわれる儀式

さて、料理の準備が終え、バンタン(お供え物もろもろ)の準備も終え、沐浴が終えると、あとはマンクー(僧侶)が来るのを待つだけです。

これがね…長い!

1時間ほど待って、周りに「何時に来るの?」と聞いても「知らない」っていう人もいるし、「sore(夕方3時から18時頃を指します)」という人もいるし…。5人くらいに聞いてようやく「1時から3時の間」という情報にたどり着いた…。これはバリ島あるあるです(笑)。

基本的に、儀式をする日はバリの暦のよい日を選んでいるので、近所でもさまざまな儀式が重なります。それでマンクー(僧侶)または高層(プダンダ)は、その日は1日あっちこっちの儀式に出かけるためとても忙しく、時間が読めないんです。これは仕方がないのです…。

となると待ち疲れ、あっちこっちで昼寝がはじまります。

お供え物なんて下手したら、数日前から準備してますからね。夜遅くなることもあるし、ここで休んでおくに越したことはない。

こっちではおしゃべりに花が咲き、時折ドカンドカンと大笑い。だいたい人の噂話です(笑)。

男衆もなんだかんだとしゃべっています。こっちは車の修理代いくらだったとか、仕事関連の情報交換だったりかな。

子どもたちは子どもたちで、遊びつつだらだらと。

この日はですね、待つこと、なんと5時間!Σ( ̄□ ̄!)

バリ語のわからない私は、たまには声をかけてもらったり話の説明してくれることもありますが、ここまで待ったのは初めてで、退屈すぎて死にそうになりました。もちろん昼寝もした上で。

ようやくマンクーが到着し、はじまる儀式。

それは違うこっち、ちょっとあれ持って来て!とかわちゃわちゃ言いながらも、段取りはわかっているので、滞りなく儀式が進んでいきます。

この日はmecaru(ムチャルー)という浄化と祈りの儀式で、皆で近所の交差点まで歩いていき、そこでもお供えとお祈りをします。

バリに来たことある人なら、一度は見かけたことがあるかもしれない、道路脇のこの風景。

ここでお祈りをするとまた自宅に戻り、最後にもう一度家族全員で仕上げの(?)お祈りをして、儀式は終了です。

mecaruは人間と自然との調和を願い、祈りを捧げることで人間に高貴で崇高な精神が備わり、自然やその他環境への畏怖心と配慮の気持ちを保ち続けるためのものでもあります。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

 

post

儀式の男料理

ヌガラの実家の家寺をリニューアルしたので、その儀式があって帰省したプトゥ。

囲いの壁が老朽化していたのと、壁の左側に1.5mx3mほどの空間が残っていて何にも使われていなかったので、詳しい人に相談して大丈夫とのお墨付きをもらい、壁を奥まで広げました。祭壇も新調。

バリ人も中国の風水から影響を受けているのか、似たような感じで方角や位置などを気にするんですよね。例えば、自宅の目の前の土地を買って家族が家を建てるのはよくないとか、眠る時はアグン山の方角に頭を向けて寝る方が良いとか、色々とあります。

カフェやレストランでも見かける、建物のあちこちにあるこういう小さな木の祭壇も、できるだけアグン山の方角を向いてお祈りできるように設置しているんですよ〜。

さて、近所の男衆も手伝いに来てくれて、伝統のラワール料理の準備。
実は早朝に豚を絞めるところから始まっています。

こちらはココナツやスパイスを混ぜ込んだ豚のサテ。ピリッと辛みがあって、ココナツの甘みと食感がプラスされ、手作りのサテはそこらへんのワルンで食べるよりもずっと美味しい♪ヌガラは自然に溢れているので、竹串から自分たちで作ります。

こちらはバリ語でジュクッといわれるスパイスのきいたスープ。このスープにも豚を使います。

大きな儀式で使われる「バンタン」といわれるたくさんのお供え物はすでに準備が終わっていたので、女性陣も料理のお手伝い。これは肉をミンチにしてバナナの皮で蒸しあげる「トゥム」といわれるもの。脂肪や軟骨を混ぜたりします。

ソーセージのような感じで強めに塩を効かせていて、ジューシーですごーく美味しい。

大量に作る時は、一連に繋げて蒸すそう。

絞めた豚は血を含め、余すところなく料理して食べます。こちらは脂肪をまとめて揚げているところ。このまま食べるんだけど、さすがに私はこれはむつっこくて無理。カロリーすごそう。。。隣のボウルに入っているのは、ラワールに混ぜ込むスパイス類ですね。

スパイスなど前日から仕込んで出来上がるのが、こちらのラワール。

ヌガラは「ラワールクルンガー」が名物で、クルンガーは椰子を意味します。

ごはん部分にかかっているのがベースのラワールで、椰子の白い部分を細かく刻んで茹で、柔らかくしているんですね。これだけだとさっぱりしていて、他の地方のラワールよりもヘルシーかも。

家寺の祭壇の飾りつけも終えて、家族は沐浴をして正装に着替え、儀式のはじまりを待ちます。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

2019年の感謝

ちょっと早いんですが年末年始はご案内で忙しくて忘れそうなので…ソカバリツアー、今年もたくさんのお客様にご利用いただきました!

なんといっても今年は、日本の皆様に限らず、インドネシア国内はジャカルタやスラバヤ、マレーシアやシンガポール、オーストラリアなど、インドネシア近隣の国からのお客様をはじめとする様々な国からのお客様をご案内することが、ソカバリにとってはひとつのチャレンジでした。

またカップル、ファミリー、仲間、ひとり旅など、さまざまな旅をされるお客様をご案内したこともそれぞれに思い出深いです。

国やことばや文化が違っても地球はひとつ。そんな世界各国の人々との楽しい旅の出会いは、バリ島での暮らしもより面白くしてくれているように感じます。

それぞれの人がどんな想いで旅をするのか、何を楽しく感じるのか、それぞれに違っていて面白い。アクテビティやスパなどのご予約も増え、ソカバリの経験値もさらにアップしました。

買い付けの旅、離島ギリ島への同行ガイド、雑誌の撮影ロケなど、一般とはちょっと違う旅のご案内をしたり。

ひとつひとつの出会いがソカバリを豊かにしてくれることに、心から感謝いたします。

来年度の抱負はそうですねぇ…超団体のお客様の旅をアレンジし、ご案内すること、でしょうか。社員旅行やウェディング参列のグループなど、形はいろいろとあると思いますが…。経験値の上がった今からならできるはず!思い当たる案件あったら是非ソカバリにご相談ください♪

それから今年はなかった「壮大な自然・ヌガラへの旅」も、またちょっと広がるといいな。

コモド島への旅のお問い合わせもちらほらありました。

たまたまですが、最近プトゥの兄ワヤンさんが、仕事でフローレス島ラブアンバジョに月の半分行ってたりするんですよね。それからスンバ島も…インドネシアには手つかずの自然の美しい島がいっぱいあって、ロマンを感じます。

開発途中なので、バリ島と比べたら不便だしおしゃれカフェやショップも少ないし、観光の物価も実は少し高くなるのですが…この自然は他ではなかなか見られない!ていうかお客様が行く前に、まず自分たちが行かなくてはですね( ̄∇ ̄;)

うー、なんともまとまりのない2019年まとめでした!

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

最近のバリ島の天気

ソカバリツアー、今年も年末年始のご予約をすでにいただいております。
いつもありがとうございます♪
年末年始はやはりご家族やご夫婦での方が多いですね。

鴨のファミリー♪

年末年始のご予約で気をつけるべきことは、雨季が影響するアクティビティでしょうか。
例えばラフティングや滝めぐり、ATVライド、離島へのボートなど、天候に左右されやすいアクティビティの場合、当日の状況により中止となる場合があります。ただ、催行会社の都合でキャンセルになる場合にはキャンセル料金が発生しない場合が殆どです。

天候に左右されずおすすめなオプショナルアクティビティといえば、スパ文化体験などでしょうか。
弊社のウェブページに現在ないものでも情報を精査しご予約代行が可能であったり、ご案内もできますので、遠慮なくご相談ください。

今年に関していえば今までのところ、「本当に雨季なの?!」というくらい雨(大量のスコール)が降っておらず、なかなかの天気に恵まれています。これはこれで実はバリ島的にはまずいんですが…観光にはいいですよね。雨季なので湿度そのものは非常に高く、天気のよい日は外出でかなり汗をかきます。8時間以上のツアーやチャーターをご予定の場合は、上半身だけでも着替えを用意していくといいかな、と思います。

参考までにここ最近の感じだと、室内でも気温は9時過ぎより30度、湿度は70-80%を行き来しています。

日が出ている屋外になると、35度くらいまで上がることもあります。

写真は田んぼや川で涼むのが大好きな近所のシーズー犬。 放し飼いなので飼い主さんにシャンプーされた後も、平気でドロドロ。毎日ドロドロ。暑いよね…。

ところで数年ぶりにご予約されたお客様から「プトゥは最初怖い人かと思った」と言われました。

お気持ちわかりますよ、だいたい怖い顔してますからね。。。

カメラの前で笑顔になるのが苦手で、どうしてもこうなってしまうんです(´∀`lll)

バリ人の友達にも「瞳孔開いてるぞ!」とたまにからかわれてます・゚・(ノ∀`)σ・゚

ちなみに、カメラを意識しない時にはこんな笑顔も♪

オフの子煩悩なプトゥでした☆彡

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

彫り物だらけのバリ

バリ島を散策していると、寺院や個人宅の門、レストランやホテルにさまざまな石像を見かけますね。

スタンダードなものだとこういうおじさん。

個人宅でもよく見かけます。他にも

こういう5身頭のかわいくなった阿修羅みたいなのとか。これは寺院前にもよく見かけますね。

最近はあちこちで村の寺院の再建が頻繁ですが、うちの近所の寺院はまだ古いところが多く、石像に関していえば古いものの方が素晴らしいなーと思います。悪霊系でいくとランダは代表格(注意:ランダは神様でもあります)。

時々ぎょっとするのも。これは神様なのか、悪霊なのか…。

バリヒンズーの神話や伝説に出てくるものが石像になっていることが殆どですが、これは一体…?

石像を見て歩くだけで楽しいバリ島。

私は個人的にこういった彫り物が好きなので、プトゥも自宅の玄関に石像置いたり、木彫りの立派なドアとかつけるないのかなー?と期待していたのですが「やらない」といいます。

理由は「掃除がめんどくさいから。」はぁ、なるほど確かに…。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

ありうるけど珍しい光景

Selamat siang!
雨季到来といいながらあれから雨が降らず、また暑さを増してきたバリ島です。

先日おでかけした時に、目の前になんだか荷物たくさんのバイクを発見。
まぁバリ島では荷重オーバーのバイクやトラックなんてよくある光景なんですが、これはいつもとちょっと違う。

ん?

近づいてみるか。。。

バリ犬が5頭もバイクに乗っている!!

器用すぎやしませんか?

おっちゃんめっちゃいい笑顔してる!

え、ちょっと待って。本当に5頭?

画像でもう一度数えなおしたら、全部で6頭でした。
どの犬もつやつやで、ちゃんとお世話してもらってる感じ。幸せだね〜。

背後につけている看板によると、あちこちのレストランから果物や野菜の生ゴミをもらい、家畜である豚の餌にするために巡回しているようです。ごみを生かすエコでナイスなアイデア!!素晴らしい*:.。☆..。.(´∀`人)

いやー世の中にはいろんな仕事があるもんですね。

めちゃめちゃほっこりした道端での出来事でした。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

儀式の流れ(後編)

翌日は朝、男性陣が準備してあったラワール作り。女性陣は作ったお供え物を祭壇に入れ、線香を炊き、皆が正装してマンクー(僧侶)を待ちます。

準備が終わり談笑する男性陣。このときのおしゃべりってジョークを交えながらも、結構大切な情報交換をしてたりします。

3時ごろ来る予定だったのに、前の儀式がはやく終わって1時には来たマンクー。
儀式のお祈りごとを終えてラワールタイム。来ていただいたマンクーから箸をつけていただく感じ。このへんのマナーというか感覚は日本人と似ているなぁといつも思います。ヌガラのラワールは「ラワールクルンガー」といってココナツの皮の白い部分を蒸してつくるちょっとベジタリアンなラワールです。でも豚や鳥のスープと一緒にいただくのでベジタリアンではないんですが(´∀`)

硬いココナツの皮が蒸されるとやわらかくなりつつもコリコリの食感があってすごく美味しいんですよー。

上のラワールにプラスし忘れたトゥム。日本人スタッフはこれが大好き。しいていうなら肉々しくてジューシーな餃子の中身、みたいな感じですかね。この日は豚とあひるを用意。バナナの皮で蒸します。

食事が終わるとこれまたひとしきり談笑タイム。プトゥの家族はみな質素というか、控えめな人が多いのですがこの日は珍しくセルフィータイム!「フェイスブックの顔全然違う人いるわよねーあれどうやってるの?」とかいいながら、どうやって細く映るか、角度はどうがいいか、アプリのエフェクトはどうするか、老若乙女のようにキャッキャと実験しながら撮りまくり≧(´▽`)≦

渾身のキメ顔(๑´▿`๑)

最後は大勢でカシャッ!

日本人スタッフは顔隠します(苦笑)

楽しそうに見えますが(そして楽しいんですが)、バリ人はタフです。雨季前の暑い気候の中常に手も体も口も動かして準備に準備。日本人の私は勝手がわからないだけでなく、暑すぎて同じ感じではなかなか動けないです。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

儀式の流れ(前編)

3日に1回の更新を目標にしているのに、最近なかなかできていない日本人スタッフです。

日本の台風、今年は何度も大きなのが直撃して大変でしたね。とくに関東地域の被害をネット上でみてあちこちの知人友人が心配になりました”(・_・、)”

バリ島は数年前にアグン山の噴火が懸念され、警戒度は今も変わってないんじゃないかと思われますが、観光エリアにとくに影響はなく、すでに日常に戻っている感じ。でも自然のリスクは常に心しておかないといけませんね。

さて、実家のあるヌガラに帰省したプトゥ。バリ人はだいたいいつも儀式で帰ります。今年に入り、プトゥのご両親が高齢で体調がすぐれないことも増えてきたので、この日も儀式準備から参加。これはフルーツのお供え物セットの準備中。

各世帯でこの「ソカシ」というかごにマイお供えセットを用意します。忙しい人は自宅からもってきてもいいし、自宅での儀式の場合は他のお供え物とまとめて準備しちゃいます。村のお寺に捧げるのも同じものです。

フルーツが足りないので兄さん家へ行き、マンゴーをゲット。雨季がもうすぐのこの時期が旬!(。^~^。)

マンゴーの木はなかなかに大きくなるんですが、ひょいっひょいっと登るプトゥ。

傷のない大きくてきれいなマンゴーをゲット!産地どころか木直送なのですごく美味しい!

自由なバリニーズ犬たち。

前日は女性陣はお供え物の準備がありますが、家族皆が集まるので男性陣は伝統料理ラワールの準備と家の祭壇の飾り付けが仕事。他にもグリヤという高僧の自宅へ行き、儀式に使う聖水をいただいてきたりします。

そうこうするうちに準備ができ、翌日は儀式を迎えます。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

現在のバリ島

日本の台風19号がすごかったみたいですが、皆さんは被害など大丈夫でしたでしょうか?各地の河川の氾濫がこれまでにない数&規模だったようで、心配になります。これも温暖化の影響なのかもしれませんね。

自然災害はどうしようもないですが、可能な限り日々の備えは大事ですね。

バリ島では台風に関係なく、雨季は場所によっては洪水で浸水することもありますし、田舎の方では稲の被害などは、やっぱりみなさん気にされていらっしゃいます。また、雨も全く関係なく停電することがまだまだ頻繁にありますが、ここで何年も暮らすとかなり慣れてきて、「キャンドルナイトでゆったり夜〜」と思うことにしています。

さて、雨季の近づくバリ島、先週行ってきた日本と比較して暑さが増しています。昼間の気温はだいたい室内で30度、湿度は70%ほど。雨季になると湿度は90%とかになるので空港から出ると「もわっ」とした東南アジアらしい空気。

そういえば今回日本から戻った時、到着口が少し変わっていました。今まで出口だったところに人がたむろすることが減って、その外側、道路沿いに人が待つように。これはたまたまなんでしょうか、新しく変わったのでしょうか。

わかりませんが出口が少しスッキリしました。

ここで待てなくなったみたい?

羽織はいらないかな?ホテルや空港では必要かもしれませんね。普段はTシャツや袖なし、汗拭き用のハンドタオル片手で大丈夫です。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

ソカバリツアー続いてますよ!

Selamat Siang! 最近定期更新ができておらず、実生活でわちゃわちゃしておりました。ソカバリツアーは続いておりますのでみなさん忘れないでくださいねー。

わちゃわちゃしたまま、日本へ一時帰国。

前にも書いたかもしれませんが、日本人スタッフの故郷は四国です。

もうねー、海と橋の風景、最高。たまりません。

四国人なのでもちんろんうどんは食べまくりました!バリ島の丸亀製麺では出せないこの味。野菜の新鮮さ。天ぷらのカリッとふわふわ感。

スーパーでたらこを買って食べまくり、さしーみを満喫し、ワインと日本酒を浴び家族や友人に再会し。。。

山の中にある隠れレストランで山羊に遭遇したり。

…海に山羊。食事以外、道端で牛に出会うバリ島暮らしとあまり変わらないような(;´ー`)ノァ´`´`…
(注:四国ならどこでも遭遇できるわけではありません。)

2週間ほど日本を満喫してバリ島へ戻りました。在住7年目にもなると日本とバリ島、どっちに戻っても「帰ってきたー」という感覚があるので不思議です。

というわけでバリ島の情報がネタ切れなのですが、また定期更新できるようがんばります。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。