post

ソカバリ農部:森を開墾

菜園ではきゅうりとトマトが実をつけて、ぐんぐんと大きくなってきました。

これは数日前の写真ですが、きゅうりはあと3日もすれば食べられるかな?楽しみです。

さて、別の場所を案内しますね、と前振りしていたお話。

実家から歩ける距離にある、森。なぜ森かって

本当に森だから。

観光地エリアでツアーの仕事をしているプトゥは、日本から帰国後も土地の管理をお父さんに任せっきりでした。でもお父さんももう80代。日本の農業のように機械を使うわけでもなく、ただ鎌を片手に森へ入り、適当に何か好きに作業をしている、という状態だったので、疎開生活を機会に、これらの森を整備していくことに。

実は上の写真は草刈りをした後の状態で、入った当初は

マジ森でした。まるで絵画のようなジャングル状態。
お父さんここを一人で鎌片手に草刈りって、絶対間に合わないよね?

果物をちょこっと植えてみたりはしてたけど、どっちかっていうと草刈りをしながら、自宅で料理に使う燃料の木を集めている感じだったみたい。

この森がですね、すごいんです。最初の3分くらいはどうってことないんです。でも、うっそうとしていて、気づくと20匹くらいふわふわとの周りに蚊がいっぱい!今まではオーガニックの虫除けを使っていたのですが、そんな上品なものでは間に合いません。というか、全く効果がありません((((;´・ω・`)))

草刈りをすると地面が見えて空気がすっきりしたのか、それらの蚊たちも大分減ってくれて

次は土起こし。小さな耕運機を兄さんと共同購入したプトゥ。

初日。二人交代で1日がんばって、耕運機が暴れん坊なのか土が硬いせいなのか、見ているだけで疲れる作業をしていましたが、

とりあえず、いい土が出て来た♪
柔らかくなった土に、バナナを植えるそうです。

バリ島ではお供え物にかかせないバナナ。大きなバナナの葉はお供え物や料理の飾りに使うし、木(茎?)の部分は、実はバリ料理ではスープになる野菜です。実だけじゃないんですね。プトゥジュニアもバナナ大好き。さまざまな種類のバナナがあります。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

バリ島の田舎 都会との違い

全般的にヌガラでの疎開生活を楽しんでいますが、いろいろと不便なことや、バリ島では都会のバドゥン(私が暮らすバリ州の県。クタやスミニャック、チャングー、ジンバランやウルワツまで含まれる一大観光エリア。)との違いも、忘れないように書いてみます。

1. サソリがいる。

はい、います。菜園のある家ですでに4匹見かけてしまいました。こっちが先に見つけた場合はじっとしているだけだし何もしませんが、陰にいるのに気づかずに、間違って触れてしまったり踏んでしまうと、とっても苦しいことになるそうです。プトゥいわく、黒サソリと白サソリがいて、白サソリの毒の方が致死率が高い、と。写真のは黒サソリ。

一度は夜キッチンでゆったりしている時に、気づいたら30cm向こうの床にいました。「気をつけてね。」といわれても、一体どう気をつけたらいいのか。。。コロナ並に怖いです。

2. トマトが小さい。

バドゥンの方で売ってるトマトは日本の桃太郎よりは小さく縦な感じですが、それすらも「大きい」のだと気付きました。ヌガラでは大きいトマトを見かけません。プチトマトよりはもう少し大きいミディアムサイズ。大したことじゃ無いかもしれませんが、トマトソース作る気をなくします。

3. 乳製品に限りがある。

街の方のスーパーに行けば売っていると思っていたら、甘かったです。牛乳はないことも多く、ヨーグルト(食べる方)やバターは見かけません。入荷したてでも10本くらいでした。料理で使う文化がなく、基本的に乳製品は高めではあるのですが、ちょっと衝撃。料理の幅がめちゃ狭くなる。。。仕方ないので、バドゥンへ戻った時に入手しています。ちなみに、飲料系の乳製品は普通にあります。

4. 天候や時間でわいてくる虫が交代制(ハエ、カメムシ)

隣の森に牛さんいますし、鶏やその他家畜を飼う人も多いのでね。。。雨の後は必ずハエがわきます。バドゥンの家でも時期によっては多いこともあったのですが、数的にその倍以上はいくと思います。朝、太陽の光が入ってくると同時にハエたちは外から我が家に出勤してきます。カメムシは夜。玄関の電灯を狙って黒いのが来ます。日本のカメムシよりは香りがマイルドです。 

5. 川でのマンディ(入浴)は日常。

バリには昔から川で沐浴をする習慣がありますが、都会では水質が悪くなり大分減りました。「ヌガラはみんな川好きだなー」と思ってはいたのですが、自宅に井戸が引かれていない家がまだまだ沢山あることを知りました。川で洗濯しながらマンディするし、トイレを済ませる人もいます。行ったことないけど、インドっぽい。

プトゥも子供の頃はそうしていたそうで、「運が悪いと、髪を洗ってる時に誰かのうんちが上流から流れてくる」という衝撃的なエピソードを涼しい顔でしてくれました。

自宅にお風呂がある人でも、川のマンディが好きでわざわざ行く人もいます。子どもたちと、妙齢のおじさまおばさま方は、なかなかに丸出しです。

post

ヌガラに疎開!ソカバリ農部♪

Selamat Siang! ソカバリです。
みなさんいかがお過ごしですか?

実は4/23より、バリ島西部の故郷ヌガラで疎開生活をはじめました。

バリ島では早くに自粛生活を開始(観光客が減り、自粛せざるを得なかった)しましたが、現段階で政府からの補償は皆無といっていいかと。車や家のローンに1年間返済猶予ができたのと、アンペア数の低い貧困層の電気代が無料か割引になったくらい。。。

明日の食事がない人には「センバコ」といってお米や油、卵などの支給がバンジャールによってはもらえます。観光エリアでは外国の方々も食事の提供など、積極的にボランティアをするお店も。中途半端なソカバリ家は収入ゼロの中、貯金が減ってゆく一方で、それがいつまでかも分からない。私たちの小さな家での何もしない自粛生活も、この状況ではすぐに精神的にも限界になります。

幸い、プトゥはヌガラにいくらか土地を所有しています。折角なら菜園、やれるなら農業までやってみますかね?農業なら、仕事を止められることもないし。

というわけで、まだ売り手のつかない義兄の空き家を借り、いきあたりばったりで疎開生活を開始!

引き続き販売しております(*´∀`*)。菜園付きの予定!

シャワートイレ1つ、寝室2、客間1、キッチン1、正面と片側に庭、台所から出られる裏庭付き。風通りが最高で、エアコンなしでも暮らせます。土地の広さは2アール。

キッチンは広々としていて、冷蔵庫を置けるスペースもちゃんとあります。

まずはこの家の裏庭に菜園をということで、草引き開始。プトゥほぼ一人で2日で終了。

次に天地返し。土を掘り起こし、大きな石を取り除いていきます。 鍬ひとつで一番体力を使います。

ついでに通路側に、屋根から落ちてくる水はけスポットもちょっと作っておきました。

バリ島のこの手の分譲住宅は水はけのことまで考えられていない家が多いので、自分で改造が必要なことも多いです。畑にジャバジャバ打ち湯のように水が落ちていたパイプは、あとで付け替え。

良質な土を入れ、さらに小石を取り除きながら、

ようやくふかふかの畝が完成!

プトゥの日本での農業スキル、ヌガラでも開花〜*:.。☆..。.(´∀`人)。

この一連の作業、他のこともやりながら1週間足らずで一人でやってのけたので、ほんとすごいと思います。

というわけで、ソカバリはしばらく「ヌガラでの疎開&菜園暮らし」ブログになる予定です。ソカバリ農部♪今後どうなるかはまだよくわかりませんが、書くネタができてちょっとうれしいです。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

Di Rumah Aja #お家にいよう3

Selamat Siang!
日本も都市部を中心に大掛かりな行動制限がはじまったようですね。検査も積極的になったなぁと思ったら、インドネシアの感染者数を一気に追い抜きました。

一方、インドネシアでは検査数が足りない間に合っていないのではと、あちこちから声が聞こえ、政府もスピードアップに懸命の様子です。

バリ島では、観光業が2月あたりから死に始めたので、そろそろお金の尽きる人も増えています。小さな自治体レベルでもお米を配ったり、余裕ある外国経営のレストランなどが無料の食事提供などを自主的に開始。マスクは国全体で義務化され装着率はかなり上がりました。政府からはアンペア数区切りで電気代の無料化や割引をしたり(貧困層を想定)、ローン支払いの1年間の猶予などを行っていますが、実質的な生活の補償はまだありません。

<4/17 バリ島の感染者数>バリ州の対策ウェブサイトより
-現感染者数は79名
-累積で113人、うち回復32名/死亡2名
-累積感染者で最も多いのは海外就労からの帰国者(右図グラフの紫部分)

前回のブログ記事内のデータと比較すると、やはり感染者増えていますね。。。
これには事情があります。

バリ島では初期の防疫がうまくいき、ジャカルタにある程度合わせて自粛を積極的に進めてきましたが、現在、海外からの帰国者の感染が大きな懸念です。その数、バリ島だけでなんと2万人が予測されているそう。

海外への実習生もいますが、クルーズ船の乗組員が最も多いようです。仕事を無くした人も多いので、もちろんバリ島としてもインドネシア政府としても、自国民を受け入れないわけにはいきません。

このため、帰国者はすぐに健康診断と血液検体による迅速検査。陽性者は症状に関わらず、用意された施設にて隔離措置後、今後はPCR検査を実施。陰性者は念のため自宅にて自己隔離観察という話もあれば、バリ島の各自治体がホテルを用意するよ、という話もあったりで、今ちょっとこのあたりは情報が整理されておらず、気になります。

感染が島内で拡がらないよう(右図グラフのオレンジ部分)食い止めるのが、今後のバリ島のミッションかなと思われます。ついでに、同グラフの青は国内移動によるバリ島での感染者、赤は外国人です。今後のバリ島感染者情報ウォッチの参考にしてくださいね。

数日前にいったデンパサールのショッピングモール、レノンプラザ。カフェレストラン系は閉店またはデリバリー注文のみ受け付け、スーパーは開店、その他のお店はすべて閉店。観光エリアも閑散。むしろローカルの小さな商店系のお店が、今はちょっと心配。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

Di Rumah Aja #お家にいよう 2

4/4午後現在のバリ島の感染者数(バリ州の対策ウェブサイトより)。

<バリ島の感染者数>
現感染者数は15名
-累積で35人、うち回復18名/死亡2名
-188名の PDPは、感染疑いで隔離観察中の人数

26日のニュピをきっかけに外出自粛がはじまり、それ以前に学校は休校、あちこちで観光スポットや大型ショッピングモールなどが休業や閉鎖になっています。ですが、それでもやっぱり少しずつ感染者が増えています。

もし何も自粛をしなかったら、もっと早いスピードで感染が拡がっている、ということ。
ジャカルタのパンデミックと同時にバリ島も同じレベルで警戒モードに入ったことが、よい方向に進んでいる印象です。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

Di Rumah Aja #お家にいよう

さて、バリ島は観光業がお休みになっているわ、外出自粛しているわで、ソカバリブログもどうしたものか…。

帰国難民が集まるチャングーも、ついに多くのレストランやカフェが閉まるようになり、一部店舗はgojekなどを利用したテイクアウトのみに切り替えているようです。今日からは、ビーチへいくと罰金という話も聞こえてくるようになりました(無視して出かける外国人&ローカルがいるので)。日常の買い物や銀行などには問題なく行けますが、営業時間にも変更がある様子。私もほぼ外に出ていません。

先日スーパーに出かけたら、店舗前で地元の若い子たちが消毒作業。

スーパーは外国人の利用が多いのですが、結構混雑していて感染が心配になります。レジ前は距離をとるよう線が引いてあり、手の消毒液が置いてありました。パサール(市場)も同じように混雑が気になります。

ローカルエリアでも、感染が怖くてお店をしめちゃった小さなワルン(商店)もあります。

カトラリーなどでの経口感染も心配なので、私たちはニュピ前から外食を控えるようになりました。もっぱら自炊なので、スーパーと市場だけはなんとかがんばってほしい。。。ごみ収集屋さんやバイク配達の人々など、そんなに利益がとれないけど、今頑張ってくれているのはこういうお仕事の人たち。医療関係の人たちも、今世界各国で、限られた体制や防護の中知恵と予算を振り絞ってがんばっています。

どこの国でも、医療崩壊が心配されています。
私たちにできることは感染しないよう、感染を広げないよう自宅で過ごすこと。
ソーシャルディスタンス(社会的距離。2mと言われています)を守ること。
今はそれこそが思いやりの世界。
もちろん、政府からの自粛や閉鎖に対する配慮も不可欠だと思います。

ニュピから自粛の開始したバリ島、なんだかいつもより空気が澄んでいる気がします。

インドネシアでは閉鎖も引き続き検討されています。全世界が起こっていることですから、いずれにしても、2週間や1ヶ月で終わるものではないという覚悟が必要かなと感じています。

そんなわけで、何か思いついた時には投稿するかもしれませんが、しばらくはのんびりペースの更新になります。

みなさまもどうか甘く見ないで、お身体お大事にお過ごしください。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

 

 

 

post

新型肺炎「COVID-19」へのバリ島対応状況4

お久しぶりの更新です。日本は桜の咲く時期でしょうか。

バリ島に旅行予定だった方ならもう他のブログなどでご存知とは思いますが、20日よりすべての外国人に対するインドネシアへの入国制限が非常に厳しくなりました。

30日以内の滞在のビザ免除は停止。このため、バリ島へ旅行される方はビザの手配をしなくてはなりません。さまざまな書類や健康診断書の提出など、事前に日本の在インドネシア大使館に申請し許可を受ける形となりました。

また、入国時に健康上の異常があった場合には、問答無用でそのまま14日間隔離状態となります。

この影響でバリ島内の観光スポットも休業が相次いでおり、旅行だったらわざわざこの時期に来る必要はないでしょ、という諦め感。( ̄▽ ̄)

お互い感染してるかもしれないですしね…(;´ー`)ノァ´`´`…

また現在、イタリアなどヨーロッパ諸国をはじめとするさまざまな国の方が世界のあちこちの国境閉鎖やフライトキャンセルの影響で帰国難民となっており、バリ島内の移民局は数日は溢れかえりそうで、今後もどうなるかわかりません。

移民局で体温測定。ソーシャルディスタンスも推進中。

昨日3/23時点ではインドネシア全体のcovid-19感染者は514名、死者は48名となっており、バリ島は3名の感染者と報告されています。ジャカルタでの感染者がもっとも多く、今後はこの拡がりをどれだけ抑えられるかにかかっています。政府は最大限の予算をつぎ込み、警察や軍の病院を隔離施設として準備。バリ島ではあちこちで毎日、公共施設の消毒などが予防措置として行われています。韓国のように、今後は簡易検査キットも導入するようです。

空港も消毒中。

アジアも米国もヨーロッパも、世界中が大変なことになっていますね。
バリ島は閑古鳥のまま、25日にバリヒンズーのニュピを迎えます。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

ヌガラでクニンガン(送り盆)

Rahajeng Hari Raya Kuningan!

バリ島では送り盆のクニンガンが昨日終わりました。自宅でお祈りをすませ、ガルンガンは仕事のためプトゥのみ日帰り帰省だったので、クニンガンは一家でヌガラへ帰省。

以前作り直していた家寺は、壁も美しくなりついに完成!

〔ビフォー〕

〔アフター〕

すごいでしょ?

ちなみに、改装前はこんな感じ。なかなかに年季入ってました。

壁を壊して敷地を広げて祭壇を新調し、新しい壁をつくる。
なんと、このリフォーム費用に約120万円!(||゚Д゚)ヒィィィ!

5-6家族が一緒に暮らすような大きなお家と比べたら、規模的にはずっと小さいと思うのですが、それでもこの費用…。神様やご先祖さまの宿る大切な祭壇ですから、一族みんなで出し合います。費用は一律ではなく、出せる人が出せる時に、がバリ人の考え方。自分たちの家や部屋よりはこっちにお金かけます。

さまざまな種類のお供え物も、ヌガラでは自分たちで準備。

飾り付けもお手伝いが終わり、合間に近所におでかけ…実家から5分の海へ。

その帰り道に立ち寄った義兄さんちにはまた子豚が誕生☆元気に歩き回って成長中♪

家畜用の広ーい敷地で、鶏とあひるも一緒に育っています。

そしてクニンガン当日。
朝早く起きて用意したお供えを祭壇に置いていき、お祈りをします。

実家だけでなく、家族所有の土地すべてなので何箇所もあります。午前中にすべてを済ませなくてはなりませんから、家寺でのお祈りが終わると、皆で手分けして徒歩やバイクでお祈りに出かけます。

プトゥジュニアもお手伝い。

この後さらに、近所の一般寺院にお参りに行く人もいます。

そんなこんなで、バリ島のお盆は明けました。
次の大きなバリヒンズー行事は、3月25日のニュピになります。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

新型肺炎「COVID-19」へのバリ島対応状況3

日本・韓国での国内感染者が今増えつつあるので、パンデミックを心配しています。クルーズ船に出入りしていた厚労省の職員90名も検査せず通常業務を行なっており、副大臣の検査も野党から要求されていますね。

COVID-19(あるいは2019-nCov)致死率そのものは2%強だそうですが、年齢層でいうと50代以上の方の方が重症化のリスクが高いそうなので、みなさん本当に無理をしないでくださいね。

インドネシア国内外の反応はこの記事によく書かれていますが(日本語でもニュースになりはじめましたね!)、信仰に厚い国故の非科学的な保健省のコメントが小馬鹿にされていて、立場的に批判されても確かに仕方ないのですが、ちょっと悲しいなと感じます。

さて、先日の記事ではインドネシア人の国内外感染者いまだゼロというお話をしましたが、この時点で私、情報を一つ漏らしていました。シンガポール在住の方が1名感染しています。また、日本のクルーズ船員が、現在4名感染していることがその後わかっています。ジョコウィ大統領は日本に何度も連絡をして自国の船員の帰国準備をしていますが、返事が来なくて困っているそうです。

また昨日の話になりますが、インドネシア国内の空港で日本人が入国拒否をされました。発熱があり、「感染者と接触した」と話したため拒否されたようです。入国拒否の場合は帰国するしかありません。このご時世ですし、体調が万全でない人は旅行は控えましょう。

というわけで、インドネシア国内では今も変わらず感染者ゼロです。

信じるも信じないも、あなた次第…。

国内はゼロですが、国外に感染者が出ているということで、「インドネシア人の免疫力ハンパない」説は消えるなーと思いました。

ちなみにインドネシアでは中国間の渡航やビザ許可を一時的に停止したと同時に、中国からの輸入品にもストップをかけています。

3回に渡ってバリ島&インドネシアの状況をまとめてみましたが、この先特に何もなければ、そろそろバリ島情報に戻りたいなーと思っています。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

新型肺炎「COVID-19」へのバリ島対応状況2

新型肺炎またはコロナウィルスは、WHOにより11日に「COVID-19」と名称が決まりましたね。
ソカバリでも今後はこの名称でいきたいと思います。

さて前回の記事で、インドネシアのCOVID-19感染者はゼロというお話をしましたが…

なんと、今だに感染者ゼロです…しかも国外含めて。

それで海外の各メディアや学者、一般の人などでも「インドネシア大丈夫なのか」「ちゃんと監視できているのか」「シンガポールやタイでは見つかっているのに」「医療レベル低いから検知できない?」「もう絶対感染者が入り込んでる!」と騒がれております。

それに対するインドネシア保健省は「別に何も隠してない…WHOに言われた通りのプロセスでチェックしてるんだけど、ほんとにいないんっす…」とちょっと困惑気味で取材に答えており、インドネシア人にも自国を疑っている人は多くいます(笑)。

そんな中、バリ島から中国に帰国した観光客2名が、帰国後に新型肺炎陽性との情報

情報を掴んだのはジャカルタポストで、中国人が本国の中国語の情報をシェアしてくれ、インドネシア政府に情報が入りました。陽性確定となった観光客の名前がわかり、バリ島保健局は急いで移民局と協力し、感染者の足取りを追跡。滞在ホテルなど行動範囲を調査し、とくに感染の広がりは見られていなかったため、「帰国後本土での感染が濃厚」と結論づけました。

これを受けてカルーダインドンエシアでは、独自基準に則り感染者が搭乗した機体を消毒。また室内の空調に関わるHEPAエアフィルターを取り替えました。また、行きのフライトとされるたライオンエアの乗務員は空港で健康状態は既に確認済されており、異常も確認されなかったと、公式サイトで発表されています。

インドネシアではこれまでに症状が疑われる70名に検査を実施、そのうちバリ島では14件。テスト結果はいずれも陰性(この記事後75名の検査実施数になっています)。

また、これとは別に日本で話題になっているダイアモンドプリンセスのクルーズ船には78名のインドネシア人クルーが同乗していますが、インドネシア外務省によると彼らにとくにCOVID-19の症状は見られていないそうです。テストを実施されたかの情報は不明。

また武漢からチャーター便で帰国し、ナチュナの軍事施設に留め置きとなった238名のインドネシア国民は、2/15に14日間の隔離を終えています。政府からはナチュナ市民に対し、受け入れに対する感謝が述べられました。

こちらは、インドネシア人が武漢から帰国した際の動画です。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。