post

チャングーのカフェ「KOLONI」

バタバタしていて更新が遅くなっていました!みなさんいかがお過ごしですか?残暑の日本、少しは涼しさも戻ってきたでしょうか。

バリ島は11月の雨季に向かい、7月よりは暑く感じる日が増えてきました。でもまだまだ風が気持ちいいですよ♪

最近のバリ島のインスタ情報は似たり寄ったりのマーケティングがすごいです。カフェはとくにそうで、果たしてインスタで気になる店は美味しいのか?をやってみることにしました。選んだのはカフェ「KOLONI」へ突入してみました。写真では食べ物が美味しそうだったんですよね。

入り口は地味。通り過ぎてしまいそう。ブラワ通り沿いにあります。

室内はエアコン完備でお一人様も多く、静かにゆったり過ごせる雰囲気。

せっかくなのでオープン席へ。南国らしい雰囲気。緑がいっぱいあるのはいいですね。でも私が写真にとるとなんか普通。。。(;´ー`)ノァ´`´`…

私はソファシートに座っています。お客さんはスタイル抜群のおしゃれさんが多い印象。

薄暗い感じですが、涼しくてまったりできますよ。

もっと映えるもの頼めばいいのに、素直に欲に従ってカフェオレ率の高い私。

味は普通ですね…。

ランチにチキンをオーダー。

うーん。おしゃれな盛り付けだし、胸肉ながらチキンもジューシーで美味しいのですが…普通ですね。。。

すみません、あくまで私の中でのチャングーを平均にしたときの評価です(辛口?)。

まずいわけではないし、座っていて心地いいしサービスも悪くないし、Googleでの評価もなかなか高いのですが、バリ島に旅行や短期滞在にくるみなさんを想定したら、ここには別に来なくていいかな?と思いました。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

タマンアユン寺院

タマンアユン寺院は1634年にバリ王国のひとつ、ムングイ王国の寺院として建立され、現在は世界遺産に登録されるバリヒンズー寺院です。のんびりとしたバリらしい風情の景観のを車で走るとぽんっと現れる、広い敷地。緑の庭園は美しく整備されており、散策しやすい環境になっています。

入り口の歴史ある小さめの割れ門を入ると

まっすぐに奥へと続く遊歩道。緑が豊かです。石畳の上を歩いてくださいね。

二つ目の大きめの割れ門を抜けます。

芝がとても綺麗に整備されていて、写真には写っていませんが左手には木陰があり、右側にある広々としたバレでは自由に涼むことができます。

奥に見えるのは山門といい、本堂につながる入り口です。神聖な場所のため観光客はここから先へ入ることはできません。左の遊歩道から入り、周囲を歩きながら中を眺めることができます。

みどころはこの美しい塔群。多重構造の屋根は聖なる山アグン山をかたどっており、本来は奇数ですが、王族の祖先を奉る塔だけは偶数になっているそうです。探してみてくださいね。

周辺をぐるっと回って最後は森林の木陰で一息。タマンアユン寺院は大きな掘に囲まれています。ここ、以前はこんなに整備されていませんでした。出口付近にワルンがあり、座ってバリコピを飲んだり軽い飲食もできます。ほとりは涼しくて気持ちがいいですよ。

そういえば、この日は入り口近くのバレにこんなものが。

左右はバリ島の「ランダ」という魔女で陰のシンボルを意味しますが、同時に神様でもあります。真ん中は「バロン」と言われる村の守り神。獅子の聖獣で陽のシンボルを意味します。

善と悪が戦い疫病を祓う奉納劇「チャロナラン」に必ず出てきます。数々ある奉納舞の中でも最も人気があります。チャロナラン劇は神様に捧げるため特別な日に寺院内で行われるもので、一晩かかる長時間の劇。大変に迫力がありますが、観光客には一般公開しておりません。

ウブドのバリニーズダンス公演の演目では「バロンダンス」として観ることができます。また、朝一番にウブド近郊の村でもバロンダンスをやっており、お子様にも人気です。興味のある方はご相談くださいね。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

ちょっとだけバリ語

旅の本にはだいたいちょっとインドネシア語が載っているのですが、初めての旅行者は知らない方も多いバリ島。

インドネシア語は多々ある島々で異なる言語が話されているためにつくられた共通言語。バリ島には「バリ語」があります。バリヒンズーにはインドからの流れでカースト制度があり(ほぼ名ばかり、形式上のものへと形骸化はしています)、日本語のような尊敬語や丁寧語に近い感じがあります。例えば僧侶は目上の人、高僧はその上に位の高い人なので、丁寧なバリ語を使わなくてはなりません。語形変化だけではなく、言葉そのものが全く違うものになるので、バリ語をマスターするのは実は大変なのです。

プトゥ実家でいつも祭事をお願いする村のマンクー(僧侶)。

旅の本にはありがとうは「テリマカシ(Terima Kasih)」とありますね。

バリ語では「スクスモー(Suksma)」となります。

インドネシア語には「セラマットパギ(Selamat Pagi)」おはよう、など4種類の時間の挨拶がありますが、これはバリ人もそのまま使っていますね。

ただそれとは別に「オンスワスティヤストゥ(Om Swastyastu)」という出会った時にいつでも使える挨拶があります。

この二つを旅行中出会ったお店の人などにいうと、ちょっと喜んでくれるかもしれません♪
バリ島には他の島出身の人も沢山いるので(また言語が違います)、バリ人かどうか確認してからがいいかもしれませんね。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

ポップなお土産モール「クランジャン」

Selamat Siang! 日本の猛暑、今年もすごいみたいですが大丈夫でしょうか?

バリ島の8月は南半球の真冬にあたるので涼しく、現在気温25度。今日はとくにひんやりな朝でした。

さて今日はクタはサンセットロードにある新オープンの「クランジャン」をご紹介。これまでのバラマキお土産屋さんを超える、大型のショッピングモールのような建物!

オープンしたばかりなので今は1階のみですが、3階までありカフェやレストランも併設されています。トイレもしっかり清潔。

最初に入ってあるのがリゾート服&ビーチサンダルコーナー。全体的にディスプレイがPOPで、お土産もPOPなものがセレクトされているように感じます。

バリ島はビーチサンダルの種類がかなり豊富です。1年中これですからね(゚´▽`゚)
4足千円。本日の日本円で750円ほど!キッズサイズもありますよ〜。

トロピカル蛍光カラーのかわいいトートバッグや

パサール(市場)でもよく見かけるナイロン製の籠バッグ。ビーチへ行く時便利!

アロマ&スパコーナーも充実しており、日本人に人気のブラットワンギのハンドメイドソープも品数揃ってる♪

こんなかわいいインセンスもありました。お土産にいいですね。

バティックのベッドカバー。ソファにも使えそう。フリンジがかわいい☆彡

パステルカラーの木彫りのインテリアグッズ。プルメリアのハンガーかけはお部屋を南国気分にしてくれそう。

食品コーナーも種類がかなり豊富で、コーヒーだけでも何種類ものお土産が。小さいサイズもあって便利。

乾物のクッキーやインドネシアならではのスナックもあります。インドネシア料理が好きな人はここでサンバルやスパイスも揃えられる!Sambal NakNanは辛さが表示されていてわかりやすいー。びっくりお土産にもなる?

ショッピングコーナーに入る手前にはインドネシアらしいウォールアートがあって自由に写真撮影!ヌガラの水牛レース発見〜♪

お土産モール「クランジャン」は空港からスミニャックへ向かう途中の車線側にあります。Uターンもできますが、到着してすぐに行くのがいいかもしれません。反対の空港へ向かう車線には、バリ島では定番の土産物屋「クリシュナ」のモール型ビルも。どっちがいいかな?今度行ってみようと思います。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

ジャカルタからのお客様

プトゥ、今週はジャカルタからのお客様をご案内しました。

Terima kasih atas kunjungan ke Bali!

お母様が日本で長年働いた経験があり、お客様自身はインドネシアで犬の保護活動をしているそうです。バリ島に限らず、インドネシアには若い人だとアニメ好きはもちろんですし、親日の方が多いなぁと感じます。

今回は小旅行をかねて、ご友人のウェディングに参列するためにいらっしゃいました。

是非是非またいらしてくださいね。

さて、夏休みやお盆休暇のお問い合わせやご予約について。

ツアープランのご相談をいただく時に、ハイシーズンで非常に混み合う場所についてはその旨お伝えすることがございます。せっかく遠くからバリ島へいらして、写真撮影のためだけに半日を移動&待ち時間に費やしていただきたくはないなぁ、という思いからです。

とくに、バリ島部にあるルンプヤン寺院。午前中でも2時間待ちとの情報が入っております。

トロピカルな背景をバックに楽しむ大きなスイング(ブランコ)はウブド周辺にスポットが増えておりますので、比較的待ち時間も少なめでご案内しやすいかと思います。

お盆時期はピークになり、急なご予約を受付かねる場合がございますので、お早めの相談をお願いいたします。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。