post

新型肺炎「COVID-19」へのバリ島対応状況4

お久しぶりの更新です。日本は桜の咲く時期でしょうか。

バリ島に旅行予定だった方ならもう他のブログなどでご存知とは思いますが、20日よりすべての外国人に対するインドネシアへの入国制限が非常に厳しくなりました。

30日以内の滞在のビザ免除は停止。このため、バリ島へ旅行される方はビザの手配をしなくてはなりません。さまざまな書類や健康診断書の提出など、事前に日本の在インドネシア大使館に申請し許可を受ける形となりました。

また、入国時に健康上の異常があった場合には、問答無用でそのまま14日間隔離状態となります。

この影響でバリ島内の観光スポットも休業が相次いでおり、旅行だったらわざわざこの時期に来る必要はないでしょ、という諦め感。( ̄▽ ̄)

お互い感染してるかもしれないですしね…(;´ー`)ノァ´`´`…

また現在、イタリアなどヨーロッパ諸国をはじめとするさまざまな国の方が世界のあちこちの国境閉鎖やフライトキャンセルの影響で帰国難民となっており、バリ島内の移民局は数日は溢れかえりそうで、今後もどうなるかわかりません。

移民局で体温測定。ソーシャルディスタンスも推進中。

昨日3/23時点ではインドネシア全体のcovid-19感染者は514名、死者は48名となっており、バリ島は3名の感染者と報告されています。ジャカルタでの感染者がもっとも多く、今後はこの拡がりをどれだけ抑えられるかにかかっています。政府は最大限の予算をつぎ込み、警察や軍の病院を隔離施設として準備。バリ島ではあちこちで毎日、公共施設の消毒などが予防措置として行われています。韓国のように、今後は簡易検査キットも導入するようです。

空港も消毒中。

アジアも米国もヨーロッパも、世界中が大変なことになっていますね。
バリ島は閑古鳥のまま、25日にバリヒンズーのニュピを迎えます。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。