post

疎開の風景

Selamat Siang! みなさまいかがお過ごしでしょうか?

日本は学校を再開するところも出て来たみたいですね。インドネシアはまだですが、6月よりフライトが再開される様子です。とはいっても、事前のPCR検査の陰性証明書、または迅速検査の義務付けがあり、もし迅速検査で陽性反応があった場合は2週間の隔離が義務付けられるので、まだまだ観光再開とはいきません(政府は現時点で10月と語っています)。今はビジネスで駐在される方や、国際結婚でバリ島に戻りたい人など、長期的な滞在をされる方には朗報だと思います。

そんなわけで私たちは引き続きヌガラにいるわけですが…これが思った以上に楽しくて。なにせ自然が圧倒的に美しいのですよ。

先日数日間雨季のような雨つづきでどんよりとしていましたが、昨日は久々にいい天気!

バイクで気晴らしドライブ〜。

ヌガラでは要所要所で手の消毒スポットがあります。それからマスクは必須ですが、それ以上に何かごちゃごちゃ言われるようなことはありません(ローカルっぽければ)。

プトゥの近所のビーチは観光スポットではなくローカルの人しかもともと来ないので、ビーチにも余裕で入れちゃいます♪

ビーチ近くに牧場をみつけました(牛が放たれているだけですが)。もうすごいのどか。

ビーチもいるのは少しのローカルの人々と、釣りをする人くらい。特に厳しく禁止をしなくても「密」にならないのが田舎のいいところ。

マングローグの保護地区っぽいところを見つけたり、本当にいかにも観光らしい場所はないのですが、結構いろいろナイスなスポットを開拓しています。

もし観光が再開してバリ島に来られるかたがいらっしゃれば、ぜひバリ島西部にきてみませんか?

20-30年前のスミニャックやウブドの雰囲気が、まだここにはあります。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

ソカバリ農部:5月菜園の様子

自粛生活って曜日感覚とかなくなっていきませんか?
仕事がないからなんでしょうが、何せこんな世界観の中で暮らしているもので。

疎開の家の隣は、明るい森。

あっという間に、ヌガラでの生活も3週間を過ぎようとしています。

さて、ソカバリ農園。苗を植えたものは落ち着き、種はいくつか芽を出しました。

苗や種は個人でやっているフェイスブックの販売屋を当たるか、ムングウィのブリンキットという所で買えます。トロピカルな気候で秋や冬なんてありませんし、日本のようにさまざまな種類があるわけではありません。あるものを植えるのみ。

まずはミント類。
ペパーミント、スペアミント、オーデコロンミント、奥1個だけ、オレガノ。これらは環境がよいとどんどん増えてしまう外来種なので、ポットのままで育てます。

桑(マルベリー)と、赤い花がお茶になるロゼラ。

ナス、トマト。

たまたま売ってたニラ、三つ葉。

種から芽を出してくれたのはきゅうり、かぼちゃと

Sayur Hijauと言われる、小松菜に似た青菜は芽をだしました。

日本の種をもっていたので紫蘇、大葉、オクラ、などなど植えてみましたが、ことごとく発芽しなさそう。大葉とオクラはいけるという情報はゲットしていたんだけど。。。まぁ発芽期間が過ぎているので当たり前なんですが、土も違うから余計に難しいんでしょうね。

バリ島の土の酸性度など調べてみましたが、よくわかりませんでした。水に石灰成分が多いのでアルカリ度は強いかもしれません。

ほしい種や植えてみたい苗木は他にもたくさんありますが、とりあえず、やれることだけ。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

ヌガラに疎開!ソカバリ農部♪

Selamat Siang! ソカバリです。
みなさんいかがお過ごしですか?

実は4/23より、バリ島西部の故郷ヌガラで疎開生活をはじめました。

バリ島では早くに自粛生活を開始(観光客が減り、自粛せざるを得なかった)しましたが、現段階で政府からの補償は皆無といっていいかと。車や家のローンに1年間返済猶予ができたのと、アンペア数の低い貧困層の電気代が無料か割引になったくらい。。。

明日の食事がない人には「センバコ」といってお米や油、卵などの支給がバンジャールによってはもらえます。観光エリアでは外国の方々も食事の提供など、積極的にボランティアをするお店も。中途半端なソカバリ家は収入ゼロの中、貯金が減ってゆく一方で、それがいつまでかも分からない。私たちの小さな家での何もしない自粛生活も、この状況ではすぐに精神的にも限界になります。

幸い、プトゥはヌガラにいくらか土地を所有しています。折角なら菜園、やれるなら農業までやってみますかね?農業なら、仕事を止められることもないし。

というわけで、まだ売り手のつかない義兄の空き家を借り、いきあたりばったりで疎開生活を開始!

引き続き販売しております(*´∀`*)。菜園付きの予定!

シャワートイレ1つ、寝室2、客間1、キッチン1、正面と片側に庭、台所から出られる裏庭付き。風通りが最高で、エアコンなしでも暮らせます。土地の広さは2アール。

キッチンは広々としていて、冷蔵庫を置けるスペースもちゃんとあります。

まずはこの家の裏庭に菜園をということで、草引き開始。プトゥほぼ一人で2日で終了。

次に天地返し。土を掘り起こし、大きな石を取り除いていきます。 鍬ひとつで一番体力を使います。

ついでに通路側に、屋根から落ちてくる水はけスポットもちょっと作っておきました。

バリ島のこの手の分譲住宅は水はけのことまで考えられていない家が多いので、自分で改造が必要なことも多いです。畑にジャバジャバ打ち湯のように水が落ちていたパイプは、あとで付け替え。

良質な土を入れ、さらに小石を取り除きながら、

ようやくふかふかの畝が完成!

プトゥの日本での農業スキル、ヌガラでも開花〜*:.。☆..。.(´∀`人)。

この一連の作業、他のこともやりながら1週間足らずで一人でやってのけたので、ほんとすごいと思います。

というわけで、ソカバリはしばらく「ヌガラでの疎開&菜園暮らし」ブログになる予定です。ソカバリ農部♪今後どうなるかはまだよくわかりませんが、書くネタができてちょっとうれしいです。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。