プトゥもかつては日本で働きましたが、毎年何人も外国人実習生がバリ島からも派遣されています。主に農業と食品工場が中心でしたが、最近はパン屋、ホテル、水産、介護など多種多様な業種からのニーズが高まっているみたいですね。

生まれながらにしてバリ語とインドネシア語の2言語ができるので、外国語の習得も得意な人が多い。都市部は仕事などで忙しく市場で買って済ませる家庭も増えましたが、バリヒンズーの宗教行事のためにさまざまなものを手作りします。

そのためバリ人は手の器用な人が多いです。例えばこちらのペンジョール。ガルンガン(迎え盆)や、寺院の大きな祭事に飾られるもの。

道端で見かけるものは場所によっては立派なものが多いですが、竹とパーツをつなげていきます。飾りパーツは購入できるけど作る人もいてそれぞれ。作り方に地域差もあるのでみていて楽しい。

儀式でお祈りやガムランを演奏する場所を確保するのに屋根を設置したりも。こちらはたまたま通りがかったクロボカンの村の寺院。

自然素材で風通しがいい(´-`)``༄

儀式の日はこんな公道も平気で通行止めになります。そのためバリ島は儀式によい日には渋滞があちこちで発生しますがこれはもう仕方がないこと、となっています。

ところでこのクロボカンの寺院門ですごいものを発見。

自然素材で編み込まれた龍!ドラゴン!

バリ島では個人宅での結婚式にも門飾りをしますが、最近はゴミ問題に配慮して自然素材に回帰しているバリヒンズーの人たち。いや、すごい。

こういった大きなものは男性が作ることが多いですが、女性は日々お供え物を作っています。

こちらはティパッというもの。中に蒸したもち米を入れます。

これ私も一度トライしたんですが、編み方、見ていてもサッパリ意味がわかりません。(;´ー`)ノァ´`´`…
慣れている人は手先を全くみないでおしゃべりしながら楽しく作っています。

動画でどうぞ。

 

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA