ウブドからタマンアユン寺院やタナロット寺院へ行く途中、ちょっとそれた道を少し北へ向かうと場所に美しい小さな寺院と庭園があります。その名も「ムンブル庭園」。

道を挟んで北に行けに浮かぶ寺院があり、南側に庭園。
ここらあたりの水はきれいで池には鯉や淡水魚が悠々と泳いでいます。

鴨やガチョウもフレンドリー。

牧歌風景を眺めながら、池をぐるっと回って小さな三重のメルを眺めます。佇まいが美しい。

階段を上ると見えるウルンスウィ寺院。こちらはスバック(伝統的な水利システム)に関わる村人たちのみ立ち入りが許され、観光客は入ることができません。

道を渡って反対側の庭園へ。

奥に見えるガゼボの後ろには清らかな湧き水がるので、地元の人たちはパワーをもらうためにここに水を汲みにきます。そのまま飲めるそうです。

それほど広いわけではないのですが、まだ観光客も少なく、スピリチュアルな静けさを求める旅人にはぴったり。

泥池の中から美しくのびて咲く、睡蓮の花。

敷地の西側にあるこちらはティルタ(聖水)を崇める寺院。こちらも拝観は門のここまで。

さらに奥へいくと、静かに水の音をたてる沐浴場が。

ティルタウンプル寺院は一般公開の寺院ではありますが有名になってしまい、観光客とお祈りの方でごった返しで並ぶストレスもあり、「落ち着いた気持ちでお祈りができない」と嘆く地元民の声も実はあるんですね。

ここは長らく地元の人だけのスポットでしたが、ここ数年で整備が進み広い駐車場もできたので、外からの訪問者もどうぞ、という雰囲気になっています。ただし、満月や新月、カジャンクリウォンと言われるバリヒンズーの特別の日には、地元のバリ人でいっぱいになります。

最近きれいに整備されロッカーもあり、お祈りに必要な巻き布も借りられます。沐浴するのは地元の方メインですが、観光客もちらほら。幸運や癒し、また「シディ」といわれるスピリチュアルな癒しを求め、人々は訪れます。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA