長年バリ島で暮らしていると、おしゃれなカフェは観光エリアのあちこちにあっても、珈琲が適当な店は結構多いなーと感じます。せっかくのコーヒー生産国インドネシアなのに…なんでもいいから今日は美味しい珈琲が飲みたいなーって日、ありませんか?

20代を東京で過ごした頃は、吉祥寺のカフェによく通っていました。昔から長年小さく経営している、ちょっと薄暗くて落ち着いた感じの珈琲屋っていいですよね。

あちこちでまだまだ新しいカフェやレストラン、ショッピングモールやヴィラが建設されているバリ島では、そういう歴史を感じられるような厚みのあるカフェがあんまりないのですが、たまたま見つけたこちらのお店「Bahasa」は新しいけど雰囲気がいい感じ。

場所はチャングーのバトゥボロン通り。ペピートスーパーマーケットを過ぎた右手にあります。

ローカルワルンサイズの広さで、オープン席は小さく3テーブル。風のある日は午後から日陰になっているので行き交うバイクや車をぼーっと眺めながら外席。

室内はエアコンが効いていて、趣味のいいBGMが心地よい音量で流れています。

この日いた2名のスタッフは英語堪能で(英語でなくても)とてもフレンドリー&にこやかに接してくれます。様々な珈琲&お茶と一緒にいただけるのは軽めのパンなので、食事には向きません。

珈琲ファンには邪道といわれそうですが、ダブルエスプレッソでいただくアイスカフェオレを注文。

コクがあってほんのちょっぴり酸味を感じる、とっても美味しいカフェオレでした♪
バリ島に来たら、折角なので美味しい珈琲屋を探してみてください。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA