チャングーの外れ、プトゥ自宅から10分ほどのところにあるこちらのワルン。 

観光というよりは、長期滞在者や在住者がゆったりとやってきます。ワルンといいつつも内装は完全にレストラン。

この店エアコンがなく風通しが悪いのですが、料理がすっごく美味しいのです。
メニューはこんな感じ。

パスタはなんと生地からの手打ち。

時間をかけてゆっくりと煮込んだ肉料理もおすすめ。あと、トルコ風ピザもメニューが豊富です。

この日はラザニアをオーダー。生地がもっちもちですごく美味しい。

こちらは豚の煮込み。

レンダン、もしくはルンダンは塊肉をココナッツミルクと香辛料で長時間煮込んだ肉料理。インドネシアは西スマトラの郷土料理でもあります。

別の日にはビーフレンダンも食べましたが、柔らかくコトコトと煮込まれた肉料理は本当に絶品。

イタリアンとはいいつつも手打ち麺のミゴレンがあったりと、インドネシアのテイストや現地で入手できる素材を使い、バランスあるメニューだなといつも思います。

こちらはその日たまたまあったコーヒーパンナコッタ。

ほろりと苦味と優しい甘さが調和したパンナコッタの上にのっているのはマルキサといわれるパッションフルーツ。
最高すぎます…。

ディナーのお客さんが多く、ここでしか食べられない味がたくさん。書いていたらまた食べたくなってきました。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA