post

新型肺炎「COVID-19」へのバリ島対応状況3

日本・韓国での国内感染者が今増えつつあるので、パンデミックを心配しています。クルーズ船に出入りしていた厚労省の職員90名も検査せず通常業務を行なっており、副大臣の検査も野党から要求されていますね。

COVID-19(あるいは2019-nCov)致死率そのものは2%強だそうですが、年齢層でいうと50代以上の方の方が重症化のリスクが高いそうなので、みなさん本当に無理をしないでくださいね。

インドネシア国内外の反応はこの記事によく書かれていますが(日本語でもニュースになりはじめましたね!)、信仰に厚い国故の非科学的な保健省のコメントが小馬鹿にされていて、立場的に批判されても確かに仕方ないのですが、ちょっと悲しいなと感じます。

さて、先日の記事ではインドネシア人の国内外感染者いまだゼロというお話をしましたが、この時点で私、情報を一つ漏らしていました。シンガポール在住の方が1名感染しています。また、日本のクルーズ船員が、現在4名感染していることがその後わかっています。ジョコウィ大統領は日本に何度も連絡をして自国の船員の帰国準備をしていますが、返事が来なくて困っているそうです。

また昨日の話になりますが、インドネシア国内の空港で日本人が入国拒否をされました。発熱があり、「感染者と接触した」と話したため拒否されたようです。入国拒否の場合は帰国するしかありません。このご時世ですし、体調が万全でない人は旅行は控えましょう。

というわけで、インドネシア国内では今も変わらず感染者ゼロです。

信じるも信じないも、あなた次第…。

国内はゼロですが、国外に感染者が出ているということで、「インドネシア人の免疫力ハンパない」説は消えるなーと思いました。

ちなみにインドネシアでは中国間の渡航やビザ許可を一時的に停止したと同時に、中国からの輸入品にもストップをかけています。

3回に渡ってバリ島&インドネシアの状況をまとめてみましたが、この先特に何もなければ、そろそろバリ島情報に戻りたいなーと思っています。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

新型肺炎「COVID-19」へのバリ島対応状況2

新型肺炎またはコロナウィルスは、WHOにより11日に「COVID-19」と名称が決まりましたね。
ソカバリでも今後はこの名称でいきたいと思います。

さて前回の記事で、インドネシアのCOVID-19感染者はゼロというお話をしましたが…

なんと、今だに感染者ゼロです…しかも国外含めて。

それで海外の各メディアや学者、一般の人などでも「インドネシア大丈夫なのか」「ちゃんと監視できているのか」「シンガポールやタイでは見つかっているのに」「医療レベル低いから検知できない?」「もう絶対感染者が入り込んでる!」と騒がれております。

それに対するインドネシア保健省は「別に何も隠してない…WHOに言われた通りのプロセスでチェックしてるんだけど、ほんとにいないんっす…」とちょっと困惑気味で取材に答えており、インドネシア人にも自国を疑っている人は多くいます(笑)。

そんな中、バリ島から中国に帰国した観光客2名が、帰国後に新型肺炎陽性との情報

情報を掴んだのはジャカルタポストで、中国人が本国の中国語の情報をシェアしてくれ、インドネシア政府に情報が入りました。陽性確定となった観光客の名前がわかり、バリ島保健局は急いで移民局と協力し、感染者の足取りを追跡。滞在ホテルなど行動範囲を調査し、とくに感染の広がりは見られていなかったため、「帰国後本土での感染が濃厚」と結論づけました。

これを受けてカルーダインドンエシアでは、独自基準に則り感染者が搭乗した機体を消毒。また室内の空調に関わるHEPAエアフィルターを取り替えました。また、行きのフライトとされるたライオンエアの乗務員は空港で健康状態は既に確認済されており、異常も確認されなかったと、公式サイトで発表されています。

インドネシアではこれまでに症状が疑われる70名に検査を実施、そのうちバリ島では14件。テスト結果はいずれも陰性(この記事後75名の検査実施数になっています)。

また、これとは別に日本で話題になっているダイアモンドプリンセスのクルーズ船には78名のインドネシア人クルーが同乗していますが、インドネシア外務省によると彼らにとくにCOVID-19の症状は見られていないそうです。テストを実施されたかの情報は不明。

また武漢からチャーター便で帰国し、ナチュナの軍事施設に留め置きとなった238名のインドネシア国民は、2/15に14日間の隔離を終えています。政府からはナチュナ市民に対し、受け入れに対する感謝が述べられました。

こちらは、インドネシア人が武漢から帰国した際の動画です。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

バリ島で中短期滞在できるビザは?

バリ島のリピーターさんなら、いつかバリで暮らしたい、観光旅行ではなく長めに滞在してみたい(お試しでも)という方は結構いらっしゃるかと思います。

実はインドネシアへの観光はビザなしで30日間自由に滞在ができます。なかなか長いですよね!また、空港にてVOA(ビザオンアライバル)の費用を支払うと、専用の申請用紙と一緒にもう1ヶ月滞在を伸ばすことができます。最大60日間。

空港ではVOAスタンプをもらいますが、この後も滞在の30日以内に、イミグレーション(移民局)での手続きも何度か必要なになります。イミグレーションでは英語メインのやりとりとなります。

このビザはあくまで観光ビザであり、バリ島内で就労したり、何か報酬を伴う仕事をすることは違法です。また空港での手続きをしないまま、後から延長申請することはできません。

他にも延長しながら最大180日間バリ島に滞在できるソシアルブダヤビザがあります。これは文化交流をメインとしたビザで、バリ島内にインドネシア人のスポンサーが必要となります。観光ビザと同じように、30日ごとの延長手続きが必要です。同じく仕事はできません。

観光ビザとソシアルブダヤビザの場合、途中で他国へ出国してしまうと、そこでビザ失効となります。

さらに長い滞在の場合は学生ビザ(現地の学校に通う場合)や、就労ビザ(インドネシアで報酬を伴う仕事が唯一可能)、視察や会議参加を目的とするビジネスビザ、年金ビザ、新しいものでは投資ビザ(会社経営者や株主など)などあります。このあたりはひとつひとつ必要書類が異なったり、条件や手続きのプロセスも複雑なので、詳細は書きません。

比較的気楽に2ヶ月または半年間バリ島に滞在できるのは、なかなかいいんでない?と思います。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

コンビニやスーパーでも♪

バリ島に旅行に来て、カフェやレストラン以外での飲食はどうしていますか?

というのもインドネシアでは、すべての飲み物が基本めちゃ甘、お砂糖たっぷりなので、「無理!」というお客様も多く。長年暮らしていても、ペットボトルのお茶類に砂糖ががっつり入っているのは、やっまりなじめません(;→д←)

なので基本は水、あるいは無難にコーラやスプライトあたりを仕方なく選んでいました。あるいはポカリ(好きじゃない)や、CCレモン&オレンジもありますけどね…せっかくバリ島に来ているのだから、少しでも「らしい」ものがよくないですか?

そこで、最近ハマっている炭酸水をご紹介。

Fayrouz(なんて読むんやろ?)。”Pir”洋なし味の炭酸ジュースなんておしゃれ〜&さわやか〜。

パイナップル味もあります☆

Fayrouzよりちょっとお安いこちらも悪くないです。Green Sands。

ライム&ライチ味っていかにも南国らしくって、そそられる(笑)。だけど金額の差なのか、こちらの炭酸はシュワシュワ加減がいまいち元気ない。

そして先日、洋ナシとパイナップル味に新しく登場したこちら。

天然のドライフルーツ「デーツ」です!デーツとはミネラルたっぷりのナツメヤシのこと。ほんのりカカオににた感じの大人な甘い味です。こん炭酸の味のセンスがすっばらしいと感じるのは私だけ?

Fayrouz、インドネシアで一度おためしあれ。

ブログランキング参加しています。面白かったらクリック♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

 

 

 

post

通貨でパニックしないコツ

Selamat Siang!
ここ数日、日本人スタッフのインターネットプロバイダーの調子がすこぶる悪くて困りました。GWは楽しんでいらっしゃいますでしょうか。

バリ島を旅していると、お札にゼロが多すぎてお金の感覚がわからなくなる!という方が多いです。円を両替すると、3万円の束はものすごい厚みで戻ってきて、なんだかものすごくお金持ちになった気分。

逆にお金を出す時に300,000rp.と書かれていると、すんごく高いかんじがして怖くなりますよねー(笑)。

本日のレートでいくと

こんな感じです。1,000,000はこちらでは、1ジュタといいます。バリ島で暮らす私はざっくり「1ジュタ=1万円で、実際お得」と考えています。脳内あまり数学的じゃないので、ほんとにざっくりですみません。

通貨レートは時間刻みで変わりますよね。
出すお札に迷った時や、実際いくら使ったんだろうと考えたい時は、後方のゼロふたつを消すといいですよ。

1万2000円より安い感じね、という考え方。300,000ルピアは実際は3000円以下。

実際には2354円だから、とっても得した気分♪

どうでしょうか。みなさまのバリ島の旅が少しでも快適になりますように。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

保存

post

スカルノさんの別荘

バリ島寺院のひとつ、ウブドから30分ほどの森の中にあるティルタエンプル寺院。

こちら湧き水の美しい聖水の出るありがたーいお寺としてバリの人々にも親しまれていますが、その隣に別荘があるんです。

1950年代に建てられた、今は亡きスカルノ大統領の別荘。現在は迎賓館として要人を迎え入れたりしているようですが、一般の私たちも写真や遺品などを観ることができます。

スカルノ大統領といえば日本のデヴィ夫人の旦那さん。このスカルノさん、実はお母様はバリの貴族出身です。オランダに対する反植民地運動を鼓舞し、インドネシア独立へと導いた初代の大統領。亡き今も、「建国の父」として非常に尊敬され愛されています。

奥さん6人もいて別の意味でもすごいです。それぞれのストーリーはまたすごい。デヴィ夫人は第三夫人ですが、インドネシアでは実はそれほど知られていません。スカルノ好きで家に肖像画を飾っちゃう人や、日本好きなガイドさんあたりは知っているかもしれませんね。

デヴィ夫人みっけ。

スカルノ失脚後大統領となったスハルトは逆に、アメリカCIAから支援を受けて共産一掃にあたり、一般住民含めて50万人とも100万人ともいわれる虐殺をした軍人さん。民主主義を葬り独裁政権を30年間維持したことで知られています。息子たちはバリ島に今もたくさんの不動産所有があり、まぁ、好かれていないですね(笑)。バリの芸能文化を抑圧したり、ちょっとでも悪口をいうと次の日にはその人がいなくなったりしてたそうなので…ブルブル。

インドネシアは自分たちの力で植民地から独立した国。そのため今でも政治には日常的に感心が強く、賄賂政治撲滅と貧困解決を掲げる現ジョコウィ大統領に、殆どの人が投票したんじゃないかなと思います。次のバリ州知事を誰にするかなんて話もフツーにしてくれます。投票日は仕事も休みになるんですよ。

インドネシアの別の顔でした。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

本場ヌガラのジェゴグ演奏を聴きたい方に

ありがたいことにヌガラのジェゴグ鑑賞についてお問い合わせがありますので、まとめてみます。

<ヌガラでの公演について>
残念ながらヌガラは観光地ではないため一定集客を確保することが難しく、ウブドのように定期公演がいつでも開催されているわけではありません。そのため、お客さまからのお問い合わせがあってはじめて日程調整をし、村人を集めて演奏します。演奏者も普段はそれぞれに別の仕事をしています。

ガムラン演奏できないプトゥ。ジェゴグはちょっとだけできるそうです。

ジェゴグはバリ人にとってもハレの儀の演奏で依頼される催し物です。お一人でもどうしても聴きたい!という方でももちろん手配は可能なのですが、非常に高くなります。

公演を依頼される場合、お客さま自身が公演スポンサーとなります。人数が多いほど、お一人様あたりのジェゴグ鑑賞はお安くなります。開催時間は必ず夕刻となります。公演の依頼を頂きましたら、村人と一緒に心をこめて手配&ご案内をさせていただきます。ご希望日の1週間以上前にお問い合わせください。

また観光エリアでの演奏を依頼したい場合も、公演の手配は可能です。ただし楽器(デカい楽器が何個もあります)と演奏者の輸送コストがプラスでかかります…まぁこういったこともあり、なかなか本場のジェゴグを観る機会がないんですね。

ただし、ヌガラに滞在中にジェゴグの演奏を聞きにいける可能性はあります。

  1. バリ人の結婚式
    余興としてジェゴグを演奏されることがあるので、たまたま情報があれば、ご案内できることがあります♪結婚式での演奏はだいたい18時〜19時以降、演奏自体は1〜2時間。時期的に、バリヒンズーのガルンガンが終わってから1ヶ月間は結婚式はほぼ開催されません。ホテルに先にチェックイン頂く方がいいかなと思いますが、ギリギリでわかることもあるので、その場合はホテルへの連絡をサポート致します。
  2. 見学&体験レッスン
    バリ島にはsanggar(サンガール)といって、先生のもつ練習スタジオがあります。スタジオといっても日本のイメージだと誤解がありますね…単純に先生のご自宅敷地内の、楽器があり屋根のあるオープンスペースです。そこで地元の人の練習があれば見学だけなら無料でできます。曜日はだいたい決まっています。また見学のない場合は体験レッスンが可能です。体験レッスンは通常のガムランやリンディックも可能です。お問い合わせをいただいた上で、料金をご案内いたします。

ヌガラの人々は昔から日本へ働きに行く人が多い地域ですので、意外と日本語が話せる人がそこらへんの畑を耕したりしていて時々びっくりします。観光ガイドとしてではなく、住んだことがあって日本大好きなパターンです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存