post

ウルンダヌブラタン と周辺スポット

今月、来月とバリ島北部ブドゥグルにご案内することが多いソカバリツアー。標高1500mの高原地帯ブドゥグルは主要な観光エリアより気温が下がり、雨季前の暑さから解放されるにもちょうどいいかも♪

ノルウェイからのお客様に続き、

先週も日本からのお客様をウルンダヌブラタンにご案内。この日は霧多めでした。

いいカメラがあれば幻想的な写真が狙えますが、スマホ撮影ですみません。ヽ(*´Θ`)丿

湖水に浮かぶように建てられたバリヒンズーの寺院は有名ですが

実はこの寺院には仏教のストゥーパもあり、異なる2つの宗教が共存する複合寺院なんです。この仏塔は「チュダマニ」と呼ばれます。

北部への観光で一緒におすすめなのはこちらのインスタ映えスポット(*´∀`*)その名もハンダナ・ゲート。

こちら、実はゴルフリゾートの入り口なんです。

前の人たちがかなり念入りに撮影をしていたので(ちょっとやりすぎ(-“-* )、意外と待ち時間がかかりました。でもルンプヤン寺院よりはずっとまし!

ここかたもう少し奥へ進んだスポットには湖を高台から眺めるスポット「Hidden Hills Wanagiri」もあります。
その名もワナギリの秘密の丘。

スウィング(ブランコ)以外にもいくつかセッティングがあり、湖の絶景をバックにバリ島の素敵な記念撮影ができます♪

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

 

 

 

post

タマンアユン&タナロット

先週より、ノルウェイからのお客様をご案内しているプトゥ。

ヨーロッパからのお客様は2−3週間でバカンスをゆっくり楽しまれる方が多いですね。バリ島での滞在中も、1日はホテルでゆっくり、2日目は軽くツアー、という感じで、1日てんこもりツアーはしたがらない方がほとんど。

タマンアユン寺院へ行き、

立派な割れ門の前で記念にパチリ。

結婚20周年で、10年ごとに夫婦での大きな旅をプランしているのだそうです。素敵ですね。

タナロット寺院へも行きました♪

タイミングがずれたけど、施設内の寺院で何か儀式があった様子。正装するバリヒンズーの人々。

寺院横にある、小道にはお土産やさんが少しあり、坂を上がると、ワルンが軒を並べています。なぜかここはお客さんが少ない。タナロットでゆっくりする人が少ないんでしょうか。

ここはシェードのテーブル席がありゆっくりできるのでサンセット前の暑い時間帯もおすすめ。

海からの風が心地いい。

ココナツジュースやビンタンビールを飲みながら、ゆっくり波の音に浸れるひとやすみスポットです。

 

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

タマンアユン寺院

タマンアユン寺院は1634年にバリ王国のひとつ、ムングイ王国の寺院として建立され、現在は世界遺産に登録されるバリヒンズー寺院です。のんびりとしたバリらしい風情の景観のを車で走るとぽんっと現れる、広い敷地。緑の庭園は美しく整備されており、散策しやすい環境になっています。

入り口の歴史ある小さめの割れ門を入ると

まっすぐに奥へと続く遊歩道。緑が豊かです。石畳の上を歩いてくださいね。

二つ目の大きめの割れ門を抜けます。

芝がとても綺麗に整備されていて、写真には写っていませんが左手には木陰があり、右側にある広々としたバレでは自由に涼むことができます。

奥に見えるのは山門といい、本堂につながる入り口です。神聖な場所のため観光客はここから先へ入ることはできません。左の遊歩道から入り、周囲を歩きながら中を眺めることができます。

みどころはこの美しい塔群。多重構造の屋根は聖なる山アグン山をかたどっており、本来は奇数ですが、王族の祖先を奉る塔だけは偶数になっているそうです。探してみてくださいね。

周辺をぐるっと回って最後は森林の木陰で一息。タマンアユン寺院は大きな掘に囲まれています。ここ、以前はこんなに整備されていませんでした。出口付近にワルンがあり、座ってバリコピを飲んだり軽い飲食もできます。ほとりは涼しくて気持ちがいいですよ。

そういえば、この日は入り口近くのバレにこんなものが。

左右はバリ島の「ランダ」という魔女で陰のシンボルを意味しますが、同時に神様でもあります。真ん中は「バロン」と言われる村の守り神。獅子の聖獣で陽のシンボルを意味します。

善と悪が戦い疫病を祓う奉納劇「チャロナラン」に必ず出てきます。数々ある奉納舞の中でも最も人気があります。チャロナラン劇は神様に捧げるため特別な日に寺院内で行われるもので、一晩かかる長時間の劇。大変に迫力がありますが、観光客には一般公開しておりません。

ウブドのバリニーズダンス公演の演目では「バロンダンス」として観ることができます。また、朝一番にウブド近郊の村でもバロンダンスをやっており、お子様にも人気です。興味のある方はご相談くださいね。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

本日のお客さま

本日は久々に日本人のお客さまからのご予約で、ジャカルタからのご到着。空港からそのままタマンアユン寺院、そしてウブドのゴアガジャへ向かい、ホテルにチェックインされました♪

世界文化遺産のタマンアユン寺院は広くてゆーったりとした寺院です。

明日はナガがウブド周辺寺院とブサキ寺院へご案内する予定です。

11世紀頃の古代遺跡といわれるゴアガジャ。ひんやりとした洞窟の奥に、ガネーシャ神と、ヒンドゥーの3大神(シヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマ)の3体が祀られています。

ガルーダ直行便でお越しのお客さまは、夕方の到着なのでおそらくそのままホテルへ向かわれると思いますが、経由便などで朝やお昼に到着される場合、空港からカーチャーターでそのままツアーを開始できます!短い旅の時間を有効に使いたい方にオススメ。

ご予約が重なる場合やこちらの行事の都合により、時折やむを得ずドライバー交代になる場合がございますが、その場合もプトゥ、ナガ、ゲデを基本にご案内させていただいております。

すでにはじまったエアアジア直行便は14:25に空港到着だそうです。就航記念で100席限定の1万円キャンペーンやっているそうです♪エアアジアのページで価格を見ていると、どうも行きの便は安いけど帰りの便はそうでもない場合が多いみたい。。。それでも6月はトータル5万円ちょっとでバリ島へ来ることができるから、やっぱりガルーダよりは安いでしょうか?

夏休みのハイシーズンやピークシーズンはどうしても価格が上がるので、今からチケットを購入しておくとリーズナブルにおさえることができますよ〜。

日本人スタッフちょっと私事で忙しくしており、今週より日本へ一時帰国してきます。メールはチェックしておりますので、ご予約のお問い合わせはいつでもお待ちしております。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村