post

コロナはまだまだ元気ですね

しばらくプライベートで忙しくしているうちに、You Tubeのチャンネル登録者が増えてめちゃくちゃうれしいです!

最新の動画はこちら♪

さてさて、クリスマスも近づきつつありますが、みなさんいかがお過ごしですか?

たまに情報は追いかけていますが、コロナウイルスの脅威はまだ全然衰える気配がないですよね。防疫がうまくいっていた国でも感染者が増えてたり、苦戦していない国はない、といった感じ。。。

集団免疫もないという話だし、人間の文明の力では、やはり手に負えないのでしょうか。

現時点では、インドネシア政府は今年いっぱいは観光を外国に向けて再開しない、というところまでは明確なんですが、来年以降の話は全く聞こえてきません。まぁ今の世界の状況を見ていれば無理なんだろうなというのはわかるのですが。。。

ちなみに国内客は国の後押しもあり、少しだけ回復している印象です。

このクリスマスや年末はバリ島はなんとか収入を少しでも得たいところですが、コースター州知事は年末名物の花火やお酒の集まりなどは禁止、と話しています。

また飛行機で来る国内旅行客も、これまでは迅速(抗体)検査で良かったのが、ここに来ていきなりPCR検査が義務付けられて、検査自体もちょっと仕様が変わって値上がりし、年末をバリ島で過ごす予定だった予約のキャンセルがあったとかないとか。。。✖_✖

外国人でも、今は実はスポンサー付きのビジネスビサを取得して入国することはできますが、PCR検査陰性証明、入国時の検疫と2週間の自己隔離の義務付けなどなど。。。そしてまた帰国する時にもまた同じようなプロセスを得ないといけないことを考えると、1ヶ月やそこいらの滞在で来る気分にはとてもなれないですよね。

お宿はめっちゃプロモ価格で、道もすっきすきで、閉まっている店も沢山あるけど、営業しているところもあるので不便というほどではないし、まだ渋滞していなかった頃のバリ島の雰囲気を味わえることは確実なんですけどね。

来年以降のバリ島は一体どうなるんだろう。。。

YouTubeチャンネル始めました!

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ご予約ご相談は、こちらから。

post

雨季のこの頃は

バリ島は今、雨季です。そんなYouTube動画をアップ。

雨が降ると地面が緩みぬかるみがあちこちに出来てしまうので、実はトラック業も仕事にならないことがあります。稲作のバリ島ですから、もともと土もきめ細かく柔らかいし。少し高地の森の方へいくと、人がほとんど入ってこないところなどは枯れ葉でズボーッと足が入ってしまうそうです。

インドネシアで安定した収入を得るのは、本当に難しい。。。。でも、がんばっています!

プトゥジュニアもはたらく車に夢中☆彡

 

YouTubeチャンネル始めました!

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

観光ドライバーは今、どうしてる?

バリ島はとりあえず年内は外国からの観光客をストップしている状態ですが、先日バリ州知事が「12月に観光再開する」と言い出しました。何言ってんだ?と思ってたらやっぱり「今の段階ではまだ中央と調整検討しているだけ」みたいな逃げ。

バリ島の経済状況を懸念してのことでしょうが、とくに自宅待機や解雇になったホテルマンや、フリーランスのドライバーにとって、無意味な期待をさせること自体、精神的に過酷だと思います。私は無理だろうと思っているので…。(因みに私統計によると、今の州知事はあまり人気がありません。)

ソカバリも3月中旬以降から仕事がなくなり、プトゥの実家のある西部ヌガラに疎開してきたわけですが、来て良かったなと感じる点をいくつかあげてみますね。

1. おしゃれエリアから物理的に離れて「カフェ行きたいストレス」から自分を解放。
→閉店ばかりの寂しい光景もみないで済むので、精神的に正解。無駄使いも減る。

2. 観光エリアと比較して過疎なので、感染リスクが下がる。
→人に会わずにビーチや山、森へ行きたい放題♪

3. 生活コストが少し浮くかも。
→エアコンなし&ケーブルネット解約で月1ジュタ浮いたヽ(*´∀`)ノ

これ以外にプラスだったのは、

・野菜やお肉、毎日のお供えのチャナンも都会より安い上に、新鮮この上ない☆彡
・バリ島西部の大自然に囲まれた田舎暮らしは、思った以上に新鮮で楽しい。

実は田舎に帰省してやり過ごしているドライバーは、周りにたくさんいます。観光エリアのコス(アパート)なども解約して実家に戻り、大半は家業や農業の手伝いなどをしています。

ただ、それでもちゃんとした収入はやはり難しいわけで…この辺りをどうするか?ってことはずっと考えていました。

実は7月あたりに話をもらってはいたのですが、数ヶ月間検討に検討を重ね…

プトゥは今月よりトラック業を本格開始しました!

観光ドライバーと比較して、やっぱりハードな仕事です。

プトゥは長年日本で農業をやっていたため、体力には自信があります。また幸運なことに、トラックの仕事の需要が溢れる環境にたまたまいます。

もし今から観光のお仕事があっても急に増えるわけではないし、当面は弊社のリピータのお客様がメインになるだろうし、コントロールして受けられるのがいいね、と話し合い…少々リスクもありますが、決断!

バリ島で暮らす皆さんはきっとそれぞれ「あの人大丈夫かな?」「どうやって食べていってるのかな?」って気になってると思います。職業やポジションによって、収入がストップした人もいれば、まだうまくいっている人もいます。国内旅行者は少し入るので、そこでなんとかやれている人もいるかもしれません。

それぞれに環境が違いますし、今はやれることをするしかないですよね。

とくにバリ島で踏ん張っている方に向けて、私たちの状況が誰かの参考になったりするかな?と思い、今日は書いてみました。

でも、観光業もやめていませんからねー!!!ご安心ください。

YouTubeチャンネル始めました!

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

YouTubeはじめました♪

みなさんいかがお過ごしですか?
最近、YouTubeをはじめてみました♪

友人から「トロピカルの綺麗な所にいるのに、素材にしないのはもったいない!」とおすすめされまして。

ブログもいいけれど、今バリ島に来られない方に南国風景を動画でお届けできるのもいいかな?と。あわよくばアクセス稼いで少しでも広告収入!とも考えますが、自分にプレッシャーをかけるのが苦手なので、まずは楽しみますヽ(*^^*)ノ

第一話は森の動画で、第二話は畑のお話。

今日の時点で、第5話まで作りました〜☆彡

バリ島観光情報から離れた、なんてことのない日常シーンと風景が中心です。あまり脚色せず、バリ島らしい暮らしを切り取ってみようと思います。

よかったらYou Tubeのチャンネル登録、いいね等、応援よろしくお願いします♡(˘▿˘ʃƪ)

ソカバリのYouTubeチャンネルへ

 

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

メデウィで海を眺めるカフェ

疎開先からバイクで行ける距離に、メデウィというサーフスポットがあります。ヌガラ近くで唯一、外国人も頻繁に訪れるような観光スポットになるでしょうか。

メデウィには何度か立ち寄ってはいて、以前は1つの通りにだけホテルやレストランが立ち並んでいたのですが、久々に行くとエリアが少しずつ横に広がっている感じ。写真のこの通りはメイン通りから川を挟んだところ。

バイクで海風を浴びながら降りていくのがすごく気持ちいい〜 o(*゚▽゚*)o

あちこちに山羊や牛が歩いていて、周りはとても長閑♪

海が近づいてくると、両サイドに道が分かれます。

看板でわかるように、小さなカフェ的ワルンやバックパッカー&サファー向けの安宿、もう少しちゃんとしたホテルなど、10軒くらいはあるでしょうか。それでも、まだぽつん、ぽつんという感じ。

こことか、部屋から最高のビューだろうな☆彡

カフェ「The Holy Tree Kitchen」に到着!

ビーチフロントのテーブル席へ。大きな木でいい木陰になっています。

早速オーダーしたのはBloat de Goneというスムージー♪レモン、レモングラス、オレンジ、マンゴーの組み合わせ❣️ローカルのジュース屋さんと違って何も言わなくてもシュガーなしで、充分に美味しい。

いちごのパンケーキにはナッツがパラパラっと。

チキンカシューはライス付きで300k。

誤魔化しがなく、こんなに美味しいのに価格が良心的すぎやしませんか、とちょっと心配になるくらい。農業や畜産業のあるヌガラだから、食材も最高に新鮮。

ここはコーヒーも美味しいのだそうで、メニュー豊富だからまた来なくっちゃ。

私たちがきた時には少し他のお客さんもいましたが、何も頼まず長居している感じで(それとも食べ終わっていただけ?)、外国人観光客がいない今、こういったお店の継続がとっても気になる。

良心的な価格はありがたいし素敵なことだけれど、やっぱり1年くらい何かあってもやっていける設定にしておかないとと、ついつい観光の同業者目線で思ってしまうのでした(^_^;)

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

ソカバリ農部:5月菜園の様子

自粛生活って曜日感覚とかなくなっていきませんか?
仕事がないからなんでしょうが、何せこんな世界観の中で暮らしているもので。

疎開の家の隣は、明るい森。

あっという間に、ヌガラでの生活も3週間を過ぎようとしています。

さて、ソカバリ農園。苗を植えたものは落ち着き、種はいくつか芽を出しました。

苗や種は個人でやっているフェイスブックの販売屋を当たるか、ムングウィのブリンキットという所で買えます。トロピカルな気候で秋や冬なんてありませんし、日本のようにさまざまな種類があるわけではありません。あるものを植えるのみ。

まずはミント類。
ペパーミント、スペアミント、オーデコロンミント、奥1個だけ、オレガノ。これらは環境がよいとどんどん増えてしまう外来種なので、ポットのままで育てます。

桑(マルベリー)と、赤い花がお茶になるロゼラ。

ナス、トマト。

たまたま売ってたニラ、三つ葉。

種から芽を出してくれたのはきゅうり、かぼちゃと

Sayur Hijauと言われる、小松菜に似た青菜は芽をだしました。

日本の種をもっていたので紫蘇、大葉、オクラ、などなど植えてみましたが、ことごとく発芽しなさそう。大葉とオクラはいけるという情報はゲットしていたんだけど。。。まぁ発芽期間が過ぎているので当たり前なんですが、土も違うから余計に難しいんでしょうね。

バリ島の土の酸性度など調べてみましたが、よくわかりませんでした。水に石灰成分が多いのでアルカリ度は強いかもしれません。

ほしい種や植えてみたい苗木は他にもたくさんありますが、とりあえず、やれることだけ。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

Di Rumah Aja #お家にいよう3

Selamat Siang!
日本も都市部を中心に大掛かりな行動制限がはじまったようですね。検査も積極的になったなぁと思ったら、インドネシアの感染者数を一気に追い抜きました。

一方、インドネシアでは検査数が足りない間に合っていないのではと、あちこちから声が聞こえ、政府もスピードアップに懸命の様子です。

バリ島では、観光業が2月あたりから死に始めたので、そろそろお金の尽きる人も増えています。小さな自治体レベルでもお米を配ったり、余裕ある外国経営のレストランなどが無料の食事提供などを自主的に開始。マスクは国全体で義務化され装着率はかなり上がりました。政府からはアンペア数区切りで電気代の無料化や割引をしたり(貧困層を想定)、ローン支払いの1年間の猶予などを行っていますが、実質的な生活の補償はまだありません。

<4/17 バリ島の感染者数>バリ州の対策ウェブサイトより
-現感染者数は79名
-累積で113人、うち回復32名/死亡2名
-累積感染者で最も多いのは海外就労からの帰国者(右図グラフの紫部分)

前回のブログ記事内のデータと比較すると、やはり感染者増えていますね。。。
これには事情があります。

バリ島では初期の防疫がうまくいき、ジャカルタにある程度合わせて自粛を積極的に進めてきましたが、現在、海外からの帰国者の感染が大きな懸念です。その数、バリ島だけでなんと2万人が予測されているそう。

海外への実習生もいますが、クルーズ船の乗組員が最も多いようです。仕事を無くした人も多いので、もちろんバリ島としてもインドネシア政府としても、自国民を受け入れないわけにはいきません。

このため、帰国者はすぐに健康診断と血液検体による迅速検査。陽性者は症状に関わらず、用意された施設にて隔離措置後、今後はPCR検査を実施。陰性者は念のため自宅にて自己隔離観察という話もあれば、バリ島の各自治体がホテルを用意するよ、という話もあったりで、今ちょっとこのあたりは情報が整理されておらず、気になります。

感染が島内で拡がらないよう(右図グラフのオレンジ部分)食い止めるのが、今後のバリ島のミッションかなと思われます。ついでに、同グラフの青は国内移動によるバリ島での感染者、赤は外国人です。今後のバリ島感染者情報ウォッチの参考にしてくださいね。

数日前にいったデンパサールのショッピングモール、レノンプラザ。カフェレストラン系は閉店またはデリバリー注文のみ受け付け、スーパーは開店、その他のお店はすべて閉店。観光エリアも閑散。むしろローカルの小さな商店系のお店が、今はちょっと心配。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

Di Rumah Aja #お家にいよう 2

4/4午後現在のバリ島の感染者数(バリ州の対策ウェブサイトより)。

<バリ島の感染者数>
現感染者数は15名
-累積で35人、うち回復18名/死亡2名
-188名の PDPは、感染疑いで隔離観察中の人数

26日のニュピをきっかけに外出自粛がはじまり、それ以前に学校は休校、あちこちで観光スポットや大型ショッピングモールなどが休業や閉鎖になっています。ですが、それでもやっぱり少しずつ感染者が増えています。

もし何も自粛をしなかったら、もっと早いスピードで感染が拡がっている、ということ。
ジャカルタのパンデミックと同時にバリ島も同じレベルで警戒モードに入ったことが、よい方向に進んでいる印象です。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

Di Rumah Aja #お家にいよう

さて、バリ島は観光業がお休みになっているわ、外出自粛しているわで、ソカバリブログもどうしたものか…。

帰国難民が集まるチャングーも、ついに多くのレストランやカフェが閉まるようになり、一部店舗はgojekなどを利用したテイクアウトのみに切り替えているようです。今日からは、ビーチへいくと罰金という話も聞こえてくるようになりました(無視して出かける外国人&ローカルがいるので)。日常の買い物や銀行などには問題なく行けますが、営業時間にも変更がある様子。私もほぼ外に出ていません。

先日スーパーに出かけたら、店舗前で地元の若い子たちが消毒作業。

スーパーは外国人の利用が多いのですが、結構混雑していて感染が心配になります。レジ前は距離をとるよう線が引いてあり、手の消毒液が置いてありました。パサール(市場)も同じように混雑が気になります。

ローカルエリアでも、感染が怖くてお店をしめちゃった小さなワルン(商店)もあります。

カトラリーなどでの経口感染も心配なので、私たちはニュピ前から外食を控えるようになりました。もっぱら自炊なので、スーパーと市場だけはなんとかがんばってほしい。。。ごみ収集屋さんやバイク配達の人々など、そんなに利益がとれないけど、今頑張ってくれているのはこういうお仕事の人たち。医療関係の人たちも、今世界各国で、限られた体制や防護の中知恵と予算を振り絞ってがんばっています。

どこの国でも、医療崩壊が心配されています。
私たちにできることは感染しないよう、感染を広げないよう自宅で過ごすこと。
ソーシャルディスタンス(社会的距離。2mと言われています)を守ること。
今はそれこそが思いやりの世界。
もちろん、政府からの自粛や閉鎖に対する配慮も不可欠だと思います。

ニュピから自粛の開始したバリ島、なんだかいつもより空気が澄んでいる気がします。

インドネシアでは閉鎖も引き続き検討されています。全世界が起こっていることですから、いずれにしても、2週間や1ヶ月で終わるものではないという覚悟が必要かなと感じています。

そんなわけで、何か思いついた時には投稿するかもしれませんが、しばらくはのんびりペースの更新になります。

みなさまもどうか甘く見ないで、お身体お大事にお過ごしください。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

 

 

 

post

新型肺炎「COVID-19」へのバリ島対応状況4

お久しぶりの更新です。日本は桜の咲く時期でしょうか。

バリ島に旅行予定だった方ならもう他のブログなどでご存知とは思いますが、20日よりすべての外国人に対するインドネシアへの入国制限が非常に厳しくなりました。

30日以内の滞在のビザ免除は停止。このため、バリ島へ旅行される方はビザの手配をしなくてはなりません。さまざまな書類や健康診断書の提出など、事前に日本の在インドネシア大使館に申請し許可を受ける形となりました。

また、入国時に健康上の異常があった場合には、問答無用でそのまま14日間隔離状態となります。

この影響でバリ島内の観光スポットも休業が相次いでおり、旅行だったらわざわざこの時期に来る必要はないでしょ、という諦め感。( ̄▽ ̄)

お互い感染してるかもしれないですしね…(;´ー`)ノァ´`´`…

また現在、イタリアなどヨーロッパ諸国をはじめとするさまざまな国の方が世界のあちこちの国境閉鎖やフライトキャンセルの影響で帰国難民となっており、バリ島内の移民局は数日は溢れかえりそうで、今後もどうなるかわかりません。

移民局で体温測定。ソーシャルディスタンスも推進中。

昨日3/23時点ではインドネシア全体のcovid-19感染者は514名、死者は48名となっており、バリ島は3名の感染者と報告されています。ジャカルタでの感染者がもっとも多く、今後はこの拡がりをどれだけ抑えられるかにかかっています。政府は最大限の予算をつぎ込み、警察や軍の病院を隔離施設として準備。バリ島ではあちこちで毎日、公共施設の消毒などが予防措置として行われています。韓国のように、今後は簡易検査キットも導入するようです。

空港も消毒中。

アジアも米国もヨーロッパも、世界中が大変なことになっていますね。
バリ島は閑古鳥のまま、25日にバリヒンズーのニュピを迎えます。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。