post

スミニャックヴィレッジで雑貨

お客様との待ち合わせの合間にスミニャックヴィレッジへ。
スミニャックでの散策では、ドライバーは「スミニャックスクエア」か「ビンタンスーパーマーケット」で待機します。スミニャックスクエアのすぐ裏にあるのが「スミニャックヴィレッジ」。

前回行った時は入り口付近は少し殺風景な感じだったんですが、ミニブースの出店が増えています♪バリ島のかわいい雑貨が溢れんばかり。見ていて楽しい!

お馴染みになってきたウッディなキッチン道具に定番アタ編みグッズ。
手前の蚊取り線香入れがおしゃれ。れんこんの実の形をした灰皿も素敵。小物入れにしてもいいですね。

洗練カラーのビーズ小物入れ。アクセサリーを入れたり、コットンパフを隠したり。

彫刻工芸がさかんなバリ島ならではの木彫りiPhoneケース。モチーフはいろいろです。これ、いいなぁ。

小さなお土産をお探しなら、ちょっとエスニックテイストの入ったビビッドなビーズブレスレット。これはかわいい!

そしていかにも!なバリローカルデザインの凧!今、バリ島は凧揚げシーズンなんです。

どのお店も一定のクオリティやセンスを保っていて、さすがなスミニャックでした。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。


インドネシアランキング

post

ウブド散策☆デウィシタ通り

バリ島に暮らしているとあんまり行かなくなる観光エリア(笑)。とても久しぶりにウブドを散策してきました。みなさんびっくりするかと思いますが、ウブドでショッピング散策をしたのはなんと2年ぶり!せっかくバリ島に暮らしているのにね…。

まずはデウィシタ通り。

ちょっとくねった坂道にカフェやショップがびっしりとつまった感じが、歩いていて楽しい通り。裏道からウブド市場へ抜けられたり、美味しい料理屋の並ぶゴウタマ通りへもすぐです。

日本人に人気のナチュラル石鹸kouやアロマ専門店ブルーストーンがあります。

店舗前に並べられたウッディな雑貨や、バリの日常にもよくある、スパイスを潰す石臼のミニチュア版。見ていて楽しい♪

以前にお線香の専門店はないですか?とお客様に聞かれたことがあります。

この通りにあるJepung Baliはさまざまな線香を小売りしているのでお土産にいいですね!ローカルのお店だとお祈りで使う線香なので大きく、1つの香りだけでものすごい束になってしまうので、こういうお店はありがたい。

そして新しく(?)見つけたこちら「Bali Harum(バリハルム)」。香りのお店ですね。

こちらは石鹸と線香、アロマエッセンスがセレクトされている様子。アロマグッズやお土産が一発で揃っちゃいますねー。もちろん質に違いはあると思いますが、価格的にかなりリーズナブル!

ルームフレグランスってよくオーガニックショップあたりで見かけるけど、いつもなかなかの金額します。こちらは本当に安い。香りは1種類ですが、いろんな大きさやボトルがあって可愛い。丸い瓶のも素敵〜。

個人的に気になったのは、こちらのエッセンシャルオイル。さまざまな用途に使えますが、日本では見つからないバリ島ならではのトロピカルな花や、ブレンドされた香りも様々に揃っていて要チェック☆1個500円以下ですよ♪

もちろんナチュラルソープもバリエーション豊か。パッケージになったセットもいろいろとありました。

かわいいお洋服や雑貨のお店などもたくさんありますが、たまたま惹かれて香り系のショップばかり立ち寄ってしまいました。大好きなケラミックのKevalaもありましたよー。


私の久々のウブド散策のわくわく感、伝わりましたでしょうか。テヘ(*゚ー゚)>
ブログランキング参加しています。面白かったらクリック♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

クルンクン市場

クルンクンはバリ島東部にありますが、ウブドからは1時間ほどです。

スマラプラ宮殿と言われる王国の宮殿がありましたが、別名を「カルタゴサ」その昔は裁判所があり、裁判所の上の天井にはバリ島伝統絵画のひとつ、カマサンスタイルと言われる手法の絵画が見事に描かれています。奥の建物は博物館として様々な当時の暮らしについての歴史展示があり、庭園としても素晴らしく、敷地内を歩いていると時間がゆっくりと流れていて、それだけで癒される感覚があります。ボーッとするには最適。

カルタゴサの手前にはクルンクン市場。ここは現地の人々が正装で身につける生地や、お祈りに使われる道具が売られています。観光客も入ってお買いものできます。

バリ島観光本などでは「バティック」というろうけつ染めの布がよく出てきますが、実はそれはジャワ島から伝来したもの。プリントものも多く出回っています。ここに売られる「エンデック」や「グリンシン」「ソンケット」が本来のバリ島の伝統の織物工芸になります。

上がエンデック、下がグリンシン。

色鮮やかなバリ島の布たち。スンバ島のイカット(中央)や現代的なプリントのスレンダン(左)、絞りの手法を使ったものもあります。スレンダンはスカーフに使っても可愛いですね。スンバイカットは掛け軸にするとカッコいい☆最近はエンデック布に刺繍を施したものもトレンドのようです(右、紫の布)。

バリヒンズーの僧侶や高層が儀式に使う道具もいろいろ。

 
 
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存