post

儀式の男料理

ヌガラの実家の家寺をリニューアルしたので、その儀式があって帰省したプトゥ。

囲いの壁が老朽化していたのと、壁の左側に1.5mx3mほどの空間が残っていて何にも使われていなかったので、詳しい人に相談して大丈夫とのお墨付きをもらい、壁を奥まで広げました。祭壇も新調。

バリ人も中国の風水から影響を受けているのか、似たような感じで方角や位置などを気にするんですよね。例えば、自宅の目の前の土地を買って家族が家を建てるのはよくないとか、眠る時はアグン山の方角に頭を向けて寝る方が良いとか、色々とあります。

カフェやレストランでも見かける、建物のあちこちにあるこういう小さな木の祭壇も、できるだけアグン山の方角を向いてお祈りできるように設置しているんですよ〜。

さて、近所の男衆も手伝いに来てくれて、伝統のラワール料理の準備。
実は早朝に豚を絞めるところから始まっています。

こちらはココナツやスパイスを混ぜ込んだ豚のサテ。ピリッと辛みがあって、ココナツの甘みと食感がプラスされ、手作りのサテはそこらへんのワルンで食べるよりもずっと美味しい♪ヌガラは自然に溢れているので、竹串から自分たちで作ります。

こちらはバリ語でジュクッといわれるスパイスのきいたスープ。このスープにも豚を使います。

大きな儀式で使われる「バンタン」といわれるたくさんのお供え物はすでに準備が終わっていたので、女性陣も料理のお手伝い。これは肉をミンチにしてバナナの皮で蒸しあげる「トゥム」といわれるもの。脂肪や軟骨を混ぜたりします。

ソーセージのような感じで強めに塩を効かせていて、ジューシーですごーく美味しい。

大量に作る時は、一連に繋げて蒸すそう。

絞めた豚は血を含め、余すところなく料理して食べます。こちらは脂肪をまとめて揚げているところ。このまま食べるんだけど、さすがに私はこれはむつっこくて無理。カロリーすごそう。。。隣のボウルに入っているのは、ラワールに混ぜ込むスパイス類ですね。

スパイスなど前日から仕込んで出来上がるのが、こちらのラワール。

ヌガラは「ラワールクルンガー」が名物で、クルンガーは椰子を意味します。

ごはん部分にかかっているのがベースのラワールで、椰子の白い部分を細かく刻んで茹で、柔らかくしているんですね。これだけだとさっぱりしていて、他の地方のラワールよりもヘルシーかも。

家寺の祭壇の飾りつけも終えて、家族は沐浴をして正装に着替え、儀式のはじまりを待ちます。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

バリ島食べ歩き

バリ島に来てインドネシア料理!となると、大体ナシゴレンかミゴレンあたりを食べる人が多いのでは?と思います。ローカル向けのカフェあたりだとサテなし、野菜少ない、目玉焼きはあったりなかったり。通常のローカルワルンだと「スペシャル」と言わないと目玉焼きもつかず、炒飯のみです。

観光客も来るような安めのカジュアルワルンだと、こんなかんじ。

ナシゴレン。バリ島らしく、ビンタンビールか果物のジュース(甘め)と一緒に。

観光エリアの外国人向けのちゃんとしたレストランだと、サテや目玉焼きがのっかって豪華。ローカルワルンより辛さ控え目で美味しいですね。値段にはそれなりの意味があります。

野菜の入ったものを食べたい時は「ナシチャンプル」もおすすめ。チャンプルはいろいろ混ざった、という意味です。

ジンバランで見つけたおしゃれカフェのナシチャンプル♪バリ島テイストで美味!

ナシゴレンやミゴレンに飽きてきたなーと思ったら、バビグリンをどうぞ。バリ人によるバリ島伝統の豚料理です。ウブド周辺がメッカなので、あのあたりで食べることをおすすめします。

他に個人的に試してほしいなーと思うのが、バリ島ジャジャン。ジャジャンを分かりやすく訳すと「甘菓子」になるでしょうかね。バリ島またはインドネシアならではで、甘味がたっぷり。お米をメインに、ココナツ砂糖やバナナなどでさまざまな種類があります。

こちらは「ラックラック」。ココナツフレークと黒糖シロップをかけてどうぞ♪

「エスダルマン」はわらび餅のようなゼリーの食感が美味しい、懐かしい甘味のドリンク♪ダルマンという葉っぱを絞っただけで、こんなゼリーができてしまうんですよ。

宝石のようなゼリー類が入ったピンクの「エスチャンプル」もなかなかです。ちなみにこだわらせていただくと、こういうドリンクは椰子砂糖を使ったお店のほうが、断然美味しいです!

ソカバリツアーおすすめの、本当に美味しいお店は、ツアー途中にもご案内できます♪カーチャーターでオリジナルの旅のご案内は、ぜひお問い合わせください。


にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

保存