post

儀式の流れ(後編)

翌日は朝、男性陣が準備してあったラワール作り。女性陣は作ったお供え物を祭壇に入れ、線香を炊き、皆が正装してマンクー(僧侶)を待ちます。

準備が終わり談笑する男性陣。このときのおしゃべりってジョークを交えながらも、結構大切な情報交換をしてたりします。

3時ごろ来る予定だったのに、前の儀式がはやく終わって1時には来たマンクー。
儀式のお祈りごとを終えてラワールタイム。来ていただいたマンクーから箸をつけていただく感じ。このへんのマナーというか感覚は日本人と似ているなぁといつも思います。ヌガラのラワールは「ラワールクルンガー」といってココナツの皮の白い部分を蒸してつくるちょっとベジタリアンなラワールです。でも豚や鳥のスープと一緒にいただくのでベジタリアンではないんですが(´∀`)

硬いココナツの皮が蒸されるとやわらかくなりつつもコリコリの食感があってすごく美味しいんですよー。

上のラワールにプラスし忘れたトゥム。日本人スタッフはこれが大好き。しいていうなら肉々しくてジューシーな餃子の中身、みたいな感じですかね。この日は豚とあひるを用意。バナナの皮で蒸します。

食事が終わるとこれまたひとしきり談笑タイム。プトゥの家族はみな質素というか、控えめな人が多いのですがこの日は珍しくセルフィータイム!「フェイスブックの顔全然違う人いるわよねーあれどうやってるの?」とかいいながら、どうやって細く映るか、角度はどうがいいか、アプリのエフェクトはどうするか、老若乙女のようにキャッキャと実験しながら撮りまくり≧(´▽`)≦

渾身のキメ顔(๑´▿`๑)

最後は大勢でカシャッ!

日本人スタッフは顔隠します(苦笑)

楽しそうに見えますが(そして楽しいんですが)、バリ人はタフです。雨季前の暑い気候の中常に手も体も口も動かして準備に準備。日本人の私は勝手がわからないだけでなく、暑すぎて同じ感じではなかなか動けないです。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

儀式の流れ(前編)

3日に1回の更新を目標にしているのに、最近なかなかできていない日本人スタッフです。

日本の台風、今年は何度も大きなのが直撃して大変でしたね。とくに関東地域の被害をネット上でみてあちこちの知人友人が心配になりました”(・_・、)”

バリ島は数年前にアグン山の噴火が懸念され、警戒度は今も変わってないんじゃないかと思われますが、観光エリアにとくに影響はなく、すでに日常に戻っている感じ。でも自然のリスクは常に心しておかないといけませんね。

さて、実家のあるヌガラに帰省したプトゥ。バリ人はだいたいいつも儀式で帰ります。今年に入り、プトゥのご両親が高齢で体調がすぐれないことも増えてきたので、この日も儀式準備から参加。これはフルーツのお供え物セットの準備中。

各世帯でこの「ソカシ」というかごにマイお供えセットを用意します。忙しい人は自宅からもってきてもいいし、自宅での儀式の場合は他のお供え物とまとめて準備しちゃいます。村のお寺に捧げるのも同じものです。

フルーツが足りないので兄さん家へ行き、マンゴーをゲット。雨季がもうすぐのこの時期が旬!(。^~^。)

マンゴーの木はなかなかに大きくなるんですが、ひょいっひょいっと登るプトゥ。

傷のない大きくてきれいなマンゴーをゲット!産地どころか木直送なのですごく美味しい!

自由なバリニーズ犬たち。

前日は女性陣はお供え物の準備がありますが、家族皆が集まるので男性陣は伝統料理ラワールの準備と家の祭壇の飾り付けが仕事。他にもグリヤという高僧の自宅へ行き、儀式に使う聖水をいただいてきたりします。

そうこうするうちに準備ができ、翌日は儀式を迎えます。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

バリヒンズー 家族寺の儀式

プトゥはバリ島西部のヌガラ出身で、ヌガラの実家に家寺があります。ですがご両親はもともとアグン山の噴火をきっかけに引っ越して家を建てたので、クルンクンにもご先祖様を奉る家族寺があります。

なので半年に1回くらいの頻度でクルンクンでの儀式に参加。
一体これってどれくらいご先祖さまを遡って訪問するものなの?と聞いたら「好きずき」だそうです(゚´▽`゚)

というわけで、ツアーの合間にお父さんのクルンクンの実家へ。チビプトゥももちろん参加します!

朝から準備して昼にメインの儀式を終え、夜にはガムラン隊がきて、家族で敷地内をぐるぐる回るフィナーレ(?)があります。

ちょうどバリのローカルの学校も休暇期間なので、今回は若手が参加(写真はブレブレ)。

境内(のような割れ門)を抜け下段のバレがある広い場所へ。

僧侶を囲んで踊る人も。これ、全部役割分担があり、神様への奉納の意味があります。

もっと細かい意味はわからないので聞かないでくださいね(笑)。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

 

 

post

ニュピの時、何してるの?

もう過ぎてしまいましたが…ニュピだと知らずにジャカルタからお客様がファミリーでヴィラご滞在ということで、前日のオゴオゴ(悪霊)パレードの日に、プトゥは空港送迎。

パレードの為にいくつかの大きな道が、13時を過ぎたあたりから徐々に通行止めになっていきます。渋滞へとつながるため、できるなら午前中にはホテルに移動して篭ってしまうのがいいのですが、お客様の到着は13時を遅れ、14時。

途中でコンビニやスーパーで食材を買い込み、ヴィラへお送りしたものの、渋滞がすでに始まっており、時刻は17時。。。ここから一生懸命自宅に戻るのに3時間以上かかりました。

実はこのニュピの前日、プトゥジュニアがバリ暦で1歳。オトナンというミニ儀式を午前中にササッとすませていました。お供え物も、前日に慌ててナガさん(兄)の奥さんコマンさんに依頼。

実はここには2種類の葉があります。一つ一つ意味の異なるものを、ナイフ1本と留め具で手際よく作っていく。小さい頃からやっていないと時間もかかるし、綺麗にはできません。

通常のオトナン儀式のための、最小限のお供え物がこちら。

そして18時には、ニュピを迎えるためにいつもより特別な儀式があります。が、間に合わず。急遽兄のナガさんの奥さんコマンさんが、午前中に加えて午後も来ることに…(気の毒)。

家の各ポイントにお供え物をしてお祈りをし、最後は玄関に大きなお供え物。終わったら椰子の松明(?)、とお米と聖水を持って、家中を回りながら鎬を叩いて悪霊を追い出します。

ニュピの当日は以外とあっさりしたもので、本当に何もしません。(早朝6時までに1日分の料理は準備完了)。昼寝を何度かして、家族で静かにおしゃべりですね。ニュピ前に女性は大量のお供え物をお寺や自宅のために用意してきてますし、男性もムラスティという浄化の行進で歩いたり、子供はオゴオゴもあったりで、皆ヘトヘト。プトゥのお父さんはマンクーなので、ニュピ当日は毎年断食しています。ちなみに、小さな子どものいる家はバンジャールに届け出をすれば、少々の電気や火の使用はOKです。

実は外出禁止は、観光エリアほど厳しい。観光客や他の島、他の宗教の人が多く緩める程度がわからないのと、餌をやる家畜もいないため。

ブログランキング参加しています。面白かったらクリック♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

新祭壇の儀式

先日はプトゥ家にsanggahという、ごく一般的な祭壇をとりつけるための儀式がありました(以前のつづき)。

一般的とはいいつつも、毎日お祈りをする家の要ですから、気合いが入ります。実家からマンクー(僧侶)とプトゥの両親が、お供え物セットをもって泊まり込み。実はこの前段階で、数日前には仮の祭壇を取り外す際にも皆に来てもらいました。今回は「神様入りまーす」という儀式なので、満月の良日を選んでこの日に。兄弟も、忙しい合間にパラパラと尋ねて手伝いにきます。

お供え物のセッティングはマンクーの奥さんしかできないのでいうとおりに…というかほぼ任せきりで、徐に儀式が始まります。僧侶は鈴をチリンチリンさせながらマントラを唱え、

聖水が撒かれ、何度かお祈りをし、竹や何やら叩きながら家中を歩き、家のあちこちで聖なる椰子のジュースも撒かれ、生卵も割られ…(室内も)。

ひとつひとつに意味がありますが、バリ人もわかりません。多すぎるので質問するにもどこかれすれば…。

日本人からみたらちょっとしたホラーカルチャーショックですよね、後片付けどうするんじゃいっていう(笑)。でもある程度まではきれいにして帰ってくれます。

プトゥも日本が長かったので、祭壇を取り付ける事がこんなに大層なこととは想像していなかったらしく(一日で簡単な儀式が終わると思っていた)、バリ人だけど一瞬ひるんだようでした。

でも終わると晴れ晴れしい気分になるから、不思議です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

夏休みのツアー、お問合せいっぱいありがとうございます♪

保存

保存

保存

post

3/17はバリ島新年のニュピ!

今年もバリヒンズーの静寂の新年、ニュピがもうすぐです。

ニュピ当日は、朝6時から翌朝までの24時間、一般住宅は電気や火の使用や外出禁止。音楽を聴いたり歌ったり、なんてこともなるべく控え、とにかく静かに内省しながら一日を過ごすことがよしとされています。街には人がおらず、屋台もバイクや車も出ておらずお店もすべて閉店。空港も閉鎖。

そんな風に過ごすと空気も澄み切って浄化され、ニュピの星空は最高に美しくなります。

前日にはオゴオゴという、悪霊のパレードがあり、お昼すぎより観光エリアもいくつか主要な道が閉鎖。このあたりまでは、バリ島リピーターさんなら既知でしょうか。

悪霊はかなりリアルで怖いけど、子どもたちは大好き♪

これにプラスしてもうひとつ、ニュピの3-4日前に「ムラスティ」と言われるご神体浄化の行列が各地で見られます。寺院のご神体を出して、その村全体で海まで練り歩き、浄化のお祈りをするというもの。

ブレガンジュールという行列向けの音楽隊もガムランを鳴らして歩くのでとってもカッコいい。歩くバリ人たちもなんだか清々しい表情。よっぽど内陸でない限り、バリの人々は正装をしてかなりな距離を本当に歩きます。晴れていれば炎天下のバリ島の日差し…そしてみんなで一緒にお祈りをするため、ビーチでも1時間以上スタンバイは普通。

日本人スタッフも参加したことがありますが(ズルしてバイク 笑)それでも結構キツかったです。。。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

旬の果物と子どもの儀式

Selamat siang! ソカバリツアーです。ここ2週間ほどですが、雨の様子や頻度が変わってきた気がします。ずっと雨や曇りの日は少なくなり、天気のよいときは青い空や夕刻には美しいサンセット。今はオフシーズンですし、バリ島にくるにはいい季節になってきましたね!お好きな方にはドリアンも旬です♪

そういえば1月にいらっしゃったお客さまはドリアンが大好きで、あんまり美味しいので冷蔵庫で冷やして食べようとホテルに持ち込もうとしたら、断られたそうです(笑)。苦手なお客さんもいらっしゃいますからね、ホテルはアウトですー。

ドリアンの他にこちらのランブータンも甘酸っぱくて美味しいですよ♪私はこっちの方が好きです。

さて先日はプトゥの自宅にて、プトゥジュニアの小さな儀式がありました。

小さいといっても、お供え物の数は結構すごいです。さきほどのドリアンやランブータンなどの果物もお供えされます。

子どもの1ヶ月7日(バリ島のウク歴で42日目)の儀式だそう。これが終わると、産後3ヶ月にさらに大きな儀式がヌガラの実家で行われます。

儀式が無事に終わってうれしいプトゥ。

ここ2ヶ月ほぼはあまり積極的に仕事ができず、ナガやゲデ、その他の兄弟に案内を依頼していましたが、今からはプトゥもOKです!

学生さんの卒業旅行や春休みの旅も、是非ソカバリツアーにおたずねくださいね♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

8/17&21 ヌガラジェゴグ演奏情報!

ソカバリツアーのFacebookページにいただいたお客さまからのコメントをご紹介。

コメントをいただけるととても励みになります。ありがとうございます♪

さてさて、ソカバリツアーのお盆休み(8月11-19日)、予約がぼちぼち入ってきております。
ジェゴグのお問い合わせも相変わらずたくさんいただいております。

時刻はまだ未定なのですが(ギリギリまでわからない 汗)、8月は17日、21日に寺院での大きな儀式が予定されており、その際にジェゴク演奏があるとの情報が入っております!儀式での演奏は滅多になく、かなり気合いの入った演奏になると思います!前日よりヌガラ入りする必要がありますが、興味のある方は是非お問い合わせください。

寺院での演奏の場合は、お客さまにも正装をしていただく必要がございます。バリ人と同じ民族衣装を着てバリ島気分を満喫してください♪衣装は貸し出しいたしますのでご心配なく。

上記以外ですと、ウブドの公演へのご案内が可能です。カーチャーターのツアー計画と一緒にお問い合わせください。

この日も目力強めのプトゥです♪

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

post

バリ島の民族衣装

バリ人のおしゃれの場は洋服よりも民族衣装。男性の正装で最もきちんとしているのは「サファリ」という上着ありのスタイルです。通常お寺で見かける人は、白地のコットンシャツを着ている場合が多いと思います。もっとカジュアルな時はTシャツ。男性が頭に被るのは「ウダン」。

とってもおいしいラワールを作るプトゥのお父さん。

女性の場合も、お寺では上は白、袖は長袖または七分丈までが模範的とされています。実はもっと以前は黄色が清浄の色とされていたこともあり、困った時は黄色でもOK。お金のない人は何着も白いクバヤを持てませんし、はたまた逆に、いつでもどこでも色のあるクバヤでバッチリとキメる女性もいます。

腰に巻くのは「スレンダン」。スレンダンだけは、いかなるお祈り時にも必要です。

全身真っ白な方はマンクー(お坊さん)か、そのサポートをする奥様です。奥様自身がマンクーなことも。

ややカジュアルな儀式の時(お寺に行かない時)には上もカラフルになってきます。最近は忙しい人が増えた影響もあるのか、日本のロングスカートのようにさっと履くだけのものも出てきました。伝統からはやや外れますがいつの時代も変化は免れない。これなら着付けもなく、日本人も気楽にクバヤセット買えますね♪

大学の卒業式や知り合い親族の結婚式になると、肩や胸の空き具合も広がったり、レース度が増したり。髪型もメイクもどんどんキラキラになっていきます。バリの女性はパステルより原色、清楚よりもセクシースタイルが好きだな〜と思います。下に着る「カマン」という布は、バティックとエンデックの2種類が主流です。

結婚式やポトンギギ(歯削りの儀式)の場合、金色があちこちに散りばめられたり、手織りの高級布が使われたりして最も豪華。

ナガさんの長男はイケメン高校生。

寺院での踊り子たちの衣装含め、これらも、きちんとした宗教上の正装なんです。

儀式のはじまりの少女たちの舞「ルジャン」

…とはいっても、もっとずっと昔は男性も女性も上半身裸でした。布も今よりシンプルなものが多かったのですが、発展に従って王族のような正装を、一般の人たちも身につけるようになったのが今の流れのようですね。

観光でいらっしゃるお客さまにうるさく言うことはありませんが、お葬式の時はダークめの上下など、実は結構いろいろとTPOのある、奥の深いバリ人の民族衣装のお話でした。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

post

バリ暦に初詣はある?

バリ島は今がピークシーズン。お正月は仏教、あるいは西暦ということもあり、元旦という意識はありません。それでも31日や1日はあちこちが通行止めになったり、お客さまもホテルで過ごされる方が多いので、仕事のない日は比較的ゆっくりできます。

今年の元旦はたまたまバリ暦のお祈りの儀式が大きなお寺や海であり、そのお祈りに出かけるバリの人々。

プトゥのお父さんがクルンクン(バリ島東部)にあるお寺にいきたいというので、ヌガラから出発しておでかけ。長くこのお寺にいっていなかったプトゥは半義務だそうです。

お寺にはたくさんの人が正装してくるので、日本の神社のように並んで順番待ち。グループに札を分けられるので、周辺にあるお店でいろいろ食べたり飲んだりしながら待ちます。

境内(といっていいのでしょうか)に入るとぎゅうぎゅうになりますが、みなさん平和にくっつきあって座り祈りを捧げます。

よくわかりませんが、この日は2カ所でお祈りをささげたとのこと。

ナガさんも心すっきり?

ピースするナガさんの前隣はお父様。

ヌガラから3時間かけてデンパサールの息子の家へ行き、そのまま着替えて直行で1時間以上離れたクルンクンへ。言い出しっぺのお父様、かなりの体力を消耗されたのでは…。

バリ島にはたくさんのお寺があり、それぞれにいろいろな歴史や言い伝えがありますが、こちらのお寺は一般の観光客が普段入ることのあまりないゲルゲル王国の菩提寺、だそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ