post

タマンアユン寺院

タマンアユン寺院は1634年にバリ王国のひとつ、ムングイ王国の寺院として建立され、現在は世界遺産に登録されるバリヒンズー寺院です。のんびりとしたバリらしい風情の景観のを車で走るとぽんっと現れる、広い敷地。緑の庭園は美しく整備されており、散策しやすい環境になっています。

入り口の歴史ある小さめの割れ門を入ると

まっすぐに奥へと続く遊歩道。緑が豊かです。石畳の上を歩いてくださいね。

二つ目の大きめの割れ門を抜けます。

芝がとても綺麗に整備されていて、写真には写っていませんが左手には木陰があり、右側にある広々としたバレでは自由に涼むことができます。

奥に見えるのは山門といい、本堂につながる入り口です。神聖な場所のため観光客はここから先へ入ることはできません。左の遊歩道から入り、周囲を歩きながら中を眺めることができます。

みどころはこの美しい塔群。多重構造の屋根は聖なる山アグン山をかたどっており、本来は奇数ですが、王族の祖先を奉る塔だけは偶数になっているそうです。探してみてくださいね。

周辺をぐるっと回って最後は森林の木陰で一息。タマンアユン寺院は大きな掘に囲まれています。ここ、以前はこんなに整備されていませんでした。出口付近にワルンがあり、座ってバリコピを飲んだり軽い飲食もできます。ほとりは涼しくて気持ちがいいですよ。

そういえば、この日は入り口近くのバレにこんなものが。

左右はバリ島の「ランダ」という魔女で陰のシンボルを意味しますが、同時に神様でもあります。真ん中は「バロン」と言われる村の守り神。獅子の聖獣で陽のシンボルを意味します。

善と悪が戦い疫病を祓う奉納劇「チャロナラン」に必ず出てきます。数々ある奉納舞の中でも最も人気があります。チャロナラン劇は神様に捧げるため特別な日に寺院内で行われるもので、一晩かかる長時間の劇。大変に迫力がありますが、観光客には一般公開しておりません。

ウブドのバリニーズダンス公演の演目では「バロンダンス」として観ることができます。また、朝一番にウブド近郊の村でもバロンダンスをやっており、お子様にも人気です。興味のある方はご相談くださいね。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

バリ島の暦とカレンダー

バリヒンズーには神事を行うにあたり、ウク暦とサカ暦という特有の暦があります。ウク暦の1年は210日で、サカ暦は太陰暦と太陽暦が組み合わされた10種類の週があります。サカ暦はバリ島にジャワ・ヒンドゥー文化が広まる16世紀以前から使われてきた暦なのだそう。

この組み合わせはとても複雑なので一般のバリヒンズーの人たちも計算方法がわかりません。そのためバリヒンズー特有のカレンダーを確認して、その日のお祈りやお供え物を準備したり、自宅や寺院などで宗教行事を行うようにしています。

世にも珍しい曜日が縦書きのカレンダー。年末になるとローカルなお店のあちこちに置いてあります。プトゥ家のカレンダーは今ではあまり街角で見られなくなったバリ語の文字はもちろんのこと、英語と日本語でも曜日が書いてあります。

日常的なお祈りの中で特に大切にされている満月(赤丸)と新月(黒丸)もこの通り。わかりやすい。日本の六曜のような、大安や友引に似た日もすべて確認できます。

特に大事な行事の日はここで確認!今月は24日にガルンガン(ご先祖様の迎え盆)がありますが、その前段階にはスギアンジャワやスギアンバリ。ペンジョールやお供え物など、ガルンガンを迎える準備やお祈りが、スギアンジャワから始まる感じです。

このため、小さなお店やカフェなど営業する外国人オーナーさんが「バリ人が仕事サボりはじめた」「ミスが多い」「いつもより早めに仕事切り上げて帰っちゃう」と困る声もきこえてくるのですが (´∀`lll)、決して家でゴロゴロしているわけではないのです(特に女性)。バリヒンズーの人たちにとっては、むしろ晴れのガルンガンが終わるまで気が抜けない日々に突入する心情。

バリの街角で見かける美しいペンジョールはもちろんですが、

家や寺院の飾り付け、一番大変なのは行事に応じたお供え物を準備すること。

材料を市場で仕入れて自分で1から作る家庭もあれば、忙しいとできたものを買う家もあり。もちろん自作の方がずっと安くなります。

お供え物の入れ物の中にちょこちょこ詰めて行くものや果物を揃えるのも大変。大きな敷地の家は自宅だけで何十箇所もお供えをします。これに加えて自分が所属する寺院へも。

見ていると本当に大変そうです。

晴れの日を迎えるとようやく、各家庭特製レシピの最高に美味しいラワールが振る舞われます。

一般的に女性はお供え物に集中し、ペンジョールとラワール作りは男性の役割になっています。ガルンガンのお祈りが終わって少し一息すると、10日後には送り盆のクニンガンがあります。

バリヒンドゥでこのカレンダーを持っていない家庭はないでしょう。バリ暦カレンダーは独特のレトロな雰囲気があるので、観光ではお土産としても人気です。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

バリ島旅行Tips:基本料金について

バリ島にあるバリヒンズーの寺院や歴史遺跡などには、入場料が各場所で設定されています。

インドネシアの経済発展に応じて、また人気寺院では入場者のコントロールや歴史的建築の維持を目的に入場料が値上がりします。この料金はそれぞれの寺院で決定されるものでいきなりのことが多く、観光案内をしていても常に情報を追いかけていないと急に変更になり、間違うことがあります。

ソカバリツアーの基本料金には、これら施設への入場料や駐車料金、また場所によってはエリア通行料などがあり、カーチャーター料金に含まれていません。お客様がルピアを用意し、各スポットにて直接現金でお支払いいただくか、ドライバーに任せて、清算時にまとめて支払うかのいずれかになります。

またエレフェントライドなどの動物園施設、マリンスポーツなどのアクティビティ利用や入場料に関しては、高額のため基本的にはカーチャーターで立て替えることはできません。入場口にてお客様に直接お支払いいただく必要があります。

パッケージツアーの場合はこれらの料金が含まれております。また、オリジナルツアーではさまざまな予約代行をい足しますが、内容によっては催行会社の規定に準じて、前金のお支払いをお願いすることがございます。

また、ドライバーをお食事にお誘いいただく場合ですが、お客様が行かれる場所で普段食事をすることはなく、日常の食事よりも高価になるため、割り勘で支払うことはできません。このことをふまえた上でお声がけいただけると、大変ありがたく思います。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

5日間のバリ島ツアー

5日間に渡ってジャカルタからのお客様をご案内しました。5日間と長かったので、バリ島の観光フルコースです!

かいつまんでみると、まずはキンタマーニ高原。

この日はお天気がよく見晴らし最高!

ブドゥグルにある、水上に浮かぶウルンダヌブラタン寺院。

ここは雨季乾季に関わらずどんより曇や雨の多い地域ですが、よい感じのお天気でラッキー。

ジンバランビーチで波の音を聴きながらのシーフード。

他にもタナロット寺院やウブド散策、お土産物屋、B級グルメ巡りなどなど盛りだくさん!(かいつまみすぎですね…)

とっても優しいお母さんで、はじめてのバリ島だった子供達も満喫できました!

【プチお知らせ】
バリ島東部のルンプヤン寺院やウルワトゥ寺院のケチャダンスは、近年の大変な混み具合がさらに悪化しております。ルンプヤン寺院では朝であってもインスタ映えの撮影で並ぶこと確実ですし、ケチャダンスはこれまで以上にチケットと座席を確保するのが難しくなっています。残念なことですが、この2ヶ所への観光をご希望の方は混雑を理解した上でお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

post

バリヒンズー 家族寺の儀式

プトゥはバリ島西部のヌガラ出身で、ヌガラの実家に家寺があります。ですがご両親はもともとアグン山の噴火をきっかけに引っ越して家を建てたので、クルンクンにもご先祖様を奉る家族寺があります。

なので半年に1回くらいの頻度でクルンクンでの儀式に参加。
一体これってどれくらいご先祖さまを遡って訪問するものなの?と聞いたら「好きずき」だそうです(゚´▽`゚)

というわけで、ツアーの合間にお父さんのクルンクンの実家へ。チビプトゥももちろん参加します!

朝から準備して昼にメインの儀式を終え、夜にはガムラン隊がきて、家族で敷地内をぐるぐる回るフィナーレ(?)があります。

ちょうどバリのローカルの学校も休暇期間なので、今回は若手が参加(写真はブレブレ)。

境内(のような割れ門)を抜け下段のバレがある広い場所へ。

僧侶を囲んで踊る人も。これ、全部役割分担があり、神様への奉納の意味があります。

もっと細かい意味はわからないので聞かないでくださいね(笑)。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

 

 

post

スミニャック通りでランチ「Warung Ocha」

スミニャック通りは舗装工事が進み、随分と歩きやすくなりましたね〜。

おしゃれなブティックがたくさんあって目移りします。

インドネシア特産のコーヒーやチョコレートの美味しそうな、いい感じのカフェも増えたし

徒歩でショッピングを楽しむならやっぱりスミニャックでしょうか。

新しいコンセプトのカフェやレストランが展開されるスミニャックですが、今日はあえて長く続くカフェ「Warung Ocha」へ。ビンタンスーパーマーケットから真っ直ぐ徒歩で5分のところにあります。

このお店は中が広いんです。なので席にあぶれることはないし、グループでも座れます♪ちょっと薄くらがりな雰囲気で工芸品のランプがかわいい。トレンドなお店よりもずっとしっかりとしたつくりのテーブルがあり、落ち着けます。

天気の良い日はやっぱり奥の屋外席。トロピカルな植物に南国の風がおすすめ☆彡

ボーッと癒されます。。。

カウンターに並ぶナシチャンプルのおかず。今日はこれを食べに来ました。インドネシアらしいメニューと西欧風アレンジのおかずが混在して沢山😋。観光向けなのでそれほど辛くなく、何を食べても安心。どれにするか目移りしまくりです。

ここはワルン名前がつきますが、ローカルの本物(?)のワルンとは全然質が違うので私の中ではカフェレストラン。ウブドにもこういうお店が多いですね。ナシチャンプルはおかずひとつずつ加算になります。スミニャックプライスなので盛りすぎ注意〜

インドネシアらしいおかずをチョイス。テンペにチャプチェイ、ゴレンガン(揚げ物)。

お味は本来のバリとは違って巣スパイシーさが抑えられ、ちょっと甘めな感じ。日本人には食べやすくて美味しいと思います。スミニャックでおすすめの定番店でした。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。


インドネシアランキング

post

甘党さんへ♪バリ島のチョコスイーツ

インドネシアはカカオの世界第3位産出国なのですが、バリ島でも北部の高原地帯を中心にコーヒーなどと一緒に森の中で栽培されています。

ですが普通にローカル暮らしをしていても、美味しいチョコレートには出会えません。現地向けのお菓子のチョコレートはやっぱり日本クオリティ以下。。。本当はカカオがいっぱいあるのになぁ。

観光に剥いてみると、ここ5−6年でバリ島のカカオを使ったチョコレートのお土産が増えてきましたね。

チョコレートづくりの見学や体験ができる施設も少し増えているんですよね。こちらは定番の東部のチョコーレート工房。隣にせっけん工房と海を見渡すスイングもあります♪

バリ東部のチョコレート工場。バリ島産のカカオを使い低温で仕上げる本格生チョコの試食&購入ができます。こんなかわいい家に囲まれながらホットチョコレートで一息も。

最近はチョコレートに関してはリサーチ不足で、ほかの情報が足りない。といわけで、代わりにカフェで美味しくいただけるチョコレートスイーツをご紹介!ヽ( +´∀`)ノ

まずはチャングーののBetelnut Cafe。食事時はいつも満員。2階にスイーツのショーケースがあります。

ここはチーズケーキがいろいろとあって美味しいのですが、チョコ系のチーズケーキは素朴で濃厚でやみつき。

バリ島東部の少し山の中、シドメン村の「ダルマダエコリゾート」内にあるレストランのチョコレートケーキ。こちらも素朴だけど、お味は甘すぎず、本格チョコレートそのもの。

雰囲気もすごく素敵で森のマイナスイオンあり☆レストランだけの利用も可能です。

チャングーエコビーチクラブにある「バスク」。目の前にBBQレストランがあり、その奥(お寺の横)にあるお店です。

ここのムース・デ・ショコラテはストロベリーとアーモンドスライスとのバランスが最高!

ウブドならこの間行ったCaramelがいいかなー?

バリ島南部にお泊まりなら、ジンバランにある「チョコレートカフェ」もおすすめです!写真がありませんが、ここは日本にもありそうなカフェの雰囲気。ウルワツ通りにあります。

そしてサヌールのバイパス沿いにある「ラ・タルティン」。

私は抹茶のチョコレートケーキにしてみました。かなり重厚!ボリューミー!なので、覚悟していきましょう。

きっとほかにも美味しいお店があると思います。ヽ(*´Θ`)丿

バリ島のチョコレート、旅行中に是非味わってみてくださいね。

ブログランキング参加しています。面白かったらクリック♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

 

 

post

エコビーチで夕日&夕食

しばらく少しゆっくりできるので、この日は一番近い海エコビーチへ。

こちら、チャングーエリアで最近話題になっているおしゃれビーチクラブ「La Brisa

…は通り越して (*≧∀≦*)🤣🤣🤣、いつものビーチの反対側に来てみました。

La Brisaの奥には海の家のような雰囲気のワルンがたくさんあるんです。同じ雰囲気のスポットはブラワビーチにもありますが、在住者や長期滞在者はお手軽なこちらへ遊びにきます。

ここに日本食のワルンがあると聞いたんですよねー。あったあった。その名も「Warung Kaemon」。

日本人オーナーではないらしく、味的にちょっと心配でしたが、悪くなかったです!レストランには劣るかもしれませんが、ちゃんと和の味がします。

目の前はこんな感じ♪サンセットは18-18:45くらいなので、その前に行くといいですね。

まずはビールに合う餃子。鶏肉を使っていてさっぱりなお味。お次はお寿司に天ぷら。サーモン&アボカドは嬉しいメニュー☆

天ぷらのお汁は甘み控えめの薄味でした。サクサクよい感じ。一番美味しいなーと思ったのは、手作りのさつま揚げ♪

ビーチで和食しながらサンセットって新しくないですか? (。・w・。 ) ププッ

観光される皆さんはバリ島で日本食なんて!と思うかもしれませんが、こちらの食事に飽きて和食が恋しくなった方は、バリ島内の和食店も大分網羅しましたのでご案内できますよ♪

ブログランキング参加しています。面白かったらクリック♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

post

お客様からのメッセージ

GWのお客様よりメッセージをいただきましたので、ご紹介ヽ(・∀・)ノ。

♣Y様より♣

ガイドさんと楽しい時間を過ごしました。初日の空港送迎、本日のカーチャーター、2日間お世話になりました。素敵な写真をたくさん撮っていただいたり、相談しながら行き先を決めて充実した1日を過ごすことができました!本当にありがとうございました。初めてのバリ旅行でしたが再び遊びにいきたいです♪

♣N様より♣

昨日の朝に無事に日本に着きました。家族は初めてのバリ島&ギリ島でしたがまた来たいと思いました!本当にいろいろありがとうございました。

バリ島でのご案内。一期一会ですが、旅のパートナーに選んでいただけてスタッフ一同、いつも嬉しく思います。

バリ島は6月より夏のご案内がはじまりとなります。ハイシーズンは7月〜9月まで、日本人のお客様の場合、8月のお盆がハイシーズンとなります。ご相談&ご予約はお早目に☆彡

ブログランキング参加しています。面白かったらクリック♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

バリ島すっからかん

日本のゴールデンウィークが終わったちょうど同じ頃に、インドネシアはムスリム教のラマダンシーズンに入り「プアサ(断食)」が始まりました。

私は一応バリヒンズーなのでムスリムに詳しいわけではないんですが、プアサは1カ月ほど続く断食。食事だけでなく飲み物(水)もダメなんだそうで、なかなか厳しそうです。ただ断食は毎日夕方18時には明けるので、断食明けにはみんなでわいわいと夕食をとるのが慣習なのだとか。

東南アジアでいえば隣国のシンガポールやマレーシアにもムスリムの方は多く、プアサ中は皆さん昼間はあまりがない。ちょうど5月ということもあり、オーストラリアも休暇はまだなので、この時期はバリ島は観光客、すっからかーん(逆にいえば狙い目)。

というわけでオフ。自宅から一番近いエコビーチへ♪

ここには新しいホテルがオープンしています。中に入ったことはないけどビーチクラブがいい感じ。

Como Uma Canggu。最初にウブドにあるリゾートで、前職で何度も訪問したことがありますが、白を基調としたインテリアで素敵なバカンスを過ごせるヘルスコンシャスなリトリートです。なんでもオーナーはあのフォーシーズン経営者の奥様で、彼女自身もシンガポールの実業家だとか。

この日はいまいちでしたが、天気がよければこのエコビーチや隣のバトゥボロンはサンセットが最高なんですよ☆彡

ブログランキング参加しています。面白かったらクリック♪
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。