post

儀式の男料理

ヌガラの実家の家寺をリニューアルしたので、その儀式があって帰省したプトゥ。

囲いの壁が老朽化していたのと、壁の左側に1.5mx3mほどの空間が残っていて何にも使われていなかったので、詳しい人に相談して大丈夫とのお墨付きをもらい、壁を奥まで広げました。祭壇も新調。

バリ人も中国の風水から影響を受けているのか、似たような感じで方角や位置などを気にするんですよね。例えば、自宅の目の前の土地を買って家族が家を建てるのはよくないとか、眠る時はアグン山の方角に頭を向けて寝る方が良いとか、色々とあります。

カフェやレストランでも見かける、建物のあちこちにあるこういう小さな木の祭壇も、できるだけアグン山の方角を向いてお祈りできるように設置しているんですよ〜。

さて、近所の男衆も手伝いに来てくれて、伝統のラワール料理の準備。
実は早朝に豚を絞めるところから始まっています。

こちらはココナツやスパイスを混ぜ込んだ豚のサテ。ピリッと辛みがあって、ココナツの甘みと食感がプラスされ、手作りのサテはそこらへんのワルンで食べるよりもずっと美味しい♪ヌガラは自然に溢れているので、竹串から自分たちで作ります。

こちらはバリ語でジュクッといわれるスパイスのきいたスープ。このスープにも豚を使います。

大きな儀式で使われる「バンタン」といわれるたくさんのお供え物はすでに準備が終わっていたので、女性陣も料理のお手伝い。これは肉をミンチにしてバナナの皮で蒸しあげる「トゥム」といわれるもの。脂肪や軟骨を混ぜたりします。

ソーセージのような感じで強めに塩を効かせていて、ジューシーですごーく美味しい。

大量に作る時は、一連に繋げて蒸すそう。

絞めた豚は血を含め、余すところなく料理して食べます。こちらは脂肪をまとめて揚げているところ。このまま食べるんだけど、さすがに私はこれはむつっこくて無理。カロリーすごそう。。。隣のボウルに入っているのは、ラワールに混ぜ込むスパイス類ですね。

スパイスなど前日から仕込んで出来上がるのが、こちらのラワール。

ヌガラは「ラワールクルンガー」が名物で、クルンガーは椰子を意味します。

ごはん部分にかかっているのがベースのラワールで、椰子の白い部分を細かく刻んで茹で、柔らかくしているんですね。これだけだとさっぱりしていて、他の地方のラワールよりもヘルシーかも。

家寺の祭壇の飾りつけも終えて、家族は沐浴をして正装に着替え、儀式のはじまりを待ちます。

ブログランキング参加中!クリックお願いします(* u.u)) ペコリ
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
こちらも→
PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約ご相談は、こちらから。

本日のお客さま

約1週間に渡り、ジャカルタからのお客さまをご案内させていただきました。

プトゥの話だと、国内のお客さまは何度もバリ島へ遊びに来るリピータさんが多いので、バリ島らしい寺院や遺跡はすでに行き尽くしており、目的は「ブティック散策」「ビーチクラブ」「食べ歩き」の方が多いのだそう。

国内客の間で口コミで安くて美味しいと評判が広がり、毎日混みまくりの「ワルンチャハヤ」。スミニャックの街中からは少し外れたとある道にあるのですが、お昼時はなかなか席が空かないほど。11時や13時すぎに行った方が座りやすいですね。

一番人気はオリジナルメニューのサンバルマタアヤム(鳥)、またはサンバルマタバビ(豚)。サンバルマタはバリ島特有のスパイシーなソースのようなもの。日本人の好みに合いますよ〜。

このセットで500円でおつりが来ます♪ついでにビンタンビールが置いてあるのもありがたい♪辛くしないよう注文することもできますよ。

バリ島ならではの「バビグリン」のワルンにもご案内。

ジャカルタはデパートやモールが多く、ブティックでオリジナルなかわいいグッズを見て歩くスミニャック散策が最高に楽しいんだそうです。そしてジャカルタは宗教上豚料理のお店が少ないのだそう。

お買い物を楽しんだ後はビーチでサンセットを満喫して

再び豚料理♪(注*クリスチャンのお客さまです)

楽しんでいただけましたでしょうか。
とっても明るいお客さまでした♪ Terima kasih!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村